2250843 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ふるさと樽景色

2022年05月19日
XML
カテゴリ:ふるさと樽景色
 ​小樽市内にレトロな歴史的建造物が多くある。その代表のひとつに、かつての日本銀行旧小樽支店の建物がある。建築設計は、赤レンガの東京駅の設計者・辰野金吾・長野宇平治らが担当し、明治45年に完成した。外観はルネッサンス様式を取り入れ、屋根には5つのドームを配置。外壁はレンガの表面にモルタルを塗り、石造り風に仕上げている。​
​​
 明治末から昭和初期の北海道経済を担った日銀小樽支店。経済活動が札幌に移って行きなか、2002年に小樽支店は廃止となる。現在、金融史料館として保存され、内部が公開されている。紙幣を裁断したもので、アイヌの守り神シマフクロウが製作・展示されている。​

 小樽市役所の庁舎は、丈夫で長持ちだ。日銀支店が完成した20年後、鉄筋コンクリート造として完成したもので、90年間使用続けている。市の歴史的建造物に指定されている。正面に6本の柱列を配し、内部中央階段の窓は、ステンドグラスに彩られている。車寄せには花崗岩が使用され、重厚感がただよう。​​
​​​​​​

写真-1 坂道に構える日本銀行旧小樽支店・金融史料館。


写真-2 ルネッサンス様式を取り入れた明治の建物。


写真-3 建物の飾り物。シマフクロウのレリーフに注目。


写真-4 金庫の扉と札を裁断されたもの。


写真-5 89年間使用続ける小樽市庁舎。


写真-6 庁舎の特徴。重厚な車寄せと正面階段のステンドガラス。






Last updated  2022年05月19日 05時00分10秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年05月15日
カテゴリ:ふるさと樽景色
 ​街並みと石狩湾を望むレトロな小樽駅舎。観光地おたるの玄関口。来樽の際には、ぜひ電車を利用されたし。昭和9年(1934年)に建てられ、道内最古の鉄骨鉄筋コンクリート造りの駅舎だ。国の登録有形文化財に指定。今なお現役で、人々を迎え送り出している。[撮り溜めた写真から]​
​​​
 駅舎エントラスホールには、石油ランプがカーテンのように吊り下がっている。改札口を出ると、最初に目につくのがこのランプカーテン。出入口には「むかい鐘」がある。昔、列車の到着を知らせる鐘。上り列車が2打、下り列車が3打と決められていた。駅を出る時に、鳴らしてみると良い・・。​

 小樽駅舎は、上野駅の弟分にあたるとされる。デザイン、建築時期、構造などが良く似ている。上野駅は、小樽駅舎が完成する2年前に完成している。更に両駅には、石川啄木の歌碑があり、「停車場」での思いを詠っている。「見送り」と「喧騒」、駅の情景が浮かぶ・・。​​​
​​​​​​

写真-1 道内最古の鉄骨鉄筋コンクリート造の駅舎。


写真-2 駅前から港に続く中央通り。


写真-3 小樽駅舎の特徴は、ランプカーテン。


写真-4 窓ランプと天井。


写真-5 「むかい鐘」と啄木歌碑。


写真-6 上野駅と啄木歌碑。






Last updated  2022年05月15日 05時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月11日
カテゴリ:ふるさと樽景色
​​​​ ​​小樽堺町通りに観光客が戻って来た。小樽運河からほど近くあり、約900mの街区に、約90店舗が並んでいる。観光客が行き交う通り。お土産店、グルメ、ショピングを楽しむエリア。早く無電柱化されることを願う。[撮り溜めた写真から]​

 小樽運河は、異国的な情緒がある。一方堺町通りは、昭和の雰囲気が漂う。昭和初期には、海運を支えた問屋街だったからか。当時、火災や風雪に耐える屋敷と倉庫が軒を連ねた。木骨石造りの建物・倉庫が多い町並みだった。丈夫で財を蓄える倉庫を現在まで維持保全してきた努力があった・・。​

 ノスタルジックな堺町通りは、南端のメルヘン交差点の小樽オルゴール堂で終わる。この木骨煉瓦造りの建物は、卸業を営む「共成株式会社」だった。ルネッサンス様式の建物内で、数多くのオルゴールが展示販売されている。​​​​
​​​​​​

写真-1 小樽浪漫館(旧百十三銀行)。


写真-2 大正硝子館とオルゴール堂堺町店。


写真-3 オルゴール堂の海鳴楼店と手作り体験遊工房。


写真-4 北一硝子アウトレットとルタオ本館。


写真-5 メルヘン交差点と小樽オルゴール堂本館・蒸気時計。


写真-6 メルヘン交差点と小樽オルゴール堂本館。






Last updated  2022年05月11日 06時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月05日
カテゴリ:ふるさと樽景色
 ​​小樽運河に平行に通る「色内大通り」。かつて、この通りと日銀通りを中心に、銀行25行があったという。とりわけ、三井銀行小樽支店は、花崗岩の重厚な建物で、金融街のシンボル的な存在だった。そして、小樽市の最後の都市銀行として、2002年まで営業していた。​
​​
 旧三井銀行小樽支店は、外壁に石積みの5つのアーチを連ね、軒に彫刻を施したルネッサンス様式の建物。使用した花崗岩は、岡山県北木島産という。ずいぶん遠くから運んだものだ。小樽の繁栄を物語る石材だ。​

 レトロな建物は、銀行業務を終えた後、「石屋製菓(白い恋人)」を経て、2016年「ニトロ」が所有している。小樽芸術村を構成する一施設となっている。かつての「港都」と金融街を記憶させる建物。2021年に国の重要文化の指定を受けた。​​
​​​​​​

写真-1 色内大通りに面する「旧三井銀行小樽支店」。


写真-2 銀行の表玄関と通用口。


写真-3 玄関の街燈と金庫扉。


写真-4 保存されている銀行内部。


写真-5 パネル展示と当時の基礎コンクリート打設方法。


写真-6 北の金融街の説明パネル。






Last updated  2022年05月05日 05時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月01日
カテゴリ:ふるさと樽景色
​ 小樽稲穂町の高台に龍宮神社がある。明治2年(1869年)に、榎本武揚が小祠を設けて遠祖・桓武天皇を祀ったのが始まり。移民の安寧を願って「北海鎮護」の額を奉納して神社とした。その後、江差町の龍宮教会の分所を経て、明治30年に社格を得て、龍宮神社となる。[撮り溜めた写真から]​

 神木のスズカケノキ近くの階段を下りると、​青銅色の鳥居​がある。鳥居を潜り、海の方へ下って行くと北運河に架る龍宮橋に到る。この橋から眺めると、鳥居と神木が見える。また、雪に覆われて天狗山のスロープを望むことができる。​

 流星刀が5年程前に、龍宮神社に奉納されている。榎本武揚が隕石「白萩隕鉄」かせ作らせたという刀剣。ひ孫にあたる隆充氏が、ゆかりの場所に寄贈したもの。2020年6月例大祭で、「霊刀」として初公開した。岡吉國宗が鍛錬した、波紋の美しい刀だという。​​​
​​​​​

写真-1 稲穂の高台に建つ龍宮神社。


写真-2 石狩湾に向かって立つ榎本武揚像。


写真-3 社殿と流星刀。


写真-4 青銅色の神明型鳥居。


写真-5 龍宮橋から龍宮神社を望む。


写真-6 北運河に架る龍宮橋と橋から天狗山を見る。






Last updated  2022年05月01日 09時43分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月26日
カテゴリ:ふるさと樽景色
 ​​JR小樽駅から海側に伸びる中央通りを真っ直ぐ歩くと、第3埠頭に到る。夏場は大型客船など接岸して賑わう波止場。しかし、新型コロナウイルス感染の影響で、この2年間クルーズ船は入港していないという。観光を主たる産業としている小樽市にとっては痛手だ。​
​​
 第3埠頭は、当初製材の積出し埠頭として使用された。その後、国内での消費木材は、輸入材にとって代わった。扱う荷材も変遷していった。昨今は​ロシア貿易​の貨物の取扱いが増えていた。しかし、ロシアのウクライナ侵攻で影響が必至だ、ここ数年間、「第3ふ頭及び周辺再開発計画」が進められているようだ。​

 2016年頃から岸壁改良工事が断続的に行われている。13万トン級大型客船と5万トン客船が円滑に接岸できるようする。水深10mを確保できる岸壁造り。また水上カフェの計画もあるという。2025年を目指しているが難しい・・。海工事は、陸(おか)工事よりコストが多くかかる。防衛費に多くの予算が費やされると思うので・・。​​
​​​​​​

写真-1 おたる港と第3埠頭の仮桟橋。


写真-2 北防波堤と石狩湾越の増毛山々。


写真-3 第3埠頭改良工事の仮桟橋。


写真-4 第3埠頭の33号上屋と群がるウミネコ。


写真-5 第3埠頭周辺の再開発計画図絵。


写真-6 第3埠頭周辺の現在と未来図。






Last updated  2022年04月26日 05時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月23日
カテゴリ:ふるさと樽景色
​​​​​​​​ 小樽駅背面の高台に石狩湾を望む寺院がある。明治期に、高野山にあった日光院を、港を見下ろす場所に移転という。祝津・赤岩で修行した鷹尾了範僧が開山した真言宗「小樽高野山日光院」。北海道三十三観音霊場第7番札所。本尊は、聖観音菩薩像。​

 本堂が東に向いているので、朝日が当り赤味を帯びる。向拝を飾るのは、太陽と雲と月を飛ぶ龍の彫刻。扁額に「施無畏(せむい)」の文字。菩薩が衆生の恐れの心を取り去って救うと云う、観音菩薩を顕す。浅草寺観音堂にも、施無畏の扁額が掲げられている。​

 本堂を南へ300mほど歩くと、「八十八ヶ所お砂踏霊場」がある。修行大師像と鷹尾了範像が並んで安置されている。了範像は、最近赤岩から移転したものだという。小樽駅を見下ろす高台から町の繁栄と移り変わりを見守って来た日光院だ。小樽の詩人・岸誠の歌碑が建っていた。その詩文を記す。​

 「遠く望めば風の音が聞こえる。風のむこうに波立つ海がある。どこまで行っても決して平たんでない道。めぐりあうのは若い日の魂のかけら。こだまする遠い海鳴り。」​​​​​
​​​​​​

写真-1 日光院から中央通り、小樽港を望む。


写真-2 石狩湾から昇った朝日。


写真-3 朝日を受ける「小樽高野山日光院」。


写真-4 本堂の龍の彫刻と扁額「施無畏」。


写真-5 八十八ヶ所砂踏霊場。岸誠氏の歌碑。


写真-6 修行大師像と了範像が見つめる石狩湾。






Last updated  2022年04月23日 06時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月20日
カテゴリ:ふるさと樽景色
​​​​​​ 小樽堺町通を散策する。メルヘン交差点寄りにある​北一硝子三号館​に入る。大きな倉庫の中には、煌めくガラス細工の数々の作品が並んでいる。色とりどりのタンブラーやインテリアランプを見たり、説明文を読んだり、通常の散歩より疲れる。眼精疲労が腰にくるのだろうか。​

 明治24年(1894年)に建てられた、​木骨石張倉庫​の三号館。当時、みがきニシンなどの魚加工品を収容していた。ニシン漁の衰退とともに、様々な物資を収められていた。今も倉庫内に海まで繋がっていたというトロッコのレールが保存されている。​

 三号館には、名物的な「北一ホール」がある。静かな雰囲気のレストラン・カフェだ、倉ごとのホールなので、天井が高い。そして167個の石油ランプが灯る。ピアノの生演奏が始まると、幻想的な空間となる。季節限定という「チョコ抹茶ラテ」を注文して、身体と眼を休めた。​​​​
​​​​​​

写真-1 堺町通りの北一硝子三号館。


写真-2 タンブラーとインテリアランプ。


写真-3 インテリアランプと小樽市内パネル。


写真-4 ガス燈のデザイン一覧と室内照明スタンド。


写真-5 北一三号館の通路トロッコレールと雰囲気ある北ホール。


写真-6 北一ホールでのピアノ演奏とチョコ抹茶ラテ。






Last updated  2022年04月20日 06時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月18日
カテゴリ:ふるさと樽景色
 ​​わずかに雪が残る小樽運河を歩く。浅草橋から見る景色に違和感があった。レトロ感が途切れていた。澁澤倉庫の外壁が真新しく白く輝いていた。昨年の秋に二つの倉庫外壁を補修したようだ。以前は、蔦(つた)が外壁を覆っていた。現在この倉庫は、飲食店と駐車場に使用されている。​
​​
 「日本の資本主義の父」と称される​渋澤栄一​は、小樽にも縁がある。明治末期に来樽した。完成したばかりの防波堤と石炭積出し施設を視察している。その際、物流を担う倉庫にも目を付けたようだ。彼が尽力した日本初の銀行「第一国立銀行」の支店も小樽にあった。幕末・明治・大正・昭和を駆け抜けて91才で没する。​

 ​運河浅草橋​近くの函太郎店(回転寿司)にて、相棒と夕食する。寿司通りに並ぶ老舗寿司店に負け劣らずの味だった。コロナの影響で客が少なかったので、「回転」でなく、近くで握ってもらった。注文は、タッチパネルを使用。​​
​​​​​​

写真-1 4月の小樽運河夜景。


写真-2 運河沿いの渋澤倉庫外壁が真新しい。


写真-3 2022年4月と2019年6月の比較。


写真-4 運河回転寿司店で夕食する。


写真-5 古い倉庫の再利用。


写真-6 運河中央橋から大同倉庫を見る。






Last updated  2022年04月18日 05時00分05秒
コメント(1) | コメントを書く
2022年04月15日
カテゴリ:ふるさと樽景色
​​​​​ ​港の見える坂道が小樽駅近くある。駅北側の三角市場内を下って行くと国道5号線にでる。すると船見坂の看板にぶつかり、坂の下に気付く。坂道は、函館本線を跨ぐ「船見橋」を超えて山地に向かって伸びている。船見橋らは、小樽駅構内で車輪を休める電車が見えた。​

 船見橋から急坂(勾配15パーセント)を登りつめ振り返れば、かつて港内に数多くの船舶が停泊していた。いまはその面影はない。往年の小樽港は、石炭・木材を積む船で賑わった。船見坂は、明治の稲穂大火をきっかけに、防火帯として切開いた坂道。その結果、高台に住宅開発が進み、今日に至った。

 今回、4月上旬に法事があり、小樽に3日滞在する。また街角に雪が残っていたが、朝夕に散歩した。暫く、古里小樽の風景を掲載します。​​​​
​​​​​​

写真-1 朝日を受ける坂道。


写真-2 日本海から昇る朝日を眺める。


写真-3 朝陽が照らす小樽港。


写真-4 船見坂と船見橋。


写真-5 船見高台から眺めた町並みと駅前建物。


写真-6 船見坂と第3埠頭。






Last updated  2022年04月15日 06時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


© Rakuten Group, Inc.