2013年06月17日

四季の里公園 花景色

(1)
カテゴリ:利根川水系

 四季の里公園の小さな池を目指す。この公園は「もりや工業団地」内にある大小9つの公園の中で最も大きく、四季の花々が植えられている。団地内の憩いの場所である。菖蒲池にはハナショウブ、アヤメ、カキツバタの計43,000株が咲く。池中央の展望小屋からは360度の花景色だ。

 つくばTX線・守谷駅から北西3kmに位置する四季の里公園は、自宅から直線距離ならば約10km。日差しがきつくないので愛車でサイクリングする。途中、利根川と鬼怒川を渡るために、大きく北上した後、南下しなければならない。おかげで片道23kmになる。

 もりや工業団地は、1899年に造成工事(65万m2)が始まり、1991年頃完成した。その年に日本最大級と云われたアサヒビール茨城工場が入所した。ビール工場の敷地面積は、39万m2で団地面積の約6割を占める。茨城県の工場見学の目玉である。見学後は無料の生ビール(グラス3杯)を飲める。

 アサヒビール工場の西側1kmに鬼怒川が流れているが、工場用水は小貝川のようだ。水海道の浄水場から送水される。ビール製造は大量の水を必要とする。1日平均2,000kl(大ビン270万本相当)を製造するという。このところ雨の日が続いた。関東の水ガメは、僅かに回復した。

1.守谷四季の里.JPG

写真-1 四季の里公園のアヤメ園。もりや工業団地の一角にある2万m2の公園。

2.花菖蒲.JPG

写真-2 菖蒲池の中央に東屋がある。池をぐるりと紫・黄・白の花が彩る。

3.花菖蒲.JPG

写真-3 第21回目を迎えたアヤメ祭り。アサヒビール工場の北側にある憩いの空間。

4.水車.JPG

写真-4 公園内の北側に設置してある水車。水は菖蒲池へ流れ込むようになっている。






TWITTER

Last updated  2013年06月17日 14時30分12秒
コメント(1) | コメントを書く
[利根川水系] カテゴリの最新記事