1708986 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆかいなおっちゃんのついてる日記

PR

Profile


拝大五郎

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Rakuten Card

Sep 25, 2021
XML
Amazonより

原作コミックのある映画だったんですね。

それを知らずに(もちろん原作も知りません)観たので、純粋に映画だけのレビューになります。

死んだ人間の記憶を映像として取り出すことに成功し、それを犯罪操作に使うという設定は、どっかで聞いた事がある様な気もしますが、面白いですね。

当然、故人のプライバシーを一切合切暴くということで、そこに倫理的な問題もあります。

その辺がテーマなら、社会派な人間劇が描けそうですが、本作はそこがテーマではないみたい。

メインはものすごい悪意の塊の様なサイコパスの連続殺人鬼の女性をどうやって捕まえるかという話。

そこに自殺したこれまた悪意の塊の様な連続殺人鬼が絡んできて、その死後に脳をスキャンしたことで影響を受けてしまった警察官と捜査トップの警視正の問題とか、複雑に絡んでます。

で、絵作りが上手いし、意外な展開(死刑で死んだ殺人犯の脳をスキャンしたら冤罪だった)でグイグイ引き込まれるんですが、後半にいくに従ってしょぼくなっていくんですよ。

結局、人の記憶を見てその悪意に当てられて発狂、もしくは一線を越えるってことになってるんですが、その悪意の部分が弱すぎるんです。

その上、犯人をサイコパスにすることで、動機等観客が感情移入できる部分がなくて、シラケちゃうんです。

『秘密 THE TOP SECRET』はもうちょっと脚本を整理して、人物の掘り下げに力を入れて欲しいです。


皆さんに全ての良き事が雪崩のごとく起きます。






Last updated  Oct 8, 2021 02:43:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
[近頃見た映画やテレビ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.