124346 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

千夜千冊伴走日記

Mar 24, 2006
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
【485夜】『檸檬』 梶井基次郎 1991 集英社文庫

梶井基次郎は、1932年3月24日、肺結核のために亡くなりました。31歳でした。彼
が結核を発病したのは20年、第三高等学校理科甲類在学中のことです。そのため
に生活は荒み、学業は怠りがちとなります。それでも5年がかりで高校を卒業し、
24年、東京帝国大学英文科に入学。翌年、学友らと雑誌「青空」を作り、『檸檬』 … [続きを読む >>]





Last updated  Apr 29, 2006 07:34:02 PM

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

山石水皮@ スピノザと17世紀について スピノザは日本について著書で書いている…
大宮信光@ 質問させていただきます。 「H・G・ウエルズが「ハザール人は今日ユ…
夏至@ 『日本の歴史をよみなおす』正・続読みました 子犬のロンさん、コメントありがとうござ…

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.