458125 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

代々木 Wine Bar W 至福の一杯をあなたに…。

PR

プロフィール


代々木BarW

カテゴリ

バックナンバー

フリーページ

2011.03.10
XML
カテゴリ:クラシック
◆代々木BarWよりお知らせ◆
3月12日(土)はPM9:00~AM4:00の営業となります。普段より開店時間が遅くなりますので、お気をつけ下さいませ。



シャルル・カミーユ・サン=サーンス(1835~1921)はフランスの作曲家です。
作風は、古典派、ロマン派的で、フランスで印象主義の音楽が台頭してきた晩年は、「古くさい」などとドビュュシーら若手の音楽家に随分、批判されたそうです。

しかし、古臭い形式で書かれた曲と言えども、良いものは良いのであって、私は個人的にはサン=サーンスの曲は大好きです。

明快なメロディとド派手なオーケストレーションは、聴いているとワクワクしてきます。

交響曲第3番「オルガン」は、文字通り、パイプオルガンが大きくフィーチャーされた面白い交響曲です。
構成は、通常の交響曲と同じ4楽章構成ですが、第1楽章と第2楽章、第3楽章と第4楽章がそれぞれ繋がっていて、実質的には2楽章のようになっています。

第1楽章の軽快な感じも素敵ですが、なんと言っても聴き所は、「ジャーン!」とオルガンが派手に入ってくる第4楽章の冒頭!(笑)

そこから先は、ファンタジー映画のクライマックス・シーンか、或いはプログレッシブ・ロックかのようにどんどん盛り上がっていき、エンディングも、これでもか!と言わんばかりに壮大にフィナーレを迎えます…(^^;

小難しくて、理屈っぽい音楽より、こういう単純に盛り上げてくれる音楽が好きな私は、やっぱり人間も単純なんですかね~?


この曲のCDは何枚か持っていますが、オーマンディ+フィラデルフィア管弦楽団の演奏が最高です。

【送料無料】 CD/ユージン・オーマンディ/サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」/バッカナール/フランス軍隊行進曲/交響詩「死の舞踏」/SRCR-1627


サン=サーンスは、ピアノ協奏曲第2番もいい曲です。

アルトゥール・ルービンシュタイン・コレクション 6::サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番/ファリャ:スペインの庭の夜/フランク:交響的変奏曲


こちらは管弦楽曲集。

Saint-Saens サン=サーンス / 序奏とロンド・カプリチオーソ(チョン・キョンファ)、交響詩『死の舞踏』、ほか デュトワ&フィルハーモニア管、ロイヤル・フィル 輸入盤 【CD】


ぐるなびBarW

mixi BarWコミュ

 

 



【こちらから、色々なBarのブログが読めます!】
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

 







最終更新日  2011.03.10 07:27:41
コメント(0) | コメントを書く
[クラシック] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

美味しいワインと出… 南喜一朗さん
おいしいカフェ☆ starlight☆cafeさん
タルヘタ・ロハ (ギ… リン林さん
わたしのブログ usatan001さん

コメント新着

BarW@ Re[1]:謹賀新年。(01/01) 須田さん コメントありがとうございます。…
須田税(チェリスト)@ Re:謹賀新年。(01/01) あけましてオメデトウ御座います!! 本年…
代々木BarW@ Re:投票してからライブを見よう。(12/16) あれ?リンクが逆になってる??
kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …
代々木BarW@ Re[1]:東郷青児美術館所蔵作品展「絵画を巡る7つの迷宮」を見てきました。(12/06) 中島ラモスさん 東郷青児さんの作品は直…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.