1263082 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dual Life ~ 行き来する暮らし

伊豆に移住するまで

この文章は、2002年
 前職である「やすらぎの里」のニュースレターに
 私が銀行を辞めて、鍼灸師になり
 伊豆に移住するまでのことを、綴ったものです。

 当時、想像以上の大きな反響を頂きました。

 PDVD_001.jpg

 田舎への移住を考えたり
 新しい働き方を模索している方からは

 なぜ、そんな決断をされたのですか?
 不安はありませんでしたか?とか
 質問を頂きますが正直なところ「たまたま」です。

 でも、そんなストーリーを語ることは
 誰かの助けになるかも知れません。
 ご興味のある方は、読んで下さると嬉しいです。

 (このページと同じくらいの文章が5話あります)

 topimage.jpg

 【 第1話 いまあなたは幸せですか? 】


 一生懸命働いている人がいます。

 厳しい競争にも、リストラにもめげず頑張って。
 朝早くから夜遅くまで弱音もはかずへこたれず。

 使命感・やりがい・お金・出世
 いろんな理由で人は働きます。

 でも、ふと立ち止まった時
 何か空しさをかんじたのなら・・・。

 このコラムは、そんなあなたへのエールです。

 IMG_5584.jpg

 今、私の伊豆での生活は喜びに満ちています。
 たくさんの出会い・学び・美しい自然の中で
 妻と共に暮らせる幸せ。

 もちろん時にはつらいことや
 がっかりすることもあります。


 でも、キラキラ透き通った海で波乗りしながら
 潮風を胸いっぱい吸い込むと
 そんなことは忘れてしまうのです・・・フゥ~。

 たまに、家に遊びに来てくれる友達から
 「いいよなぁ~」と言われることもあるのですが
 そんな時には私はこう言うことにしています。

 本当にそうしたいなら、やればいいよ!
 難しいことじゃない、自分で選択するだけだよ。

 IMG_5753.jpg

 そう、私は今の生活を自分で選択したのです。
 別にコレといった特技も、コネも
 ましてや貯金もゼロに近い状態でしたが

 ただひたすら自分の夢をイメージしました。
 こうなりたいと思いました。


 仕事・住まい・環境・・・
 すると自然と助けてくれる人が現れたり
 偶然が重なり、気がつくと今
 イメージした通りの暮らしがここにあります。

 不思議でしょ?


 潜在意識にインプットしたから?
 12年に一度の幸運期??
 はたまた、守護霊さまのおかげ???

 どれもが真実かもしれないし
 こじつけかもしれません。
 でも、そんなことはどうでもいいのです。

 確かなのは「決断しなければ何も始まらなかった」ということ。

 逆に言うと、辛く苦しい生活をしている人は
 それを自分で選んでいるのだとしたら...。

 11044575_934196446601028_3362433933296787907_o.jpg

 ~何だよ、えらそうなこと言うな。
 そりゃお前はいいよな、楽しく暮らせて。
 でもこっちだって必死なんだよ。
 生活かかってるんだよ!~とお怒りのあなた。

 そのお気持ち、すごくよくわかります。
 そんな私も、以前はサラリーマンとして
 過労死寸前まで働いた一人です。

 成績を上げ、出世することが最高の幸せだと信じ
 全てを犠牲にして働いた人間です。
 頑張って、頑張って、ひたすら頑張って。

 そしてその先に幸せが待っていたかというと
 そうじゃなかった。

 気がつくと、過労のためぶっ倒れ
 身も心もボロボロの自分がそこにいました。


 「なぜ幸せになれないんだろう、どうして!」

 IMG_5723.jpg

 入院先のベットで、自分と向き合いひたすら考えました。

 そしてそれが転機となり
 今、ほんとうの幸せを実感してる自分がいます。

 このコラムはそんな私の経験を綴ることで
 昔の私のような人を少しでも応援できればという
 想いで始めました。
 

 読んでくださった中で、一人でも
 元気になったよと言ってもらえれば幸せです。

 (第2話へ続く)

 第2話 → 「バブルの中へ」

 第3話 → 「崩壊」

 第4話 → 「事を成す」

 第5話 → 「キラッと生きる」

 コラム → 「私には夢がある」

 公式HP Body curiosity


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.