004779 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふふふのふうふ

PR

プロフィール


OTゆう

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(3)

日記

(14)

食べ物

(6)

お掃除

(1)

インテリア

(4)

レシピ

(2)

音楽

(2)

作品紹介

(0)

レクネタ

(0)

買い物

(2)

わたしのこと

(6)

ハンドメイド

(5)

作業療法プログラム

(0)

リハビリ

(4)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.07.16
XML
カテゴリ:リハビリ
暑いですね


ただいま絶賛就活中なんですが
ちょっとひとこと
いいでしょうか


デイサービスの面接をしました
そこに作業療法士はおらず
いままで理学療法士さんしかいなかったのだそうです
求人は理学療法士で出ていましたが
問い合わせたらOKということで
面接に至りました


「理学療法士じゃないんでワーカー(介護士さん)と同じように働けます?」
って言われました


まあ
理学療法士さんのような
がっつり下肢のアプローチや
物理療法みたいなやつは
真似事程度にしかできないですよ

作業療法士の中でも急性期や回復期で経験を積まれている人がいます
きっとそういう人は筋膜リリースとかできるから
ほぼ同じように施術できるんじゃないでしょうか
実習先のバイザーの先生なんてほんとそう

実際病院でやるような施術は
きっと私にはできないと思います
老年期の分野でしか働いたことないんで

でも
個別の施術をできない
ということではないかな、とも思うんです


そして
デイサービスにおけるリハビリなら
そうそう区別もないかなと思います

デイケアでもなく
デイサービスですから


以前担当していた利用者さんの中には大腿骨骨折した人たくさんいたし
下腿の骨折をしてしばらく体重をかけないでっていう期間の人も担当した
そん時はひやひやしたけどPTの先輩にいろいろ聞きながら施術した

PTOTの分け隔てなく働く職場にいましたから
手芸やADL動作、調理、レクには率先して動いていましたが
それが『得意なほう』であって
『それしかできない』わけではない


「うん、PTさんじゃないしね」って納得する部分もある一方で
「ん~、とはいえほぼ同じなんだけどな」と思うんです


あんまり
「先生」とかって呼ばれたくないんだけど
でも
作業療法士であることに全くプライドがないわけではないのよね
ましてや理学療法士さんとそこまで区別付けられてしまうことに驚いている


理学療法至上主義というか
理学療法以外をリハビリと認めない感じ

どうにかわかってもらえないだろうか


遊んでるだけじゃないんだけどなぁ
社会復帰するには歩けただけじゃだめなんだけどなぁ


家から近くてよかったんだけど
ちょっとほかのデイサービスも当たってみようか




↓わたしの生活水準がまるわかりです↓






最終更新日  2021.08.13 17:16:34
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.