1286615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dual Life ~ 行き来する暮らし

第2話 バブルの中へ

【 第2話 バブルの中へ 】

 11828609_1012965848724087_5991175632072278944_n.jpg

 何の為に働くのか?

 そんなことは考えもしなかった。
 ただ誰からも認められる人間になりたいと思っていた。

 就職先についても、大して考えた訳でもなく
 当時一番人気が有り、世間体も給料も良さそうだ
 という理由で銀行を選んだ。

 何よりも、みんなから一目置かれると思ったし
 女の子にモテモテだわい!という軽いものだった。


・・・・・・・・


 当時、私は自分に自信が持てず
 他人の目に映る自分の姿を、いつも気にして生きていた。

 ブランドのスーツで身を固めることで
 自分の価値を高められると思ってた。

 自分に中味がないことを悟られまいと
 はったりと、背伸びを続ける毎日。
 でも、その頃はそれでも何とかうまくいった。

 10854855_937571459596860_9061105868311216726_o.jpg

 村上春樹の小説が好きで、都会的でクールな
 生き方に憧れていた私は、昼はキリリと仕事。
 夜はジャズを聴きながら静かに酒を飲む…。
 なんて生活が最高にカッコイイと思っていた。

 しかし現実は小説とは違う。(あたり前か)

 朝早くから深夜近くまで働き、その後は居酒屋
 で上司のグチを聞きながら酒を飲む。
 20時間近くも履きっぱなしの革靴は臭くなり
 スーツもヨレヨレ。

 う~む、これが社会人というものなんだ。
 一年生ながら妙に達観したのを覚えている。

 IMG_5570.jpg

 時代はバブルの真っ只中。

 この仕事が世の中の為になってるとか
 駄目とか、そんなこと考える余裕もなかった。

 毎日ノルマ、それが出来たらまたノルマ…。
 ノルマをこなすと、君は優秀だからと言われ
 もっと沢山の割り当てが振り分けられる。

 出来ないとケチョンケチョンに罵倒される。
 どっちにころんでも大変なのだ!


 ウィークディはそんな毎日でも
 まだこの頃は、休みを取れる余裕もあった。

 海好きな私は、横浜に転勤になったのを機に
 独身寮の仲間と3人でサーフィンチームを結成し
 毎週末茅ヶ崎の海に繰り出した。

 1891316_937571512930188_4881212047432645399_o.jpg

 といっても、みんな初心者ばかりだったので
 なかなか波に乗れない。
 2~3時間もすると海からあがり

 デニーズで「今日の波は全然ダメだよな~」
 とか言いながらナタデココを食べるのがいつものコース。

 当時は真剣に、自分が支店長や頭取になったら
 ゴルフや料亭で接待するのではなく
 ヨットやサーフィンで接待する
 斬新な銀行マンになりたいと考えていた。


 「銀行員」という言葉からイメージする通り
 私の「銀行員」の第一印象は銀縁メガネをかけ
 小難しい顔をしている、本当にそんな人ばかりに思えた。


 「俺達は、そうはなりたくないよな。」

 よく3人で、そんな話をしたものだ。

 ~つまらない顔したおっさんにはならない~
 わがヘッポコサーフチームの誓いの言葉は
 そんな思いから生まれた。

 e1cfeea305b5efbe7115c719e24f9be062a25fd8.04.2.9.2.jpeg

 プライベートが充実すると、仕事も充実する。
 相変わらずノルマに追われる毎日ではあったが
 関西の厳しい商売とくらべて
 関東での仕事はとても楽に感じた。


 そんな中で、私はお客さんや環境にも恵まれ
 順調に成績を伸ばしていった。


 下手くそだったサーフィンの方も、次第に上達し
 するとまた楽しくなって、のめり込んでいった。

 相変わらずデニーズのナタデココは美味しく
 チームの3人での語らいは愉快だった。
 全てが順風満帆に進んで行くように思えた。

 (第3話へ続く)

 第1話 → 「いまあなたは幸せですか?」

 第2話 → 「バブルの中へ」

 第3話 → 「崩壊」

 第4話 → 「事を成す」

 第5話 → 「キラッと生きる」

 コラム → 「私には夢がある」

 公式HP Body curiosity


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.