097491 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あむ日よむ日あくる日

あむ日よむ日あくる日

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

天然風

天然風

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

天然風@ Re[1]:道に拾う(07/17) りぃー子さんへ なかなかスムーズにお返…
天然風@ Re[1]:トライアングルモチーフバッグ完成(07/19) りぃー子さんへ お返事に気づかずすみま…
りぃー子@ Re:トライアングルモチーフバッグ完成(07/19) わー!素敵なバッグです。 しかも、重みが…
りぃー子@ Re:道に拾う(07/17) こんにちは、モグラの子、今まで二度ほど…
天然風@ Re[1]:旧朝倉家住宅(02/20) 富久道義さんへ いつもありがとうございま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.05.25
XML
カテゴリ:旅日記
2024/05/25/土曜日/やや晴れ、夕方寒い


5/19/日曜日

↑朝散歩、浜辺で釣りやワカメ採り?


本日はいよいよ第1ミッション、湿原カヌーの日

ありがたいことにお宿まで迎えに来てくれた知人の車で、ヒライワさんと待ち合わせ細川駅へ。


↓道端で撮影している方に会い、お花の名前を教えたいただく。白いエンレイソウ、紫はエゾオオサクラソウだとか。群咲いてのお迎え嬉しいな。


市内から45分程度のドライブ。
駅の可愛いこと!←画像撮り忘れT^T

ここからヒライワさんの車でポイントに移動。
すなわち釧路川上流へ向かう。車で20分ほどか。



昨日は風速8メートルで出廷不能が、本日は4.5メートル。お天気にも恵まれ絶好のカヌー日和。



100分程度の路程を下る。
私たちはキャプテン?ヒライワさん含め5人の大所帯。そんな大きなカヌーは、もちろんヒライワさんのお手製なのだった。

聞けば元々造船所に務めていたけれど、時代の趨勢でカヌーを作ることに。
怪しいシイナ氏とも交流があったかな?




湿原の中の川なので、高低差は殆どない。
川の様子は日本というより外国に来たような印象。



川幅は狭くなったり広がったり、その間にヒライワさんが、チンした人を助けたり、汀から出られなくなったバンビを救出した話など楽しく語るままに、悠々と水面をゆく。

おしゃべりしながらも、動物観察をしっかりと。

国の天然記念物、オジロワシ

遠目にはハートの形で佇むツガイ。
川の反対側の高木にヒナがいたようだ。

エゾシカは両岸から何度か見かけた。
好奇心いっぱいに追いかけて来る?姿に大きく手をふると、更に追いかけて来る╰(*´︶`*)╯♡


極め付けは丹頂鶴。特別天然記念物



ヒライワさんがヒナがいる!ほらほらと
仰っていたのだけど、私たち熟女?4人は全然目に入らず…ところが画像を見てびっくり!



ちゃんと両親の間でおつむを出してありました!
まあ嬉しい。

他に泳ぎ、土手の巣穴に入るミンクを見たのだけど、何かな?と訝しんでいる内の、あっという間の出来事だった。

ミンクはバブルの頃養殖されて、釧路市内には扱う業者が何軒かあった。今は無い。

その時以来湿原に棲みついて湿原の環境に適応し、今や生物相の一部となっている模様。

静かに滑るように、低木と空と川以外見えない空間を進む心地良さよ。



ここから車で5.6分ばかりの所にある細岡展望台は、釧路川の蛇行が見られる唯一の場所。


たまたまボランティアさんがいらして、紙芝居スタイルで湿原の話をしてくれた。


日差しは強くてもこの服装!涼しい、夜は寒い。



列島改造時代、何とこの蛇行を一部真っ直ぐにする工事が行われたそうだ。
湿原の環境のために、今は復元したという。
二重に無駄な工事!何と勿体無いことだろう。



展示されていた、細岡展望台から眺めた湿原に沈む夕陽の息を呑む美しさ。

オオジシギなる渡りの鳥は一度も休むことなくオーストラリアから釧路へ真っ直ぐ飛来するという。

それが昨年から姿を見せないのだ。太陽光パネルの劇的増加との因果関係が心配されている。

自然エネルギーとは何か、考えさせられながら展望台を離れ、次なるミッションへ向かう。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.25 17:35:38
コメント(0) | コメントを書く
[旅日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X