2059681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清多夢くらぶ

全354件 (354件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

江戸・東京

2022年01月03日
XML
カテゴリ:江戸・東京
 ​​2020東京オリンピックのマラソンコースの折返し地点になるはずだった浅草雷門前。雷門から浅草寺本堂まで南北へ約350mの参道が続く。この間大きな赤い提灯を、誰もが興味深く観る。特に外国観光客は、大提灯と記念写真を撮る。​
​​
 浅草寺総門にあたる「雷門」に赤い大提灯「雷門」が吊り下げられている。正式名称は、「風雷神門」。総門の左右に、風神と雷神が泰安していることに由来する。現在の門は、松下幸之助氏の寄進によって再興されたもの。​

 雷門を過ぎ仲見世を通ると、宝蔵門が見えて来る。宝蔵門には、「小舟町」と描かれた大提灯が吊っている。この提灯は、日本橋魚河岸の信徒なとの心意気を示し​​
たもので、1659年に奉納されたもの。現在まで歴史と伝統を受け継いでいる。​

 浅草寺本堂(観音堂)の拝殿に「志ん橋」と描かれた大提灯が吊り下がっている。新橋の信徒などが奉納したもの。歌川広重の名所江戸百景、冬の「金龍山浅草寺」には、雷門に「志ん橋」提灯が絵がれている。五重塔も現在の位置と異なっている。​
​​​​​​

写真-1 浅草寺総門の「風雷神門」。


写真-2 雷門から仲見世通り。


写真-3 宝蔵門の大提灯「小舟町」。


写真-4 本堂拝殿の大提灯「志ん橋」。


写真-5 観音堂拝殿の天井画。


写真-6 歌川広重・名所江戸百景「金龍山浅草寺」。






Last updated  2022年01月03日 06時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年08月10日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​​​​ ​17日間のお祭りが終わった。五輪選手たちは、不本意な環境下で良く頑張った。メタル獲得総数が過去最高の58個。自国開催のメリットもあった。しかしこの間、新型コロナの爆発的感染を許す。8日の全国の新規感染者15,284人、重症者1,138人。一方、64歳以下のワクチン接種率は7.6パーセントの低さ・・。​

 無難に終えた東京オリンピックの開会式。「つまんない・・」との声が多いが、1年の延期、無観客、人事問題、経費削減などを考えれば、よくぞ式典を作り上げた。関係スタッフ・ボランティアを讃えたい。無事にパリ大会へバトンを渡すことができ、JOCはほっとしていることだろう・・。​

 テレビ開会式を観て、印象に残った演出などを記録しておく。先ず、宝塚歌劇団による国家斉唱。彩豊かな袴姿が凛々しい。(2)競技場から湧き上がった光の粒が躍動して五輪ができた。あっと驚いたが、合成画面だった。(3)盆休みを控えて、東京五輪音頭を浴衣姿で踊ってくれたこと。(4)消える聖火を見守る子どもたち。​

 3年後の夏季オリンピックはフランス。​パリ大会​へ行きたくなる動画も良かった。世界遺産のベルサイユ宮殿で、競技が行われるようだ。東京大会の反動もあり、大勢が仏蘭西へ押しかけることだろう・・。​​​​​​
​​​​​​

写真-1 華やかな宝塚歌劇団20名による国家斉唱。


写真-2 競技場から湧き上がった「光の粒」が五輪マークへ。


写真-3 浴衣姿で踊る東京五輪音頭・盆踊り。


写真-4 愛の賛歌を唄うミレイさんと木・根ダンスのアオイヤマダさん。


写真-5 「星めぐりの歌」と聖火納火式。


写真-6 次回オリンピック・パリ大会とARIGATO。






Last updated  2021年08月10日 18時49分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年08月02日
カテゴリ:江戸・東京
​​​ ​東京2020オリンピックも後半に入った。​テレビ観戦​をする日々ではあるが、早くおわってほしいのが本音。コロナの感染拡大が止まらない・・。開会式のマイ・ハイライト写真を、テレビ画面および新聞社の写真を借りて、記憶しておく。​

(1) 新国立競技場の開会式を無観客に決定した7月8日。わずか2週間前の決断だった。新国立競技場は、数々の変更を経て2019年11月完成。収容人数6万8000人、工事費約1570億円を投入。「心でつながる」が開会式のテーマ。200国と地域から1万1000人を迎えて開催された。​​​
​​​写真-1 新国立競技場と開会式開始花火。

​​​​​(2) 国旗掲揚が終わると、歌手のMISIAさんが国歌を歌う。その後、木遣り唄、江戸の火消しの纏い、タップダンスなどの演目があった。更に、直径4mの木製の輪が五輪に変化した。

        写真-2 江戸庶民の営み現代タップダンス。​​
​​
​(3) 20時40分からギリシアを先頭に選手団の行進が始まる。五十音順の入場は史上初めて。とりわりカザフスタン選手団が注目された。刺繍の民族衣装と装飾品に、身を包まれた女性旗手。折しも、行進曲は「ファイナルファンタジー」のテーマ曲。多くの人をゲームの世界から出てきたお姫様かと思わせた。​

写真-3 カザフスタン選手団入場と女性美人旗手。​
​​
(4) 22時40分ころ、箱を使用した演技から Tokyo2020のエンブレムが完成。夜空を見上げると、ドローン1824台を配置させた巨大エンブレムが・・。すると地球の形に変化。会場内に静かに「イマジン」の曲が流れた。​​​

​写真-4 夜空に浮かぶ1824台によるドローンショー。​​

​(5) JOCバッハ会長らによる長い20分スピーチが終わると、天皇陛下による「大会の開会宣言」がなされた。その後、ピクトグラムのパフォマンスと歌舞伎とジャズピアノ演奏との共演。​​

​写真-5 歌舞伎役者・市川海老蔵による「見得切り(にらみ)」。​​

​(6) 開会式最後はオリンピック聖火の点火式。会場入場ランナーは、オリンピアの野村忠弘さんと吉田沙代里さん。プロ野球・国民栄誉賞の長嶋・王・松井さんから、東北復興3県の子ども6名を経て、最終ランナー・大阪なおみさんの手で聖火が灯された。​​
​写真-6 オリンピックの聖火台に立つ、大阪なおみさん。
​​
​​​(7) 競技場に灯った聖火台は、​富士山と太陽​をモチーフ。小さな「ファイヤー富士」だ。聖火は、未明に有明の「夢の大橋」の小さな聖火台に移された。その球体のサイズは会場の1/3サイズ。燃料は水素。省エネの聖火が17日間燃え続ける。​​​

​​写真-7 富士山と太陽をモチーフにしたオリンピックの聖火台は。​​






Last updated  2021年08月02日 19時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年07月26日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​​​ ​東京オリンピックの開会式を家族で観る。予定時間30分程オーバーして、23時30分に終わった。途中から缶ビールと枝豆を用意。大会トップの挨拶が長くて、テレビに向かって文句を言う。​

 印象に残ったものは、やはりピクトグラム(絵文字)のパフォーマンスだ。約5分間で、全競技50種目を表現した。絶妙の動と静。バトミントンのラケットを落としたシーンは、温かみのあるユーモラスだ。主なもの8つをNHKテレビハイライトよりアップする。3人のコンビさんに
金メダルをあげたい。51番演技は、表彰台であった。​

 開会式を終えた翌日、国内SNSで話題になった5つは、以下のようだ。(1)選手入場曲にゲート音楽とカザフスタン旗手。(2)競技会に相応しい、動くピクトグラム。(3)ドローン1824台を使用した「夜空の地球」と「イマジン」。(4)聖火が灯るまで5分間。(5)IOCバッハ会長の長すぎる挨拶(ウンザリ)。​

 誰もが想像できそうな競技種目を表すピクトグラムは、1964年東京オリンピックから始まったという。当時のデザインは20種目。以後、各国で個性的な絵文字を創っている。また、大会のマスコットキャラクターは、1968年仏国グルノーブル冬季五輪から創られている。​​​​​
​​​​​​

写真-1 2020東京オリンピック大会の50種目のピクトグラム。


写真-2 NKH大会ハイライトからピックアップ。近代5種競技ピクトグラム。


写真-3 サッカーボールと馬術競技のパフォーマンス。


写真-4 カヌーとボートスプリント。


写真-5 柔道と自転車競技。


写真-6 トライアスロンと表彰式。






Last updated  2021年07月26日 05時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月26日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​ ​東京駅八重洲側のオフィス街を貫くさくら並木がある。アルバイト出社の寄り道に、都会のさくら並木路を歩く。午前8時前なので、人と車は少ない。以前勤めていた会社に出向くため、コロナ禍なので朝6時半前に自宅を出た。​

 東京駅八重洲口から西へ茅場町に至るのが日本橋さくら通り。約170本の枝が重なり合って伸び、桜のトンネルを形成している。日本橋高島屋デパートの南沿いの桜並木と言った方が解りやすいかも・・。​

 東京の桜(ソメイヨシノ)は、3月22日に満開を迎えた。観測史上2番目の早さだという。25日に福島県を出発する東京五輪の聖火リレーがスタートした。桜並木を走る様子も伝わってくると思う。千葉県ルートは、7月1日からの3日間。7月3日柏の葉公園となっている。無事に辿りつけるだろうか・・。​​​
​​​​​

写真-1 東京八重洲側の桜並木。


写真-2 オフィス街の桜とガラス窓に映桜。


写真-3 日本橋高島屋沿いの桜並木道。


写真-4 日本橋さくら通りのサクラ。


写真-5 ビルの谷間で咲く満開の桜。






Last updated  2021年03月26日 05時29分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月01日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​​​​ 空気の澄んだ朝は、都心のビル群がよく見える。と言っても、肉眼では難しい。しかし、見える、良く見えるぞ・・と言うひともいる。​

 東京都港区のビル群には特徴的な高層ビルがあるので、東京タワーを見つけ易い。左側(南側)から虎ノ門ヒルズ、TBS放送センター、六本木ヒルズなど見える。東京タワーは、虎ノ門ヒルズの陰になり、先端部のみが見える。​

 北側には、新宿副都心のビルがある。利根運河口から約30km、南南西(十二支・未の方角)にあたる。左側にドコモタワーの独特な姿がある。都庁舎のツインビルは、手前のビル群の陰になり、展望室が僅かに頭を出している。​

 2年程前桜の頃、新宿御苑と都庁45階展望室を訪れたことがある。現在は緊急事態宣言を受けて休室している。花見の頃、65歳以上の高齢者(約3千万人)へのワクチン接種が始まっているはずだ。小生に回って来るのは、桜散った後か、それとも梅雨時にずれ込むかも知れない・・。​​​​​
​​​​​​

写真-1 東京都港区方面。左端に虎ノ門ヒルズと東京タワー先端部。


写真-2 新宿副都心のビル群を遠望する。


写真-3 夕方の新宿副都心。


写真-4 千葉県側のクレーン群とクリーンセンター煙突。


写真-5 土手越の朝夕の富士山。






Last updated  2021年02月01日 06時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月15日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​ ​皇居外苑・皇居前の大芝生公園には色々形をしたクロマツが植えられている。約2000本の黒松と広大な芝生、そして丸の内ビル群とのコントラスで別天地のような感じを与える。黒松が密集していないので、開放的な雰囲気がある。​

 110ヘクタールもの敷地を有する皇居外苑。馬場先濠から二条橋濠までのエリアで、真ん中を内堀通りが横切っている。一般に、この内堀通りから皇居側を皇居前広場という。郵便番号100-0002、千代田区皇居外苑との地番がある。​

 江戸城築城前のこの一帯は、江戸前の入江部にあたり、丘陵部にクロマツが自生していたという。黒松が広場に点在させているのは、東京湾に浮かぶ小島に見立てているらしい。白い帆船のような何かがあったらなと思う・・。​​​​
​​​​​

写真-1 皇居外苑・点在するクロマツの「小島」。


写真-2 ひと際立派な松。


写真-3 大芝生広場の黒松。


写真-4 皇居前広場より丸の内ビル群を望む。


写真-5 富士見櫓と深まる秋。






Last updated  2020年11月15日 06時53分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月11日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​ ​高さ11mの​天守台​が本丸公園を見下ろす。花崗岩を主体に築かれた、東西41m×南北45mの巨石土台。天守の無い天守台として、360年以上保存されている。その間、展望台として役割を果たしている。​

 現在の天守台は、4代目で明暦の大火(1657年)後に、加賀藩主・前田綱紀によって築かれた。天守台の正面側は​花崗岩​を主体に、裏側の石垣には伊豆石(安山岩系)を使している。火災の跡が残っている石もある。初代天守台は。1606年(慶長11年)、黒田長政によって築かれていた。​

 築城の石積みにおいて、コーナー(隅角部)の積み方が大切だと言われている。隅角部は「​​算木積​​」と呼ばれ方法で造られる。そして身近で観る事ができる。長方形の巨石、長辺と短辺を交互に組み上げるもので、建物の荷重に比例して、強度が得られるという。四隅が大切なことを教えてくれる​​​​
​​​​​

写真-1 本丸公園の北側に築かれた4代目の天守台。



写真-2 巨大な花崗岩で築造されている。


写真-3 隅角部の「算木積み」を身近で見る事ができる。


写真-4 日当りの悪い北側の石垣。


写真-5 天守台は、展望台として利用。


写真-6 天守台の案内看板。






Last updated  2020年11月11日 10時11分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月02日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​ 皇居東御苑の二の丸跡に造られた池泉庭園に立ち寄る。通称、二の丸庭園。紅葉にはまだ早いため、人出は少ない。隣接する二の丸雑木林で、写生会をする一行がいた。​

 二の丸庭園は、本丸の東側に位置し、三代将軍家光の命によってつくられた。小堀遠州が作庭した「池泉(ちせん)回遊式庭園」が、現在、江戸城跡として国の特別史跡に指定されている。​

 昨年の秋は、皇居乾通りの通り抜け、大嘗宮の一般参観があり大いに賑わった皇居広場。あの人出が嘘のようだ・・。新型コロナウイルスは、多くの企業や会社・店舗を経営危機に陥れた。第3波が小さきことを願うばかりだ・・。​​​
​​​​​

写真-1 二の丸庭園の雪見石灯篭と池泉。


写真-2 緑鮮やかな松の枝ぶり。


写真-3 小堀遠州の作庭した池泉回廊式庭園。


写真-4 諏訪の茶屋、えぞまつ。


写真-5 十月桜と花梨(カリン)。






Last updated  2020年11月02日 11時43分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年10月31日
カテゴリ:江戸・東京
​​​​​ 東御苑本丸公園の一画に、旧​​江戸城天守​​の模型が展示されている。高さが2mほど、縮尺1/30の可愛いサイズ。夜露、風雨からミニ天守を守るため、木造の建物内に収容されている。​

 江戸城の天守は、3度の焼失している。展示されている模型は、最後の寛永期のものを復元した。当時の​5重6階​建物と天守台(石垣)とをあわせると、その高さは60m(20階建てのビルに相当)。屋根は銅瓦葺で金色の鯱が輝き、江戸幕府の偉容を誇示したという。​

 高さ2mほど模型ではあるが、細部まで復元したという。3Dプリンターを駆使して、鯱や金具が製作されている。展示建物造営+復元模型製作とで約1億円を要したという。実物大の天守復元運動も数年前から続いている。成就する秋がくるのだろうか・・。​​​
​​​​​​

写真-1 江戸城寛永度天守の復元模型。縮尺1/30


写真-2 精巧な細部。製作に2年間を要した。


写真-3 案内書を読みながら一周できるのが模型のメリット。


写真-4 本丸公園の西端に作られた展示場。


写真-5 案内ポスターと天守大きさ比較図。


写真-6 天守台に天守を載せてみた。合成写真。






Last updated  2020年10月31日 06時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全354件 (354件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

PR


© Rakuten Group, Inc.