1224247 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

2011年09月19日
XML
カテゴリ:荒川・多摩川水系

 空がないと言われて久しい日本橋川。小石川橋で神田川から分流して、永代橋近くの隅田川に合流する全長4kmの小さな川であるが、1級河川。橋が多くかつ首都高速道路に覆われているため、陽がこの川面に届かない日陰の川なのだ。その代表的場所が昭和通りを形成する江戸橋付近ではないか。

 東京駅から日本橋川沿いに隅田川まで歩き、道草してから人形町の飲み会に合流した。日本橋の次の橋が江戸橋で、江戸橋JCTに隣り合わせである。江戸橋は、日本橋川で幅員が最も大きい44.4m。橋長63.4mの鋼製2連アーチ橋で、昭和2年(1927年)に完成している。

 昔、江戸橋の近くは魚河岸として栄え、倉庫がたくさん並んでいたと言う。その面影を残す建物として、三菱倉庫がある。広重名所江戸百景には、日本橋から見た江戸橋と白壁の倉庫群が描かれている。

 日本橋川に空が現れるのは、亀島川から分岐して隅田川口に至る約500m区間のみ。首都のシンボル的な川が、コンクリートの覆いから解放されるのはいつか。首都高架橋は、大量の交通量と排気ガスのため老朽化が早い。大地震で高架橋が落下して水路を塞ぐ可能性もある。水路確保は防災の要となる。

上流から江戸橋を観る

写真-1 日本橋川で最も幅員の大きい昭和通りの江戸橋。鋼製2連アーチ橋で昭和2年完成

空のない日本橋川 

写真-2 江戸橋から見た日本橋川。江戸橋JCTが隣接している。空のない川の代表的な場所。

三菱倉庫株式会社

写真-3 江戸橋の南詰に佇むクラシカルな三菱倉庫(株)の玄間。

広重 日本橋江戸はし

写真-4 広重名所江戸百景の「日本橋江戸ばし」。江戸橋と白壁倉庫群から昇る朝日が描かれている

 にほんブログ村 アウトドアブログへ                   
 にほんブログ村







Last updated  2011年09月19日 14時03分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[荒川・多摩川水系] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.