746055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

清多夢くらぶ

2018年06月10日
XML
カテゴリ:海外旅景色
​​​​​​​​ ​オリンピア古代遺跡に隣接する「考古学博物館」を訪れた。19世紀末に発掘された出土品を展示している。とりわり、大理石の彫刻類は、オリジナリティ作品なので価値があるとされる。​

 最初に向かった広い第5室は、​ゼウス神殿の破風​の部屋。東西の破風を半復原している。東の破風は、オイノマオス王とペロプスの戦車競走の出陣場面。西の破風は、半人半馬のケンタウルス族とラピタイ族の戦いの場面。​

 完全ではないが、注目されている彫刻像として、次の二つだろうか。赤子をあやすヘルメス像(第8室)と、勝利の女神ニケ像(第4室)。ガイドさんが時間をかけて説明してくれた。​

 訪れた日、気温30度を越える夏日。遺跡フィールドは日陰がほとんどなかったので、考古学博物館の冷房の効いた部屋は助かった。観光客にとって、無料トイレも有難かった。​​​​​​
​​​​​​

写真-1 ゼウス神殿・東の破風 戦車競走出陣の場面(第5室)。


写真-2 ゼウス神殿・西の破風 ケンタウロス族との戦い場面。


写真-3 赤子をあやすヘルメス像(第8室)。


写真-4 勝利の女神ニケの像。


写真-5 古代オリンピアの模型とゼウス神殿のリレーフ部品。


写真-6 考古学博物館の建物。






Last updated  2018年06月10日 06時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[海外旅景色] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Profile


江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.