2376987 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

清多夢くらぶ

2020年08月29日
XML
カテゴリ:道、街道
​​​​​​​ ​東武線運河駅から南西200mに駒形神社がある。「日光東往還」の古街道沿いに佇む。山崎宿まで約2.5kmの地点になる。また、西に2.5km進むと、江戸川を渡る「深井新田の渡し跡」に至る。​

 境内の天神社の脇に、椋の樹が立っている。言い伝えでは、八幡太郎義家が愛馬をつなぎ留めた木の末裔とされる。当神社の絵馬や石碑に馬の絵が描かれている。​

 境内の奥に、富士山を遠望できた場所に富士塚がある。今は建物が立ち並び西方向の視界が悪い。浅間大神と刻まれた富士山登記念碑のようだ。江戸時代、東葛地域でも盛んに富士講が行われていた。江戸川を下り、甲州街道から大月を経て、富士吉田口から入山したのだろうか。​

 当時の富士講に参加できるのは、裕福な家の人達だ。片道150kmの道程で、時間と資金そして信仰心が必要だった。流山は物流の拠点、商業で発展していた村であった。​​​​​
​​​​​

写真-1 旧東往還に面している駒形神社。


写真-2 駒形神社の本堂。


写真-3 八幡太郎義家の愛馬をつなぎとめた椋の樹の末裔とされる。


写真-4 浅間大神を祀る富士塚と天神社。


写真-5 御神馬像と馬の動きを描いた石碑。






Last updated  2020年08月29日 06時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[道、街道] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile

江戸川らんべえ

江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

© Rakuten Group, Inc.