7353257 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Y's Cafe

PR

プロフィール


夢香里

フリーページ

サイド自由欄

お気に入りブログ

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

夢香里@ Re[3]:台風とラグビーの試合と映画とお花。(10/13) かうべるさんへ、 「強さ」と言ってもな…
かうべる@ Re[2]:台風とラグビーの試合と映画とお花。(10/13) 夢香里さんへ 「強さ」についてお答えいた…
夢香里@ Re[1]:台風とラグビーの試合と映画とお花。(10/13) かうべるさんへ、 さすがに日本での開催…
夢香里@ Re[1]:台風とラグビーの試合と映画とお花。(10/13) maki5417さんへ、 稲垣選手のトライは称…
かうべる@ Re:台風とラグビーの試合と映画とお花。(10/13) こんにちは。 あまりスポーツ観戦をしない…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

ランキング市場

カレンダー

全97件 (97件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

思うこと

Sep 18, 2009
XML
カテゴリ:思うこと
今日は家族を送り出した後、昼頃まで爆睡した。
昼からもテレビを観ているといつの間にかうとうとと眠ってしまって、なんにもせずにこの時間になってしまった。
まあ、こんな日もありかな。

月曜日、学校の日に玉造まで行き、
火曜日、母が来て、
水曜日、友達と会うため梅田まで、
木曜日、美容院にカットに行く。

私にとってはこれだけの予定をこなすと体が悲鳴をあげる。
これじゃあフルでなんて働けないよね、、、。(ちょっと落ち込む)

新婚当初は毎日、掃除の他に吹き掃除をし、お料理ももっと凝ったものを作っていたけれど、
子供ができてそれができなくなった。
ひどい時は点滴をしてもらいながら子育てをした。

昔は毎日掃除して、とにかくなんでもきちんとしなくちゃと強迫的になっていた。
でも最近、気ままにお掃除できるようになった。
いやそうしなくちゃ心の余裕がなくなってしまう自分がいることにやっと気付いたんだ。

気にになったらする。
夏なんて昼間は暑いから夜の11時頃に洗面所の白い床の汚れが気になって、メラミンのスポンジでごしごし汚れを落とすこともあったし、
最近、雑巾がけをしてないと気付けば家中の床や棚の雑巾がけをすることもある。

気になったり、したいと思ったときに掃除する。
そのスタイルが一番今の自分に合っている気がする。
無理なくし続けることが一番で出来ない時は気付かないふりをすることに徹する。
それはなかなか自分自身で許せなかったことだけど。

ある日、
木の手入れをした。
オリーブの木のボウルとウォルナットのトレイにオリーブオイルを塗って、一晩置く。
朝になってから、そういえばオリーブの木のまな板もあったんだと気付くが、
まあいいや、今度にしようとさらりと流す。
そんな気ままさが一番いい。

木のお手入れ


さて、そろそろ今夜の晩ご飯の準備をしよう。
食事作りもゆっくりめに適当な時間にとりかかることができるようになってきたかな。






最終更新日  Sep 18, 2009 04:22:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 16, 2009
カテゴリ:思うこと
昨日は実家の母が遊びに来てました。

最近、お腹の調子が悪い母は大好きな果物も食べられないので、気分も落ち込み気味です。
そこで気分転換に私がいつも行く喫茶店でお昼を食べに行くことを提案しました。

最初は乗り気ではなかった母ですが、食事を終えて、店内に飾られている陶芸家の先生の作品を見ているうちに、「これ、いいわ。」「こんなの作ってみたい。」などと以前のような好奇心を見せ始めました。
昔は多趣味で刺繍をしたり、人形を作ったりしていたのに、最近は何をするのも億劫がっていたんです。
私がちょっと陶芸をかじってみたらおもしろかったと話したら、じょじょに興味を持ち出しました。

作品を見ながら、お店のオーナーの人も母との会話に入ってきてくださいました。
そうなんです。私は一人ぶらりとそこに行き、オーナーと話すのがいつの間にか楽しみになっていました。

そして、たまたま私の子守唄は「浜辺の歌」だったという話から、オーナーは「今日はお客様もいないので私がピアノ伴奏をしますから「浜辺の歌」を歌ってみませんか?」と言ってくださったんです。
最初は物怖じしていた母もピアノの音に反応してか、静かに歌い始め、結局2番まで一人で歌い上げました。

歌い終わると、うれしそうに「ほんとはすきっぱらのほうが声が出るんですよ。」なんて言い訳してましたが、多分いい気分転換になたったと思います。
私も久しぶりにピアノの優しい音にうっとりとしてしまいました。


その話を仕事から帰ってきた夫にしたところ、
「お前はいろんな人と仲良くなるのが得意だなあ。しかもその人たちはみんな心が豊かな人だ。」とめずらしく真面目な顔で言うのです。

その言葉は私にとって最高の褒め言葉のような気がします。
普段は私をけなしていじめて楽しんでいる夫だけに、よけいにその言葉が心に残り、こうして日記に書いておきたいと思ったのです。


今日も高校、短大と一緒だった友達と会いました。
いろんな話をして、いろんなことを思った日でした。
今日のことはまた明日お話したいと思いますが、とにかく私は友達に恵まれています。
ありがたいことです。






最終更新日  Sep 16, 2009 10:49:18 PM
コメント(4) | コメントを書く
Sep 1, 2009
カテゴリ:思うこと
しばらくご無沙汰でした。

実はここ数日、怒涛の日々でした。

ある人から悩みの相談を受け、そのことでなんとか力になってあげたいと思い、おせっかいな私はとうとう行動に出てしまったんです。

そのため、昨日は一日中、5人の人とメールのやりとりと電話での話し合い。

人の考えって、ほんとにいろいろで同じ文章でメールを出しても、受け止め方も様々。
受け止め方も違えば、文章から攻撃的な感じを受けたりする文もありで一度に5人とのメールのやり取りは思ってた以上に神経をすり減らした。

その上、メールは後に残ってしまうものだから、言葉を選ばなくてはいけない。
ちょっとした不用心な言葉が誤解をまねいてしまった。

そして電話。
それぞれの考えを聞けたのはよかったけれど、こんなにもいろんな考えがあるのかと思うと迷ってくる自分がいる。
確固たる自分の意思を持って話さなければ、相手に押し負かされそうになる。


そう思うとやっぱり相手の顔を見て話すことの大切だということがあらためてわかった。
でも忙しい世の中、5人を一度に集めて話し合うこともできず、なんとかメールと電話で相手の考えを聞き、解決策を模索した。

電話を切ったとたん、どっと疲れが出た。
夜の10時になってようやく少し食べ物を口に入れたが味がしない。

そして今日の朝になっても、自分のしたことがよかったかどうか悩んでいる。
自分のしたことが私を選んで相談してくれたのに、それに答えることができたのかどうかと結果が出るまで落ち着かない。
朝ごはんも昼ごはんもあまり食べられなかった。

私の心の容量は小さい。
小学校の頃から責任感が強くて、委員長になったり、先生からの頼みごとを引き受けたり、困っている子をほっておけなかったりするが、そのたびどきどきして不安だった。
迷子になった小猫の様にふるえていた。

やっぱり三つ子の魂100まで。
というがその通りで今だに私は器が小さいくせに、その器の大きさを知らずに受け止めようとしてしまう。

あふれた分はすべてストレスとなってたまっていく。

まだまだ私は未熟者。身の程を知らない未熟者。

そう思い知った出来事だった。


夜になって、その相談者が笑って話をしていたので、ようやく今この日記を書いている。






最終更新日  Sep 1, 2009 10:08:53 PM
コメント(4) | コメントを書く
Jul 3, 2009
カテゴリ:思うこと
はたらけど
 はたらけど猶(なほ)わが生活(くらし)楽にならざり
 ぢっと手を見る


この短歌は多分私が中学の時に知り、妙に心に残った歌だ。
石川啄木の「一握の砂」の中の一句。
どうしてこの歌がそんなに心に残っているのかはわからなかった。

啄木ほど貧困でもないし、病に伏せているわけでもないし、波乱の人生でもない。
ましてかなり豪遊もし、転職もしていた啄木がどのような心境でこの歌を作ったのかもわからない。

でもはたらけどをがんばれどに置き換えてみたりすると、「人生ってそんなものだよ。」と思える。
44年間かけてなぜこの歌が心に残っているのかの謎が解けた気がする。

いつも頑張ってきた。
いつも歯を食いしばり思う。
悩みはつきず、心は満ちることはないと。
それでも日々の生活の中に生きる意味を見出し生きている。

自分の器が小さいから、自分の人生をそう思うのか。
もっともっと苦しみの中で生きている人はいる。
けれども、私は私なのだからこの詩を心の中で歌いながら歯を食いしばって生きていてもいいんだと思う。
がんばって、がんばって生きてきた証にこの手があると思いながら。






最終更新日  Jul 3, 2009 05:18:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 29, 2009
カテゴリ:思うこと
蒸し暑くって、不快指数が高い毎日が続いています。
こんな時期は大阪から抜け出したくなります。

昨日は息子のサっかーの決勝戦の応援に行っていたんですが、見事に惨敗下向き矢印
見ていて、個人の実力の差は上回っていたように思ったんですが、チームとしてはどうだったのかと思いました。子供たちの士気も上がらないまま、みんないつもの調子が出ずに終わってしまいました。
敗因はいろいろあります。
監督がいくら指示を出しても、やっぱりするのは本人たち。
自分たちが気付くことが必要なんだと思いました。

気付くことって難しいんですよね、きっと。
炎天下の中、よく走り回ったと思います。帰りに仲間がうちによってなかなか帰ろうとしなかったのも、負けたくやしさなんだと思いました。

そして今日から期末テスト。
気分を切り替えて、今度は勉強に取り組む子供たち。よく頑張ってると思います。


子供たちが頑張っているのに、私はこの暑さで夏バテ気味雫
それこそ気分がふさぎがち。

休日、家族で夕食を食べながらのこと。、
私が「窓から緑が見えないのが嫌だなあ。」と言ったら、主人が「お前は意外に新潟の生活がよかったのかなあ、、、。俺はシティーボーイ?だからやっぱり大阪がいいわ。」という話になりました。
私はないものねだりしているだけ。
今がしんどいと思うから、昔を懐かしんでいるだけ。

夕方、屋外の花に水をやっていると「いつもここを通るのを楽しみにしているよ。」と声をかけてくださる人がいます。
そんな何気ない人の言葉がすごくうれしかったりもする。
今を楽しむこと。
そこから目をそらしてはいけないんですよね。


なんとなく惹かれて買った小物入れ。
本当は鏡台の上に置いて、はずしたアクセサリーを置こうと思って買ったのに、
ここに置くほうが似合っていると思った。
なんにも入れないで置いておくだけでいいと思った。
小物入れだって、別に何もいれなくてもいいよね。
小物入れ


支離滅裂な日記になってしまいました。スルーしてくださいm(__)m
やっぱり夏は苦手ですほえー






最終更新日  Jun 29, 2009 03:37:30 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 19, 2009
カテゴリ:思うこと
今日、午前中は娘のことで出かけ、午後は息子の中学校で進路説明会がありました。

なんとなく人生の皮肉を感じて、真っ直ぐ帰りたくなくなり、一人でふらっとお茶を飲みに行きました。
何度か行ったお店で、直感ですが、オーナーの女性の方に自分に近いものを感じていたんです。
たまたま行ったらお客様が一人帰るところで、私一人になり、大きな広いテーブル席を占領しました。

ぽつりぽつりとそのオーナーの女性に話しかけたら、どんどん会話が続き、
やはりこの人は私に近い人だと確信しました。
話し方、話すスピード、物事のとらえ方、考え方が近いんです。

それは私の勝手な思い込みなのかもしれません。

でも、そんな感覚を持つ人はそう多くはいません。

その人と話していると気が楽になりました。
私のしていることは間違いではないと間接的に言ってくれているように思えました。

出会いはこんなところから始まり、発展していくのだと思いたいです。






最終更新日  Jun 19, 2009 10:00:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 15, 2009
カテゴリ:思うこと
この2日間、家族にPCを占領されていました。


主に主人なんですが、仕事で使っていたので仕方ないですね。
こんなに根を詰めて仕事している主人を見ることはなかったので、やっぱり私たちのためにいろいろ頑張ってくれているんだなあと痛感させられました。
私も頑張らなくてはとだらだらしないで、たまったアイロンがけをしていました。

それから次は息子。
金曜の夜に塾で保護者対象の進路説明会があったのですが、すごく内容の濃いお話で参考になりました。塾の分析力ってすごいなと思った反面、今はそこまで情報を得なくてはいけないのという疑問も持ちました。
自分の頃って、ただ単にとにかく勉強して当日の試験に臨むだけでしたから。
帰ってから息子に親の意見はいれず、もらった冊子を見ながら説明しました。
そしたら自分から気になる高校のHPを見ると言い出し、2人で一緒にいろいろ話しながら見ました。
今の高校のHPも充実していますね。中学生向けのページもあったりとやっぱりそこでも昔とは違うという印象を持ちました。

そして娘。
マイパソコンを持っているものの、印刷機やスキャンする機能やなど付いていないので、時々このPCを使います。
昨夜もみんなが終わるのを待って使っていました。

というわけで我が家のパソコンは競争率が高いのです。
そろそろこのパソコンも酷使しているので悲鳴をあげそうだし、買い替えも考えないといけない時期。そうすると2台目なんて贅沢なことは言えません。

パソコン以外にハードディスクもコピー機も壊れかけているし、給付金だけでは足りないです。優先順位をつけて買わなくては家計が持たないです(ーー;)






最終更新日  Jun 15, 2009 10:11:16 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 5, 2009
カテゴリ:思うこと
昨日から実家の母が泊まりにきています。

80を過ぎて、すっかり年老いた母。
以前みたいにキッチンに立つことはなく、ただ老いていくことを嘆くばかり。
娘の私も母の変化にショックが隠せません。

人はいつか子供に変えるとよく言いますが、本当にその通りで母はまるで子供のように私に甘えてきます。


今日はこどもの日。
もう鯉のぼりも出すこともなくなりました。
でも菖蒲をお風呂に浮かばせて、楽しんでいます。
菖蒲風呂

今夜は息子が合宿から戻ってきます。
今から学校まで迎えに行ってきまーす。
また洗濯物の山と格闘ですショック






最終更新日  May 5, 2009 09:22:41 PM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 25, 2009
カテゴリ:思うこと
久々に「思うこと」について書こうと思います。

今日は「西宮ガーデン」まで約一時間電車に乗って行ってきました。

阪急電車に一人で乗るのは結婚してから初めてと言っていいほどです。
それで一昨日から体調不良に。
欝っぽい気分もふらつきも最初は季節の変わり目だと思っていたんですが、
そうではないということが今朝わかりました。

というのも二人目を生んだ後、私は不安神経症(パニック発作)になり、一人で電車に乗ることが出来ない時期がありました。
今はいつの間にかそんなこともなくなり、大抵のところは一人で電車に乗っていくことができますが、久々に西宮北口に一人で行くと思うと、正直怖かったんだと思います。
「途中でしんどくならないか。」「乗り場はどこだったか。」などと頭の中でうまくいかないことがよぎり、不安感が頭を支配します。

昨日までは今日出かけることがとても億劫で気が重かったんです。
でも、今朝起きたら不定愁訴はまったくなく、すがすがしい朝を迎えました。
小心者だけどいざと言う時は強いんです。
昔からテストの時もそうでした。
本番に強いタイプなんでしょうか。

そんな気持ちであの小豆色の阪急電車に乗り込みました。
学生時代毎日通っていた電車なのに、そんなことは遠い昔の記憶の中におさまってしまっていて、真新しいシャツを羽織った時の新鮮な気分で電車に乗りました。

毎日電車に乗っていた私、まったく一人で電車に乗ることができなかった私、今電車に乗っている私。
どれも私なのです。
そして二日間あがいて乗る私が今の私なんだと素直に受け止めることができるのです。

着いたら、友人が「よく来れたね。」と優しく迎えてくれました。
はるばる大阪から新潟まで子供を置いてまで泊まりにきてくれた大切な友人。
私のことをよく知ってくれている友人。

そんな友人の何気ない言葉に涙が出そうでした。

たかだ電車、されど電車。
電車はいろんな人の気持ちを乗せて走っているのです。


家族へのお土産。
神戸のお菓子を買ったつもりが大阪北浜のお菓子でした(^^ゞ
五感」というお店のパイと「ええもん」という名前のマドレーヌ。
五感1

帰ってきたら、いきなり週末になったかのような疲労感。
早速食べて元気復活!
五感2


明日は今日食べたイタリアンランチの話をしたいと思います(^^)







最終更新日  Feb 25, 2009 08:34:01 PM
コメント(6) | コメントを書く
Dec 29, 2008
カテゴリ:思うこと
今日は午前中、玄関外回りの掃除をし、自転車の修理に行きました。

午後は今度は娘が風邪をひいたので、娘の代わりにお泊りしていた友達を駅まで送っていきました。

娘の友達はとってもいい子たちです。
礼儀正しいし、きちんとしたお嬢さんです。
帰る前に娘のバイト先も見てくれました。
そして始終娘の体調を気遣ってくれて、以前よりも元気になったことをすごく喜んでくれていました。



そんな友達からのお土産。

仙台の友達からは牛タンのスモーク、東京の友達からは東京バナナチョコ。
バナナチョコは美味しかったです。
牛タンのほうは明日、息子が帰って家族が揃ったら食べようかと思っています。
お土産


今日のお昼ご飯は家で作った料理を友達に食べてもらいました。
ツナとピーマンの和風スパゲッティー、ポタージュスープ、ごぼうときゅうりとトマトのサラダ。
昼食20081229


3日間泊まった友達は家が明るくて、使い勝手もいいと言ってくれました。
結婚したらこんなうちに住みたいとも。
みんなが集まる家にしたいという夫婦の希望がかなった家になったのかな。


さて、今年もあと3日。
ここで今年のキーワード。
今年は「友達」です。

主人は同窓会の幹事をして、たくさんの友達と再会しました。
娘はいろんな友達に支えられながら、なんとか今年も学校に通うことができました。
息子はいつも友達に囲まれています。そして友達の影響を受け、塾にも行くようになりました。

そして私。
高校、大学、会社の友達とたくさんの友達と会うことができました。
過去の思い出話をするのではなく、彼女たちがどのように生きてきて、今をどんな風に生きているか、そんな内容の話をしました。
そして年を重ねて学んだこと、気付いたことがこれからの彼女たちの生き方に大きく影響しているようです。
私もそうです。
これまでのいろんな経験があって今の私がいる。
それがれからの私はどんな風に生きようかという考えにつながる。

いろんなことを話し合い、共感しあい、ぶつかり合い、励ましあううのが友達です。

結婚して、大阪を離れ、社宅暮らしをしてからたくさんの友達に助けられました。
そんな経験から、いつも子供たちには「友達を大事にしなさい。」と言っています。

同じ時代を生きていく友達。
そんな友達に感謝する一年です。

そして私にとってはなくてはならなくなってしまったブログ生活。
そこで出会った人々にも感謝する一年です。
ネットで会話することが日々の暮らしの楽しみだし、それぞれの素敵な暮らしぶりに影響も受けたました。

そして何より、私の体調が悪い時や何か心配事があった時、とっても優しい言葉をかけてもらいました。

来年も変わらず、みなさんと話したいと思います。
変わり映えしないブログですが、来年もどうぞよろしくお願いします。

今年一年ありがとうございました。
そしてみなさんにとって来年もよりより年になりますように、、、。




まだ今年の日記は続くと思いますが、今日娘の友達を送っていった帰りに思ったことを書きました。
とりあえずこれを年末の挨拶とさせていただきます。






最終更新日  Dec 29, 2008 05:29:02 PM
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全97件 (97件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.