007602 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふふふのふうふ

ふふふのふうふ

PR

プロフィール

OTゆう

OTゆう

カレンダー

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

日記

(15)

食べ物

(6)

お掃除

(1)

インテリア

(4)

レシピ

(2)

音楽

(2)

作品紹介

(0)

レクネタ

(0)

買い物

(2)

わたしのこと

(7)

ハンドメイド

(5)

作業療法プログラム

(0)

リハビリ

(4)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.06.24
XML
カテゴリ:リハビリ
​私は現在求職中ですが
作業療法士の資格を持っています


今まで8年弱
介護の分野で働いてきました

あ、同業者さん恥ずかしいから読まないで…
ひとつ前のどうでもいい記事読んでて…


作業療法士って知ってます?



作業療法士というのは
かんたんに言うとリハビリの専門職で
似たような職種に
理学療法士と言語聴覚士があります

理学療法士さんは
寝返り、起き上がる、座る、立つ、歩くなどの動作を行えるようにしたり
心臓や肺などの機能を向上させたり
「生きるためのリハビリ」をする人と思ってください

言語聴覚士さんは
話す、読む、聞く、書くなどの行為に重点を置いたリハビリを行います
口のことにも詳しいので
嚥下(飲み込み)や発声のことも見てくれます



作業療法士は
「手のリハビリ」と言われることが多いです
まぁ確かに整形外科のリハでは腱鞘炎や五十肩の人を担当するのは作業療法士が多いんですけど
作業療法士として働いていた私個人は
あんまり「手のリハビリ」って言われ方好きじゃないんですよね
めんどくさいときはそうやって説明しちゃうけど

理学療法士さんが「生きるためのリハビリ」だとしたら
作業療法士は「生活のためのリハビリ」ってところです
食事、排泄(トイレ)、入浴、更衣(着替え)、整容(身だしなみ)に重点を置いています
さらには調理や公共交通機関の利用、金銭管理、掃除、洗濯、買い物、運転、仕事に行くこと…
その人が「ちょっと苦手」「できるようになりたい」と思うことなら
ほぼなんでもリハビリの目標になります
なんなら精神科の分野では「生活リズムをつける」ことを最初の目標にしたりします

手を使うことは日常生活で多くあります
  • 箸を使う
  • スマホを操作する
  • 髪をとかす
  • 食材を切る
  • トイレットペーパーをちぎってたたむ
  • 苗の根っこの土を払う
どれもこれも日常生活の中の行為です
一つ一つ手の使い方が違うんですけど
「生活をするために」動かしてます
「生活する」→「手を動かす」=「手のリハビリ」と言われるのなら自分なりに納得いくんですけどね



国家試験で出るような
作業療法の始まりについて深く知りたい方は

こちらをどうぞ
私も持ってます
教科書です



なんだかすごくあいまいな仕事に聞こえるかもしれませんが
「生活するためのサポート」をする仕事と思って
働いていました


私はまじめな性格じゃないので
ゆる~い説明しかできません
大学の先生に「わかんないなら口開けてないでわかんないって言ってね」と笑われた間抜けちゃんです

でも担当した利用者さんに
「この人ゆるいな~」って思ってもらいたいので
最初にこんな風に説明したりします
「リハビリの先生」って言われたりするのも嫌いなので
「ちょっと小うるさい健康オタク」ぐらいの感覚で接してほしいというか
高齢者との関わりでは特に
「世話焼きな孫」くらいに思ってほしくて

作業療法士であることに誇りはあるんだけど
見せたくないっていうか
まあ名称独占だし
「隠れ作業療法士」になりたいのよね






↓わたしの生活水準がまるわかりです↓
​​






最終更新日  2021.08.13 17:19:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.