阪本ニュース

フリーページ


漢方講座・朴庵塾にて学んだことを中心に掲載して行こうと思っています。漢方の世界は奥が深く、私には中々理解が出来ませんが、先人たちが残した多くの症例は、一生を通した仕事を与えてくれました。
色々な所で病が軽減できなかった方々に、少しでもお役に立てればと思います。『素問集註』百病始生邊に風・熱・湿・燥・寒の五邪と五常(仁・義・礼・智・信)の感情はダイレクトに五臓に影響を及ぼす事が記されています。感情によって身体の血流が変化し、症状に大きく影響を与えます。
自分なりに考えた最大の病氣の原因は、心の持ち方にあると思っています。悩みが病を作る。悩みは自らが作り出すもので、遺伝等の例外を除けば、多くの病も自らが作り出すものです。悩まなくなることは難しいものです。悩みから抜け出すヒントを、何か掲載できればと思います。特に・生き方(教えて頂いたこと)・病気からの回復の為等に掲載させて頂きました。プライベートはキャンプの関連事項等が増えつつまります。
2022.01.12
XML
カテゴリ:漢方

 麻杏薏甘湯は日晡所があれば、喘息にも使うのです。神経痛や痛みより喘息に使うほうが多いくらいです。傷寒や金匱は抽象的な表現が多く日晡所でも陰陽の移り変わりなんていうのもそうですが、そのような理由では多くのドクターや調剤の藥剤師は中々信じられないようです。一つ一つ実際にやってみて、その正しさを感じ信じてもらうことが人助けにつながるのですが残念なことです。

​体力があって汗が出て喘鳴をともなった咳をする場合があります。肺に熱がこもって咳をして発汗せずして身体や関節に疼痛があるような場合は「麻黄湯」ですが、発汗して咳をして体表に熱が少なく苦しむような場合は​​「麻杏甘石湯」​​を選ぶという事になります。

 

麻杏薏甘湯は『傷寒論』ではなく

『金匱要略』痙湿暍病(けいしゅうえつびょう)篇に述べられています。

病者一身盡(ことごと)く疼(いた)みて發熱、日晡所(にっぽしょ)、劇き者は風濕(ふうしゅう)と名づく。此病(このやまい)汗出ずるに風に當り傷られ、或は久しく冷を取り傷(やぶ)られて致す所なり。麻黄杏仁薏苡甘草湯を與(あた)ふべし。

読み

病者一身ことごとく疼みて發熱し、日晡所、劇しき者は風湿と名づく。この病は汗出でて風にあたり傷られて、或いは久しく冷えを取りて傷られ致す所なり。麻黄杏仁薏苡仁甘艸湯を与うべし。

解説

病人の身體が痛んで熱が出て、午後三時から五時頃の間になると、特に症状が激しいものは、風湿となづけます。この病が起こす原因というのは、汗をかいて表が開いている状態に、風にあたって表を冷やした為におかされ、{汗が出るのは体表が熱を持って汗腺が開けば水気は汗として出ますが、風にあたれば皮膚が冷えて汗腺が閉じて水気を散ずることが出来ないで湿となります}或いは、永い間冷えるような思いをしたためにおかされて、この病をおこしたのである。麻黄杏仁薏苡仁甘艸湯を与えてやりなさい。

麻黄杏仁薏苡甘草湯の処方

麻黄(苦温)0.5g節を去って湯泡とは、ふり出してアクをぬく。甘草(甘平)一g炙る、薏苡仁(甘微寒)0.5g、杏仁(甘温)0.5g炒って皮尖を去る。

右の諸薬を麻の実の大きさにきざんで、一回の服用毎に四gをとり、さかづき一杯半、すなわち60 mlの水をもって煮て、さかづき一杯40 mlの八分とし、すなわち32 mlとする。滓を去り温服する。すこし汗が出て治するのであるが、その場合風に当らないように注意しなさい。

新古方藥嚢

永く冷える處に居たり、冷える仕事をしたり、又は薄着して汗をうんとかく程の仕事を永くしたりした為、身體中が疼痛し特に午後の3時から4時頃になると疼痛も一段強きを加え、熱も出てくると言ふが麻杏薏甘湯の行く處の根本たり。

           日晡所

夕方午後3時より5時に至る間、夕方近くになると發熱が劇しくなるのは風濕の病。陽いづるは寅に於いて陰に入るは申に於いてす 

日晡所は即ち陰陽交わる時なり、陰陽の接触順ならずして則發熱する也

何故日晡所に限って起こるのか

夕方になると太陽が西に沈んで地上の陽気が少なくなり、気温も下がります。すると体表の陽気も体内に入り、陰気の潤す氣が体表を覆い、陽気が完全に裏に入れば人は眠りにつくのです。日晡所とは陰陽の交換が行われる時であり、それが順調に行われないと気血のつまりが生じて、痛み・發熱その他の症状を発するのです。

[方術説話]

汗出づる風に当たれば水氣散ずるを得ず内に滞りて濕をなす、遇ま風にやぶらるる事あらば即ち發して風濕となる。久しく冷を取れば陽氣の行濇る亦水氣散ずるを得ずして濕となる、汗出づるに風に当たりて生ずる者は多く頭背にあるべし。久しく冷をとりて傷らるる者は大概手足にあるなり。

           風氣と湿氣とが相争うと痛みを生じます。普段は自然と汗が出て治るはずなのに、天候が悪く雨が止まず湿気が上がり、発散が出来ない時は治り難くなります。

発汗をすれば良いのですが、発汗の仕方があります。汗の発し方が強すぎると、風湿の湿気だけが取れて、さらに深い部分の湿気が残って治らなくなります。ですからジクジクと汗ばむ程にすれば風と湿が共に除かれて治ります。

風氣は皮毛にあり、湿は肌肉の部位にあって普段は小便によって除かれます。また、汗として出すためには、風の陽気を借りて湿を僅かに表より出すことは出来ますが、体内に湿があるために気血のめぐりが自由にならず、しびれを生じます。これを【湿痺】の病と言います。

 この特徴的な症状は、小便は不利しても大便は気持ちよく出る。小便不利によって肌肉の湿気が滞り熱を発し、痛みを生じるのです。

           麻杏薏甘湯は午後になれば悪化するというものであれば、関節リュウマチはもちろんのこと、単なる筋肉痛にも使えます。つまり、内に異常がなく表の肌肉に熱があるという時に用います。

麻杏薏甘湯は午後に悪化する筋肉炎やリウマチに使いますが、中には朝が動かしにくく、午後になると楽になるという関節炎やリウマチがあります。これは濕ではなく、労働などによる血虚が原因です。この場合には黄耆建中湯や炙甘草湯が使われます。

 リウマチ・私は明け方に喘息が出る人・湿気が原因のときには必ず使います。

 

症例

喘息

明け方に発作が起こり入院したが改善できない。夜中以外は起こさない。原因は日曜日に沢に出かける。汗をかいた時に風にあたれば上焦が侵されやすくなり、肺気がつまると喘息になると考えた。「麻杏薏甘湯」一日分で効果があり、水分の事を注意してもらったら三ヶ月で治った。

癲癇

二十歳の男性。明け方に癲癇を起こす。高校時代にサッカー部でシャワーの習慣がついてから起こすと言う。時間帯で判断して「麻杏薏甘湯」を服用して頂く二ヶ月で治った。

疼痛

老婦。露天商の方。或る日、左肩に激痛を発してやまない。午後は疼痛が酷い。商売柄、酷い冷えから来たと考え「麻杏薏甘湯」を服用いただく。たちまち痛みが治った。

両手、両足、両肩、両膝が痛む。朝のこわばり

60代女性、元教師で現在は主婦。体格中程度で身長155cm51kg、色は白い方で中間証タイプ。

1年半前から痛み始めた。大学病院で慢性関節リウマチと診断された。内服薬の投与を受けていたが、特に症状の改善はみられなかった。

初診の時は、両手指関節の一部が紡錘状に腫れ、変形していた。両手関節、両膝関節、両肩関節がいずれも軽度熱感があり腫脹し痛みがあった。特に朝のこわばりは午前中維持して、日中は両手指、両手関節及階段の昇り降りの時に体重移動で両膝が痛み、夜になると両関節が痛むという状態であった。麻杏薏甘湯を服用六ヵ月で熱感が完全に取れ、八ヶ月くらいより疼痛の軽減、一年で膝と肩の痛みが取れた。

筋肉リウマチ・神経痛・手掌角皮症・水虫・腎炎・肺膿瘍・頭のふけ・手足の荒れ症・凍傷・湿疹・喘息等に応用されます。

 

新薬の併用について

 リウマチ性疾患の疼痛に対する第一選択藥として使用されている非ステロイド性抗炎症藥イブブロフェン、ロキソプロフェンとの併用により、これらの新薬の鎮痛作用発現量を単独使用時の三分の一程度に低下させます。さらに作用を増強することが認められています。

 アスピリンの投与により引き起こされる消化性潰瘍を抑制する事も認められています。

このように痛効散は、非ステロイド性抗炎症藥と併用する場合も、鎮痛作用だけではなく、副作用の消化性潰瘍を防止します。

 

 RIMG0669​​







最終更新日  2022.01.12 18:46:30
コメント(0) | コメントを書く


PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08

お気に入りブログ

5月27日のツキア… New! みお&ゆきさん

和三盆のお干菓子を♪… ひさちゃん1192さん

月のボイドタイム(5… 瑠璃月姫さん

楽天ブログ StaffBlog 楽天ブログスタッフさん
☆☆☆3103の部屋☆☆☆ ◆◇3103◇◆さん
健康、長生き、アン… shinicさん
じゃみじゃみ茶房 さじ1118さん
ひとり言日記 nanakon8851さん
ほんわか介護とほん… める55さん
ぬいぬいの料理しち… ぬいぬい13さん

コメント新着

祐 yu@ Re[1]:五行と食養のおはなし 藤本肇先生(05/28) Hiroさんへ コメント有難うございます。藤…
Hiro@ Re:五行と食養のおはなし 藤本肇先生(05/28) 藤本肇先生の傷寒論金匱要略の御本を探し…
祐 yu@ Re[1]:萩アクティビティパーク(05/07) ダッチへ わ~久しぶり。キャンプしたいね…
ダッチ@ Re:萩アクティビティパーク(05/07) yuさんファミリ-お元気ですか? ご無沙汰…
祐 yu@ Re[1]:生口島で蛸天丼(08/26) 道明先生へ 広島担当も終盤だと思い、経験…
オコゼマン@ Re:生口島で蛸天丼(08/26) もう10年以上も今治に通っているのに、…
祐 yu@ Re[1]:八味丸(11/21) 先生 貴重なコメント有難うございます。…
オコゼマン@ Re:八味丸(11/21) お久し振りでございます。 八味丸の小腹不…
祐 yu@ Re[1]:花火大会(09/08) しんちゃんへ 不動産屋さんに連れてきても…
しんちゃん@ Re:花火大会(09/08) 自宅からこんな花火が見れるなんて羨まし…

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.