2388332 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

清多夢くらぶ

2022年06月17日
XML
カテゴリ:いわて三陸の旅
 ​北山崎断崖を構成する弁天崎を望むホテル、羅賀荘(らがそう)に宿泊する。食べきれないほどの夕食、そして展望風呂を浸かった後、早々に就寝する。翌朝、弁天崎付近から昇る朝日を観るために・・。食事の折り、当ホテルの売りは、「星降り、日の出する宿」だと女将さんが言っていた。​
​​
 4階の小生らの部屋からも弁天崎と太平洋を見渡せる。朝4時過ぎからガサゴソするため、日の出直前にはホテル前の海岸に出る。二つの岩の間から昇る日の出がベストであるが、訪れた日は、岬側の陸中弁天埼灯台辺りから昇って来た。灯台へは県道44号脇の駐車場から海側へ200mにあるという。​

 ホテル羅賀荘は、東日本大震災時、3階部分まで津波が襲ったという。しかし1年8カ月後の2012年11月には、ホテルを再開する。海抜5mほどに建つ建物は、将来また被害を受けるかもしれない。移転することなく、「潮騒の宿」にこだわって営業して行くようだ。建物そのものは、シンプルな構造で、丈夫にできていると思った。​​
​​​​​​

写真-1 北山崎断崖を構成する弁天崎の日の出。


写真-2 ホテルの部屋から日の出前の弁天崎を望む。


写真-3 ホテル前の海岸から朝日を観る。


写真-4 朝照の海と弁天崎。


写真-5 ホテル脇の断崖と津波の爪痕(3階部分)。



写真-6 ホテル羅賀荘の食事と展望風呂そして星降る夜。






Last updated  2022年06月17日 06時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[いわて三陸の旅] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile

江戸川らんべえ

江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

© Rakuten Group, Inc.