1668476 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

双子+1の子育て in NZ !

PR

全49件 (49件中 41-49件目)

< 1 2 3 4 5

自然育児

2006年07月12日
XML
カテゴリ:自然育児
これは5月16日の日記です。

****************************************************

最近みかんは一日で一、二枚しかオムツを汚さなくなってきたので

なんかオムツしている必要あるのかなーなんて思っていたのですが

MIXIのECのコミュニティーで、8ヶ月の子がトレパン

(トレーニングパンツ)にしてみているという記事を読んで、

そうか!もうしてみてもいいな!!と思い、ベビーザラスで

トレパンを買ってきました。

日曜と今日と、オムツをやめてトレパンにしてみた所、惨敗(ToT)

いつもちゃんと教えてくれていたのに、トレパンにすると

全く教えてくれないままであっという間に4枚買ったトレパンと

洋服全てがべちゃべちゃになってしまいました。

しかもべちゃべちゃになったままご機嫌で遊んでるし。。。

サイズが80しかなくてゆるゆるだから開放感があって

しちゃうのかしら。。。

このままあっという間にオムツはずれちゃったりして!なんて

期待していたのですが、だめそうです。

6層 トレパンツー ピンク  6層 トレパンツー 水色  アヒル柄トレーニングパンツ 2枚組






Last updated  2006年07月12日 14時02分09秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年07月10日
カテゴリ:自然育児
これは5月8日の日記です。

****************************************************

今日は久しぶりに児童館のベビータイムに行ってきました。

三週間ぶりだったので、前回会った子供達が、一回り成長して

ハイハイしたりたっちしたりしていて、子供の成長は早いなー

としみじみ思いました。

かく言ううちの子達も、前回はまだ座らせるとたまに後ろに

ごんするので、タオルをクッション代わりにおいていましたが

今日はそんなものも必要なく、おもちゃを取るためにかなりの

遠くまで移動出来るようになっていて、3週間前とは大違いです。

うちの子達は本当に小さくて母なんかはいつも心配していましたが

今日知り合った子は、2150で生まれて完全母乳で、一歳

過ぎても7キロとの事で、やっぱりうちの子達は最初が

小さいからこの大きさで充分大きくなっていて、

別に小さすぎるわけではないんだわと(私は元々そんなに

心配していませんでしたが)ちょっと安心。

それからみかんのトイレ。

一昨日初めておまるでウンチに成功して以来、かなりの

頻度で成功していると書きましたが、どうやらみかんは

おまるでトイレが気持ちいいことを認識したようで、

オムツに排泄を激しく嫌がるようになりました。

そして今日は、なんと、おっぱいのときにちょっとちびって

しまった以外は朝から一日中で一度もオムツに排泄を

しなかったんです!

ベビータイムで外に出たのに、ですよ!!

ベビータイム中もトイレに連れて行って欲しいと泣くので

連れて行くとまずはトイレで初オシッコ、そして二回目には

初ウンチをやってのけました。

排泄のたびにおまるに連れて行ってみてわかったのですが

意外に頻回にオシッコをしてるんですね。。。

だいたい今まで一日に13回位のオムツ替えでしたが、

今日は20回位おまるに連れて行ったかも。。。

これはこれで結構大変ですね。でもせっかく教えてくれて

いるのだから頑張らなくちゃ!






Last updated  2006年07月10日 13時12分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月05日
カテゴリ:自然育児
これは4月16日の日記です。

*******************

先日初めて大根の茹で汁をあげたわけですが、あれから

5種類の安全そうと思われるお野菜の茹で汁を、2サイクル

あげてみて、問題がなさそうだったので、今日、初めて

固形物である大根の裏ごししたものをあげてみました。

茹で汁は結構二人とも嬉しそうにもっともっととごくごく

飲んでいたのですが、今日の大根は一口(本当に少し、

小さじ5分の一くらい)口に入れたら物凄く変な顔をして

しかもりんごが「おえっ!」って言ったんです(笑)

不味かったのかなあ。私が食べてみたら凄く美味しかったけど。

りんごは二口目にもおえっと言って、三口食べたらもういらなく

なっちゃいました。

みかんは口をあけて次を欲しがるけど、口に入れるとかなり

微妙な顔。

初めての離乳食、あまり好みではなかったようです。

でも皮膚症状や、鼻水とか便は全く問題ないから、アレルギーで

嫌だったのとは違うのかも・・・?






Last updated  2006年07月05日 15時42分40秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:自然育児
子供達が産まれてすぐから、おっぱいのときやその他の時に、

語りかけてあげるのがいい、とは知っていたのですが、

どうしてもすぐにそばにある新聞や雑誌やネットを見てしまって

(まあ今でもついやってしまいますが)どうしたら語りかけが

出来るのかなと悩んでいた時期がありました。

そんな時に友人から教えてもらった本が、サリー・ウォードの

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

という本でした。

「語りかけ」育児

この本では月齢ごとに(一月ごと)赤ちゃんの発達度合い

(この時期はどういうことが出来るようになるのかなど。

これが本当にぴったりあてはまるんです!)や、この時期の子には

どうやって話しかけてあげたらいいか、どんなおもちゃで

遊んであげたらいいか、どうやって手作りするかという事が

書いてあり、本当に本当に参考になります。

結構分厚い本で2200円もしますが、私は毎月毎月、月誕生日が

来るたびにこの本を熟読して、ああそうか、こういうのもいいんだ!と

読むたびに再認識しています。

一月分の説明は結構短いので、読むのも大変ではないので

家事育児の合間に読めるのも便利なところです♪

まだご覧になっていない方は、とりあえず本屋さんで立ち読みでも

いいので是非ご覧になってみてくださいね!






Last updated  2006年07月05日 15時41分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月04日
カテゴリ:自然育児
私は布オムツを最初から使っていますが、実は自分でオムツを

始めたのは最近でした。

もともと双子なのにオムツを洗うのはさすがに無理だろうと

思い、使ったオムツをそのまま返すことができる、さらしの

レンタル布オムツを使っていて、布オムツだしと大変満足していました。

実際、新生児期は二枚一組のオムツを一週間で200組!

使っていたので相当な量でした。

でも家から合成洗剤を排除したときに一番子供達の肌に触れる

オムツはきっと合成洗剤&漂白剤を使っているんだろうなあと

気になり始めました。

布なのにかぶれるのも不思議だったし。。。

でも我が家のベランダは狭い上に外観上、腰の高さの竿に

干さないといけないので、そんなに多量に干す場所は無いなあと

諦めていたんです。

そんな時に成型オムツと言うのがあるのを知り、これなら

場所をとらずに干せるし、さらしに比べてずっと通気性がいいと

言うことも書いてあったので、一念発起してレンタルをやめて

成型オムツに変更しました。

使ってみて、基本的に洗濯機が洗ってくれるし、うんちのついた

おむつは手で洗うけど、新生児の頃の5、6回とは違い一日

1,2回だし、何よりやっぱり通気性がいいみたいでかぶれが

出なくなってとても嬉しいです♪

それにしても洗濯機が無かった時代の人って凄いですよね・・・

尊敬します。


うちで使っている成型オムツです。

ベビーネンネスペア(ダルマ型) 5枚入り 【速乾タイプ】だるま型  ▽キングベビー▽【ベビーネンネ】ファインネット【5枚入】102005ネット  ▽キングベビー▽【ベビーネンネ】快適おむつレギュラー(小判型)【5枚入】小判型






Last updated  2006年07月04日 16時19分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年06月30日
カテゴリ:自然育児
まだまだ先の話ではあるのですが、給食のことも悩ましい問題です。

最近の給食って本当にひどいらしいんです。

子供達が和食を食べなくなってきていて、和食を出すと

残したりするので、子供に迎合するような給食に変化しているらしく、

以下のような給食が普通に出てくるらしいのです。

ひどい給食

もともと無農薬でないものを食べさせることや、砂糖の入ったものを

食べさせることでさえ嫌だったのに、この給食、しかも

牛乳が毎日出てくるなんて、絶対に嫌だ!お弁当の学校に入れよう!

と思っていました。

その上、今回アレルギーがわかったので、好き、嫌いではなく

給食が食べられない可能性も高くなってきてしまい、ますます

普通の給食のある学校には入れられなさそうです。

自然育児をしている人の場合、アレルギーが無くても

お砂糖や牛乳を拒否したい人が結構たくさんいますが基本的に

給食を拒否するのには診断書がいるそうで、かなり困難らしいですし、

なかなか先生達の勉強が足りず、理解もされないらしいです。

それでもし診断書があって給食を食べない場合は、お弁当に

なるわけですが、まわりが食べているのに、自分だけ食べられない

というのもかわいそうだし、いじめの原因になったりもするみたい。

調べれば、アレルギー対応の給食を作ってくれるところもあるらしいですが

なかなか難しい問題ですよね。


学校給食と子どもの健康のページを作っている幕内秀夫さんという人は

学校給食と子どもの健康

粗食をすすめる有名な方ですが、この人が給食をもっと

和食中心の健康的なものに出来るように色々と働きかけて

くれていて、学校によっては変わりつつあるようで、そういう

学校がそばにあったらいいのになあと思います。

そうそうちなみに、幼稚園は、うちの割と近所に、給食制服

送迎なしの毎日泥んこだらけになって遊ぶとても素敵な

幼稚園を見つけたので、給食について悩むのは5年後まで

先延ばしに出来そうです。


幕内さんの本です。とてもお勧め
粗食のすすめ レシピ集  粗食のすすめ  粗食のすすめ レシピシリーズ 5巻セット






Last updated  2006年07月01日 00時03分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月26日
カテゴリ:自然育児
これは3月12日の日記です。

***********************

それでデメリットを聞くためMIXI内でトピックを立てたのですが、

色々あってトピック自体はちょっと荒れてしまったのですが

沢山の方にメールを頂き、遅く始めるデメリットは特に無いということがわかりました。

一般的には保健所や病院では遅くとも6ヶ月までには始めるように

と良く言われますし、始めないと貧血になる、とか、母乳の栄養が

なくなる、とか言葉が出にくくなる、とか、咀嚼力が付かないとか

なんだかんだと脅されて怒られるようですが、それらには

全く根拠が無いこと、実際に2歳までおっぱいだけで育てても

そういうことが起きたことが無い人ばかりだということもわかりました。

もう一つトピックで前から疑問に思っていたことを聞いたのですが、

それはどこでも指導されることで、よだれが出始めたり

もぐもぐしたら食べたがっている証拠ということでした。

うちの子たちを見ていたら、確かによだれももぐもぐも

あるけれど、それってもぐもぐは私達がもぐもぐしているのを

真似しているのかもしれないし、よだれが食べたい証拠だなんて

子供の言い分を聞いたわけじゃないんだから本当かどうか

わからないなあと思っていたんですね。

それに関してもやっぱり、食べたがっているのかと思って

食べさせたら食べなかった、食べる真似がしたかっただけみたいだった

という意見を沢山頂き、ああ、やっぱりそうなんだなと思ったんです。

先日の日記に書いたchikaさんによると、赤ちゃんはIgA抗体が

なく、1歳過ぎにやっと分泌が多くなってくるらしいし、

膵臓のアミラーゼも(これはネットで見た情報ですが)

二歳まではあまり分泌されないそうだし、たんぱく質は特に

2歳までは与えないほうがいいようなので、色々なことを考え合わせて

我が家ではとりあえず、一才くらいまでは母乳だけで、

その後明らかに食べ物を食べたがるようなら、アレルゲンに

なりにくい野菜(と、米が大丈夫そうならおかゆも少々)を

多少与えつつ(与えるかどうするかは二人の様子を見ながらなのですが・・・)

基本は母乳で、2歳までは育てようかなということになりました。

今は食事の時には4人でテーブルを囲み、子供達にもスプーンを持たせて

いますが、そうすると私達の真似をしてスプーンをくわえ、

もぐもぐしてとても満足そうなので、今の所はこの子たちには

これでいいなと考えています。

問題はまだまだ離乳食を極端に遅くするのは、理解されていないので

検診なんかで正直に話すと別室で怒られたりするらしいんですね。

それも、全く同じ体重、身長でも離乳食順調ですと答えれば

順調な成長ですねといわれるのに、離乳食してませんと答えると

成長が異常だとかこのままでは大変なことことになると

脅されたりするらしく、次の9ヶ月検診、なんて答えようかなあと

悩み中です。。。

(遅く始めた方々は、順調です、かぼちゃが好きみたいですとか

その時期に食べているはずの離乳食を勉強して嘘を答えるらしく、

そうすべきなのか、正直に話して論議をすべきなのか・・・)






Last updated  2006年06月26日 15時01分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月25日
カテゴリ:自然育児
これは3月9日の日記です。

**************************

昨日の補足:昨日はねてくれませんでした(><)
肌もひどいし玄米関係ないのかな・・・↓
病院も土曜は混むようなので月曜にしました。


うちは今もうすぐ8ヶ月になるのですが、離乳食も始めていないし

おっぱいと白湯以外与えたことはありません。

もともとは3ヶ月ごろ、大手の赤ちゃん情報のページなんかで

そろそろ果汁と出ていたのを見て、病院や母乳だけの友人から

聞いたことと違うなと思って調べ始めたことから始まりました。

そして母乳育児の色んなページで果汁や野菜スープなんかを

早いうちから与えるのは、味慣らし、スプーン慣らしのためで

おっぱいはお母さんの食べたものによって毎日味が違うから

必要ないということを知りました。

そしてその後6ヶ月ごろには離乳食開始をするつもりだったのですが、

ここでまた調べるうちに、早い離乳食の開始がアレルギーの

原因となっているということを知りました。

特にたんぱく質は早すぎないほうがいい、2歳まであげなくても

いい、ということなんかもわかったのですが、ではどの位

遅く始めたらいいんだろう、と色々友人に相談したりした結果

7ヶ月半から始めようかなということになりました。

ところが、それが近づいてきた頃、旦那さんが、7ヵ月半の

根拠はなんなの?離乳食の意義っていったいなに?と言い始めたのを

きっかけにもう一度調べ周った結果、離乳食って栄養のためではなくて

味慣らしのため、一緒に食卓を囲むことを学ぶため、などの

意義でするということがわかったんです。

それに早く始めることのデメリットもたくさんわかりました。

調べるうちに日本と韓国は他の国に比べて早い離乳食を推奨していること

早い離乳食がアレルギーの子供を増やしていること、そもそも

離乳食は戦後の栄養不良解消のために始められたことで、昔は

2歳くらいまでおっぱいだったらしい事、早く始める害を

厚生省に訴えたら、わかってはいるけど、ベビーフード業界との

兼ね合いもあるから変えられないと厚生省が言ったことなど

なにやらとてもキナ臭い話もわかってきました。

そこで、じゃあ遅く始めることに何かデメリットってあるのかしら?と

疑問に思い、MIXI内でトピックを立ててみなさんに聞くことにしました。

長くなるのでまた後日。。。

離乳食の本当のことについて詳しくは、chikaさんのブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/alerugy/

を見るとわかります。






Last updated  2006年06月25日 23時58分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月22日
カテゴリ:自然育児
これは2月25日の日記です。

***********************

うちの子達は今トイレの練習をしています。

だいたい普通のトイレトレーニングはオムツをはずす

目的でするので2歳ころからするようなのですが、

今しているのはそういう目的ではなくてトイレで

排泄したほうが気持ちいいよというのを教えるため、

ひいては早くオムツも外れるらしく、トイレット

コミュニケーションというそうです。

元はといえばうちの子たちと4日違いで生まれた友人の子が

4ヶ月のときに会った時にトイレで排泄をしているのを見て

うちでもトイレでさせてみようと思ったのですが、寒かったらしく

ひどく泣かれて断念。そこでおまるを買って来た所これも

脱がせて乗せると大泣きで、うちには無理かも・・・と

諦めモードになっていました。

その後ネットでコツを知り、まずは洋服のまま、

次に脱がせて乗せる練習からはじめ、

やっと泣かず乗ってくれるようになりました。

でもおっぱい後に乗せてみてもなかなか出してくれず、

寝起きを狙って乗せてみたら、私の誕生日の日に初めて成功!!

まだまだ先は長いですがとてもうれしい誕生日プレゼントになりました♪


うちの使っているシンプルなおまるはこちら
補助便座にもなり踏み台にもなりとても便利です♪
E【税込】ベビーレーベル おまるでステップ レーベルオレン






Last updated  2006年06月22日 21時04分35秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全49件 (49件中 41-49件目)

< 1 2 3 4 5


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.