2016.01.01

新年を望む

(4)
カテゴリ:

一息ついて過年を振り返ってみると、
長女誕生、9年間の総括と願いの継承、
進化を続ける仕組みの稼動、「ふるさと」からの船出、
新たな現場や壁との邂逅、悲報、命の問い直し、
周囲の助けへの感謝、ブータン巡検、などを経て、
自分自身の暮らし方・働き方を改める年だった。


そして、今年の一文字として浮かんできたのは、『感』。
知や理のみに囚われず、五感や直感といった感性を磨き、
自他の感情や感覚、共感をより大切にしていきたい。
感謝の心を常に忘れずに。


また、実践においては、
‐高校のみならず小中学校等も含めた地域まるごとの教育魅力化の展開
‐大学での社会人向け地域教育コーディネーター養成コースの開講
‐地域や組織の枠を越えた教育プラットフォーム・コンソーシアムの開所
‐仕事観を超え、生活観・人生観・世界観を探究するライフキャリア教育の開拓
‐国内に留まらないグローカルな教育研究及び施策の開始
など、一年かけてゆったりと開いていきたい。


謹賀新年2016.jpg





TWITTER

Last updated  2016.01.30 23:49:38
コメント(4) | コメントを書く
[悠] カテゴリの最新記事