753323 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

安藤日記 ユンボ安藤

全5280件 (5280件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2019/01/08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
夜。新宿。

『西口プロレス アントニオ猪木酒場大会』
アントニオ猪木酒場

全2試合 解説を。

今年一発目の猪木酒場大会。
大盛況で。新年会もあったのかな。
ご来場の皆さんどうもありがとう。
猪木酒場さん、今年もどうぞよろしく!

よしえさんは今年もバカだなぁ。
とてもイイコトですね。
大好きだよ。
ウルトラ全肯定のボクなので、何をやってもオールOKだけど、ただ、よしえさんは毎回、着替えが遅えのがイライラすんな。
着替えと歩くのが遅え奴はろんなもんじゃねえよ。
大っキライだよ。
200年生きるつもりか!

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 03:11:47 PM


2019/01/07
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年は日本酒でキメようかな。
胡座かいて一升瓶の首の方を掴んで、遊びのない茶碗にトクトク注いで、八代亜紀でも聴きながら、座らせた目で世の中でも呪うか。
暗えな、やめよう。明るい酒がイイ。
ヘイ!ホー!レッツゴー!

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 02:41:31 PM
2019/01/06
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨夜。
故障中のバイクの交換パーツをヤフオクで入札終了時間寸前に落とそうと酒を飲んで陽気に待っていたら、残り30分で眠ってしまった。
そりゃまあグーグーと。
部活の後みたいに。

起きて。
まいったね。なんて飲み直す。

連絡が取れないので、おかしいと思ったまめちゃんが落札してくれていた。
そもそも、まめちゃんがイイのが出てる(パーツ)と教えてくれていた。
悪いねどうも。
ありがとうございました。
この際、取り付けもやってもらうべ。
ちっともオレが言うことじゃないけど、乗りかかった船だ。
バカのフリしてお願いしなきゃ。
ほっぺに渦巻きでも書いてお願いしよ。

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 12:31:10 AM
2019/01/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
実家に帰る。
ガキ共にお年玉を配る。
もちろんニセ札だ。サイズもだいたいだ。
その辺のおじさんと一緒にされちまったら困るからな。
オリジナリティが必要です。ですから意思表示です。
なもんで、ニセ札はメッセージなのです。
ニセ札という、偉人の挿絵付きのお手紙なのです。

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 12:12:02 AM
2019/01/04
カテゴリ:カテゴリ未分類
暑かったら正月も雰囲気出ねえんだろうな。
なにしろバカっぽいしヤダね。

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 12:08:40 AM
2019/01/03
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年も餅を食わないだろう。
何年か前、20年以上前かな。そん時食った雪見だいふくが、僕のファイナル餅。
餅はおいしい。
でも疲れる。口、疲れる。疲労が伴う。いささかの覚悟が必要だ。
スリープレスくらいで嚙み切れる餅の出現を心待ちにしております。
ユンボより。

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 12:07:05 AM
2019/01/02
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日。2019年一発目の夜は、「拝啓、関東平野」を収録。2本。
ダンボール松本家にて。ご主人不在で。留守の間に。
リラックスした空き巣のようにのびのびと。ボクらグループ空き巣。

そんでも見事に3人、疲れたカタチ。
まあ、「元旦になんかやってんのがいいだろう」という思惑が年末の3人にあったんだろう。
あるいはなかったんだろう。
なかったな。
あん時はあった。でもそれは2018年の出来事。大昔だ。
かったるい。
今日は確実に3人なかった。
日中、誰からも、今日、何時から録ろうという連絡ビームを発射しなかった。牽制しあってた。あわよくば「今日はナシ」を満場一致で期待していた。
口火を切ったのは、空き巣に入られる松本さんからの関東平野連絡網LINEだった。
松本、余計なことをしやがって。

毎日、遊んでるような、休日のような日々だから、正月休みもゴールデンウィークもよくわかんない。
昔、RCサクセションのインタビューで、キヨシローだかチャボだったか忘れたけど、日々の暮らしみたいな質問に、「高3の春休みが終わらない感じ」って答えてた。
そん時オレは高校生だったから、わかんなかったけど、のこのこ歳を重ねたらまったくもってその通りになっちゃった。
新入生にも新社会人にも変身しない、ナニモンでもない自分が最早、ユンボ史で一番長えや。
全然かまわないけど、そろそろ飽きた。

元旦、集まって良かった。

コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 12:05:37 AM
2019/01/01
カテゴリ:カテゴリ未分類
ユンボーイ、ユンガールのみんな、あけましておめでとう!
今年も明けたね。
またしても時間通りだったね。
ユーモアをポッケに突っ込んで、ハッピーな2019年を!
 
コトだぜ!






Last updated  2019/02/11 12:02:44 AM
2018/12/31
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018年 千秋楽。
20年以上、大晦日は何かしらのイベントやら、ライブやら、番組があったけど、ここ2年は何もなく。
それはそれで、まだ新鮮で。

小学生以来じゃないかな。中学生になったら、さあ、街へ繰り出せ!だったからね。
1987年(中学2年)の大晦日に街に繰り出す前に目撃してしまった、夜のヒットスタジオのザ・ブルーハーツは忘れらんないね。目撃!歌詞なんて入ってこなかったね。目撃だ!

夕方。2018年のフィナーレに映画でも観んべえかと電撃決定。
中央線に揺られ昭島へ。遠いな。遠足だ。リュックに水筒とお弁当と300円までのお菓子を詰め込んでくるべきだったぜ。

どうせ車内はまばらだろうと、中央線ハイボールでもキメながら行くべと企んだが、そこそこの乗客のため、缶ハイボールは上着のポッケに忍ばせる。まだ、そんくらいの判断は可能なんです。ぶっ壊れるにはまだ早い。あと5年は保たせたいね。あとはいいや。さあ。だ。

MOVIX昭島、到着。

「さらば青春の新宿JAM」
モッズの聖地・新宿JAMの終焉を、キング・オブ・モッズ「ザ・コレクターズ」を通して描くドキュメント映画。

新宿JAMはお笑いでも、バンドでも出させてもらったライブハウス。
20年近く前だね。初めてJAMに出た時、ここでヒロトやマーシーがまだブルハーツ以前のそれぞれのバンドで東京モッズシーンの一員としてワオワオやっていたんだなと喜んだもんです。なもんで、その日はヒロト気分で漫談をやったね。もちろん誰にも気付いてもらえなかったね。気付くわけないんだ。モッドな風はそよとも吹かなかったよ。

本編。
新宿JAMの閉館に関して、「特に感傷的にならないね」と、ユーモアを持って態度と言葉で完全に示す、コレクターズ・加藤ひさし、古市コータロー両氏の涼しさが、モッズのひとつの解答でした。

ガキの頃からモッズってよくわからなかったんだ。
ファッションとしてのモッズは何となくわかるし、音楽性としてのモッズはハナから多様化してるので、そりゃいいとしてね。
モッズとしての立ち位置、振る舞い部門がね。

ちょびっとだけわかった気がした。
涼しいからといって、冷たくはない。
夏が一回終わっただけ。
少しすりゃまた夏。
いっこ前よりちょっとデカくなった夏がくる。

退館後、昭島に来ることなんてそうそうねえだろうし、この町で一杯キメて帰んべかと。 
365のフィナーレに馴染みのねえ町でホロ酔いも悪かねえな。そんで最終的に地元のヤンキーにでも絡まれりゃ主人公だ。アメリカンニューシネマだ。

立ち飲み屋でもねえかなと、ブラブラ歩くも、適当な店が無く、というより店が無く、まあいいかと、駅前に控えめに輝く日高屋へ。これじゃ日常だなと思いながら。

本日も外人店員さんが一生懸命働いていた。オレのボソボソ口調注文も、見事に聞き取っていた。大晦日にありがとう。暦が違うんだな。

チューハイは裏切らない。
2018年最後に口にした食べ物が「いわしフライ」となる。
シブいねぇ。オレもモッズだね。判断が涼しい。

今年、終わる。
みんな照れる程、素敵な良いお年を。

2018年バイビー!

コトだぜ!






Last updated  2019/02/01 03:01:05 AM
2018/12/30
カテゴリ:カテゴリ未分類
夜。埼玉・谷塚へ。
元プロボクサー・カズ有沢さんのお店で忘年会。

地元の友達が昔プロボクサーで、その友達の試合を観に行ってる時に、カズさんの試合は当時、後楽園ホールで観てたね。弟のコウジさんと共に、とにかく華と実力のある大人気ボクサーだった。

そんなカズさんの生解説付きで、本日行われた三大タイトルマッチをテレビ観戦。
たまに聞き取れない解説もあったけど、それは一流ボクサーの伝統芸だからね。こっちはフムフムしてりゃいい。
とにかくよかったなぁ。ありがとうございました。
戦ってるボクサーに対してすげえ愛のある解説でした。ありゃモテるな。

さっきの地元の友達だけど、洋ちゃん(岩元洋一)といって小中高一緒で、17歳でプロボクサーになったから、高校在学中にも当然試合があるわけで、4時間目の授業が終わると、弁当食わねえで後楽園ホールに向かう姿が嫉妬するくらいカッコよかったよ。
そんで、オレたちも6時間目が終わると、後楽園ホールにのこのこ応援に向かってね。確かあの頃、もうオレは後楽園ホールのレモンサワーでキメてたんじゃないかな。楽しかったな。

結局、ライト級日本一位までいって、最後は日本チャンピオンのリック吉村とのタイトルマッチに敗れて引退したんだよね。
リック吉村は、日本在住の黒人の米兵で、どこが日本チャンピオンなんだ!という、肩書きとルックスがトゥーマッチ・ミスマッチの無敵の日本チャンピオンだったんだよ。

リックはもちろんスゴイんだけど、リックの応援に来ている米兵仲間がまた、体と態度と野次がデカくておっかねえんだ。
洋ちゃん応援団のオレ立ちズッコケヤンキースは本物のヤンキー共に観客席で完敗だったね。

あの頃、洋ちゃん、カッコ良かったな。
全然、会ってないから、会ってみたいなとも思うけど、そんなことより、カワイかった洋ちゃんのお姉ちゃんと会いたいね。洋ちゃんはもういいや。お姉ちゃんと会いたい。もうババアか。弟はライト級だったけど、姉ちゃんはヘビー級になってたりな。こりゃ大変だ。

コトだぜ!






Last updated  2019/02/01 12:41:28 AM

全5280件 (5280件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.