010650 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あむ日よむ日あくる日

PR

プロフィール


天然風

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

富久道義@ Re:金時山は百名山の一つ(12/31) こんばんは。久しぶりで大晦日の夜に失礼…
富久道義@ Re:駒井家住宅(11/30) またまた気になり、失礼致します! 個人…
富久道義@ Re:教林坊(11/22) 追伸 いきなり間違えまして、失礼致しま…
富久道義@ Re:教林坊(11/22) 突然に失礼致します。<m(__)m> 個…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.11.22
XML
テーマ:紅葉の名所(310)
カテゴリ:古刹
2021/11/21/日曜日/晴れ後曇り

白州正子さんの近江の随筆で読み、いつか訪ねたいと考えていた天台宗教林坊。
今回京都への用件の機会を捉え、偶々のライトアップ公開に当たり、当地夕方到着でも拝観が叶った。

西国三十二番観音正寺の元塔中で603年、聖徳太子開基伝の由緒ある寺院だという。ご本尊は太子自作の石仏という。

しかし太子のいた飛鳥からこの地までは馬の騎乗を得意とされた太子でもかなりの日数が掛かるものを何故ここで説法されたか?

同じ近江八幡市の西にある加茂神社は日本初の放牧地に736年創建された吉備真備ゆかりの神社、と案内パンフレットにあるのが目に入る。

当時ここらが牧の地であれば、太子は良い駒を求め来た折に地元の有力者や学者に大陸の進んだ仏典などを教え伝えたのでは無いだろうか、と想像する。

近江商人発祥の五箇荘の北、観音正寺の東には石馬寺があり、教林坊は別名、石の寺と言うのも何か繋がりを忍ばせる。

さて、その教林坊は昭和50年頃から無人となり庭は地元の人びとの手入れがされていたが建物は荒れて「お化け寺」と呼ばれていたという。

そこへ青年住職がやって来て大工並みに働き、復興されていく顛末をお寺に置いてあった「仏教タイムス」で知った。

今や壮年のご住職、アイデアは枯れず益々発展している様子。確か宗派に拘らず観音さま胎内への永代納骨、これ素晴らしいなぁ。新しいがもう少し近在なら志納して、多宝納骨塔再建の一助を担いたいと思った次第。


十一面観音さまはお寺ホームページより。拝観時、屋内撮影禁止の指定は無いけれど、殆どの方が外部以外での撮影するはされていなかった。
事情の分からない外国の方が盛んに撮影していたけれど、察することを期待するのは難しく思う。

公開は春は4〜5月の土、日、祝日のみ
秋は11/1〜12/10毎日の9:30〜16:30
11/15〜12/5の紅葉ライトアップ時のみ19:00まで






最終更新日  2021.11.22 22:52:44
コメント(2) | コメントを書く
[古刹] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:教林坊(11/22)   富久道義 さん
突然に失礼致します。<m(__)m>

個人的に湖西の旅路を思い出し、思わずコメントを…。

「教林坊」、知りませんでしたが、調べると特に今の紅葉の季節、素敵な場所かと推察しました⁈

自分は「西明寺」や「多賀大社」の記憶が蘇ります。

また、日本の伝統建築も見て回りたくなりました♪

ありがとうございました。(^^;) (2021.11.23 00:06:32)

Re:教林坊(11/22)   富久道義 さん
追伸

いきなり間違えまして、失礼致しました。<m(__)m>

湖東地域でした。

ご無礼、お許し下さいませ。 (2021.11.23 00:14:19)


© Rakuten Group, Inc.