パール・やまぐちの運命占術と秘術の前世探査開運法の公開、比治山陸軍墓地案内

リックさんの魂のルーツは織田信長だった!

歴史上の人物から魂のルーツを探り、生き方の道標として活かす・・・・
『秘術・前世探査開運法』

リック(征ちゃん)さんの魂のルーツの一人は織田信長だった! 其の1

リックさんにはエコーでもmixi でも、マイページによく訪問いただいたり、お友達を紹介いただいたりして、日頃からお世話になっていますので、感謝の気持ちを込めて、魂のルーツの2回目をお教えすることにしました。
リックさんは人相学的にも良い相をしておられ、また、聡明さが感じられる好印象を受けます。運命的にも、いずれ、マルチに才能を発揮し、経営者としての素質も持ち合わせていますので、企業家として成功が約束されています。将来、大きく伸びる人物です。

【織田信長】 1534年~1582年 
猛然と天下布武への道を突き進んだ稀代の天才風雲児!
自らを神と号したカリスマ性を持ち、中世的権威をことごとく破壊した革命児、合理主義に徹したリアリストといわれ、時代を見通す先見力で近世の扉を開いた天才的武将・織田信長。
尾張(愛知県)の小大名が桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍を破り、将軍足利義昭を追放、比叡山を焼き討ち、一向一揆を平定、武田氏を滅ぼし、猛然と天下布武への道を突き進み、すべてを手中にしようとした矢先、家臣明智光秀の反逆により京都本能寺であっけない最期を迎えた。時に49歳。彼が好んだ幸若舞『敦盛』の詞「人間五十年、下天のうちにくらぶれば、夢幻のごとくなり」のように。
青年時代は奇行がはなはだしいエピソードが伝えられているが、信長は新しいタイプの武将であり、偉大な政治家であった。常備軍の創設、日本で初めて鉄砲を大量導入するとともに、長篠の戦いにおける三段式装填法や馬防柵の画期的アイデア、商工業の繁栄と流通を妨げる関所の撤廃や道幅を決め並木を植えた道路整備、楽市の設置や座の廃止など、彼以前の武将には考えもつかないユニークな施策がいくつもみられる。独裁者で、敵に対して徹底的な攻撃を行った。

          ―☆―☆-☆―☆―☆-☆

信長のスケールはあまりにも大きすぎるのか魂のルーツはさまざまな枝分かれをみせる。
権威主義への反抗者としては、生涯のおよそ半分を獄中で過ごし、のちに“サディズム”の名称を生んだ近代的無神論作家マルキ・ド・サド、妥協を許さない小説『ダーバーヴィル家のテス』や『薄命のジュード』を発表して当時世間から激しい非難を受けたトーマス・ハーディ。逆に反近代主義宣誓を聖職者に命令したピウス10世がいる。
カリスマ性でいえば、日本映画界の巨匠で“映画の鬼”といわれ、公私とも修羅の道を生きた溝口健二、イラン革命の最高指導者ホメイニはそのものズバリである。
常にあくなき挑戦を続け娯楽の王国を築き上げたウォルト・ディズニーもいる。
天才肌の人物では“打撃の神様”で巨人V9監督の川上哲治、7つの投手記録を持ち一時期“金田天皇”といわれた金田正一、版画・小説・映画・陶芸をこなすマルチ天才人の池田満寿夫。最年少で横綱記録を持つ北の潮もこの中にいる。
俳優では今は亡き名優ジャン・ギャバンをはじめ、北大路欣也、田村正和、山崎努、マイケル・ダグラスらもそうだ。
作家では大西巨人、小田実、連城三紀彦ら、F1レーサーのアラン・ピロストも信長が魂のルーツだ。

多忙な日々が続いていますが、一段落したらまた次の人物をお教えしますので、それまでは織田信長に関する書籍を熟読するようにしてください。

占術師&開運アドバイザー  パール・やまぐち


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.