387495 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

悠久の唄 ~うたの聴けるブログ~

PR

Rakuten Profile


ゆうとの428さん

吟遊詩人

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
作詞  作曲  音楽  音楽制作  詩作  子供の成長  中学受験  大学受験  子育て  ゲーム 

Recent Posts

Category

Favorite Blog

血圧・・・ New! DONYAさん

もうすぐ・・・ ruccさん

きんぴら 宇和島鯛ご… Lois Luccaさん

528Hzで胃腸元気、体… hanewoさん

iTunes iPod 私的 iM… APPLEマニアさん
joker   (;… jokerさん
☆korekara☆ゆっくり… charizaさん
あみぷぅの日々是好… あみぷぅ♪さん
ママ優先の子育て日記 からりょんさん
あまなっぷるの長閑… あまなっぷるさん

Comments

トレロカモミロ@ Re:いつでもどきどきしてるんだ ~みんなのうた~(03/09) 知ってますよ。この歌もう一度聞きたくて…
みやっち@ Re:とうとう、高校3年生になりました。。(06/20) 初めて書き込みします。 最近こちらに出会…
書き散らして逃げですか?@ Re:中学受験終了!(02/01) 肝心の大学受験結果を報告してください。…
それで?@ Re:とうとう、高校3年生になりました。。(06/20) これだけ自信たっぷりに公衆にメッセージ…
ご報告を@ Re:中学受験終了!(02/01) その後附属からどちらの大学へ進学された…
責任を@ Re:あなたは・・、何て言ったの・・?(06/24) これだけのことを書いたのだから、息子さ…
実証?@ Re:子供を東大へ行かせる方法 11(12/14) 興味深く拝見しました。それでこのメソッ…
グッチ 折り財布@ ifxnugt@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
モンクレールジャケット@ rnexslevf@gmail.com モンクレールハンドバッグ ダークブラウン…

Calendar

Archives

2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月

Keyword Search

▼キーワード検索


いらっしゃいませ! 「悠久の唄」へようこそ!

ここでは、心に沁みるメロディと詞をご用意しております。。

どうぞ、1曲聴いて行ってください。。こちらからどうぞ → 「終わらない夏」

1曲目が良かった!という方、2曲目もどうぞ → 「今も女を売り物に」

「作品一覧・索引」はこちらです → 「ゆうとの」のアルバム

歌詞(自作)は全部で102作品あります。。

そのうち曲が聴けるのは83作品です。。

どうかゆっくりと、毎日1曲ずつ聴いてみてください。。

作詞作曲に興味のある方、今からやってみたい方、はぜひ、「作詞作曲スクール」(初心者向け)をのぞいて見てください。。

→ 作詞スクール  → 作曲スクール

レトロな小説(自作)はいかがでしょうか? 1981年を舞台にした学生のバイブルと呼ばれた小説です。。 読み始めると必ずハマります。。

→ 小説「愛を抱いて」

教育は最大の財産と言われますが、これから小学校へ入学する子供をお持ちの方、あなたの子を秀才にしてしまう方法があります。。

→ 子供を東大へ行かせる方法

どうか、ごゆっくり。。
2012年06月24日
XML
カテゴリ:作詞スクール


まあ、「悲しいかい?」と言ったのですが・・。


前回解説した、「神田川」の2番の歌詞。

僕は、間違えて覚えてました。

指摘を受けて、もう修正しましたが、

その間違えてた箇所。



♪ あなたは 私の 指先見つめ

♪ 悲しいかい って聞いたのよ




上が正しい歌詞ですが、この部分を



♪ あなたは 私の 指先見つめ

♪ さみしいかい って聞いたのよ




と、最初書いてしまいました。

「悲しい」と、「さみしい」の違いなのですけど・・・。

僕の解説は、「さみしい」だと思って書いているので、

じつは、少し違和感があります。

気づかれた方、いらっしゃいますかね?


で、思い出したんですよ。

昔、この、「悲しい」と「さみしい」で、

大議論があったのを。


僕は、「さみしい」とするべきだ派、でした。

今の皆さんは、どう思われますかね?


では、「悲しい」と「さみしい」の違いを、

解説しますね。



♪ ・・・指先見つめ 悲しいかいって 聞いたのよ

♪ ・・・指先見つめ さみしいかいって 聞いたのよ




一見、「悲しい」でも「さみしい」でも、

ほぼ同じように思われるかも知れませんが、

「悲しい」と「さみしい」では、

全然違います。


僕が、解説で述べたような解釈なら、

「さみしい」とした方が、しっくり来ます。

つまり、指に指輪がない、生計が成り立たなくて

結婚できない、という意や、

貧しくて、旅行にも行けず、

いつも部屋に籠りっきりの生活が

辛くはないかい? といった意なら、

「さみしい」とした方が、良いのです。


「悲しい」という言葉を使うと、どうなるか。

「悲しい」とすると、どんなに小さくても

出来事が必要になります。

歌詞の背景に、ストーリーが発生します。

「神田川」の場合であれば、

育てていた花が枯れてしまった、とか、

エサをやっていたノラ猫が死んでしまった、とか、

小さな悲しい出来事が直前にあった、予感がします。

あるいは、2人は駆け落ちでもして逃げて来て、

人目を忍んだ生活を余儀なくされている、

といったストーリーを感じさせます。

ほんとの映画の1シーンのようで、

後ろに長いストーリーが出来てしまうのです。


しかし、「神田川」は、ドラマの主題歌ではなく、

1つの歌の作品ですから、そんなに意味を広げては拙い、

というのが、僕らの主張でした。


「かぐや姫」は、知ってますが、

「神田川」の作詞者については、

僕はよく知りません。

「南こうせつ」が書いたのではない、

ことは、わかります。

解説したように、本物の詩人というか、

いわゆる作詞家が書いた作品、

という感じがします。


まあ、時代的に、学生運動や「同棲時代」なんかが

背景に隠されているのかも知れませんが、

良い作品なだけに、その詞が

普遍的なものであってほしい、と思うのです。



「神田川」を聴く







Last updated  2012年06月25日 01時59分05秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.