893240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ユカポンずルーム

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

宮島・萩・津和野旅行

2017.06.10
XML

去年の6月7日(笑)
旅行3日目。

朝ごはんはビュッフェ♪
  CIMG5949.JPG
うふふ・・・朝からよく食べる~~

本日は曇り空。ちょっと小雨もちらつくあいにくのお天気です。
まずは秋吉台へ。
  CIMG5954.JPG
う~~ん、よく見えない。

  CIMG5956.JPG
仕方ないね~~

秋芳洞にも入ります。ここはお天気関係ないし・・
  CIMG5974.JPG

  CIMG5979.JPG

  CIMG5980.JPG

  CIMG5988.JPG
子供のころ、横溝正史の金田一耕助シリーズが大好きで、全部読み漁ったのだけど、鍾乳洞ってよく事件の舞台になるんだよね~
浜松にいるころ、竜ヶ岩洞には行ったことがあるんだけど、やはり鍾乳洞って言ったら秋芳洞でしょ!!ってことで、今回の旅行ですごく楽しみにしてました。

いや~~期待にたがわずおどろおどろしい雰囲気、かもしだしてます。
いいですね~~

  CIMG5991.JPG
鍾乳洞の中から外界を見るとホッとするね~
緑が綺麗だしね!!
  CIMG5993.JPG

秋芳洞近くのお店でランチになりました。
  CIMG6000.JPG
ツアー最後のお食事だったのに、一番しょぼかったな。。。郷土料理のごぼう麺。う~~ん残念!!  CIMG5999.JPG
なんでだったかな~~?河童の像。河童が有名なんだっけ?

昼食の後、バスで広島に移動です。
安芸の宮島に向かいます。
  CIMG6009.JPG
宮島に向かうフェリーから。
う~~ん、これまたイメージとちっが~~う!!!!

私の宮島の鳥居のイメージは海に中に浮いてるはずなのに~~~
思いっきり引き潮じゃん。

これまた昔、連合艦隊という映画があったんだけど、ここの厳島神社の廊下を永島敏行(兄)と金田なんたら(名前忘れちゃった・弟)が、戦地に向かう前、ヒロインの古手川祐子と別れのシーンで歩いてた印象が強烈で。。。
海に浮かぶ廊下が素敵で、すっごい楽しみにしてたんだけど、そっか~~引き潮だと普通なんだ(笑)

  CIMG6025.JPG

  CIMG6026.JPG
この廊下よ~~やっぱり素敵ですね。

  CIMG6037.JPG
能舞台

  CIMG6038.JPG
反り橋。

  CIMG6032.JPG
五重塔

すぐ横の大願寺にもお参りしました。
  CIMG6039.JPG

  CIMG6041.JPG
伊藤博文が寄贈した松。元は1本の松が現在は9本に枝分かれしてるそうです。

ま、引き潮でいいこともあります。
鳥居のところまで歩いて行けますもん。
  CIMG6044.JPG

  CIMG6045.JPG
ほら~~ホントならここまで海に浸かってるはずなんだね~

そのあと宮島内を散策。
  CIMG6014.JPG
奈良公園に負けないほどいますね~鹿ちゃんたち。
あまり寄ってこないし、のんびりお昼寝してる感じでした。

  CIMG6050.JPG
焼き牡蠣。季節はずれだけど、絶対食べたいと思ってたの。美味しかった~~ぷりっぷり。

  CIMG6049.JPG
大しゃもじもありました~

またフェリーに乗りバスで広島空港へ。
PM6時、到着。
飛行機の時間は19:35発なので、空港で夕食をとることに。
せっかく広島にきたのに、一度も食べる機会のなかった広島焼きです。
  CIMG6052.JPG
大きな牡蠣が乗ってる~~

  CIMG6053.JPG
こちらはミックス。
3人で2枚、ペロッと完食。
最後のお食事は大満足~~!!美味しかったわあ。

飛行機は遅れて8時過ぎに出発したものの、たいして揺れることもなく、無事に羽田に到着しました。

みーちゃん、Mさん、ありがとう!!
楽しい旅行でした。

長々とお読みいただき、ありがとうございました。

 







最終更新日  2017.06.10 15:37:24
コメント(1) | コメントを書く


2017.06.09

大変ご無沙汰しております。

びっくりなことに前回のブログは元旦じゃないですか~~!!!

半年以上、ご無沙汰で。どうなのよ~?って思いますよね。

しかも久々に管理画面を見てみると、またしてもすごい変わってるし。。。慣れないなあ。

おかげ様でとても元気に遊んでおります。

年末にひびが入った肋骨も今となっては全然大丈夫だし。

遊んで遊んで、ちょっと仕事して(笑)

で、どうしてまたブログを開いたかというと・・・

最近、ちょこちょこ国内旅行をしています。1泊とかせいぜい2泊だけど。

そういうとき、ひとさまのブログって情報収集にとても便利。

なので、やっぱり私も旅行の覚書(自分のため)を残しておこうかな~と思いました。

ずっと中途半端でほっといた萩・津和野の旅行記をとりあえず完成させましょう~~

興味のない方はスルーしてね。

前回の記事はなんと!!去年の7月6日(笑)

そろそろ1年ぶり。
次は松陰神社です、ってとこで終わってますね~~(私も久しぶりに見たわ)

CIMG5870.JPG
新緑がきれいですね~~

 CIMG5877.JPG

松下村塾

 CIMG5879.JPG
塾生たち。見覚えのあるお顔がちらほらと・・・

 CIMG5880.JPG

松陰、切腹の知らせを聞いて、塾生たちが刀で切りつけた柱だそうです。
歴史を身近に感じる場所でした。

その後、城下町を散策します。
 CIMG5892.JPG
久坂玄瑞像。

 CIMG5895.JPG
青木周弼旧宅
蘭学者、幼少の高杉晋作の天然痘の治療をした方だそうです。

 CIMG5904.JPG
旧久保田家 造り酒屋を営んでた町家。
表から見ると、武家屋敷より軒が低いですが、中に入るとそりゃそりゃ豪華だよ~

 CIMG5909.JPG
欄干の細工も素晴らしい!!

 CIMG5912.JPG
お庭も立派です。

高杉晋作像
 CIMG5926.JPG

その後、バスで移動し、常茂恵さんで休憩です。
 CIMG5929.JPG
ちょっとしたお抹茶とお菓子だけど、ツアーだとこういうのがあるからいいよね。移動もらくちんだしね!!

それから萩焼の工房の見学へ。
 CIMG5930.JPG

 CIMG5933.JPG
立派な登り窯。陶芸家、岡田裕氏の工房です。
せっかくなので、裕氏作のお皿を1枚、記念に購入したのですが、割れ物なので、一人一人丁寧に包んでくれるんだよね。
年配の方たちを優先して、私たちは最後のほうになったのだけど、まあみなさんをお待たせしたわけで。。
バスに戻ったときのみなさんの視線の痛いことったら~~
ぼそっと「お金持ちは買えていいわね~」という声が聞こえました。1枚5000円のお皿なんだけどね・・・
こういうところはツアーはしんどいね。。。

そうやく2日目の予定をこなし、ホテルへ。
ホテルは 萩本陣
 CIMG5950.JPG
基本料金で泊まれるホテルですが、なかなか立派です~~
7つの湯めぐりができました。いいお風呂です!!

お夕食も美味しかったですよ。
 夕食1.jpg

 夕食2.jpg
お腹いっぱいになりました。

夕食後、同じツアーのおじさんグループに一緒に飲もうよ、よ誘われました(笑)が、丁重にお断りして3人でお風呂に行ったり(2回目)、おしゃべりしたりして2日目の夜もふけていきました。

3日目は、秋吉台から広島の安芸の宮島へ向かいます。
続く・・     たぶん。







最終更新日  2017.06.09 14:28:27
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.06

暑いですね~~
昨日は私の誕生日。。。
またひとつ年を取りました。
自分がこんな年(ふふ・・・どんな年だよ?)になるなんてねえ~
とりあえず元気で日々過ごせたら、と思います。

さて夏になると絶対作る冬瓜の煮物
   CIMG6112.JPG
なんの変哲もない煮物だけど、冷蔵庫で冷たくして頂きます。
これがめっちゃ好き。
とろけるくらい柔らかい冬瓜が美味しいです。

さてさて・・・
萩・津和野の旅、2日目。

朝6時に温泉へ。
やっぱり朝風呂温泉ははずせないよね~

7時に朝ごはん
   CIMG5770.JPG
品数いっぱい!!
朝からもりもり頂きました、美味し!!

8時35分、バスバスで出発。
ホテルからすぐの瑠璃光寺へ。

   CIMG5786.JPG

   CIMG5774.JPG
国宝 五重塔
緑が映えますね~~

   CIMG5776.JPG

   CIMG5790.JPG
こんなのれんに出会いました。
上記にこんな年、と書きましたが・・・
なんとまあ心強い言葉じゃないですか!!
人生は70歳より
うふふ・・・まだまだですな。

そして瑠璃光寺のある香山公園の中にはこんな建物も。
   CIMG5792.JPG
これは・・・
   CIMG5791.JPG
掘っ立て小屋みたいですが、なんと歴史の重要な場所でした。
薩長連合結成の審議のため、薩摩の小松帯刀、西郷隆盛などが長州藩士と面会した建物です。
場所は移築されたみたいですが。。。

香山公園を後にして、再びバスで津和野に向かいます。
萩と津和野はセットで旅行されますが、意外と遠く離れています。
萩は山口県だけど津和野は島根県ですし。

   CIMG5801.JPG
花菖蒲が満開です。

   CIMG5805.JPG
津和野の地名の由来ともなったつわですね。

   CIMG5804.JPG
殿町通りの水路を泳ぐ鯉。
写真じゃよくわからないけど・・・
真ん中のちっちゃく見える鯉が、その辺の池でみたら大きいね~と言われるサイズ。
ということは、、、他の鯉のなんと大きいことか!!
1mくらいはゆうにあるし、ものすごいメタボ(笑)
観光客がどんどん餌を与えたなれの果てだそうで・・・
今は餌やり禁止です。

   CIMG5814.JPG
鷺舞の像

   CIMG5824.JPG
太鼓谷稲成神社。
稲荷神社ではなく、稲成神社です。

   IMG_1345.JPG
殿町通り。
ザ・津和野って感じ。

   IMG_1336.JPG
ガイドの方に案内していただいた後、家老屋敷跡「松韻亭」でランチ。

   CIMG5839.JPG
こちらも豪華なご飯。
美味しく頂きましたぺろり

ちょこっとお買物して今度は山口県の萩に向かいます。
寝ちゃうよね(笑)眠い..

毛利家の菩提寺である東光寺へ
   CIMG5847.JPG

   CIMG5855.JPG

   CIMG5863.JPG
菩提寺ですから各お殿様と夫人のお墓など500基の灯籠があります。

   CIMG5866.JPG
これは藩主の命により行動したものの、その責任を問われ、切腹させられた家老のお墓。
ガイドさんが詳しく説明してくれたんだけど・・・
うろ覚えも甚だしい!!
なんでも家老のうち、2人だか3人は切腹といっても、よくドラマにあるような介錯が付いたそうな。
だけど永代家老(代々家老職にあり、まだ20代だった)の一人は介錯を断り、腹を十字に掻っ捌いて見事なご最後を遂げたそうな。。。

なんだかドラマの話を聞いてる気分だったけど、現実なのよね。人の命が簡単に奪われる時代(今もそうか・・・バングラデシュの事件はあまりにむごい)だね。

東光寺さんでも御朱印を頂きたかったのだけど・・・
ご住職が93歳とかで、臥せっておられていただけませんでした。それがちょっと心残りです。

この後松陰神社へ向かいます。
今日はここまでにしておきますね。
またよろしく!!です。

 







最終更新日  2016.07.06 18:10:21
コメント(4) | コメントを書く
2016.06.29

梅雨ですね~
九州はすごい雨みたいで、熊本は地震とダブルパンチで気の毒すぎますね。
これ以上被害が広がりませんように・・・

さて6月5日~7日にかけて友人と3人でJTBのベストヒット宮島・萩・津和野3日間の旅へ行ってきました。
いつものみーちゃんと数年前に草津にご一緒したMさんと。

6月5日は朝9時50分発のJALで、広島空港へ飛行機
ちょっと曇り空だけど、たいして揺れることもなく定刻通り着きました。
  IMG_1212.JPG
Mさんとみーちゃん。
私だって、そんなにデブデブ(ちょっとデブ@笑)じゃなきけど、二人が激やせしてるので、3人並ぶと悲しい感じ・・・
嫌だわ~~!!

早速バスバスに乗り、昼食会場のリーガロイヤルホテルへ向かいます。
途中、車窓から広島城。
  IMG_1221.JPG
動くバスの中から上手に撮れたでしょ?

このお城のふもとにリーガロイヤルホテルがあります。
  IMG_1222.JPG
素敵なホテルです~~
ランチはここの和食のお店です。

  初日ランチ.jpg
最初の食事から豪華です~~!!

やはりJTBのツアーは高いだけあります。同じJTBと銘打ってあっても旅物語のほうは、格安な分、食事が違うね。以前行った出雲大社への旅は旅物語だったんだけど、まあ観光は遜色ないけど、ホテルのランクやお食事が全然違う感じ。

今回初めは同じような観光の旅物語を予約したんだけど、日程が合わなくなってJTBに変更したのね。やっぱり美味しいものを頂くと、高くてもJTBがいいなあ、と思ったのでした。

お腹いっぱいで、最初の観光地、原爆ドームへ。
  CIMG5688.JPG
よくTVでは見るけれど、初めて実際に見ると風化させてはいけないと思うね。

  CIMG5689.JPG
平和の時計塔
毎朝8時15分(原爆が落とされた時間)にチャイムを鳴らし続けているそうです。

  CIMG5696.JPG
ここは原爆供養塔。身元のわからない犠牲者が祭られているところです。
家族みんなが犠牲になれば、身元を確認することもできないまま、なんですね・・・切ないです。

  CIMG5697.JPG
たくさんの千羽鶴。以前は野ざらしだったそうで、汚くなったものは処分してたそうですが、今は千羽鶴用の倉庫があり、すべてを保管してるそうです。

  CIMG5702.JPG
有名な原爆の子の像。
佐々木禎子さんがモデルです。

  CIMG5710.JPG
オバマ大統領が献花された原爆死没者慰霊碑。

そして平和記念資料館の見学です。
  CIMG5717.JPG
原子爆弾のレプリカ。長さ3メートル、重さ4トン。
このたった1発で・・・

  CIMG5716.JPG
赤いボールは、爆発によって出来た火の玉の大きさ。
あんな小さな爆弾1つでこの火の玉・・・
怖ろしすぎます・・・

資料館の中は、直視できないものがたくさんありました。
写真も撮れますが、なかなかレンズを向けることができませんでした。
あまりにむごく、すさまじい。。。

鹿児島の知覧の特攻隊の記念館は涙なくしては見れませんが、ここは涙うんぬんというより、恐ろしさに震える感じです。
人間の愚かさの象徴です。
オバマさん、来てくれて良かった!!
もっと多くの世界の指導者に見てもらいたい場所です。

  CIMG5726.JPG
佐々木禎子さんが薬包紙で作った折り鶴。
可愛い折り鶴のなんと哀しいことか・・・

資料館には小学生、中学生、高校生もたくさんいました。外国人もたくさんいました。
アメリカではあの戦争を終わらせるためには必要だった、という意見もたくさんあるようですが、ここを見てなおそれが言えるか・・・
私の意見ですが、謝罪など必要なく、ただただ見てほしい。と思います。
未来に向けて、何をすべきか、考えてほしいと思います。
広島が京都のように、外国人が必ず訪れる場所になってくれれば、と願います。

さて!!
ちょっと重~~い気持ちになりながら、バスは岩国の錦帯橋へ向かいます。
  CIMG5741.JPG
山の上に小さく写ってるのが岩国城。
錦帯橋は5連の反り橋です。

  CIMG5749.JPG
槍倒し松(やりこかしの松)
参勤交代で大名行列が藩の要所を通る時は、槍を倒すのが礼儀だが、わずか6万石では誰も倒さなかったという。そこで、枝ぶりのよい松の木を橋の袂に植えたところ、嫌でも槍を倒すようになったという、岩国藩の心意気を示すエピソードです。

  CIMG5750.JPG
厳流ゆかりの柳
佐々木小次郎がこの柳とつばめを相手に「つばめ返し」の術を編み出したそうな・・

  CIMG5751.JPG
錦帯橋を造った吉川広嘉公銅像

  CIMG5752.JPG
旧目加田家住宅

そして・・・岩国の天然記念物だそうなシロ蛇。
ヘビ、大っ嫌いなので、わざわざお金払って見ることもないと思ったけれど、シロヘビは金運のご利益があるって、聞いて見にいった強欲な私・・・
  CIMG5757.JPG
やっぱ、気持ち悪いっす・・・

錦帯橋を後にして本日のお宿は、湯田温泉のユウベルホテル松政さん。
今回は2日ともお部屋の写真、撮り忘れました・・・
着いたらすぐにお風呂へ直行したもんで、荷物を置いたらすぐに出ちゃったの。
いいお部屋だったのに残念!!

そしてお夕食。
  初日夕食.jpg
一品ずつ運ばれてきました。
どれもこれも美味しい!!
名物だそうな瓦蕎麦は・・・蕎麦は普通に食べる方が美味しいかも(笑)
お腹ぽんぽこりん。

夕食後にまたお風呂に行って・・・就寝!!

続きは早めに更新できるよう頑張ります(笑)

 

 

 







最終更新日  2016.06.29 18:45:39
コメント(3) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.