1560290 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まったりほっこりのんびり

PR

サイド自由欄


日記/記事の投稿

カテゴリ

よく読まれている記事

(0)

旅行(北海道)

(97)

旅行(軽井沢・福島)

(26)

旅行(東京・横浜)

(18)

旅行(箱根・伊豆・山中湖・山梨)

(26)

旅行(京都・大阪)

(83)

旅行(広島・山口・島根)

(31)

旅行(九州)

(406)

旅行(沖縄)

(185)

旅行(海外)

(74)

外食(札幌)

(66)

外食(東京)

(120)

外食(横浜・川崎)

(81)

外食(福岡・小倉)

(169)

日帰りおでかけ(札幌・小樽)

(47)

日帰りおでかけ(東京・横浜)

(91)

日帰りおでかけ(山口)

(15)

日帰りおでかけ(福岡)

(105)

日帰りおでかけ(佐賀・長崎)

(37)

グルメ

(186)

グルメ(スイーツ)

(263)

ショッピング(セリア・ダイソー)

(9)

ショッピング(無印良品)

(6)

ショッピング(ユニクロ)

(5)

ショッピング(ファミリーセール)

(22)

ショッピング(ファッション)

(46)

ショッピング(コスメ・ヘルスケア)

(30)

ショッピング(キッチンウェア・食器)

(28)

ショッピング(福袋)

(13)

ショッピング(インテリア)

(12)

ショッピング(食料品)

(8)

ショッピング(家電)

(9)

ショッピング(贈答品)

(3)

ショッピング(その他)

(12)

料理・お菓子作り

(102)

断捨離

(64)

家事全般

(36)

リメイク・修理・メンテナンス

(26)

インテリア

(16)

キッチングッズ・食器

(10)

家電

(3)

コスメ

(29)

ヘルスケア

(32)

ヘアケア

(13)

ファッション

(8)

映画

(62)

スポーツ

(40)

(20)

音楽

(36)

韓国・アメリカドラマ

(18)

国内ドラマ

(18)

ハンドメイド

(9)

アロマテラピー

(4)

株主優待・株主総会

(20)

懸賞

(8)

つぶやき

(113)

散歩・外出・歩数記録

(27)

マンション購入~入居~居住

(26)

引っ越し

(11)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

カレンダー

楽天カード

ランキング市場

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

映画

2019.06.02
XML
カテゴリ:映画
2019年6月17日

ケーブルテレビの洋画専門チャンネルで映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観た。


ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [ マイケル・キートン ]


マクドナルドの事実に基づいたストーリーなんだけど、マイケル・キートン演じる主人公レイ・クロックの上昇志向が凄すぎる。

物心ついた時にはよく食べていたのでコカ・コーラのようにずっと昔からあるイメージだったけど、フランチャイズ展開してからまだ60年ちょっとなんですね。

主人公を「どこかで見たことある俳優だな」と思いながら観ていて、「バットマンだ!」と気がついた。
マイケル・キートンが普通のセールスマンをあまりにもうまく演じていたので最初は全然わからなかった。






最終更新日  2019.06.17 15:35:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.25
カテゴリ:映画
2019年6月13日

ケーブルテレビで映画「ロミオとジュリエット」を観た。



ロミオとジュリエット 【DVD】


1968年公開。

ずっと観たいと思っていた。

オリビア・ハッセー、かわいい赤ハート
ウィキで調べたら日本の歌手 布施明と結婚していたのね。
そういえば聞いたことある。

シェイクスピア原作なので言葉遊びのような面白いセリフもあった。

2時間半あったけど、長さを感じさせないストーリー展開で思わず惹き込まれてしまった。

音楽もいい。
実家に映画音楽全集のCDがあって、好きでよく聴いていたので、この有名なテーマソングは聴いたことあった。






最終更新日  2019.06.13 22:36:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.02
カテゴリ:映画
ケーブルテレビでイタリア映画「イル・ポスティーノ」を放送していたので「そういえば観たかったんだった」と軽い気持ちで観始めた。

最初は他のことをしながら観ていたけど、だんだんストーリーに惹き込まれてしまい、最後はじーんとした。

最初の方が観られなかったので、後日再放送を視聴。
時間帯が朝だったので家事をしながらだったけど、やっぱり最後は泣いた。

主演の俳優さん、この映画を撮り終わって12時間後に心臓発作で亡くなったんだって。
まだ41歳と若かった。
すぐ心臓の手術をした方がいいと言われていたのに撮影を優先。
1日2時間しか演技が出来なかったそう。

dデータで映画の説明を見たら「出演俳優の遺作」と書いてあったので、てっきり詩人のおじいさんを演じているフィリップ・ノワレの方かと思った。
この俳優さん、「ニューシネマパラダイス」に出ていた。
雰囲気が全然違うのがさすが俳優。

音楽もよかった。



イル・ポスティーノ オリジナル完全版【Blu-ray】 [ フィリップ・ノワレ ]






最終更新日  2019.05.22 11:46:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.23
カテゴリ:映画



2019年アカデミー賞 ラミ・マレックのレッド・カーペットインタビュー動画がyoutubeにアップされていた。






最終更新日  2019.02.27 17:48:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.19
カテゴリ:映画
2019年2月25日

アメリカ アカデミー賞 2019年

最優秀主演男優賞映画「ボヘミアン・ラプソディ」フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが受賞したよーー!!





アカデミー賞 受賞一覧HP

https://oscar.go.com/winners/


ラミ・マレックさん、おめでとーー!!

受賞を知って、思わず泣いてしまった泣き笑い


インスタグラム ラミ・マレックさんの受賞スピーチ動画

https://www.instagram.com/p/BuSp7LchbiH/?utm_source=ig_web_button_share_sheet​​

2019.2.27追加
youtube ラミ・マレックさんの受賞全スピーチ動画


映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て感動きらきら&号泣した号泣ので、とっても嬉しい!!

日本だとWOWWOWしか生中継しないのね下向き矢印
クイーンがアカデミー賞のステージで生演奏することが決まり、契約しようかと思ったけど、現在我が家のテレビには録画機能がないので諦めた。

ボラプを初めて観てから3ヶ月以上経ったけど、まだまだクイーン熱は冷めやらず。
ますます加速してる。

今朝も家事を終えてからアルバム「クイーンⅡ」を聴いて泣いてたところだった。






最終更新日  2019.02.27 21:37:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.01
カテゴリ:映画
2019年1月7日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」がゴールデングローブ賞の作品賞と主演男優賞をダブル受賞しました!!

ラミ・マレック、おめでとう!!




前評判では主演男優賞は無理だろうと言っている人もいたけど、私はラミの演技に凄く感動したから嬉しい~!!

映画でのラミはフレディそのものだった。

ストーリーは事実と多少違う部分があるとは言え、最初から最後まで泣きっぱなしだった。

オープニングの20世紀フォックスのファンファーレ、ブライアン・メイのギターとフレディのHEY HEY HEY HEーY!って声でまずウルッときた。
なんて粋な演出。

その後、"SOMEBODY TO LOVE"が流れて、空港で働くフレディが「パキ野郎!」と人種差別を受けながらも街中で曲を書くシーンで既に涙・・。

思い出すだけで泣ける。

泣きすぎて映画館を出た時は目が腫れてた。






最終更新日  2019.01.07 21:11:46
コメント(2) | コメントを書く
2018.10.29
カテゴリ:映画
ただいま大ヒット中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じているラミ・マレック。

ケーブルテレビでラミが出演している「ナイトミュージアム」を観ました。

エジプト王子の役が超はまっていてキュートピンクハート

フレディ役の時とは全然違ってて、さすが役者さんですね。

ミイラの包帯を取ったらラミで、次のシーンではいつの間にかエジプトの格好になっていて笑った~大笑い

いろんな国の博物館で展示されていたからいろんな国の言語が話せるという設定も面白いスマイル






最終更新日  2018.12.16 18:45:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.27
カテゴリ:映画
2018年11月24日(土)

先日観に行ってすごく良かった映画「ボヘミアン・ラプソディ」をまた観に行ってきました。



今回は「胸アツ応援上映」で。
前回観た映画館でも上映していたんですが「胸アツ応援って何?」って感じで、夜9時台開始だったので昼の普通の回を観てました。

帰宅してから調べて「胸アツ応援上映」では歌ったり拍手したり、声を出してもいいと知りました。
観賞した時に「あー、歌いたい!!」と何度も思ったし手拍子したい曲もあったので、胸アツ観に行こうかなと何となく思ってました。

たまたま実家へ帰省する前に高校時代の友達にメールしたら「今日ボヘミアンラプソディを観てきました」との返信が。
私も前日観たばかりだったので「良かったよね。今度は胸アツ上映観に行こうかと思ってる」とメールしたら、友達も気になっていたそうで「一緒に行く?」という話になりました。

そういえばその友達とはクイーンの話を何度かしていたんですよね。
自分では覚えてないんですが、私がちょうどクイーンにはまっていた頃「電車で移動中にクイーンを音をガンガンにして聴いてる」と話していたらしいです。
その後、友達もご主人とファンになったと聞いた覚えが。

久しぶりに会ったので最初はお互いの近況報告をしてましたが、映画館に着いたらずっとクイーンの話をしてました。

この映画を観るのは私2回目、友達はなんと3回目。

友達に「今日はフレディの命日なんだよ」と言われ、「そんな日にこの映画を観るなんて」と思うとそれだけで泣きそうになっちゃいました。

首都圏では胸アツ応援上映が凄く話題になっていて、ペンライトを持ってくる人もいると聞いて驚きました。
実際、私達が観た回でもいました。



川崎の109シネマズで観ましたが、意外と歌ったり手拍子する人が少なくて拍子抜け。
私はせっかくこの回を観に来たんだからと歌ったりしたけど、ちょっと恥ずかしかった。
でも泣けるシーンでは我慢せず泣けたので、観終わった後はスッキリ。
前回は嗚咽を抑えるのが大変だった。

歌のシーンでは英語の歌詞がカラオケみたいに出てくるので、つい歌詞を目で追うのに一生懸命になってしまい、セリフを見るのを忘れてしまった。

前回観た時に大泣きして普通のハンカチじゃ足りなかったので、今回はタオルハンカチ3枚持っていきました。(1枚しか使わなかったけど)

前回は初めて知るフレディの生い立ちやクイーンのエピソードに感動しましたが、今回はフィアンセ・メアリーとの関係に涙・・。
人としてはお互い最後まで大好きだったんだと思うけど、何度も心がすれ違ってしまうシーンが泣けた。

同じ映画を2回映画館で観たのはこれが初めてでした。






最終更新日  2018.12.06 19:03:27
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.22
カテゴリ:映画
2018年11月19日(月)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。





ロックバンド「クイーン」、10代の時から大好きなんです。

ファンになったのはフレディ・マーキュリーが亡くなった頃。
ニュースでエイズをカミングアウトした直後に亡くなったと知りました。
当時、テレビやラジオでよくクイーンの曲や映像が流れていて「かっこいい!!」とファンに。

その後、海外語学研修へ。
ホームステイ先の男の子がクイーンのファンだったので影響を受けて現地でCDを買い、帰国後ずっと聴いていました。



ファンになってから25年以上経ちますが、これほどずっと聴き続けているアーティストはいません。
時を経ても全然色褪せない。
何度聴いても全然飽きない。

TVCMでこの映画の予告を見て「観に行かなきゃ!」と思ったものの、まだまだ上映すると思っていたら、Tジョイ博多では今週で終了してしまう!
慌てて映画館へ。

小さなシアターでの上映だったこともあり、平日なのに凄く混んでいました。
世代的に中高年が多いのかと思ったら、若い人も多かった。

フレディ役の俳優さんがとっても似ていて、歌うシーンを観ただけで感動して涙が。
亡くなった後ファンになったので、MTVくらいでしかフレディが歌う映像を観たことがなかった。
それがリアルタイムで観ている感覚になり、もうそれだけで胸がいっぱいになりました。
映画の公式HPによると、ムーブメントコーチからフレディの癖や動きを学んで徹底的に研究したそうです。

俳優さん、すっごく歌がうまいなと思ったら、歌の音源はフレディ本人の歌声を使ったり、フレディそっくりの歌声のカナダの歌手が吹き替えしたそうです。

映画ではHIV感染を知った後にライブエイドに出演したことになっていて、そこでも号泣。
でも帰宅して調べたら、実際は出演時は知らなかったそう。

他にも事実と異なるシーンがあったけど、フレディの生い立ちやバンドのエピソードを知ることができただけでこの映画を観た甲斐がありました。
泣きすぎて目が腫れて頭が痛い。

ファンになった当時はネットもなく情報入手が難しかったので、かなり調べたけどあまりわからなかった。

当時は人種差別とかバイセクシャルに対する偏見とか凄かったと思う。
そんな中、あんな素晴らしい曲を書いたのかと思うと聴いててまた泣けてきます。


アミュプラザ博多 映画館 待合室

線路が見えます。









最終更新日  2019.04.22 20:10:52
コメント(2) | コメントを書く
2018.05.07
カテゴリ:映画
ケーブルテレビのFOXチャンネルでスピルバーグ監督「A.I.」を観た。

たしか公開当時に映画館で観た気がするけど、その時は全然意味がわからなかった。
つまらなかったのでほとんど内容を覚えていない。

先日たまたまケーブルテレビで放送していたので途中から観賞。
今観たら面白かった。
翌日放送していたのでまた途中から観た。
前日はパソコンをしながらだったのでこの時はじっくりと。

やっぱり最初から観たくなりネットで調べたら、その日の夜8時から再放送があった。
夫の夕飯がいらない日だったので急いで簡単な夕食を作り、最初から観賞。

今でこそ「A.I.」という単語は普及しているけど、2001年公開当時は「何それ?」って感じでAIという言葉を聞いたのはこの時が初めてだった。

ストーリーの中で「クローン」も出てくるけど、17年前は今より一般的でなかった気がする。
だから観てもいまいちよくわからなかったのかな。
そういう意味ではこの映画は今観ても古さを感じず、よく17年前にこんな映画を作ったなと思う。

調べたら「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック監督が原案なのね。
納得。

愛することをプログラムされたロボットの男の子が母親の愛を求めて旅するストーリーなんだけど、最後は切なくて泣いちゃった。
20代の時より40代の今の方がそういう感情が理解できるようになったのかも。







最終更新日  2018.05.24 12:16:19
コメント(0) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.