214317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Natural environment and life in Shizuoka



私の本

画像2 413.jpg
【送料無料】風位の民俗・ここをチェックしてください

内容
環境適応のための風位の民俗語彙の変化に焦点を当て、その民俗分類、地理的分布、
由来などについて、静岡県下の漁業協同組合を対象にした調査結果をもとに考察する。

4938138921下田・浦賀.jpg

【送料無料】下田・浦賀海防前線覚え書きをチェックしてください

内容

江戸幕府成立後、廻船取締りのため下田に奉行所が置かれ与力・同心が雇われた。その後奉行所は浦賀に移転したが異国船の渡来が頻発し、無二念打払令・薪水給与令など幕府の対応は変遷した。この経緯を詳細に辿り、『甲子夜話』やモリソン号来航及び浦賀奉行所文書等で海上での白旗の意味を解明するとともに異国船とわが国の船を峻別するために決められた日の丸の設定・掲揚のいきさつを明示。  

リンク

1.新田次郎・中山義秀賞の静岡出身作家植松三十里さんのHP松の間

2.咸臨丸子孫の会:咸臨丸子孫に限らず関係の方々が広く集うHP咸臨丸子孫の会

3.FujigokoTVHP富士山眺望(河口湖畔から) 逆さ富士が見られます

よろしければにほんブログ村 環境ブログ 地球環境へポチッと
2019.01.14
XML
カテゴリ:未決

ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」を久しぶりに聴いた
ピアノはブレンデル
まるで革命期の青年の様に雄々しく
第2楽章が間に挟まれた単なるおとなしい曲で
全体的に如何にも人工的で折り目正しく聴こえた
それにしても小生は疲れた
その後モーツアルトの27番(k595)を聴いた
ピアノはゼルキン
兎も角全体的に自然で第2楽章は天使が空中を舞うように穏やかだった
第3樂章は言わずと知れた「春の歌」の繰り返しで終わった
小生のような年寄りには矢張りモーツアルトの曲がふさわしい






Last updated  2019.01.14 12:59:04
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.