000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふふふのふうふ

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

リハビリ

2021.07.29
XML
カテゴリ:リハビリ
先日PT至上主義の施設から不採用通知来ました
やっぱりOTはいらないのかぁ
提示した時給はOTなんかに払えないってか
とちょっとふてくされています


先日違う施設を見学したときに
思い出した経験を書きます
介護士さんを批判しているわけではありませんのでご了承ください




介護老人保健施設というものがあります
老健って略したりします

老健には必ずリハビリの専門職がいなくてはなりません
通所リハビリテーション(デイケア)もいなくちゃいけないの
でも通所介護(デイサービス)には別にいなくても問題ではありません
それはなんでかって
老健はリハビリをする施設だからです

リハビリは病院でするものって思ってる人も多くいると思いますが
入院中の運動=リハビリではないんです


例えば
脳梗塞を発症したおじいさんがいます
救急車で運ばれて急性期病院と言われるところに入院しました
おじいさんは右半身の動きが悪くなってしまいました
入院して3日目でしびれが続いている中リハビリをしなければいけません
1か月ほど入院して痛みが引いてきたころ
まだよくなる兆候があるからと回復期病院の転院をお医者さんに勧められました
回復期病院は簡単に言うとリハビリ病院です
スパルタに一日中リハビリします
朝起きてご飯を食べたらラジオ体操して午前中にリハビリ1つ、午後にはリハビリ2つ
一つ当たり1時間くらい拘束されます
その間にお風呂に呼ばれたり
リハビリで出された宿題をやったりとハードスケジュールです
おじいさんはみっちり6か月入院してリハビリ生活をしました
さぁ退院です
おじいさんはお家に帰りました
トイレの練習も、階段の練習も病院で頑張ったからできるようになっています
でも毎日リハビリしてたのに急に動かなくなったら
右の肩が痛くなってきちゃった
足の動きも悪いような気がする
転ぶことが増えちゃった
でも入院できない
一緒に住んでるおばあさんも腰を悪くしておじいさんのお手伝いができない
あら困った

老健に入所して3か月リハビリ生活しよう!
みたいな?


まぁ多くのケースでは回復期の退院指導と同時に
介護保険サービスの導入があり
老健の入所やデイケア移行をお勧めされますがね


良く間違われる特養いわゆる特別養護老人ホームはリハビリを目的としていませんから
楽しくレクをしたり
介護を受けながら生活をする場所です

でも
割と多くの老健が特養のような雰囲気になってしまうことが多いです

とある老健で
入所者がスタッフルーム前でテレビの前に整列していたんです
その中には車いすに座って眠っている人もいて
その人自分で車いす漕げないから
スタッフに連れてきてもらったんだろうけど
「テレビ見たい」って言えないんだけどなぁ
スタッフが
「テレビが見たいかなって思って連れてきた」
「目の届くところにいてほしいから連れてきた」
「部屋で寝てるよりは起こして座らせておいたほうがいい」
って思っているんだろうなと思うし、実際そうやって言ってた

でも崩れた姿勢で長時間座ってたら私たちだってつらいよね
体痛いだろうし筋力も脂肪もないからもっと痛いと思うよ

寝たきりを予防するからと言って
おしりに褥瘡(床ずれ:最悪皮膚えぐれる)ができていいわけはない


リハ職として
「ずっと座らせておくってのは褥瘡のリスクがあるよ」って言っても

  1. 「じゃあ部屋に寝かせて寝たきりにするんですか」
  2. 「部屋にいてもらって転んだらどうするんですか」
  3. 「リハしてるから大丈夫じゃないんですか」

  とかいう人がいるのよね
  みんながそうじゃなくて、ごく一部の人が
  残念なことに
  こういうことを言う

  1. どうしてスタッフルーム前か部屋かの二択なんだ
  2. 車いすに座ってたら転落だってありうるけどそれは絶対ないのね?
  3. リハなんて一日20分だぞ?たかが知れてんだよ、20/1440 分ですよ?

老健は働いているみんなが
「リハビリのためにここで生活してる」って思わないといけないの

介護したくない時だけ「リハビリなんだから自分でやって」なんて言わないでほしい


今では職場全体の考え方が変わって
とても活動的な施設になったと聞いてる
自分の目では見れていないけど

でもきっと
リハビリを生活の中に混ぜ込んだ施設になってると思う




見学に行ったとき
その時のことを思い出してしまって

やっぱり自分は
リハビリが染みついてんなぁって思った


褥瘡ってほんと厄介だから
もうこっちが見てられないくらい痛そうだから





ブログを書くようになってHTMLを純粋に面白いと思って
プログラミングの動画を見るのが最近のブーム




↓わたしの生活水準がまるわかりです↓






最終更新日  2021.08.02 22:00:59
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.16
カテゴリ:リハビリ
暑いですね


ただいま絶賛就活中なんですが
ちょっとひとこと
いいでしょうか


デイサービスの面接をしました
そこに作業療法士はおらず
いままで理学療法士さんしかいなかったのだそうです
求人は理学療法士で出ていましたが
問い合わせたらOKということで
面接に至りました


「理学療法士じゃないんでワーカー(介護士さん)と同じように働けます?」
って言われました


まあ
理学療法士さんのような
がっつり下肢のアプローチや
物理療法みたいなやつは
真似事程度にしかできないですよ

作業療法士の中でも急性期や回復期で経験を積まれている人がいます
きっとそういう人は筋膜リリースとかできるから
ほぼ同じように施術できるんじゃないでしょうか
実習先のバイザーの先生なんてほんとそう

実際病院でやるような施術は
きっと私にはできないと思います
老年期の分野でしか働いたことないんで

でも
個別の施術をできない
ということではないかな、とも思うんです


そして
デイサービスにおけるリハビリなら
そうそう区別もないかなと思います

デイケアでもなく
デイサービスですから


以前担当していた利用者さんの中には大腿骨骨折した人たくさんいたし
下腿の骨折をしてしばらく体重をかけないでっていう期間の人も担当した
そん時はひやひやしたけどPTの先輩にいろいろ聞きながら施術した

PTOTの分け隔てなく働く職場にいましたから
手芸やADL動作、調理、レクには率先して動いていましたが
それが『得意なほう』であって
『それしかできない』わけではない


「うん、PTさんじゃないしね」って納得する部分もある一方で
「ん~、とはいえほぼ同じなんだけどな」と思うんです


あんまり
「先生」とかって呼ばれたくないんだけど
でも
作業療法士であることに全くプライドがないわけではないのよね
ましてや理学療法士さんとそこまで区別付けられてしまうことに驚いている


理学療法至上主義というか
理学療法以外をリハビリと認めない感じ

どうにかわかってもらえないだろうか


遊んでるだけじゃないんだけどなぁ
社会復帰するには歩けただけじゃだめなんだけどなぁ


家から近くてよかったんだけど
ちょっとほかのデイサービスも当たってみようか




↓わたしの生活水準がまるわかりです↓






最終更新日  2021.08.13 17:16:34
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.27
カテゴリ:リハビリ


看護師さんや学校の先生と同じように
作業療法士にもいろんな人がいます


私は4年制の大学を出ていますが
同期の中にはいろんな人がいました

自分自身や家族が作業療法にかかわって憧れて目指す人
社会人経験を経てから資格を取った意識高い人
理学療法の学科を受けたが受からず、滑り止めで受けた人
数年かけて大学に入った人
何となく医療福祉の仕事がやりたかった人
医療に携わりたいけど血とか見るのは嫌な人
何回聞いても「人にかかわる仕事がしたい」と言い続ける人
新聞の求人広告で時給がいいことを知って目指す人


ちょっと後半なんかアレですけども(笑)
大学に入ってすぐのころは
意識高い人たちに圧倒されてました




一年生の頃は
解剖学や生理学といった体の仕組みをお勉強しますが
私はただ単純に「へぇー」という興味でしか意欲が出ませんでした
「おもしれぇな」が第一の感想で
資格のためというよりは
「意外とハマったな」という感じ

だから
ノートをびっしりにしていたり
教科書以外の参考書を買う人たちを
すげぇやと思ってました

実際テストがあるので
ちゃんと覚えなきゃいけないんだけど
私は買って満足しちゃいそうなので
特に買い足したりすることはなく
持ち前の短い集中力で授業を受けていました

勉強している自分に満足しちゃいそうになるので
好奇心だけを武器に
結構楽しみながら勉強できてたんじゃないかと思います


実習に何度か行くんですけれど
1度だけ泣きましたね
もたつきながらもその人の体のこととか今後の目標とか調べたり聞いたりしないといけないんです
時間がかかっちゃうからなるべく負担のないようにしていたつもりだったんですが
「あなたは私のこと調べてどうするつもり!?実験体にでもするの!?」とすごい剣幕で言われてしまったんです
同席していたご家族はその場をなだめてくださいましたが
まぁその方だってストレスでしょうよ
資格を持ってない人間に一日の半分ほど付きまとわれてねぇ
そういうつもりではないんですが気分を害してしまって申し訳ない、とその場では対応できたんです
でもスタッフルームに戻ったらどっと涙があふれてしまって

今でもちょっと書いてて思い出しちゃう

実習で得られた経験は
仕事をするうえでとっても大事なことばかりで
有意義なものだったと思う

あの時みたいに
各関節の可動域とか筋力とか隅々まで調べるのって
やっぱり負担大きいよなとおもう
その後の実習とかではそういうことやらなきゃいけないから
「ほんとごめんなさいね、いつでも中断していいですからね」
って言いながらやらせてもらってた

その経験があったからかわからないけど
急性期や回復期の病院でのリハビリに対して苦手意識がある


急性期って
自然治癒も加わって改善のスピードが速くて
自分がやったリハビリで良くなったのかがわからなくて
自信と根拠がなきゃできないなって思った
全然自信ないから
向いてないなって思った
もうこれは実習中に思った
レポート書けなかった

回復期も期間がっちり決まって
どれくらい良くなったのかを数値で示したりするから
また隅々まで測らないといけなくて
フラッシュバックするから
ちょっとガラスのハートにはハードで
あまり向いてないと思ってた


急性期のリハを楽しんでいる同期は
動くのが難しくなった手に電気刺激をして
動きがよくなったと喜んでいた
その場にいたら「すごい!」
って一緒に共感したんだろうけど
どうも親近感がわかないというか
喜ばしいことではあるんだけど
なんだかね

急性期と回復期のある病院に就職した子が実際多い
「基本を学ぶために」といった子がいた
私のように新卒で老年期・維持期に行く人は少ない

一緒に運動したり遊んでるうちに
「え、なんかこれ出来るようになったよね?え!できてんじゃん!」
みたいなのが憧れ




↓わたしの生活水準がまるわかりです↓







最終更新日  2021.08.13 17:18:51
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.24
カテゴリ:リハビリ
​私は現在求職中ですが
作業療法士の資格を持っています


今まで8年弱
介護の分野で働いてきました

あ、同業者さん恥ずかしいから読まないで…
ひとつ前のどうでもいい記事読んでて…


作業療法士って知ってます?



作業療法士というのは
かんたんに言うとリハビリの専門職で
似たような職種に
理学療法士と言語聴覚士があります

理学療法士さんは
寝返り、起き上がる、座る、立つ、歩くなどの動作を行えるようにしたり
心臓や肺などの機能を向上させたり
「生きるためのリハビリ」をする人と思ってください

言語聴覚士さんは
話す、読む、聞く、書くなどの行為に重点を置いたリハビリを行います
口のことにも詳しいので
嚥下(飲み込み)や発声のことも見てくれます



作業療法士は
「手のリハビリ」と言われることが多いです
まぁ確かに整形外科のリハでは腱鞘炎や五十肩の人を担当するのは作業療法士が多いんですけど
作業療法士として働いていた私個人は
あんまり「手のリハビリ」って言われ方好きじゃないんですよね
めんどくさいときはそうやって説明しちゃうけど

理学療法士さんが「生きるためのリハビリ」だとしたら
作業療法士は「生活のためのリハビリ」ってところです
食事、排泄(トイレ)、入浴、更衣(着替え)、整容(身だしなみ)に重点を置いています
さらには調理や公共交通機関の利用、金銭管理、掃除、洗濯、買い物、運転、仕事に行くこと…
その人が「ちょっと苦手」「できるようになりたい」と思うことなら
ほぼなんでもリハビリの目標になります
なんなら精神科の分野では「生活リズムをつける」ことを最初の目標にしたりします

手を使うことは日常生活で多くあります
  • 箸を使う
  • スマホを操作する
  • 髪をとかす
  • 食材を切る
  • トイレットペーパーをちぎってたたむ
  • 苗の根っこの土を払う
どれもこれも日常生活の中の行為です
一つ一つ手の使い方が違うんですけど
「生活をするために」動かしてます
「生活する」→「手を動かす」=「手のリハビリ」と言われるのなら自分なりに納得いくんですけどね



国家試験で出るような
作業療法の始まりについて深く知りたい方は

こちらをどうぞ
私も持ってます
教科書です



なんだかすごくあいまいな仕事に聞こえるかもしれませんが
「生活するためのサポート」をする仕事と思って
働いていました


私はまじめな性格じゃないので
ゆる~い説明しかできません
大学の先生に「わかんないなら口開けてないでわかんないって言ってね」と笑われた間抜けちゃんです

でも担当した利用者さんに
「この人ゆるいな~」って思ってもらいたいので
最初にこんな風に説明したりします
「リハビリの先生」って言われたりするのも嫌いなので
「ちょっと小うるさい健康オタク」ぐらいの感覚で接してほしいというか
高齢者との関わりでは特に
「世話焼きな孫」くらいに思ってほしくて

作業療法士であることに誇りはあるんだけど
見せたくないっていうか
まあ名称独占だし
「隠れ作業療法士」になりたいのよね






↓わたしの生活水準がまるわかりです↓
​​






最終更新日  2021.08.13 17:19:08
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.