2818380 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

変なじじい『ゆきのじょーお』

2019/12/08
XML
カテゴリ:
 インターネットのオークションで、華族の令嬢が売りに出された未使用品とな~あ・・・・
その華族の令嬢のヒロインの婚約者と父が相次いで殺された、婚約者の死体のそばに花の花が、また令嬢の父の死体は墨で乗られていたのだ。

 宮之原警部が登場でんがな~あ、長野の戸狩、そして名墨の奈良へと捜査が進むがな~あ。
インターネットが題材にされてるが、これはお粗末な物で、気にしないで呼んだ方がいいかな~あ。

事件はかつての戸狩、民宿のスキー場で有名だった戸狩、昭和47年頃の話だ~あ、合コンで客を呼んだとかな~あ。わても、ちょうどその頃、戸狩に夏の合宿に行きましたがな~あ。北竜湖なんて地名が出てきて懐かしかったがな~あ。
その戸狩のある飯山線のある駅が、♪菜の花畑に・・・という童謡の舞台とかな~あ...、

華族なんて古くさいものとインターネットとな~あ、ちょっとちぐはぐな気きもしますがな~あ。
そして、「銭牝」なんて言葉が出てくるんですがな~あ・・・・

題材が面白いので、この作者の作品は読んでますがな~あ・・・・
サスペンスとしてはな~あ、イマイチという気がするがな~あ。

2000年4月、ハルキノベルズ書き下ろしでんがな~あ。
池田市立図書館で借りましたがな~あ。






最終更新日  2019/12/09 09:04:27 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

プロフィール


ゆきのじょーお

カテゴリ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.