1261183 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dual Life ~ 行き来する暮らし

第3話 崩壊

【 第3話 崩壊  】

 IMG_5115.jpg

 平成元年12月。
 史上最高値を記録した東証平均株価は
 翌年初頭から坂道を転がるように暴落を続ける。
 世に言うバブルの崩壊の始まりである。

 おかげで財産を失い、大変な思いをした人も
 沢山いた。(実際、私も多くのお客さんに迷惑を
 かけたし、今でも顔向け出来ない人もいる)

 でも、ひとつ良い面をあげるとすれば
 これを機にそれまでノンストップで走り続けた
 人達に考える時間を与えてくれたことだと思う。



 何のために働いてきたのだろう?
 お金や財産とは何なのだろう?

 とことん大きな痛手を被り
 ショックを受けた人ほど真剣に考えたほずだ。
 しかし私がその機会を得るのはもう少し先のことになる。

 P4260247.jpg


 私はまだまだ順調に走り続けていた。

 昇進、妻との結婚、そして平成9年度には
 全国のトップセールスに選ばれるなど
 まさに順風満帆そのものであった。

 しかしバブルと同様に、最高潮と思った時は
 既に崩壊の始まりだったのだ。


 「この仕事、代わりに引受けてもらえないか。
 君なら大丈夫、あっという間に出来るよ。」

 「今回の運営企画は任せたよ。
 将来のために今から覚えておかないとね。」


 ~ああ、私はおだてに弱いのである。
 上司に乗せられるがまま、どんどん仕事は溜まっていく。

 でも更なる昇進への期待と、プライドと見栄と
 そんないろんな気持ちが重なり合って
 自分をますます追い込んでいった。


 「頑張らなくっちゃ!」

 11825137_1012965922057413_7099109729301604157_n.jpg

 毎日大きなリュックに、持ち帰り仕事を
 詰め込んで社宅へ帰るのが日課になった。


 食事の時間ももったいないと思い
 カロリーメィトと、ビタミンドリンクが主食になった。


 大好きな海にも行きたいとも思わなかった。

 なにしろ「24時間戦えますか~」という
 CMが流行っていた頃だ。
 疲れてはいたけど、そんな自分を
 「結構カッコイイ」とさえ思っていた。

 でもその頃から、大切な会議になると
 のどに何かが詰まった感じがして
 ろれつが回らなくなることがあった。

 少し気になっていた。



 「すみません・・・午後からの予定・・・
 キャンセルして・・・もらえませんか
 ・・・猛烈に頭が痛くて。」

 7月の暑い日だった。


 取引先とのハードなやりとりの後
 会社に帰ろうとしていた時のことである。
 突然、今まで感じたことのない
 激しい頭痛と、めまいに襲われた。

 11025908_937571649596841_1756445812747982026_o.jpg

 すぐ病院で検査してもらったのだが
 悪いものでも食べたのだろうということ。

 とりあえずその日は早引きして
 タクシーで家まで送ってもらった。
 しかし翌日になっても
 一週間経っても激痛のため立つ事も出来ない。


 大きな病院で精密検査を受けた結果
 原因は解らないが、脊髄液の圧力が
 急激に下がっているので頭が痛いのだと。

 原因が解らないので、治療は出来ないけど
 入院してさらに詳しい検査でもしましょうか?
 ということになった。



 焦った。

 治らないこともそうだし
 抱えていた仕事が気になってしょうがなかった。

 ~俺がいないと会社が回らないじゃないか~

 IMG_5580.jpg


 入院して2週間。
 毎日検査するものの依然症状は変わらず。
 会社の方はといえば
 私の穴埋めで大変だったようだが
 それでも何とか仕事は回っている。


 ~あれだけ必死で働いたのは何だったんだろう? ~

 今までの張り詰めていた気持ちが緩むと同時に
 さみしい様な、少しホットした様な複雑な気持ちがした。


 ベットに横たわりながら、ふと見上げると
 青い空にポッカリ白い雲が浮かんでいた。

 ~長い間、空なんて見なかったな~

 病室の天井を見ながら
 自問自答する日々が始まった。 

 (第4話へ続く)

 第1話 → 「いまあなたは幸せですか?」

 第2話 → 「バブルの中へ」

 第3話 → 「崩壊」

 第4話 → 「事を成す」

 第5話 → 「キラッと生きる」

 コラム → 「私には夢がある」

 公式HP Body curiosity


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.