2257847 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

2016年11月06日
XML
カテゴリ:海外旅景色
 帰国する朝を迎えた。バンフのダウンタウン北西にある鉄道駅を早朝訪れた。宿泊ホテルから歩いて10分の距離。駅舎は山小屋風の飾り気のない建物。かつて大陸横断鉄道の拠点として、多くの人々が屯した駅である。現在は観光鉄道とバスターミナルを兼ねたバンフ観光の要衝だ。

 バンフ駅には、週に数回、ロッキーマウンテニア号が停まる。夏シーズン限定の観光特別列車で、バンクーバーから2日間かけてやってくる。この列車は、世界遺産的の自然風景を観ることが目的なので、昼間走り、夜は休む。乗客はホテルで足を伸ばして眠ることができる。年寄り向きだと思う。

 百輛を超す貨物列車が通過する様子を見ようと思ったが、タイミング合わず。近くの幹線道路に踏切がある。この貨物長隊に遭うと、10分間程度「開かず踏切」となり、道路は渋滞となるそうだ。貨物は石炭や穀物が大半を占めるという。石炭の一部は、西海岸の港から日本へ輸出される。
 
 ホテルに戻って朝食をいただく。荷物をまとめてカルガリー空港へ向かう。バンフに住む日本人やカナダを旅する日本人が目立った。大陸風土と開拓精神が、人を寄せ付けるのか。自然が厳しくも美しい国だ・・。カナダ旅景色は、20回シリーズを超えた。お付き合いしてもらい有難うございました。


写真-1 早朝のバンフ鉄道駅。カスケード山は眠っている。


写真-2 踏切からバンフ駅を観る。いつの間にか駐車するバスが増えた。

写真-3 駅前には人と荷物の輪ができる。


写真-4 早朝の駅舎のなかを覗く。


写真-5 大自然を走るロッキーマウンテニア号。[ガイドブック]






Last updated  2016年11月06日 10時45分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[海外旅景色] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

© Rakuten Group, Inc.