000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ユカポンずルーム

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

ドイツ旅行

2014.12.24
XML
カテゴリ:ドイツ旅行

今日は久しぶりに予定がなかったので、家中のお片付けをようやくしました。
うちの近くの燃えるゴミは午後2時ごろ回収に来るので、ごみをまとめては出し、を繰り返し、10袋くらい出したかも!!
いや~~よくもまあこんなに溜め込んだものだわ。
普段から結構、片づけてるつもりだけど、1年でいらないものって溜まるね。ホント!!

さて続きです。
現地時間12月6日、モーニングコール6:00
6時半に朝ごはん~~音符
    CIMG1624.JPG
最後の朝もお腹いっぱい~~
レストランは今までで一番小さいものの、お料理は美味しかったです。

8時15分ロビー集合。バスで約1時間。予定よりだいぶ早くローテンブルクへ到着しました。ローテンブルクは中世の街並みがそのまま残っています。理由はのちほど・・・

    CIMG1629.JPG

    CIMG1630.JPG

    CIMG1640.JPG
素敵な街です。

早めに着いたので、ゆっくり街を散策できました。
    CIMG1645.JPG
まだ人も少ないです。

上の写真でも見えますが、吊るし看板が有名です。
    page.jpg
これまた素敵だよね~~

そしてマルクト広場の前にクリスマスマーケットが広がってます。
マルクト広場の前には市議会員宴会館というのがあり、そこの仕掛け時計が有名です。
    CIMG1642.JPG
時計の横にある窓・・・10時まであと少し、運よく見ることができました。

    CIMG1646.JPG
窓が開いて左右の人形が動きます。

17世紀の30年戦争で街を占領した将軍(向かって左の窓)が、市の議員たちの首をはねようとしました。フランケンワイン(ローテンブルクの名物です)を飲んで気分をよくした将軍が、ジョッキに入ったワイン(3リットルくらいだったそうな・・・)を一気飲みできたら斬首を許すと言い、老市長(右)が見事に飲み干し議員たちの命も街が破壊されるのも助けた、という場面です。
というわけで、ローテンブルクは中世の街並みがそのまま残ってます。

    CIMG1651.JPG
市庁舎。後方に薄く写ってる塔は60mあり、登ることができます。同じツアーのつわものが数人登ったそうです。私たちはもちろん、まったく登る気はないけどね(笑)

    CIMG1650.JPG
クリスマスマーケットにあるツリー。マーケットはごくごく小規模です。

まだ時間が早いのでブルク公園まで行きました。
    CIMG1656.JPG

    CIMG1657.JPG
遠くの景色はやはり霧がかかってますね。

それからツアーについてたお茶タイム。
クリスマスミュージアムに案内されてシュトレンとお茶(コーヒーか紅茶)を頂きました。
    CIMG1666.JPG
テーブルの上やいろんなところにクリスマスの飾りが綺麗です。
    page.jpg
可愛い~~ハート(手書き)
クリスマスに関する説明をしてくれました。アドベントカレンダーのお土産もいただいたよん。

そして解散。2時間の自由時間です。
まず私たちは有名な「ケーテ ウォルファルト」へ
ここは1年中クリスマス用品を売っています。残念ながら中は写真が撮れないんだけどね~~
    CIMG1654.JPG
中は迷路のようです。オーナメントやらい~~~っぱいあって目移りする!!
私は汽車の形のオーナメントを買いました。
    CIMG1703.JPG

そして・・・なんといっても楽しみにしてたのが「テディランド」
    CIMG1655.JPG
シュタイフのテディベア。くま好きを自認する以上、ひとつでいいから持っていたい1品。
このために、お金節約してたんだもん~~
このお店で一気に使っちゃいました(笑)

    CIMG1705.JPG
我が家に来てくれたローテンブルク限定のNO280くん。
シュタイフのテディベアはすべて手作りなので、同じものはないの。顔もよ~~く見たら違ってるしね。
みーちゃんも散々迷ってたけど、同じタイプのくまちゃんゲットグッド
おそろいだね、いい記念だよね~~

その後、街をぶらぶらする・・・
    CIMG1673.JPG
ローテンブルクもニュルンベルク同様、城壁で囲まれています。
城壁の一部は歩けるようになってます。

もうひとつローテンブルクの名物、シュネーバル
    CIMG1641.JPG
ソフトボールくらいの大きさです。細長いクッキー生地を丸めて油で揚げ、チョコレートやシナモンなどをまぶしたお菓子です。

カフェに入って1つ(2人ではんぶんこ)食べることにしました。
    CIMG1676.JPG
半分に割ろうといたんだけど・・・
フォークを突き刺してもびくともしないショック
どうやって食べるの?これ。

結局、みーちゃんがビニール袋持ってる、と言い、それに入れてテーブルにたたきつけて割ったよ(笑)
食べるとね、そんなに油っこくなくて意外と軽いの。
まあそれでも半分が限界だけどね。美味しかったよ~

そしてもうひとつ有名なフランケンワインも購入。
    CIMG1699.JPG

大満足~~~!!
ドイツで撮った最後の写真は・・・
    CIMG1679.JPG
買い物しまくって大満足の私たち。あまりに嬉しそうだったからか、同じツアーのおじちゃんが撮ってあげるよ~~と。顔を見せられないのが残念。ふたちとも満面の笑みです。

バスでフランクフルト空港へ。
空港の片隅でスーツケースを開けて最後の整理。40人だと壮観です。
免税の手続きをしたり、荷物を預けたり。

出国。
私、初めてセキュリティチェックにひっかかったびっくり
ブーツを脱げと言われ、手を水平に広げさせられて、前から後ろから全身触られまくり・・・
ブラジャーの間やズボンの中まで見られたよ・・・
いやあ、びっくり。
結局、何がひっかかったのかわからないけど、一言「ダンケ}と言われて解放されました。
面白かったハート(手書き)

性懲りもなく、免税店でまたまた買い物して(夫と次男にネクタイを)定刻20:45フランクフルト発。

        CIMG1680.JPG
機内食
    CIMG1681.JPG
またまたたいして寝られなかったけれど、ご飯は美味しく頂きました(笑)

日本時間12月7日(日)16:15羽田に到着。
みーちゃんと夕飯を食べてタクシーで帰宅しました。
無事に帰ってこれてよかったわスマイル

    CIMG1691.JPG
持ち帰ったグリューワインのカップ。
左からフランクフルト、ハイデルベルク、シュトゥットガルト、ミュンヘン、ニュルンベルク

そしてお土産
    CIMG1687.JPG
壮観です(笑)

これで終わりです、長々とお付き合いありがとうございました。

 

 







最終更新日  2014.12.24 22:32:00
コメント(6) | コメントを書く


2014.12.23
カテゴリ:ドイツ旅行

現地時間12月5日、午後4時前、ニュルンベルクのホテルへ到着!!
ホテルはこの旅で唯一のBクラス、パークイン ニュルンベルク。
    CIMG1626.JPG

シャワーのみの浴槽なしの部屋ってことでしたが、私たちの部屋にはちゃんと浴槽もついていました。
ただ!!部屋は狭い~~
    CIMG1594.JPG
最後の晩なのに、スーツケース2個開けない・・・
スーツケースの整理に苦労しましたわからん

今日もクリスマスマーケットへGO!!
ニュルンベルクの旧市街、中央広場で開かれるクリスマスマーケットは世界一有名です。
前々日訪れたシュトゥットガルトは世界最大。あとドレスデン(行きませんでした)の3つが3大クリスマスマーケットとして有名なんです。

旧市街はぐるっと城壁で囲まれています。
    CIMG1622.JPG
ところどころに、こういう見張り台も。

    CIMG1599.JPG
ホテルからクリスマスマーケットの会場まで直線距離だと10分くらいかな~と思うんですが、この城壁があるので、ぐる~~っと回ります。
ところどころに門があって入れるには入れるんですが、添乗員さんが一番わかりやすい道を、ってことで、ニュルンベルクの中央駅まで歩いてそこから旧市街に入ります。

    CIMG1602.JPG
旧市街に入ったところです。
ここをまた延々歩きます。途中で屋台などもたくさん出てきます。子供用のクリスマスマーケットもありました。

    CIMG1617.JPG
聖ローレンス教会。

中央広場まで添乗員さんが連れていってくれて解散になりました。
とりあえず私たちは、ニュルンベルク名物のレープクーヘンのお店へ。
    CIMG1605.JPG   
レープクーヘンとは、蜂蜜や香辛料、オレンジ等のピールやナッツ類を用いて作ったケーキの一種で、いろんな形や形態があります。
すっごい混んでた!!
みーちゃんお買い上げ~~私はやめておきました。結構シュトレンを買ったし、甘いものを息子たちもあまり食べないからね。

それからニュルンベルクソーセージを。
    CIMG1607.JPG
わりと短めのソーセージを3本、奥に見えてるパンに挟んで食べます。
        CIMG1606.JPG
ご家族総出で、って感じの屋台がいっぱいです。これもうっま~~~い!!

    CIMG1608.JPG
ちょっと階段に登って撮ってみました。
屋台もずら~~っと、そして人ごみもわかるかいら?

もちろんここでもグリューワインを。
ここのカップもめちゃ可愛くて・・・もう持ち帰れないと思いつつ、持って帰りました(笑)
半透明のガラスに金でニュルンベルクの街並みが描かれています。

    CIMG1613.JPG
これは美しの泉(噴水塔)
柵の間に継ぎ目のない不思議な金の輪があり、それを3回回しながら願い事をすると叶う、と言われています。もちろん並んで回してきました~~
    CIMG1612.JPG
一生懸命、回してるみーちゃんの頭です(笑)

ほかにも・・・
    CIMG1615.JPG
軽くて美味しかったワッフル。

堪能いたしましたハート(手書き)

ホテルへの帰り道、デパートに寄りまたまたお土産購入。
ドイツのコスメはオーガニックのものがたくさん!!
ハンドクリームなどいろいろ買いました。
    CIMG1696.JPG
下の丸い筒のは、マルチビタミンとかカルシウムとかのタブレットが20個入ってます。水に溶かして飲むんだそう。まだ試してないけど、いろんな人のブログでお薦め、と書いてあったので、必死に探しました。
ドラッグストアで買えば安いみたいなんだけど、結局どこでも見つけられず・・・ちょっとお高めで購入しました。

このデパートから出たら・・どうやら入った入り口とは違うところから出たらしく、こっちの方角だよね、と進んだ道が、途中で違うことに気づきました。
あら~~
やっぱり迷ったか・・・!!
デパートまで引き返し、みーちゃんがパーフェクトな英語で、歩いていたドイツ人に聞いてくれて、最初の道に無事戻れました。が!!その道をまっすぐ進んだら、ホテルまで結構近道だったことに後で気づきました(笑)

ホテルに帰り、スーツケースを整理しながら、明日はもう帰るんだよね・・・と。
すっごい疲れているんだけど、帰りたくない気持ちが強い~~
楽しいことって、なぜこうも早く時が過ぎるんだろうね。

最終日は私がこの旅で一番行きたかったローテンブルクに向かいます。

                つづく・・・    

 







最終更新日  2014.12.23 20:52:19
コメント(2) | コメントを書く
2014.12.22
カテゴリ:ドイツ旅行

今日はこざちゃんと新宿でランチ食事してきました。
    CIMG1779.JPG
中華です。私は鶏の甘辛炒め(真ん中のおかずね)、こざちゃんは酢豚をチョイス。
美味しかったけど、ちょっと辛かった~~!!

そのあとメンバーズサロンでお茶コーヒーしながらおしゃべり。
こざちゃんに素敵なものをたっくさん頂いてしまいました。
いつものことながらありがとうございます~~!!

大事にするね~~

こざちゃんは夕方から仕事だったのに、付き合ってくれたんだよね~
ホント申し訳ない。
私はこざちゃんと別れたあと、デパ地下でちょこっとお買物をして4時ちょっと過ぎに高島屋を出たんだけど・・・
いや~~さすが年末だねえ。
明治通りが地獄のように混んでて、いつも7~8分で抜ける道を45分かかったよ。
もう大渋滞なのショック

いつもなら50分くらいでうちに着くのに2時間かかりました。
こんなの初めてでびっくりです!!

さてドイツ旅行の続きです。
シェラトンの朝はちょっとゆっくりです。
いつも4時前に目が覚めていたのに、さすがにこの日は5時半まで熟睡眠い..
ゆっくり支度して6時半に朝ごはん音符

    CIMG1548.JPG
ホーフブロイハウスで食べる予定だった白ソーセージ、ここで見っけ。(手前にあるやつです)
白ソーセージはお湯のなかに浮いて提供され、皮は剥いて食べます。
そのままでも美味しいけど、マスタードやジャムなどつけて食べるともっと美味しい。
ここでもスモークサーモン、やはりうまい!!
時間に余裕もあったので、やはりお代りしちゃいましたうっしっし

9時15分ロビー集合・・・だけど9時過ぎには出発してる私たち。
みんな早すぎ~~!!(笑)

バスで2時間弱、レーゲンスブルクへ。
レーゲンスブルクの街は世界遺産だそうで~~
有名な石橋は工事中だったけれど、街並みは素敵です。
    CIMG1555.JPG
カラフルな住宅。可愛いの。

    CIMG1559.JPG
工事中の石橋の上から。レーゲンスブルクの旧市街

    CIMG1562.JPG
歩いていると、こんな可愛いオブジェも。

    CIMG1567.JPG
大聖堂。
荘厳な雰囲気です。

    CIMG1571.JPG
大聖堂前に・・・ピクリとも動かないから銅像かと思ったら、急に動き出してびっくりしたよ~~!!

    CIMG1574.JPG
大聖堂入ってみました。

    CIMG1576.JPG
ステンドガラスがめっちゃ素敵ハート(手書き) 美しいのよね。

大聖堂を出てすぐ近くでクリスマスマーケットを開催しています。
    CIMG1570.JPG
かな~~りこじんまり。  

ここのグリューワインのカップはころんとした形でちょ~可愛かったんだけど、何しろ前日までに4個のカップをゲットしてて、スーツケースがめっちゃ重いので、泣く泣く諦めました・・・涙ぽろり

その代り、レーゲンスブルクの名前が刻まれたツリーのオーナメントを買いました。
    page.jpg
レーゲンスブルクの大聖堂が描かれています。これなら軽いし!!(笑)

自由時間の後、ランチです
       page.jpg
お魚のメニューでした。とっても美味しかったです。でも1切れで十分な大きさ・・・
デザートはアイスと生クリームに暖かいラズベリーのソースがかかってて、これもとても美味しかったです。

ランチのお店のまえにも・・・
    CIMG1589.JPG
小さなクリスマスマーケットが!!
ここは街の2~3か所に点在してるんですね~

その後、また石橋を通り・・・
    CIMG1590.JPG
ドナウ川です。異国情緒、たっぷりでしょ。

またバスで1時間半。ニュルンベルクへ向かいます。 

              つづく・・・   







最終更新日  2014.12.22 21:37:14
コメント(4) | コメントを書く
2014.12.21
カテゴリ:ドイツ旅行

今日はお花の勉強会&忘年会に行ってきました。
朝8時過ぎにうちをでて・・・ほ~~んと1日仕事。
疲れた~!!
なのでいつもは2次会まで行くんだけど、今日は早めに帰ってきました。
仕事も来週で今年は終わりだし、うん!!今年も頑張った(笑)
来年もつつがなくやれるといいなあ。

ってことで、旅行記の続きです。そろそろ飽きた?(笑)
適当に読み飛ばしてね。

ノイシュバンシュタイン城を後にして、約2時間バスで移動です。
こういうとき寝られるといいのだけど、寝られないのはつらいね。ま、目をつぶってるだけでも休めるからいいのだけど~

早め早めのみんなの行動とバスの運転手さんの力量(すごい安全運転だけど、結構飛ばしてる)で、予定よりだいぶ早くミュンヘンへ到着。
私たちの希望としては、なんとしてもダルマイヤー(高級スーパー)に行きたかった。
夜7時までなんだけど、ホテル着が5時半の予定だったので、行けるかいけないかの瀬戸際だね~なんて言ってたけど、ホテルに4時に着いちゃったので、すっごい余裕ハート(手書き)

   CIMG1532.JPG
ホテルはシェラトン・ミュンヘン・アラベラパーク

さすがシェラトン、立派です~
部屋も20Fで見晴しもよかったです。
   CIMG1525.JPG
ベットくっついてて・・・新婚さん用?(笑)

   CIMG1528.JPG
ホテルからの眺め。ミュンヘンの街からはちょっと外れているけど、やはり都会です。

   CIMG1531.JPGフロントの飾りもおしゃれ~!!

ミュンヘンのクリスマスマーケットの開かれてるマリエン広場まではバスで移動です。
   CIMG1533.JPG
バイエルン州立美術館(だったかな?)前でバスを降り、マリエン広場まで歩きます。7~8分かな?
途中でお目当てのダルマイヤー発見目
とりあえずクリスマスマーケット会場まで行き、解散です。

みーちゃんと2人でダルマイヤーに一直線!!
デリカテッセンがめちゃくちゃ美味しそう~~~
そこで、ワインやビールと食べられるようになってたけど、とりあえずパスしてお土産を探します。
みーちゃんはコーヒーとかいろいろ買ってたけど、私はシュトレンだけ。
紅茶を買おうかと思ったけど、ちょっと手がでない値段だったほえー

   CIMG1694.JPG
シュトレン、ちょっとずつ食べてるけど、ちょ~~美味しいハート(手書き)
書いてあるドイツ語がま~~ったくわからないので、何がはいってるかわからないで買ってきたけど、運よく夫の嫌いなレーズンの入ってない、オレンジピールメインのシュトレンでした。
クリスマスまでには食べ終わりそうです。

後から思えば、ダルマイヤーでお惣菜を買えばよかったんだけど、お土産だけ買ってクリスマスマーケットへ。
もちろんここでもグリューワインを。
ここのはブルーの靴型のカップ。可愛い~~♪
やはりお持ち帰りです。

   CIMG1539.JPGクリスマスツリー

   CIMG1540.JPG
新ゴシック様式の市庁舎。
いいよね~~こういう雰囲気目がハート

   CIMG1542.JPG
賑やかです~~

   CIMG1535.JPG
街も都会で華やかなので、何気にみーちゃんも私もテンション上がる上向き矢印上向き矢印上向き矢印
けど!!
連日の強行軍でちょっと疲れがでてきたんだよね~~
ホントはヒトラーが集会を開いたホーフブロイハウス(ビヤホール)へ夕食を食べに行くつもりだったけど、混雑してるし、疲れたしで断念。
   CIMG1545.JPG
目の前までは行ってみたんだけどね・・・

なので見つけた現地のデパートをちょろちょろ見て・・・
そうそう、私はここで小型のヘリコプターを購入。
   CIMG1701.JPG
下の部分にろうそくを立てて火をつけると、その熱で上のプロペラが回って、下の人形がくるくる回ります。
我が家の小さなツリーの横に飾ってます。

そのデパートで一番仲良くしてたツアーの2人とばったり遭遇。
30分後に待ち合わせて一緒にホテルまでタクシーで帰りましょ、となりました。
ミュンヘンだけは徒歩では帰れない距離なので、地下鉄かタクシーで帰ってくださいと、言われてたんですが、私たちはもともと2人でタクシーで帰るつもりだったんだけど、4人になって安く帰れました(笑)

その30分の間にデパ地下でチキンやサラダなどを購入してホテルで食べることにしました。
ま、日本と違って、たいしてお惣菜が売ってないのよ。だからダルマイヤーで買っとけばよかったんだけどね。残念~!!

乗ったタクシー、やはりベンツ!!(笑)
初めてベンツ乗ったかも~~
運転手さんはガーナ出身の陽気なおじさんでした。

まだ旅行は続くので早めに休みます。
みーちゃん曰く、私は速攻で寝るらしく(笑)、しかもどうやらいびきをかいてるらしく(ごめ~~ん!!)、ご迷惑かけまくりです・・・しょんぼり

翌日はロビー集合が9時15分なので、ちょっとゆっくりできます。

                 つづく







最終更新日  2014.12.21 22:03:25
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.20
カテゴリ:ドイツ旅行

今日は結構な雨雨でしたね。
久し振りの休日で一歩も家から出ませんでした(笑)
溜まってたビデオを見まくり・・・
本当なら大掃除もしなきゃ、ですが(気づけば12月も中旬過ぎましたものね)、昨日は夜まで仕事でほとほと疲れてたので、思い切って今日はお休み!!と決めました。
明日は勉強会&忘年会で大宮です。何時に帰ってこれるのか~~ショック

旅行記もさっさと書かないと、クリスマス過ぎるし(クリスマス過ぎてクリスマス話題は間が抜けてる気がするし)、何より忘れちゃうし。
頑張ってとりあえず最後までつづりたいと思います。

さて12月4日はシュトゥットガルトからフュッセンまで行かなければならないので、モーニングコールが5時半です。
ま、4時半には目が覚めるので早いのは構わないんだよね。
レストランは6時半からだけど、出発が7時なので、特別に6時15分に開けてくれるそう。

ってことで 6時ちょっとすぎにレストランへ行ったら、もう開店してて同じツアーの人たちが何人も食事してるし!!早いよ~~みんなほえー

   CIMG1496.JPG
やはりめっちゃ美味しい~~!!朝ごはん。

もちろんハム、ソーセージは言うに及ばず、ここはスモークサーモンが絶品でした。
日本のスモークサーモンが2~3枚重ねたくらいの厚さがあって美味しいの。時間がなくてお代りできなかったのが非常に残念だった・・・

もちろん7時にはバスで出発。およそ3時間15分の行程です。
途中SAでトイレ休憩です。
ドイツに限らずヨーロッパのトイレは有料のところが多いです。
大体70セント(100円ちょっとくらい?)なんですが、50セント分はお買物券みたいなチケットが帰ってきます。どこのSAでも使えるので、貯めておくといいかも。
ただこのときは、時間がないのでお買物はせずトイレだけでバスに戻ってくださいと、添乗員さんに言われて、あっという間に再出発となりました。

フュッセンではノイシュバンシュタイン城へ行きます。
こちらは見学するための予約が必要で、予約時間に遅れると絶対に入れてくれなくなるために、添乗員さん、とにかく急ぎます。

急いだおかげで11時の予約ですが10時過ぎにチケットカウンターのあるホーエンガウに着きました。大きな観光バスはここまでしか行けません。
そこからノイシュバンシュタイン城まではシャトルバス、馬車、徒歩のどれかで行くことになります。

添乗員さんによるとフュッセンの街はドイツの南にありますが、オーストリアとの国境近くにあり、標高が高いので気温がぐっと下がるとのこと。
そのため冬は雪が積もり、シャトルバスや馬車は運休となり、徒歩で山道を登る可能性が高いとのことでした。

が!!
この日、すっごい濃霧で視界は極端に悪いものの、雪は積もってなく、シャトルバスも馬車も運行してましたハート(手書き)
神様、ありがとう~~~!!!

   CIMG1506.JPG
馬車、乗ってみたかったけど、時間が読めないのでシャトルバスで。
だけど、すごい人が並んでて、そのわりに日本みたいにバスが頻繁にくるわけじゃなく、たぶん1台でピストン輸送状態?
結構時間があったので、待つことができたので良かったよ~~
バスだと10分くらいで着きますが。徒歩だと40分の登り坂と聞いてたので、登り坂とか階段とか大っ嫌いな私としては本当にありがたかったです。

冬場は同じく閉鎖しているマリエン橋も行くことができたみたいですが(ここからノイシュバンシュタイン城を見るとよく写真で見るように見えるんだって)、時間がないのでパス。ま、濃霧で1m先も見えないから、行っても無駄だけどね。こんな感じに見えたはずです(季節が違うね)

   CIMG1511.JPG

   CIMG1509.JPG
ね、すごい霧でしょ?
ノイシュバンシュタイン城は、シンデレラ城のモデルになったと言われています。
1869年にバイエルン王国の国王ルードヴィヒ2世の命で着工された「新白鳥城」

ルードヴィヒ2世は政治よりも芸術に長けた人で、ワーグナーに心酔し、このお城にもワーグナーの音楽に由来した絵や照明などがあります。
お城もたくさん建築し、国の財政を危機に陥れたため、病気を理由にベルク城に幽閉されました。幽閉された翌日、主治医とともに謎の水死を遂げたそうです。

このノイシュバンシュタイン城も未完成のお城で、玉座などはありませんが、見学できるところは、とても豪華絢爛です。残念ながら写真撮影ができないので、写真はありません。
予約時間は5分ごとで、自分の番号が表示されたら入場できます。
大体ツアーなら2団体くらい一緒に入れるのかなあ?

私たちはみんな日本人の団体で入ったので、日本語のアナウンスでずっと案内してもらえました。
いろんな国の人が一緒のときは、日本語の流れるイヤホンガイドが借りられるそうです。

中はずっと階段で、結構な段数を上がっていきます。
それだけで私はへとへとわからんで、バスで登れてよかった、とつくづく思いました(笑)

一通り見学して歌人の間で解散。約45分後、ホーエンガウのチケットセンター前に集合です。
下りは歩いていくしかありません。でも下りなので20分くらいで行けるそう・・・

ノイシュバンシュタイン城にもお土産物のショップがあります。
そこに売ってるグッズはここでしか買えないとのことなので、ついつい見入ってしまいます。
   CIMG1690.JPG
買いましたよ、いろいろ。
真ん中のクリスマスのオーナメント、ガラス製でそこそこなお値段。結構買うのに勇気がいったわ(笑)
でもいい記念になりました。
初めてTAX FREEの用紙もいただきました。

そんなこんなでふと気づくと、集合時間まで20分!!!
やば~~
慌てて下山。
周りに日本人らしき人たちはたくさんいるけど、同じツアーの人の姿が見えない!!ショック
走ったり歩いたりしながら急ぐ、急ぐ!!

ぜいぜい言いながら集合場所へ行くと、集合時間が5分延びてた~~
な~~んだ(笑)
さすがに戻ってない人がたくさんいたみたいです。5分遅れで全員集合し、歩いて本日のランチのお店へ。
   CIMG1517.JPG
マウルタッシェンのクリームソース ラビオリみたいなもの?

   CIMG1518.JPG
ローストポーク ソースが漢方薬っぽくていまいちだった・・・

   CIMG1519.JPG
アップルパイ

さんざん走ったせいか、途中でお腹が痛くなり・・・ほとんど食べられず~~
残念しょんぼり

そしてミュンヘンへむけて、またバスで移動です。
  
               つづく

 







最終更新日  2014.12.20 22:48:10
コメント(4) | コメントを書く
2014.12.18
カテゴリ:ドイツ旅行

12月3日、午後4時ごろ、シュトゥットガルトに到着!!

シュトゥットガルトといえば、つい最近までサッカーの岡崎が在籍してたよね。
聞いたことある街でしょ?

まずはホテルへ。
マリティムホテル シュトゥットガルト こちらもAクラス
   CIMG1478.JPG
まだ4時過ぎなのに、こんな感じ。

   CIMG1474.JPG
フランクフルトほどじゃないけど、結構広くて快適ハート(手書き)

午後5時20分ロビーに集合して、クリスマスマーケットへ出かけます。
ツアー40人もいるんだけど、やっぱり日本人よね~~
みんな時間を守る!!っていうか、どんどん早くなる(笑)
5時20分集合と言えば10分前に行っても、結構最後のほうだったりして焦るんだよ。
遅れてないのに、遅れた感が半端ない(笑)

同じツアーの人たちともだんだん親しくなってくるし。
メンバーは新婚さんが1組、4人家族が1組、熟年夫婦が4組、母子が3~4組、残りは私たちみたいな女友達。というわけで圧倒的に女・女・女。
女性は卒業旅行の大学生から、私たちより1周りちょっと上の方たちくらいまで、幅広い年代層です。

ホテルのロビー
   CIMG1476.JPG
いかにも外国のツリークリスマスツリーて感じです。

クリスマスマーケットの会場までは徒歩30分ってとこかな。なにせ40人の歩きだから、1回の信号でみんなが渡れないので、結構時間を食います。普通にさっさと歩けば20分くらいかなあ。

   CIMG1480.JPG
マーケットの屋台の上はここも煌びやかきらきら

ドイツはソーセージのイメージで、実際大多数はソーセージだけど、こういうのもあったよ。
   CIMG1482.JPG
なんの魚かなあ?
マジマジ見たけど、よくわかんなかった(笑)
30cmくらいの大きな魚です。
みんなこれとパンを一緒に食べるんだよね~

私たち、なんでも1人分を半分こしてたんだけど、この大きさにたとえ半分でもお腹いっぱいになりそうなので、見ただけで通り過ぎました。

   CIMG1483.JPG
シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは世界最大です。
とっても賑やかで広いです。

   CIMG1485.JPG
ここのピラミッド。

   CIMG1486.JPG
これは市庁舎。よく見ると窓がアドベントカレンダーになってます。

   CIMG1489.JPG
日本でもよく見るチョコバナナ?チョコりんご?

   CIMG1491.JPG
日本の3人の先生方がノーベル賞をもらいましたが・・・青色のイルミネーション、やはり目立ちます。
綺麗でした~

   CIMG1492.JPG
やはり飲むグリューワイン。私はノンアルコール(しつこい?)
もちろん、このカップもお持ち帰りハート(手書き)

この日はレストランで夕飯にしようか、といろいろ日本で調べていったけど、なんだかんだ食べちゃって結構お腹いっぱい。
なかなか予定どおりにはいきませんね。

ひろ~~い会場、歩き疲れてスタバでお茶もしたよ。
座りたかったんだもの~

そして8時半ごろホテル前にあるスーパーへ。
みんな考えることは同じ!!結構同じツアーの人に会いました。
大きなスーパーで、日本でいろいろ研究してた(笑)お土産、ゲットグッド
やっぱり同じものでもスーパーで買うと安いです!!
クノールのスープとかメルシーのチョコとか・・・
もうちょっと買ってくればよかったなあ~と思うけど、あのときは、もうスーツケースが重くて無理!!って思ったんだよね。
でもフランクフルトの空港では、荷物の重量、すっごい適当で重い人のもみんなパスしてたから、平気だったのにね。残念~!!

こうして長い長い12月3日も更けていきました。
                   つづく   







最終更新日  2014.12.19 17:35:23
コメント(2) | コメントを書く
2014.12.17
カテゴリ:ドイツ旅行

現地時間12月3日。

夜は疲れてたとみえて、すぐに寝つくも、2時間で目が覚める・・・1時間ごろごろしてまたうつらうつら~~
そしてまた2時間で目が覚める。。。
う~~ん、どこに旅行してもそうだけど、乗り物の中と、夜、熟睡はなかなか難しいわからん

6時半モーニングコールだけど、4時半には起きちゃう。
みーちゃんを起こさないように静かに着替え、身支度をすませ・・・6時前にみーちゃん起きる。

朝食が6時半からなので、ちょうどにレストランへ。
この旅、朝と昼はご飯が付いてます。
どこのホテルもそうだったけれど、朝食がなんといっても一番豪華だったかも(笑)

   CIMG1372.JPG
オムレツは目の前で好きな具材をいれて焼いてくれますが、そんなに焼かなくても・・・っていうくらい、火を通すね。かっちかちの卵焼き(笑)
だけどハムやソーセージ、パンは充実してる~~!!!
特にハムは写真じゃよくわからないかもだけど、3重~4重に重なってます。全部違う種類。
美味しい~~音符

ついつい食べ過ぎちゃうよね~~
3回はおかわりしたな・・・

8時50分ホテルを出発です。
全行程同じバスで同じ運転手さんが運転してくれます。
毎日移動なので、運転手さん一人で40人分のスーツケースを乗せたり、下ろしたり。。。
いや~~大変。
で、バス。
   CIMG1592.JPG
わかる~~?前方真ん中に輝くマーク。

      CIMG1379.JPG
バスもベンツだよ~~

アウトバーン(高速道路)もベンツ、ベンツ、アウディ、ベンツ、BMW、ベンツ・・・
高級車ばっかり(笑)
考えてみれば、ドイツではどれも国産車だうっしっし

アウトバーンは特別標識で速度が書いてあるところ以外は無制限だそうで。
みんな飛ばしてます~~
いやあ、私もブッ飛ばしてみたいぜぃちょき

まずはハイデルベルク城へ。
プファルツァ選帝候が暮らした城で、14世紀から何度も増改築して、ゴシック、ルネッサンス、バロックなど様々な建築様式が集まってます。 
   CIMG1388.JPG
門をくぐります。

   CIMG1389.JPG
アーチの上には落とし格子。今にも落ちてきそうで怖いよ~

まずは
   CIMG1391.JPGフリードリッヒ館
1607年、フリードリッヒ4世によって建てられたんだって。
壁のあちこちにある人の彫刻が素晴らしい!!

   CIMG1394.JPG
オットー・ハインリッヒ館

建物の間を抜けてテラスへ
   CIMG1402.JPG
旧市街とネッカー川が一望できます。

戻って・・・
   CIMG1411.JPG
大樽棟
ワインの大樽。1751年、カール・テオドールが作った、直径7m、長さ8.5m、222000リットルの容量をほこります。

   CIMG1415.JPG
樽の横には、ペルケオの像。

   CIMG1423.JPG
ここは薬局棟。医薬品のコレクション(マテリア・メディカ)←アロマの試験のとき勉強したやつだあ(笑)

そして・・・
   CIMG1431.JPG
エリザベス門
イギリス王女のエリザベス・ステュアートに由来し、フリードリヒ5世が妻エリザベス・ステュアートの栄誉のために行ったもの。
この門の前で女性は写真を撮ると、幸せになるんだって。。。
みんな順番で写真撮るよね~

ハイデルベルク城を後にして、ハイデルベルクの旧市街へ。
   CIMG1433.JPG
ネッカー川にかかるカール・テオドール橋。正式名称はアルテ・ブリュッケ(「古い橋」という意味)。全長198.5m、9つの連続した石造りアーチの橋です。

   CIMG1439.JPG
正面の建物、ハイデルベルクに現存する最も古い建物でホテル「ツム・リッター」(騎士亭)

   CIMG1447.JPG
11時ごろからクリスマスマーケットは開きます。
まだこのときは11時くらいなので、準備中というか、ぼちぼち開きだした感じ。
   CIMG1448.JPG
わりとこじんまりとしたクリスマスマーケットです。
が!!やはりここでもグリューワインを飲んで、カップをゲットオーケー
ここのは白いカップでハイデルベルクの街並みが描かれています。

クリスマスマーケットはちょっとだけ見て、お土産を買いに走りました。
   CIMG1456.JPG
ガイドブックにも必ず出てるチョコレート屋さん。「学生のキス」というチョコレートが有名です。

そのほかに小型のナイフ(ゾーリンゲン)とか、刺繍の花瓶敷、グミ専門店の Bären Company(ベーレン カンバニー)でグミなどをお土産用に大量購入。重いぞ~~!!

ランチはKupeerkanneというお店で頂きました。
じゃがいものスープ、チキン、シュトレンだったんだけど、メインのチキンの画像がない・・・
撮ったと思うのだけど、どこ行ったかなあ~?

   CIMG1459.JPG
クリスマスマーケットにつきものののピラミッド。これも都市ごとにいろんなタイプがあります。
小さいのがお土産でいっぱい売ってて、ドイツではツリーの横に必ずといっていいほど飾るそうです。

   CIMG1471.JPG
自由時間後、集合してからネッカー川にかかるカール・テオドール橋を見学します。

    CIMG1467.JPGこれがカール・テオドールさんでしょうね~

 
   CIMG1466.JPG
これは橋のたもとにあるサルの像。
人間のような手で、鏡をこちらのほうに向けています。「まず、自らを顧みよ」、との警句。 元々は、15世紀に造られ、プファルツ戦争時に失われたが、1979年に再び造られたそうです。

再びバスに乗り1時間45分、シュトゥットガルトへ向かいます。
今日はここまで。
お付き合い、ありがとう!!







最終更新日  2014.12.18 18:30:35
コメント(3) | コメントを書く
2014.12.16
カテゴリ:ドイツ旅行

フランクフルトに予定より1時間早く着いたものの、やはりルフトハンザのストの影響らしく、空港職員も少ない。なので、飛行機から荷物がでてこない!!ぷー
私とみーちゃんのはすぐ出てきたんだけど、ツアーの半分くらいの人のが出てこない~~
先に行きたいけど、そこは団体行動。待ちます。

結局30分くらい時間をロスしてバスに乗り込み、フランクフルトのホテルへ。
ホテルはAクラスのメリディアンパークホテル フランクフルト。
   CIMG1375.JPG
実はこの写真、翌朝8時ごろ撮ってます。まだ夜が明けません・・・夕方は4時にはもう真っ暗です。

40分ほどホテルで休憩ののち、フランクフルトのレーマー広場のクリスマスマーケットへ出かけます。
午後7時ロビーに集合。
さすがにクリスマス時期です。ホテル内も綺麗ですきらきら
   CIMG1348.JPG

   CIMG1346.JPG

そりゃもう寒い!!
たぶん3度くらいだったかと思うけど、スーツケースからヒートテックのハイネックフリースを取り出し、着こんだよ。でも・・・すっごい!!寒いと思ってたせいか、こんなもの~?って感じもしたよ。
凍えるほどでもなかったね・・・

ツアー客40人を引き連れて添乗員さんが徒歩で案内してくれました。
わかりやすい道を丁寧に説明しながら行きます。
マイン川沿いを20分ほど歩いてレーマー広場へ。そこで解散になりました。

初めてのクリスマスマーケットクリスマスツリー
もう2人で大興奮!!

クリスマスマーケットで遊ぶ前に、大聖堂に行こうね、と言ってたので探した(添乗員さんにも聞いたのに)のだけど、見つけられなかった~~
遠くから写真だけは撮れたのだけど、間に工事現場が広がっており、どうやってたどり着けばいいのかわからず断念。
マーケットに集中することにしました。
   CIMG1363.JPG遠くに見えた大聖堂。
中に入ってみたかったけどね~~

   CIMG1351.JPG

   CIMG1357.JPG

   CIMG1367.JPG
なんか同じような写真ばかり撮ってるなあ。
もっといろんなものを売ってたんだけどね~~

こういうのを売ってるお店は1軒ずつの屋台になってて、屋台の上もすごくきれいに飾られています。
   CIMG1352.JPG
どこもかしこも煌びやか~~~目がハート

ツリーは本物の木に飾り付け。
   CIMG1355.JPG
この日は平日なので、添乗員さんいわく空いてますよって。
土日はものすごい人出だそう・・・

でもね、すっごい人だった。
たぶん地元の人たちなんだと思うの。ドイツの人って男性も女性もおっきい!!
私は163cmあるので、日本ではそんな小さなほうではないけど、みーちゃんいわく「すえちゃん、ちっちゃい~~」って。

もう巨人の国に迷い込んだ気分。

目線の先は人々のお腹や胸だなんて ・・・びっくりだよね。

だから同じツアーの人が少なくても40人はいるはずなのに、みんな埋もれてる(笑)せいか、誰とも会わない。みんなどこ行ったんだろね~~なんて話してました(笑)

   CIMG1358.JPG
グリューワイン。
グリューワインというのは、赤ワイン(白もあるらしいけに香辛料や果物を入れて温めたワインのことで、ドイツのクリスマスマーケットには必須のものです。都市ごとに味も違うし、カップも違うの。カップはデポジット形式になってて、例えば5ユーロで購入したとすると、ワインを飲んだ後カップを返却すると、2ユーロ返金してくれるって感じ。
なので気に入ったカップはお土産に持ち帰れます。
私はアルコールが一切ダメなので、お子様用のノンアルコールです(笑)

もちろん各地のカップを収集しようと思ってたので持ち帰ろうとしたのだけど・・・
これ、よ~~く見たら去年のカップショック
そういうこともよくあるから気をつけるように、といろんな人のブログで見たので、気づきました。
なのでこちらは返却し、今年のカップのみ購入。赤い可愛いカップでした。

   CIMG1359.JPG
グリューワインとともにカレーブルストを。
ソーセージを切ったものにカレー粉やソースがかかってます。
ドイツ初ソーセージ、うっま~~い!!オーケー

   CIMG1362.JPG
これはじゃがいもを揚げたものにアップルソースがかかってます。
かりっかりのじゃがいもに甘いソース。これまたうっま~~い!!!

空は少しみぞれ模様でしたが、温まる~~!!

   CIMG1365.JPG
クリスマスマーケット内にはこのようなメリーゴーランドもあります。
子どもたちが楽しそうに乗ってました。

   CIMG1360.JPG
これはクリッペ。
キリストが生まれた馬小屋の様子を再現した人形です。
置物だったりするのですが、フランクフルトのは等身大くらいの大きなものでした。

結局8時半ごろまでマーケットを堪能し、ホテルに戻ります。
途中、ちょっと道をはずれて欧州中央銀行に寄りました。
   CIMG1369.JPG
真っ暗なので、後ろのビルはあまり見えませんが、有名なユーロマークははっきりと!!
これまたでかいです。

寄り道したので30分ほどかかって9時にホテルに着きました。
フランクフルトは治安があまりよくないとの情報もありましたが、夜、おばさん2人で歩いても全然大丈夫でしたよ~

ホテルの部屋はものすごく広かったです。
   フランクフルト1.jpg
スーツケースを2個並べて広げても全然邪魔にならないくらい。
快適~~音符

ただドイツのバスルームはカーテンじゃなくガラス戸が半分あるだけなんだよね・・・
シャワー浴びるのに気をつかうねえ。
縮こまってシャワー使ったわ(笑)

明日は6時起き。
長~~~い12月2日がようやく終わりました。

                  つづく

 

 







最終更新日  2014.12.17 19:06:50
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:ドイツ旅行

寒くなりましたね~~
周りに風邪ひきさんが多くなりました。
気を付けないとね~

さて。まだまだ暑い9月のことです。
みーちゃんとランチしてたとき、不意に「どこか行きたいね~~」という話になりました。

たまたま川崎でランチしてたので、そのまま最寄りのHISへ(笑)
いろいろパンフレットを見て・・・
なんと!!!その場でドイツ旅行の手付けをうって帰ってきました。
ま、キャンセルはいつでもできるもんね~~と言いつつ。

帰宅してお互いにいろいろ検討して~
最初に申し込んだものはあまりにハードそう、ということでキャンセルし、ANAハローツアーの
7つのクリスマス市を巡るきらめくドイツ 6日間
を再度申込みました。

それから3か月。
どちらかの都合でキャンセルにならないといいね、と言いつつ、無事に12月2日を迎え、みーちゃんと2人でドイツへ行って参りました。
いや~~
行きたい、行きたいとは思ってたけれど、本当に行くときって、こういう勢いで行くんだねえ(笑)

このツアーに決めたのは、羽田発着で往復ANA利用、添乗員さんも羽田からついてくれるというから。
しかもANAの株主優待でツアー代が7%引き、早期申込み割引もあって、お得なんです~

行く前、2人でドイツについていっぱい情報収集。
赤坂にあるドイツ観光局まで行ったもんね~
ドイツは寒い!!
とりあえずそれは絶対なので、ユニクロでウルトラダウンや極暖ヒートテックなどなど買い込む(笑)
スーツケースも持っているのは4~5泊用だったので、飛行機に乗せられるサイズで一番大きなものを買いました。
行く前から散財~~ショック
しかも円安でしょ?
1ユーロ150円(両替したのは147円くらい?)だしぃ。
なんだかんだと割高ですね。

12月2日、京急川崎で待ち合わせ。
スーツケースの中は、半分ガラガラなんだけど、それでも結構重い!!
バスで京急川崎まで行くのに、次男についてきてもらいました。通勤途中なんだけど、遠回りして荷物運んでくれたよ。助かった~~音符

予定してた電車より1本早い電車で羽田まで。
川崎から羽田まで15分弱です。楽ち~ん!!

早めに着いたので、まだ団体カウンターは空いてないかと思ったけれど、とりあえず行ってみたら、まだ閉まってたのに開けてくれました。
無事チェックインもして、添乗員さんともご挨拶を交わし、荷物を預けて出国します。
出国は各自で、ツアーのみなさんとはフランクフルトの空港で初顔会わせになるそうです。聞いたらツアー40人とのこと!!びっくり
あっという間にいっぱいになったツアーみたいで、さすがドイツのクリスマスマーケットの旅。侮れません。

みーちゃんと2人、とっとと出国し、免税店巡り~~~
12月頭だったせいか、まだクリスマス、クリスマスって感じでもなく・・・
それでもあちこち見て回り、ランコムのお化粧品をゲットグッドしました(笑)

みーちゃんは私よりだいぶ買い込んでた(笑)

行く前からすっかり疲れてあっかんべー、ゴールドカードラウンジでお茶コーヒーして出発を待ちます。
    CIMG1331.JPG
カードラウンジは空いてていいです。
飲み物も飲み放題だしね~~でも国内線のよりこじんまりした感じです。

    CIMG1332.JPG
ドイツへ連れていってくれるANA223便。
この日はルフトハンザがストライキとのことで、ANAにお客さんが集中・・・
ほぼ満席です。
11:55発 フランクフルトに同日の16:10着の予定。こう書くと5時間あまりのフライトのようですが、実際は12時間15分の旅です。

ほぼ予定どおり出発!!
        CIMG1337.JPG
2時間後くらいに機内食がでます。
私はつくね重を、みーちゃんはドリアだったかな・・・
    CIMG1338.JPG
みーちゃんは赤ワインを、私はハーゲンダッツのアイスもいただいたよん。
    CIMG1333.JPG

        CIMG1339.JPG
満足~~ハート(手書き)

機内食を頂くと、まもなく暗くなります。
まあ夜、って設定だと思うけど、日本時間で言うと、まだ3時~4時くらいだからね。
眠くなるはずもなく・・・寝られるはずもなく・・・
みーちゃんは寝てたよ、羨ましいほえー

仕方ないから私はずっと映画見てました。
まあ基本、私は乗り物の中では寝られないので、覚悟の上ですが、本当は少しでも寝られるとずいぶん楽なんだろうなあ。

9時間後くらい機内が明るくなり、朝ごはん(という設定よね)が配られます。
     CIMG1340.JPG
私はオムレツを。
     CIMG1341.JPG
みーちゃんは鮭そぼろご飯。

私は完食。みーちゃんは一口だけ食べて終わり。この差が身体にも表れる涙ぽろりんだよね・・・

ドイツは日本と8時間の時差があります。
日本時間では翌3日の11時くらいですが、ドイツ時間では2日の午後3時10分にフランクフルトに到着しました。
1時間も早く着いたよ。追い風だったんだね~~結構揺れたんだけど無事ついてよかったスマイル

     CIMG1342.JPG
フランクフルト空港の荷物受取カウンターにて。みーちゃんと。

閑散としてたよ。やっぱりルフトハンザのストライキの影響だねえ。

今日はここまでにします。
これから何回になるかわかりませんが、旅行記を書いていきたいと思います。
お付き合いくださいね。    







最終更新日  2014.12.16 16:50:42
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.