1217523 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

荒川・多摩川水系

2018年05月29日
XML
カテゴリ:荒川・多摩川水系
​​​​​​​​ ​多摩川で一番河口に近い、最下流の堰堤は調布取水堰。昭和11年に、飲料水を確保するために作った堰堤と浄水場跡が多摩川13.3km地点にある。堰から取水された水は、調布浄水場へポンプアップされた。最下流ならでの悩みがあった堰堤だ。​

 高度成長期、多摩川の水質は悪化の一途をたどる。昭和45年には、飲料水から工業用水へと転換した。それに伴い、亀甲山に造られた沈殿池、ろ過池は不要となる。現在、多摩川台公園に水生植物園として沈殿池跡地などがあった。​

 取水堰が河口に近いが故に、船舶の往来が多かった。このため堰堤の横に閘門が作られている。従って現在も、船は調布取水堰を乗り越えることができそうだ。​

 近年、多摩川の水質は大幅に改善され、アユが遡上している。遡上期間中は、可動堰を倒してアユの遡上を応援しているという。また、サケの遡上も確認されている。今や堰が水辺を創り出して、多様な生き物を育んでいるようにも思える。​​​​​​
​​​​​

写真-1 丸子橋から東横線橋梁と調布取水堰を望む。


写真-2 左岸側に閘門が設置。



写真-3 多摩川台公園の浄水場跡地利用。


写真-4 調布浄水場のろ過池跡。


写真-5 アユやサケが遡上する多摩川になった。






Last updated  2018年05月29日 12時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年05月28日
カテゴリ:荒川・多摩川水系
 ​​2連のアーチ橋が青空に眩しい。多摩川河口より13km地点、中原街道(都・県道2号線)を通す丸子橋(まるこばし)。田園調布側から見ると、丸子橋は武蔵小杉の入口のようだ。急速に発展したこのタウンは、公共交通がパンク寸前だという。​
​​
 初代(昭和9年完成)の丸子橋は、3連タイドアーチ+10連上部式アーチ橋で延長397mとされる。現在の橋は平成12年に架け替えられたもの。2連アーチが支えるローゼ橋で川を跨ぎ、河川敷を3径間PC箱桁で渡っている。全長は、2×101m+3×66m=400mの橋。​

 東急東横線と東海道新幹線の橋梁に挟まっている丸子橋。青いダブルアーチは、新幹線からも見える。下りの新幹線で移動する際、丸子橋が見えたら神奈川県だ。そして武蔵小杉のビル群が過ぎてゆく。映画シン・ゴジラでは丸子橋は、都心に向かうゴジラにいとも簡単に破壊されてしまった・・。​​
​​​​​​

写真-1 丸子橋で多摩川を渡ると武蔵小杉タウン。


写真-2 川幅約200mを二連のローゼ橋で渡る丸子橋。


写真-3 力強いアーチ梁が特徴の橋。


写真-4 橋の車道部と武蔵小杉ビル群。


写真-5 広くて、見晴しの良い歩道。


写真-6 橋の高欄と東横線電車。






Last updated  2018年05月28日 09時38分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月26日
カテゴリ:荒川・多摩川水系
​​​​​​ 多摩川にせり出す小山に、神社がある。亀甲山古墳の南端に創られた「多摩川浅間神社」。御祭神は「木花咲耶姫命」(コノハナサクヤヒメノミコト)。社紋に桜の花が使われている。絵馬やお守りにも、桜紋があしらわれていた。​

 多摩川浅間神社は、東急・多摩川駅から徒歩5分の高台にある。そのため、富士山を遥拝することができる場所だ。参道階段に富士山の溶岩を配している。また、鎌倉時代の北条政子がこの神社の創建に関わっているという。​

 神社の西側に、富士見晴台がある。多摩川と武蔵小杉のビル群を望む絶景ポイントだ。それ故、映画「シン・ゴジラ」のロケ地に選ばれた。自衛隊多摩川防衛ラインの本部が置かれた。古墳と浅間信仰そしてゴジラ。田園調布の名所のひとつ・・。​​​​
​​​​​

写真-1 桜の社紋を持つ多摩川浅間神社拝殿。


写真-2 浅間神社へ参道入口。


写真-3 富士山溶岩を使用した白糸の滝と開運水晶玉。


写真-4 多摩川と武蔵小杉ビル群を望む見晴し台。


写真-5 亀甲山古墳と浅間神社見晴し台遠景。






Last updated  2018年05月26日 06時00分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月24日
カテゴリ:荒川・多摩川水系
​​​​​ ​多摩川河口より26km地点に、二ケ領上河原堰(にかりょうかみがわらぜき)がある。宿河原堰の上流3.3kmに位置する。二ケ領用水のために、初めて造られた多摩川の取水堰。堰の長さが415mもあり、湛水面は広い。堰から溢れる流水は、白い瀑布となっていた。​

 コンクリート造りの取水堰になったのは昭和20年。砂礫層の上に建設されたので、「浮き堰堤」とも呼ばれていた。しかし、台風による洪水で破損する。現在のような姿になったのは昭和46年である。可動堰部133m、固定堰部262m。可動部のゲートスパンが40mと大きい。シェル形ローラゲート。​

 固定堰部は、宿河原堰のように、平成24年に起伏式ゲートに改造された。コンクリート固定堰は、大量の土砂を堆積させ、流下能力を低下させるので嫌われ者。起伏式ゲートの形式は、「SR合成起伏ゲート」。鋼鉄とゴムからなり、圧縮空気を利用して、起こしたり、伏せたりする盾のようなもの・・。​​​​
​​​​​

写真-1 白い瀑布が続く二ケ領上河原堰。調布市側から起伏堰を望む。


写真-2 川崎市側からシェル形の引上げ式ゲートを見る。3門×高5m×幅40m。


写真-3 広い湛水面を創り出す上河原堰。直下流の水門は三沢川の逆流防止門。


写真-4 ハーフコーン式の魚道と白い瀑布。


写真-5 SR合成起伏式ゲートの原理。強靭な風船を内蔵。






Last updated  2018年05月24日 06時00分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月22日
カテゴリ:荒川・多摩川水系
​​​​​​​ ​多摩川・宿河原堰(しゅくがわらぜき)がリニューアルされたのは平成11年(1999年)。堰の改造ポイントは、固定堰から可動堰へ華麗に変身したこと。また景観に配慮した土木構造物に・・。​

 堰の水門規模は、次のとおり。引上げ式ゲート:高さ2.5m×30m×1門、起伏式ゲート:高さ2.0m×30m×5門。全幅約220mで、多摩川本流を横断している。魚道も左右岸に3条設置。平時に起き上っている起伏ゲートは、洪水時には倒れて川道断面を大きくする。​

 宿河原堰は、JR南武線と小田急が交差する登戸駅から徒歩10分にある。多摩川で最古と言われる「ニケ領用水」の取水口もある。古くは1611年頃、竹製の蛇篭で取水していた。コンクリート製の固定堰を建設したのは昭和24年。しかし固定堰のため、流水は堰上げして治水上問題であった。​

 起伏ゲートの採用は、視界を遮ることなくし、上空の広がりを確保した。2010年に「土木学会デザイン賞 最優秀賞」の評価を得る。黒い洪水が押し寄せる時、ゲートは身を伏せて堤防を守る・・。​​​​​
​​​​​​

写真-1 多摩川を横断する新・宿河原堰。


写真-2 引上げ式ゲート部。水門脇に魚道がある。


写真-3 起伏式ゲート部。赤い小田急ロマンスカーが通過。


写真-4 引上げ式と起伏式を拡大。


写真-5 堰上流右岸に二ケ領用水の取り入れ口がある。


写真-6 新・宿河原堰の説明看板。






Last updated  2018年05月22日 06時00分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月13日
カテゴリ:荒川・多摩川水系
複数の橋が集中する荒川河口。江東区と江戸川区を結ぶと同時に、東京と千葉を結ぶ要衝である。最下流に架かるのは、JR京葉線荒川橋梁。7径間のトラス橋で、中央部をアーチで支えて、水運を容易にしている。

 架設され50年が過ぎた京葉線荒川橋梁は、水面に近い。あと10m高く、単独に架かる橋だったら、堂々と美しい橋だ・・。いつも思う、ムカデが這っているような感じだ。設計者には申し訳ないが、道路の河口橋に埋没しているようだ。

 首都高速の湾岸線と環状線とが合流する葛西JCTもある。橋のジャングルのように見える。橋群の下は、日蔭と淀みがあるので、魚の棲みかに適している。上流の橋は、国道357号の道路橋で、自転車で渡れる。

 河口橋の少し上流で河川工事が行われていた。夢の島アリーナに接続する水門の改修工事のようだ。この新砂水門を抜けるで、砂町運河、豊洲運河と水路を進むと隅田川に辿り着く。逆に吾妻橋から下ると荒川河口に到る。水の都、東京の一面を垣間見る。


写真-1 荒川河口の橋群を下流から見る。


写真-2 JR京葉線荒川橋梁を電車が通過。


写真-3 荒川河口の橋群を上流から見る。


写真-4 新砂水門の改修工事。


写真-5 葛西海浜公園となぎさ橋。






Last updated  2017年06月13日 11時16分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月10日
カテゴリ:荒川・多摩川水系

 荒川に架かる橋のなかで、夜景が最も美しいとされる五色桜大橋。108個のLED電球がアーチリブに連なる。時に真珠の輝きに似ている。

 2002年に開通して以来、この橋で振動発電の実験が行われている。車の振動を電気に変えるユニットを数個設置しているという。スピーカー原理を逆に利用したもの。橋のライトアップ照明の一部をまかなっている。発電量が小さいので、将来照明電力とは異なる電源(センサー、計測装置)に利用されるかも・・。

 荒川の土手で春、花見が出来るようになりつつある。そうなると特別ライティングのイベントがあると嬉しいのだが。ダブルデッキ式アーチ橋を五色に彩るとか・・。「東京好快つりー」と合わせて、夜桜見物を楽しめると思う。

1.五色桜大橋ライトアップ.JPG

 写真-1  首都高速環状線を通す五色桜大橋のライトアップ景。

2.上流からの眺め.JPG

 写真-2  五色桜大橋と東京スカイツリー。

3.二つのアーチ橋.JPG 

写真-3  五色桜大橋の奥に江北橋のアーチが見える。

りたつう士。りたつう士。

4.江北橋と五色桜橋.JPG

 写真-4  荒川下流から江北橋と五色桜大橋を望む。

5.大橋と富士.JPG 

写真-5  江北ジャンクション下から遠景の富士も見える。







Last updated  2016年02月10日 06時14分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年02月08日
カテゴリ:荒川・多摩川水系

 首都高速中央環状線が荒川を渡す五色桜大橋。アーチの中を2層構造で高速道路を通す、珍しい橋だ。ダブルデッキ・ニールセンローザ橋に分類される。2002年に開通した、橋長146mのアーチ橋。

 この橋の右岸側に江北JTCがあるため、道路線形が錯綜しているように見える。2層のうち、上段道路は西に進行し、都内に向かうので上り線。下段道路は東に進行し、都心から離れるので下り線。C1S1が合流・分岐する場所。中央環状線と川口線が出会う見晴しの良い橋だ。

 五色桜橋の名称は、架橋場所一帯がかつて五色桜の名所であったことに由来する。荒川の土手沿線では五色桜の植樹がかなり進んでいる。将来、色とりどりの桜が咲く誇ることだろう。

 小生らはバスツアーなどで、五色桜大橋をよく通る。東名道路や中央道を利用する際、都心の渋滞を避けるルートになっているようだ。 夜走ると、東京スカイツリーやビル明かり、そして自動車の光帯が織りなす夜景が美しい。しかし、その時間は短い・・。

1.五色桜橋とスカイツリー.JPG

 写真-1 首都高速環状線を通す五色桜大橋と東京スカイツリー。

 

2.中央環状線.JPG

写真-2 五色桜大橋と江北ジャンクション。上段道路は西進行、下段は東進行。

3.川面に映るアーチ.JPG 

写真-3 江北橋から水面に映るアーチを見る。

4.曲線の連続.JPG

 写真-4 荒川左岸土手・江北JCT側から橋を観る。

 

5.DM富士が見える方向.JPG

 写真-5 ダイヤモンド富士が見られる場所近く。







Last updated  2016年02月08日 13時25分07秒
コメント(1) | コメントを書く
2016年02月05日
カテゴリ:荒川・多摩川水系

 足立区・扇大橋の上流1kmに架かる江北橋。橋長449m、幅員11mの普通の橋。但し、中央スパン部にランガー橋(アーチ橋の一種)が架かる。近くで見ると、多角形が作り出すアーチ形状だ。

 江北橋は、首都高速・中央環状線に囲まれて目立たない古参の橋。初代の橋は、関東大震災の4ケ月前に完成したが、不運にも被災した。現在の橋は、大震災後再建された橋を昭和47年に、下流300mに架け替えたという。

 コウホウバシは、交通事故が多発した。心霊スポットという噂が流れた時期があった・・。アーチ・リブ梁が車道ギリギリに作られ、運転手に圧迫観を与えそうだ。交通安全対策として、夜間照明を増設している。一般道路に高欄照明を設置するのは珍しい・・。

 夕刻、アーチ部と高欄に照明が灯る。明るい若草色の橋は、暗くなると物寂しげな佇まいだ。細長い橋の中間部にポツンとアーチ部が載っている・・。川がS字にカーブする箇所でもある。大震災や大空襲の犠牲者が橋脚や河川敷に打上げられた場所だともいう。

1.江北橋のランガー橋部.JPG 

 写真-1  都道307号を通す江北橋。足立区の江北地区と宮城地区を結ぶ。

2.左岸から江北橋.JPG

 写真-2  橋長449mの中央支間90mがアーチ形状の橋。49の数字が並ぶ・・。

3.東詰の橋柱とオブジェ.JPG写真-3  江北橋東詰めの親柱とオブジェ「水」。夜、噴水のように見えるオブジェは、女性の霊に感じるのだろうか・・。

4.高欄に蛍光灯設置.JPG

写真-4  橋の高欄に蛍光灯照明が設備されている。

5.夜のコウホク橋.JPG

 写真-5  暗闇に包まれたコウホクバシ。物寂しげな佇まいの橋。







Last updated  2016年02月06日 10時12分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月02日
カテゴリ:荒川・多摩川水系

 東京都足立区を流下する荒川にシンプルな橋、扇大橋が架かる。この橋の上空に、新しい橋が平行に架けられている。少し離れたところから見ると、二階建ての橋梁に見える。一階が自動車や自転車、2階部分を電車が走っている。

 扇大橋は、足立区小台(おだい)と扇地区を結ぶ、橋長445mの3径間ゲルバー橋。隣流する隅田川に架かる尾久橋しは直接接続している。荒川と隅田川との間の僅かな陸地に舎人ライナー・足立小台駅がある。日暮里駅から6(3km)程度の距離感。

 平成20年開業した日暮里・舎人ライナーは、荒川区と足立区を走る、小距離(L9.7km)・中輸送量の新交通システム。5両編成で坂道とカーブに強く、自動・無人化運転を実施。コンクリート製軌条をゴム製車輪が走行する電車である。

 大量輸送に向かない新交通システムではあるが、振動が少なく乗り心地が良い乗り物だ。人口減少・高齢化社会の中、地方での普及が進むとよいのだが。しかし初期投資、維持管理費をどう負担するかが問題・・。ローカル鉄道の憂き目を見たくない。日本各地に無人電車・自動運転車が走る日が来そうだ・・。

1.日暮里舎人ライナー.JPG 

写真-1  日暮里・舎人ライナー橋と扇大橋。右手に足立小台駅がある。

2.足立小台から隅田川を.JPG

 写真-2  足立小台駅傍の尾久橋から隅田川を望む。

3.足立区の荒川.JPG

 写真-3  平行に流れる荒川と隅田川を横断する舎人ライナー橋。

りたつう士。

4.扇大橋と舎人橋梁.JPG

写真-4  二階建ての橋梁に見える。

5.舎人・荒川橋梁の夜景.JPG

 写真-5  日暮里・舎人ライナー荒川橋梁の夜景。







Last updated  2016年02月02日 10時55分32秒
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.