180621 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ほぼ・猫のIBD + 人の僧帽弁逸脱症(手術) 猫健康ブログ

PR

Free Space

○ 同居猫紹介 ○
(さくら以下は、写真をクリックすると保護した(押し掛けられた)時の話が出ま~す)


サビ
(♀推定16歳・サビ柄 2008.10.2虹の橋へ)
委員長 天敵はこじろう
慢性腎不全




こじろう
(♀約11歳10カ月・キジトラ 2016.9.21虹の橋へ)

いこじ 他の全猫と相性悪い
おかあタンには超甘ったれ
ほぼIBD 慢性腎不全 心臓病?
耳聞こえない 軽度の白内障



こはる
(♀14歳半・アメリカンカール黒)

お気楽 天敵はさくら、まりん



さくら
(♀11歳・キジトラ 2018.4.6虹の橋へ)

委員長代行 お嬢 ハイテンション
我が家で一番賢い
15.8.18 乳がん発覚



みかん
(♂12歳・茶トラ白)

ヘタレ王子 遊びは本気



まりん
(♀12歳・白黒ブチ)

お姫様 ツンデレ
みかんとまりんは実の兄妹



ゆかり
(♀6歳?・三毛)

のんびり超マイペース 変なヤツ



ちゃしろう
(♂5歳・茶白ブチ)

純粋培養うちの子
ちゃしろうはゆかりの実の子




○ 同居人紹介 ○

■おかあタン(私)
このブログを書いてる人

14.9.4 僧帽弁逸脱症で弁形成手術を受ける
術後の経過はそこそこいい感じ


仕事は猫モチーフジュエリー屋さん
猫のジュエリー キャットベリー

↑覗いてね♪



■おとうタン(旦那)
我が家のニャンズを溺愛するおとうタン
うちの子が一番可愛い!と常日頃豪語している
ニャンコを激しくかまうが、
それに耐えられる子しかうちにはいないw

Category

Calendar

Recent Posts

Comments

ゆきニャンおかあタン@ Re[1]:ちょい不調(05/20) 心臓検診、ちょっとさすがに間を空けすぎ…
カムバックハート@ Re:ちょい不調(05/20) 約2年振りの心臓検診は、ちょっと時間開け…
ゆきニャンおかあタン@ Re[1]:お察しのことと思いますが(06/12) 9ねこさん さくらに関しては、仕方がない…
9ねこ@ Re:お察しのことと思いますが(06/12) さくらさん安らかに どうしてるんだろな?…
ゆきニャンおかあタン@ Re[1]:さくらさん、手術作戦(09/18) 9ねこさん も~、何が何やらですわ(汗)…

Archives

2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

Keyword Search

▼キーワード検索

Shopping List

2016年09月24日
XML
こじろう♀は変わった子でした。


うちに来たのは11年前の6月8日。
以前住んでた家の近所で、最初に旦那が見かけて数日後に私も遭遇。
さらにその数日後にうちに連れてくることに。
抱っこで家まで連れて行く間、空中をフミフミして
「おうちっ、おうちっ」って感じで嬉しそうに連れてこられた。
3か月前にうちの子になったサビは激怒したけど(苦笑)

そのさらに2か月後には、こはるも来て女子3ニャンになった。
3ニャン3様、性格とかテンポが違って仲悪かったけど(汗)
(しばらくすると、サビとこはるは遊ぶようになった)




こじろうはそのころから色々変な子だった。

なんとなく毛がバサバサしてて、ウンチはゆるく、おならもした。
何度か病院に連れてったけどお腹の薬をもらうくらいで治らず。
大人になってしばらくすると緑がかったウンチに粘液と血液がつくように。
近所の病院では抗生物質をくれるくらいで、抗生物質をやめてしばらくすると戻ってしまう。
ウンチのあとに激しく嘔吐するときもあった。

性格的にも変な子で、不器用で、疳の虫っていうの?が強くて
嫌なことはイヤ~ッ!って感じで聞きわけがないというか。
あとなんか猫らしくない。猫独特の間合いが全然ない。
アイコンタクトがとれない(じーっと目を合わせちゃう)なので他の子とうまくいかない。
部屋にいると、他の子との兼ね合いもあってストレスなのか
スプレーしまくってしまう(汗)そのころのあだ名はオシッコスプリンクラー(爆)

運動神経も0で、高いところに上がるどころか、手の届くところ以外は登れない。
そもそも寝てる時間が多くてあまり歩かない。
なんか体が硬い。猫のしなやかさがない。

そんなんでケージに入ってるほうが落ち着くんでずっとケージに入ってた。
そのころからおかあタンが大好きで
こじろう&おかあタン+おとうタン。が、こじの世界だった。




ずっと下痢と嘔吐で、どう考えても長生きできる気がしないし
(10日間連続で嘔吐することもあった)
というか、ゆくゆくお腹が苦しくて辛い思いをするんじゃないかと
色々悩んで試して(サビを看取って1年半くらい色々やったり調べたりした)
マシにはなったけどイマイチなんか打開できない。
2010年、5歳の夏に意を決してアレルギーに強い先生がいる病院へ行くことに。
色々調べて予約を入れる。


世田谷のジェナー動物クリニック。

片道1時間~1時間20分、待ち時間1~1時間半(予約しても)、
診察1時間、お会計と薬で30分程度って感じで、
うちからだと1回トータル4時間半~5時間半かかるんで、ニャンコとしてはハードル高い。


でも、ここの院長先生に診ていただいたことで、こじろうのニャン生は変わった!
(遠いんで、最近はほとんど行ってなかったけど。
2014年におかあタンが心臓手術したんで、車の運転が難しかったりした)

下痢はしなくなって、ちょっと便秘がちになったけど嘔吐はほとんどなくなった。
性格も落ち着いて、スプレーしなくなったし
他の子と仲良く…は無理でも、一緒にいてもパニックにならなくなった。

以前より起きてる時間が増えて(それでも寝てる時間が長めだけど)
ケージから出て、部屋の中を好きに歩けるようになった!
(寝てばかりだったのは、お腹が具合悪いせいだったのかもしれない)

少し高い所に上れるようになった!
キャットタワーに上って嬉しそうにしてるこじろうが忘れられないよ。
(キャットタワーの上に立ってるとものすごい揺れるんだけど。たぶん三半規管がおかしい)
最終的に、ロフトベッドの急なはしごも登れるようになって
(たまに途中で落ちるんで、下にクッションを敷き詰めてた)
おかあタンの枕に乗って、おかあタンの顔に背中を付けてアンカ代わりにして寝てたよね。

体調は落ち着かないときもあったけど
(特に冬はIBD、腎不全ともに悪い感じだった)
なんとかそんなにひどくならずギリギリではあったけどコントロールできてた。




一番手前がこじろう。
みんなと一緒にいると、なんとなく緊張感が漂ってはいる(苦笑)
こはるは一緒にいられないから、一緒にいられるだけ上等。






今回は腎不全・歯肉炎・IBDに加えてたぶん心臓もきちゃったんで、難しかった。
8月初めに食欲不振から始まって、
なんとなくIBDじゃなくて歯肉炎か腎不全由来っぽいかなと思ったけど
もしかしたら食欲不振も心臓のせいだったのかもしれない。
腎不全は水分を摂取しなきゃいけないし、心臓病は水分を制限しなきゃいけないし
両方のちょうどいい着地点を見つけるのは難しかった。

歯肉炎のケアがもっとちゃんとできてたら…とか思ったりするけど
(若いころから歯石がひどかったんで
口内環境が色んな病気の原因の一つになってると思う)
すごく嫌がるし、やっぱりニャンコの口内ケアは難しいよしょんぼり




なんか色々思ってしまうことはあるけど
こじろうが精いっぱい生きたのは確かなんだ。

ジェナー動物クリニックの院長先生のおかげで、元気に過ごせて寿命が延びたと思ってる。
先生に診てもらわなかったら、ずっとお腹の具合が悪くてケージの中で寝てばかりで
もっと体力があるうちにお腹だけがドンドン悪くなって、苦しむ時間が長かっただろう。

こじろうをケージから出られるようにしてくれた。
普通の猫みたいに・・・とはいかないけど、
こじろうなりに楽しくニャン生を過ごすことができた。

こじろう自身も頑張った。
先生には、猫は”体にいいご飯だから”って勧めても食べないことが多いから
(猫は、どんなにお腹がすいても、痩せても、嫌いなものは絶対食べない。食べ物と認識しない)
無理のない範囲で、という注意付きで食事療法を指導してもらったんだけど、
こじろうはそこまで嫌がらずに食べてくれた。
おかあタンが完璧には作れなかったけど、それでもこじろうの調子は確実に上向いた。

先生とのご縁も、こじろうの頑張りも、本当に素晴らしかったのです。







Last updated  2016年09月24日 17時47分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[次女 こじろう♀(11歳10カ月 IBD・腎不全・歯肉炎・心臓病)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.