1302862 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

2018年12月17日
XML
カテゴリ:利根川水系
​​​​​​​​ 下今市駅と新藤原駅とを結ぶ全長16.7kmの東武鬼怒川線。下今市駅を出発すると、直に列車は急カーブして、大谷川を横断する。大谷川には、長さ322.8mゴツイ鉄橋が架かっている。​

 大谷川橋梁は、下野鉄道時代の大正8年に架けられた。現在の橋は3代目で、プレートガーダー10連の橋。初代の橋は、トラス橋が2径間あった。平成8年に老朽化したトラス橋をプレートガーダーに取り替えた。​

 昨年(2017年)28月からSL列車「大樹」が、土日祝日に3往復している。駅待合室に、SL大樹の撮影スポットにおける時刻を記したチラシが置いている。列車編成は、C11207(蒸気機関車)+車掌車+3台×客車+ディーゼル機関車となっている。​

 東武鬼怒川線は、線形的に急カーブが連続するので、速度も遅くなる。また、車輪のきしむ音も大きい。これらの欠点を弱めて、SL列車が走行している・・。​​​​​
​​​​​

写真-1 大谷川に架かる大谷川橋梁。


写真-2 大谷川橋梁と下今市駅を見る。


写真-3 プレートガーター上を走るSL列車大樹。


写真-4 東武鬼怒川線を渡すプレートガーター橋。


写真-5 大谷川橋梁の直上流の大谷橋を望む。国道121号を通す。






Last updated  2018年12月17日 06時00分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[利根川水系] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.