2069405 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

2021年10月20日
XML
カテゴリ:散歩想観
 ​​江戸川に架かる流山橋から北へ500m離れた場所に、赤城神社がある。この神社に隣接して光明院が建っている。光明院の裏山のような高台に赤城神社がある。神社の特徴として、直径約1.0m×重さ500kgの大しめ縄が鳥居に設置されている。​
​​​
 赤城神社は、江戸川沿いの平坦地の上に、お椀を伏せたような小山に鎮座している。この小山(赤城山という)は、上州の赤城山が噴火した際に、流れ着いた土塊とされる。「流山」の地名伝説となっている。​

 小赤城山の麓に創建された光明院は、小林一茶ゆかりの寺、または流山に集合した新選組隊士の分宿したお寺でもある。1868年(慶応4年)、大久保大和(近藤)および内藤隼人(土方)ら200名が再起を図る場所になるはずだった。しかし戦闘体制が整う前に、新政府軍に囲まれてしまう。​

 局長近藤勇は政府軍に出頭するが、副長土方以下隊士は我孫子-利根川-潮来など経て会津を目指し再起を図る。10月15日から司馬遼太郎原作の「燃えよ剣」が上映されている。函館五稜郭の防衛戦で戦士した土方歳三が再びクローズアップされる。多摩-京-江戸-会津-蝦夷地を駆け抜けた35歳・・。​​​
​​​​​​

写真-1 流山・赤城神社の大しめ縄。重さ約0.5トン。


写真-2 赤城山への参道と階段。


写真-3 赤城神社の拝殿。


写真-4 光明院の入口と句碑。


写真-5 光明院本堂と新選組隊士の分宿看板。


写真-6 五稜郭と土方歳三像[2016年5月]。






Last updated  2021年10月20日 05時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[散歩想観] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

© Rakuten Group, Inc.