839301 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Y’s room

● 水槽 底砂 水温 水替え

ビーシュリンプを飼おう♪
 ★★ サイト内の文章・写真等の無断複製・転写等 お断り ★★

● 水槽  
ビーシュリンプ飼育するために用意する水槽は、小さくても、大きくてもOKですが・・
爆殖させたいなら、60cm以上の水槽を おすすめします
とてもデリケートなエビなので、水質・環境などにも敏感です。
小さい水槽だと、急激な水質変化が起こる可能性があるので・・
水質PHは6~7くらいが良いそうです。
60cm水槽に10匹~15匹位が繁殖にむいてるみたい。。過密飼育してると繁殖しなくなるじょ(笑)

水槽セット のショッピング
↑文字クリックすると商品一覧




● 底砂 
ソイルを使用すると、繁殖の成功率が高いようです。
初心者さんでも、ソイル使うと簡単に増やすことができるんじゃないでしょうか?
我が家は掃除、1年後のリセットが面倒なので使う気ありません。。
大磯砂、ADAブライトサンド、ろ過ジャリ、現在使ってる溶岩砂でも、十分 爆殖してますから(経験談)
熱帯魚同様、自分好みの砂で飼育できますが、PHがアルカリに傾く砂(サンゴ砂など)は (≧◇≦)乂ダメダメ
黒色の砂が一番 CRSの色が映えるなと思います
底砂 のショッピング
↑文字クリックすると商品一覧




● 飼育水の温度 
22~25℃くらいが適温です。高温、酸欠にとても弱いです。
夏場、28℃以上が続くと☆になりますので御注意を・・・  
水槽用クーラー使うか、水槽おいてる部屋全体をクーラーで冷やしましょうね
エアレーションも忘れずに。。。
ライトのリフトアップして、ファン装備する方もいるでしょうね。。

エアレーション関係のショッピング  用品・器具のショッピング
↑文字クリックすると商品一覧



● 水替え 
水替えは飼育数や水槽の大きさで違ってきますが・・
基本的には1週間に1度です。。
大量に交換すると、エビの発色が悪くなったり、エサ食いが悪くなったりすることもあるので気をつけて・・・
エビが増えると、汚れも増えるということ・・メンテの仕方はエビの数で変わってくると思います。。

絶対に欠かせないのが底砂のメンテです。
エビは絶えずツマツマ食べてるため、フンが凄いです。。 
底砂の掃除、ちゃんとしましょうね~
熱帯魚用浄水器があると、楽ちんです♪
用品・器具のショッピング
↑文字クリックすると商品一覧








© Rakuten Group, Inc.