775938 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

悠学日記

PR

X

Profile


岩本 悠

Category

カテゴリ未分類

(425)

(23)

(134)

(106)

Comments

背番号のないエース0829@ 日本一(10/03) 「成人式が、無事終了 !!」に、上記の内容…
岩本悠@ Re:ウェルビーイングと教育 --------------------- 持続可能な幸せを…
坂東太郎9422@ 久高島 「宜保律子 ~多様な食の体験を」に、上…
明石智義@ Re:プロフィール(01/10) こんにちは!! お久しぶりです。
ミセスpositiveかおり@ 共感動 放課後児童保育に関わり15年、様々な体験…
2010.10.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
島前高校のレスリング部で取り組んできた
ノブ君こと宇野信之くんが最後の国体で念願の優勝。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201010030087.html

ノブ君とはじめて中学校で逢った4年前、
「ゆうさん、持ち上げてあげますよ」と言って
頼んでもないのにイキナリ身体を持ち上げられたり
目の前で相撲のシコを披露してくれたり、
群を抜いて個性的かつ印象的だった。

その頃から「将来は相撲力士になりたい。
そのために島前高校のレスリング部で活躍したい。」
と言っていたし、そのためにがんばっていたノブ君。

彼の夢をサポートするために、中学卒業後、
養護学校に通ってもレスリングを続けられるようにと、
島根県と島前高校と隠岐養護学校と海士町の連携で実現した
養護学校の生徒でありながら島前高校に通い、
レスリング部で練習するという異例の特別措置。

この特例措置が実現するまでも、まったく前例が無い中で、
多くの抵抗や課題がありながらも当時の県、高校、養護学校、町の関係者が
何度も何度も膝を詰めて協議してきたのも目にしてきた。

養護学校の生徒として島前高校に通うようになっても、
すべてが初めての体制なので、トラブルや課題があったことも事実。

でもそれらを乗り越えて、
本人の継続した頑張りと、周囲の多くの支援の結果
3年目の最後の最後に勝ち取った日本一。


本当におめでとう。

ノブ君には、これに甘んずることなく
ぜひ夢に向かって弛まず進んでいってほしい。

そしていつの日か
関取になった時には
また僕の体を持ち上げてもらい
本物のシコを目の前で見せてもらいたい。



おめでとう。







Last updated  2010.10.08 01:39:38
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.