000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あむ日よむ日あくる日

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

散歩➕アルファ

2022.01.05
XML
カテゴリ:散歩➕アルファ
2022/01/04/火曜日/日差しコントラストの強い晴

昨日の午後は相当密な浅草も、4日の午前10時頃は呼吸もしやすい混み具合。それでもできるだけ少ない路地の方へ。

路地で、ふじ屋という手ぬぐい屋さんを発見。

三代続く、オリジナルデザイン手ぬぐいが渋い。
お店に飾られていた市松人形の女の子、とてもよい作品で思わずお店の方に尋ねてしまう。

藤村光還という墨田区一番の名工だとのこと。この作品は光還が明光と名乗っていた時分のもののよう。

ソラマチの産業展示館でもっと見られる、と教えられ丁度スカイツリーお膝元に行く予定だし訪ねてみることに。

浅草からは目と鼻の先、すみだリバーウォークを歩き向島へ

隅田川付近からスカイツリーが色んな額縁で見えてくる。本当に美しい塔だと思う。

ようやく辿り着いたソラマチ5階にはたっぷり空間を取り、墨田区マイスターの作品紹介や販売があった。

しかし市松人形は一体のみ。お顔も余りピンと来ないもので残念。デパートの販売展示会などではそこそこまとまって見ることも可能らしい。次のご縁を待とう。

電車で鐘ヶ淵に出る。向島七福神の多聞寺へ向かう。山門は珍しい茅葺き。
真言宗智山派 隅田山吉祥院 多聞寺。ご本尊は毘沙門天。
ほんとうのことを見抜く智慧とほんとうのことをまもる勇気を示すお姿という。この一年これを忘れず心がけよう。

前回訪れたときはやや裏寂しい白鬚神社だったけれど、お正月は御神輿なども開陳され、人出も賑やかに華やいで、寿老神さまもお喜びの事だろう、おめでたい。

最後は向島百花園の福禄寿さま。実は今年のスケジュール帳見返し紙にスタンプを昨日から押していたのでこれで全部揃った。松の内に七福神巡り、の初体験。

二つの福神さまの間に素敵なテーラーを見つける。

墨田はモノづくりの街だなぁ。
センスが光るほんとうに良いものを作る若い人が途切れる事なく続き出て、その仕事でちゃんと上質な暮らしができるような国になってほしい。

今度、墨田で仕事用のバッグを探したいものだ。






最終更新日  2022.01.05 07:17:21
コメント(0) | コメントを書く


2022.01.04
カテゴリ:散歩➕アルファ
2022/01/03/月曜日/朝雲多く冷えたのち晴

9:30頃浅草寺に到着。仲見世通りは平日お休みくらいの混雑。浅草神社はかなり並んでいるので列外から拝礼。

待乳山聖天へと向かう道すがら和菓子屋さんを発見。浅草寺と待乳山聖天さん御用達の看板。この地で110年以上営まれているという。あの関東大震災と3.10大空襲を生き延びて。焼き菓子三種を二つずつ購入。美味しいくお財布に優しい。

聖天さんに10:30頃か。本日は浅草七福神の毘沙門天さまがご開帳。神楽殿では雅楽がちょうど始まり、お暇する頃には奉納大根を下され、誠に有難い。次回は大根奉納させて頂かなくてはと思いました。

隅田川たもとの公園まで来ると浅草混雑は嘘のようにのんびりと静かで地元の子どもたちやジョギングする人の日常風景が…桜橋から向島へ。地元の人と賑わう七福神巡りの中を早めにお蕎麦ランチ。

すずめのお宿、はたまたま入れたけどお昼は要予約の印象。流石蕎麦激戦区、味も歯応えもある自家製粉、十割蕎麦。

向島をひやかして、言問団子を頂いて三囲神社、牛嶋神社を経て言問橋から浅草戻る。

花屋敷前の天然温泉宿で湯に浸かり、浅草六区をうろうろと。途中凄い人出におじけつつ、お好み焼きのつる次郎へ。なんとなんと!待ちリストは次の次の真ん中くらい。未だ5時になったばかり。とりあえず記入。

お腹はすく、呼ばれる気配は一寸もない、仕方ない。染太郎は回ると13日だったかにお店開けるそうな。がっくり戻る途中、どこのお好み焼きもんじゃ焼きも若者グループが並び待ち。浅草って今や若者の街なんだなー、お年寄りはあまり見かけない。

他のお店で並んで待ちつつ、つる次郎を行ったり来たり。名前を呼ばれた時そこに居なければ即リストアウトルールらしい。結局つる次郎に入れたが、記入してから1時間半が過ぎていた。お好み焼きを食べるのがこんな大変なことだったとは!

二人でデラックスモダン焼き、デラックスもんじゃ、浅草焼き。それに水菜サラダとスモークサーモン。生ビール二杯ウーロンハイ。はふはふぐーぐびり、の幸せタイム






最終更新日  2022.01.04 09:16:31
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.31
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/12/30/木曜日/日差しの強い好天、麓やや風あり

お天気に恵まれ年末の一日を近場の山歩きへ。羽黒山から湯殿山に行った3年前以来となる。登山靴はその頃買ったまま、ようやくの初おろし。

小田原9:30頃到着
東口バスロータリーから桃源台行きバスに乗り、仙石案内所下車。道路は箱根湯本前後で大変混んでいる。1時間15分くらいのライド。

そこから公時(キントキ)神社へ20分くらい歩く。

社務所には烏骨鶏とチャボから生まれたご子孫が逞しく繁殖して我が物顔で歩き回り、ひっきりなしにひまわりの種を啄むヤマガラ。

聞くところによるとかつて神社のおみくじはこのヤマガラさんたちが引いてくれたそう。うわーそんなおみくじ是非欲しかったなあ。ヤマガラは知能高く人に怖じない習性があるとか。ほんとかわいい小鳥さん。

いやいやヤマガラを見に来たのではなく、ルート確認と御朱印を頂きにこちらに来たのだった。


今回のルートはこちらから。鳥居を左に見ながら山の中へ。時間は11:20くらい。

金太郎に因む三つの岩の内、左が金太郎手毬石
右は金太郎宿り石

2.5キロ程度の片道だけれど高低差500mが含まれる。稜線に入る手前で二つの山道が出会う。帰りはそちらを辿ることにした。行きの道の方がややハードな印象。

75分くらいで頂上へ。1212mでもやっぱりピークは嬉しい。朝は富士山がきれいに見られたと社務所で聞いたのだが、到着時には雲を被った富士山に。

汗がすっかり冷えて頂上は流石に寒い。
山小屋でマサカリーうどんのお昼ご飯。考えてみると具無し、でも山ならではの美味しさ。スパイシーな大人の味

20〜30分ほど休暇してから下山。
帰路はハイキング気分が盛り上がるステキな道、日差しも強い。

山を降りるまでランチ休憩も入れて凡そ3時間。これなら確かに、子どもも犬もお年寄りも楽しめる、日帰り山歩きにぴったり。暮れも迫った本日沢山の人が来山。

この登山口から仙石バス停まで12分くらい?また小田原まで混んだ道のりをバスライド。

気軽に、といっても装備はきちんとして持ち物も過不足なく用意することで安心安全な山歩きができるというもの。手袋は必ず装着。一応温泉用意もしたがこれは使わず仕舞い。






最終更新日  2021.12.31 12:48:50
コメント(1) | コメントを書く
2021.12.05
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/11/30/火曜日/日差しは強い

愛宕山から麻布山へ出て、中の橋を渡り芝の方へ
東京タワーと増上寺の間の崖線をいかした「もみじの滝」

崖地にたたみかける紅葉の風景は決して偶然自然ではなく、計算され高められた美観だった。


赤、黄の錦織もみじが散りくれば、さながら大滝の水に流れるごとし、とかや。よい位置にベンチがある。飽かず眺める時間がほしいもの


都心にも感激のもみじかな。増上寺裏から。
足元に座す四菩薩像は、元は地蔵山にあったもので、今から凡そ800年昔の作という。

ほんわか、ふっくらと柔和なおすがた。






最終更新日  2021.12.05 11:55:42
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.01
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/11
新蕎麦萌、ついついたくさん出回りました。

❶5日金曜日/千代田区
手打ちそば膳

弟子屈の新蕎麦、腰強いが香りの鼻に抜ける感じがやや少ない?冷水の締めがもう少しあれば甘味が増しそう。

ツユは濃い目かと思いきや、蕎麦湯で割ると以外に塩分少な目、お醤油の強さで出汁の風味が半減か。
山葵ではなく辛子大根で頂くタイプ。野菜天にプラス選べる魚介。キスも穴子も売り切れで牡蠣を選択。

❷10日水曜日/代々木上原
そば季寄 武蔵屋

ランチセットの海鮮丼とせいろ。1180円。

場所の割に、このお値段ならお得感あります。店内広いけれど少し待ちました。

お蕎麦は新蕎麦、文句無く美味しい。よく冷水に晒してくれてます。玄ソバ配合が多い印象だけどモソモソはない。

店内入るとカツオ出汁が強く匂い、そそられる。が、おつゆはそこまでは出汁が生きて無い印象。蕎麦湯が多少薄い。

❸12日金曜日/日本橋
藪伊豆総本店

ランチセット まねき猫 1200円

店の構えも2階の天井高も立派なお店のお昼時。
勉強しはったなあ!このお値段。せいろ2枚に海老天付き
小皿も二つも。それに蕎麦の実入ごはんが。

お蕎麦そのものは普通に美味しい町の蕎麦屋さん。でもツユがとても美味しく感じた。蕎麦湯は蕎麦粉を溶いたみたいに濃厚。これで割るとほんとうっとり。

❹17日水曜日/青山
青山長寿庵

本日はシンプルにせいろ、でも大盛800円。
安い、旨い、清潔、しかも新そば。嬉しいねえ、こんなお蕎麦が頂けて。ツユがたっぷり。わさびとおろしがペアで。

蕎麦も美味しいけれど、おつゆが私好みな塩梅。

❺20日土曜日/京都北白川
手打蕎麦 藤芳

京都でもお蕎麦が頂けるようになったのだなぁ。こちらはしかも十割蕎麦。厨房はご主人一人で回している模様。

店内満席でも20人に届くかどうかだけど、何しろ待たされる。これの5倍くらい美味しくなければ割に合わない40分待ち。食べるのは一瞬。


❻24日水曜日/世田谷

全ての素材が吟味されている。

❼26日金曜日/荒川区

お蕎麦を期待したわけではない、神社内にあるお茶屋さん
天丼セット1580円。

腰の強い蕎麦、ちょっと甘めのお汁と相性よくおいしかった。この量の天ぷらも油が良いせいか、ちっとももたれない。ご飯も美味しい。中々です。

❽30日火曜日/そば家長寿庵/港区

安かいただける昔ながらの町の蕎麦屋さん。

お昼に通りかかり入ってみた瞬間にあ、私好みの蕎麦ではないなあ、と感じるもそのまま失敬する事もてきず。

やはり蕎麦そのものが今五くらいか。蕎麦とおうどんの中間のごとき印象。お店は感じよく定食屋さんと捉えるならOK

しかし新蕎麦のこの季節、今月の締めがこれではどうにも…やはりある程度事前にお店の目星を付けることが大切。






最終更新日  2021.12.01 07:05:29
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.29
テーマ:和菓子(784)
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/11/26/金曜日/晴れ

名物に旨いもの、ありました。

向島の言問団子。米粉、餅粉、白玉粉の団子三姉妹。
クチナシ染めの黄色は味噌餡とのことだけど、クチナシの風味のせいか、栗きんとんを彷彿とさせ、どこか栗の甘みの上品さ。只者ではないお味故にお値段もそこそこ。


美味しいお茶は何度でも淹れてくださる。

言問団子さんと長命寺桜もちさんの間、そこに工房を持っていた三浦乾也の案内板がある。そこに載っていた乾也による団子皿の都鳥といい、文字といい、呆気に取られるくらいモダンでお洒落。一目で心奪われた。

この時は団子屋さんは休店で、展示されている実物を眺めることが叶わなかった。そこで本日改めてやって来た次第。
ほー何ともほのぼの。

最近になるにつれて私的にはデザインがつまらなくなる。
乾也さんのはもう手に入らないことは分かる。現在なものでもよいからそ一つお分けして貰えないが尋ねると、在庫数が少なく応じられないそうです。

乾也のが手に入らないなら他ので我慢、という考えがそもそもいけないわねえ。

↑隅田川に沿って南下すると、隅田川少年野球場が。なんと往年の大選手王さんもここで野球に打ち込んだ子どもだったそうです。






最終更新日  2021.11.29 07:27:38
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.24
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/11/21-22/日曜-月曜/晴と雨

⚫️1603年の造園から20年後、小堀遠州が修復を施した二の丸庭園。武家らしい堂々とした、また豪勢な庭園。徳川様の威容を形容する姿かな。晴れ渡る空に錦繍まぶしく艶やかな京都の秋

雅な都の武家屋敷


⚫️かたや織田信長、豊臣秀次などの戦国時代を経て、人、物の行き交う交易の町として発展した近江八幡の姿

ヴォーリーズが英語教師として来日する28年前に擬洋風建築の学校が近江商人の寄付で既に建てられていたことも知る。今は市民ギャラリーに利用されている白雲館。

そんな商人の進取の気性が町を形作り、その勢いの削がれた後にヴォーリーズ建築群がこの町に精彩を与え、今またお菓子で活気づく。

知恵と工夫の近江人。しっとりした水の町で時の移り変わりが水のように巡るが、ここに日本初の神学校や楽市楽座が信長の世に生まれた事もそれぞれ水脈の一つだろう。

日牟禮八幡宮では新嘗祭の準備が整っていた。






最終更新日  2021.11.24 07:22:13
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.29
カテゴリ:散歩➕アルファ
そば一仁/世田谷区
3回お邪魔している。一度は一時頃で既に蕎麦が無くなっていた。やはり中休みのある人気蕎麦店は12時前に入りたい。平日ランチセットこれで1200円。見上げたものです、こんなに美味しい蕎麦なのにねぇ、心意気を感じますよー。応援したくなります。ツユは私にはやや濃いめ。店内自家製粉につき粗挽、田舎、微粉のブレンドだとか。蕎麦の旨味に力強さも加わる。



いろり庵きらく/高田馬場駅
まあ、普通かな、箱そばと変わらず。かき揚げは赤坂みまき よりは中身は上、油は下、の印象。永青文庫から駅までの戻り道、行けども行けどもラーメン屋ばかり。さすが早稲田大学領域。気分が蕎麦なので、とにかく蕎麦店へ



打心蕎麦/世田谷区
10割蕎麦。蕎麦もツユもとても美味しい、屋内も風景も頗る佳いです。蕎麦湯の濃さ!デザート蕎麦団子もこんなに美味しいとは。ただし平日の午後1時に行って1時間近く前庭で待ちました。
ランチはコースがお得とのこと、ハモ、ホタテ、蓮根、南瓜の天ぷら。普段は箱そば、偶にちょっと贅沢な3千円。


そば処弁天/台東区
少し肌寒く、カキ南を頂く。大きなぷりりとしたカキが五つも!蕎麦はしっかり香り締め、つゆは濃いめアツアツ。美味しくお腹一杯で1550円。お釣りに50円玉、お賽銭どうぞの心意気か?


ゆき庵/台東区
職場が神田なので、薮も砂場もまつやも歩ける範囲ではある。それでもどうかすると電車で二駅先のこちらで食べたい。12時過ぎると海鮮丼は無いことが多い。本日は甘エビ鯵カツオいくら。本日、ご飯がちょい柔らかく感じたけど、新蕎麦一番。これで1400円はほんとお値打ち


蕎麦切り みまき/港区
評価の高さに入ってみたけど、茹で上げ後の処理がまずいのか蕎麦がデレデレ。かき揚げもカタチはきれいだけれど、玉ねぎにんじんが細切り過ぎて歯触りも楽しめないくらい。
値段も安くてカルテプリではあるのか。






最終更新日  2021.10.29 12:48:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.13
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/10/12/火曜日/曇り小雨

山手線鶯谷駅、言問通りを隅田川までひたすら歩くとほぼ30分で言問橋に辿り着く。隅田川少し手前には浅草寺。

その間スカイツリーが段々近く大きくなる風景が実感できる。鶯谷→根岸→下谷辺り


向島へは言問通りを少し南下し〈すみだリバーウォーク〉で

向島は見所沢山でとても回りきれない。また次回のお楽しみとしよう。言問団子はお休み、すぐ横の長命寺桜餅さんは緋毛せんでお茶と桜餅350円の休憩。
お店の北側にはかつて三浦乾也の旧宅あり。明示版の言問団子のお皿、氏の焼き物が頗る可愛い、古びない。


埼玉屋小梅でお土産の団子、豆大福、小栗、きんつば。
それに書道博物館の優れものトートバッグも!

向島で見たスカイツリー






最終更新日  2021.10.13 15:47:53
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.09
カテゴリ:散歩➕アルファ
2021/10/08/金曜日/晴、夏の逆襲続く

昨夜の地震の影響で通勤時間帯を過ぎてもダイヤ乱れがあった。普段の倍ほども時間をかけて目黒へ。
こんな日はあまり欲張らず、ふらり散歩のテイで歩こう。

何はともあれ、行人坂へ。広重の太鼓橋へ。権八小柴の比翼塚へ、お不動さんへと心も弾む。



前知識無しの行人坂途中の「松林山 大圓寺」に立ち寄る。御縁起と御朱印をお願いしたところ、折りしも展覧会中の雅叙園入場チケットを頂いてしまいました!

頂いたのも何かのご縁と雅叙園に出向く。ここに仮屋崎さんの生花展で訪ねたのはもう随分前のこと。アプローチもうろ覚え。とにかくホテルロビーに入り、ドアマンならぬウーマンに尋ね、左手エレベーターで3階へ

で、このエレベーター、扉の意匠が日光東照宮風、百段階段のお部屋デザインの呼び水のよう(↓画像は下の真ん中)



部分だけ揃えて見れば、こんな風景も↓


しかし、雅叙園の真骨頂はこんなキッチュさにあると思う


さて、本日はお茶の頂ける間があった。そのお代と入場料が丁度一緒。ご招待券で入った手前、茶菓を頂くことにした。

豪奢な打掛がずらり展示された草丘の間で、上等な烏龍茶とモナカ、和三盆でゆるりとする。



何やら不思議な展開で頂きものばかりのお土産となり。
そういえば私の座右の銘?犬も歩けば棒に当たる、なお散歩、でした。






最終更新日  2021.10.09 13:09:39
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.