1265220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dual Life ~ 行き来する暮らし

私には夢がある

この文章は、2004年にやすらぎの里を独立し
 一歩を踏み出す時ニュースレターに
 コラムとして書いたものです。

 IMG_1771.jpg


 私には夢がある。


 クヌギの林に囲まれた、海を見下ろす高台に
 木の薫りにつつまれた、小さな宿を作ろう。

 ゆるゆる温泉につかり、身も心も洗い流したら
 木々をわたる風を感じながらのお昼寝もよし。

 ホリスティックな治療を受けたり
 自分の体を自分で治す知恵を学ぶもよし。


 そのあとは今夜の食材の収穫だ!

 IMG_5586.jpg

 ゲストとワイワイ言いながら畑にでかけよう。
 ホンモノの野菜が放つ命の輝きを伝えたい。

 自然の中で汗をかき、はらぺこで食べるゴハンの
 美味しさを思い出して欲しい。

 ここは心と体をリセットし
 ガラクタで一杯の頭の中を空っぽにする場。

 息つく暇もなく走り続ける人たちに
 立ち止まって見上げる空の青さを伝える場。

 人をいたわる心を持ち続けられるよう、少しだけ
 自分を優先させてあげる場。


 こんな施設で過ごすことで気付いてもらいたい。
 自然に包まれて過ごす暮らしの素晴らしさに。

 だれでも、本気で望めばそんな生き方が出来るのだと。

 IMG_1160.jpg


 私には夢がある。

 いつしか多くの人が本当の豊かさに気付き
 なだれをうってライフスタイルを転換する日が
 やって来るだろう。

 そのとき、世界が変わる。地球が変わる。


 -----------------------------------------------


 みなさんこんにちは、治療担当の野見山です。

 このたび、私と調理担当の妻、雅江は
 かねてからの夢を形にすべく
 やすらぎの里を卒業します。

 たくさんの元気や、喜びを与えて下さった
 ゲストの皆様、大沢ご夫妻・スタッフのみんな
 心から、本当に心からありがとうございました。

 10410304_973827725971233_2375357932648948301_n.jpg

 今後は、まだ具体的なことは決まってないし
 資金もまだまだ貯まっていませんが
 自分たちの施設を始めるために
 まずは一歩を踏み出します。

 
 昔から私は「夢見がちなやつ」といわれ続けてきました。星占いによると、典型的なうお座の性格だそうです。

 「やることを決めてから辞めれば?」
 そんなご意見も頂戴しました。

 「まず足元を固めろ!」
 銀行時代の上司からはよくそう怒鳴られました。

 ごもっともです。

 IMG_3274.jpg

 でもひとつ言える事は
 私はこれまで「全ての夢を実現してきた」ということです。


 もちろん、ただぼ~っと夢みてただけじゃないですよ。
 どうすれば実現出来るだろうか?
 必死で智恵をしぼり、種をまき、努力しました。


 私の最終的な目標は一生懸命働けば健康になり
 環境も経済も良くなり、幸せになれる社会です。

 幸せになるために、がんばって働いた結果が
 空気清浄器なしでは深呼吸もできない社会なら
 努力すべき方向が間違っていると思うのです。


 いつか夢に描いた宿を実現し
 自然の中で心と体を空っぽにすることで
 そんなことに気づく人が増え
 世界が変わることを願っています。

 最後に、私達の目標とする暮らしが
 目に浮かぶような文章をご紹介します。

 もしこんな夢に共感して下されば
 とても嬉しく心強く思います。


 さあ!目標は見えました。退路も断ちました。
 あとは前を向いてひたすら進んでいくのみです。
 いつかまたお会いしましょう、ありがとうございました!


 IMG_1793.jpg


 私たちは生きています。

 だから、今生きている以上
 私たちの暮らしは心地よくなければいけません。
 毎日暮らすその家は満足りた家でなければいけません。

 私達は自然の中で暮らしたいと思います。
 忙しすぎる世の中だから
 もっとゆっくり暮らしたいと思います。

 太陽の光を浴び、土と戯れ種をまき
 育て、収穫して食べる。

 森の匂いをかぐ。海の風を感じる。
 そんな毎日を送りたいのです。
 そんな毎日こそ人間本来の生活だと思うのです。

 どうせなら、自然にあるものだけを使って
 作物を育てたいと思います。
 そのほうが気持ちいいし
 そのほうがおいしいし
 そのほうが楽しいからです。

 10530889_875483562472317_8774226089091310429_n.jpg

 私たちの住むこの星の環境は
 どんどん悪くなっています。
 環境を守るために…なんてつもりはありません。

 でも私たちの毎日の生活が楽しくて、心地よくて
 その結果として、この星に緑が少しでも戻るなら
 水と空気がきれいになるのなら
 こんな素敵なことはないと思います・
 
 そんな暮らしをそろそろしましょう。
 そんな暮らしこそが
 本当に楽しくて豊かな生活に違いないはずだから。

( 第一プログレス社 「自休自足」創刊の言葉より抜粋)

・・・・・・・

 「伊豆に移住するまで」

 第1話 → 「いまあなたは幸せですか?」

 第2話 → 「バブルの中へ」

 第3話 → 「崩壊」

 第4話 → 「事を成す」

 第5話 → 「キラッと生きる」

 コラム → 「私には夢がある」

 公式HP Body curiosity

 TOPページへ戻る


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.