067790 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【楽天版】 夢泉景別荘 天原 ブログ

全229件 (229件中 221-229件目)

< 1 ... 18 19 20 21 22 23

2012.09.27
XML
花をめで、酒をかわし、食し、歌い、踊る―
様々な伝統・工芸・食を生み出してきた、日本の“花文化”。

9/29(土)より淡路市の「奇跡の星の植物館」にて、日本の伝統文化をガーデニングで継承する「ガーデンルネサンス」が開幕でございます。

あわじガーデンルネサンス2012 ―空宙百華園―


今回のガーデンルネサンス2012は「クールジャパンひょうご―日本の花文化」、「夢コレクション2012―空宙百華園」、地域文化・伝統産業・食文化が息づく花と緑のまちをつなぐ「花と緑の公園島・あわじアルチザンオープンガーデン」が開催されます。

メイン会場となる奇跡の星の植物館で行われる「クールジャパンひょうご」では、ありとあらゆる和風の壁面緑化をモダンな和の庭で楽しめる他、屋外では日本ハンギングバスケット協会共催の「ハンギング・コンテナガーデンコンテスト」や音楽イベントをはじめ鬼瓦づくり体験や瓦グッツ販売が行われるアルチザンバザール・ワークショップ、あわじの味覚が楽しめるあわじカフェなども登場します。

あわじガーデンルネサンス2012 ―空宙百華園―


≪特別展 あわじガーデンルネサンス2012―空宙百華園―≫

◆日時 2012年9/29(土)~11/16(金)※開催期日は11/18まで、11/15は休館日
◆時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
◆会場 兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
◆住所 兵庫県淡路市夢舞台4番地
◆交通 高速バス(淡路夢舞台前下車すぐ)/車(淡路ICから南へ車で5分)


夢泉景別荘 天原 (楽天トラベル:トップページ)
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/75314/75314.html






最終更新日  2012.09.28 10:27:07


2012.09.23
夢泉景別荘 天原では毎月恒例の“スペシャルフルムーンデイズ”を開催。
今回は9月30日から10月3日まで。

写真は姉妹館・淡路夢泉景の湯賓閣「天宮の雫」と満月


2012年9月30日は「中秋の名月」でございますね。秋の夜空では夏場と違い、空気中の水蒸気量が少なくくっきりとした月が観察できます。秋や春の月は見上げ易い高さにあり、一番綺麗な月を見られるのが秋。ちなみに春は空気中のちりが多く、ほのかにかすんだ月を「おぼろ月」と言います。また、暦の関係で「中秋の名月」は必ず満月になるとは限らないのですが、今年は昨年に続き「中秋の名月」が満月になります。

お部屋の専有露天風呂でゆったり湯に浸かり、海に浮かぶ幻想的なお月様・月の道をお愉しみ下さいませ。

※開催期間に合わせて、宿泊基本料金から大人お一人様 最大3,150円オフのスペシャルフルムーンデイズプランをご用意しております。リーズナブルに淡路島の滞在を満喫するプランとしてご利用頂けましたら幸いでございます。皆様のご来館をお待ち申し上げております。

スペシャルフルムーンデイズ


スペシャルフルムーンデイズ~海面にキラキラ輝く“月の道”

 【2012年度・イベント設定日】
 ●9月→1日・2日・3日・30日
 ●10月→1日・2日・3日・29日・30日・31日
 ●11月→1日・2日・27日・28日・29日・30日
 ●12月→1日・26日・27日・28日・29日・30日

 【2013年度・イベント設定日】
 ○1月→27日・28日・29日・30日
 ○2月→25日・26日・27日・28日
 ○3月→26日・27日・28日・29日・30日
 ○4月→25日・26日・27日・28日
 ○5月→24日・25日・26日・27日
 ○6月→22日・23日・24日・25日・26日
 ○7月→22日・23日・24日・25日
 ○8月→21日・22日・23日・24日

※該当日は、姉妹館・淡路夢泉景のロビーラウンジでグラススパークリングのサービスを致します。
(大人様対象)(時間:20:00~22:00)


夢泉景別荘 天原 (楽天トラベル:トップページ)
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/75314/75314.html






最終更新日  2013.11.06 13:17:42
2012.09.16
 
今回ご紹介させて頂きますのは、ガーデンラウンジ、メインダイニング旬房 淡悦、またメゾネットヴィラが囲み込む中庭“ヒールガーデン”。

【ヒールガーデン】デイベッド



ぽかぽかと陽の光に包まれる昼下がりには、ヒールガーデンや海辺の散歩を愉しみ、心地よく暖かい太陽の香りや、風がそよぎ木々が奏でるサラサラという音を全身に感じながらデイベッドでシエスタを…。

また、暮色蒼然と迫る秋の夕とヒールガーデンに流れる新涼の風が、日頃の疲れを解きほぐし、小さな庭には秋の奏でる虫の音や海辺の別荘ならではの潮騒が情趣を添え、ゲストの物語の足音が木の小径に響きます。

お客様の滞在がヒールガーデンに彩りを添え、お部屋でお寛ぎ頂くのとは違い、刻々と表情を変える小さな庭に、日常から離れた時間の流れを感じて頂ければと思います。

そしてダイニングで夕食を頂いた後にはディジェスティフサービスを夜空の下で愉しみ頂く等、自由気ままにあなたならではの休日をお過ごし頂ければと思います。


夢泉景別荘 天原 (楽天トラベル:トップページ)
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/75314/75314.html






最終更新日  2012.09.18 09:50:14
メインダイニング「旬房 淡悦(たんえつ)」には、四方を海に囲まれ豊饒なる大地にも恵まれた淡路ならではの自然の贈り物が届けられます。

海老・蟹づくしコース (料理イメージ)



---2012年秋。
まだ夏の余韻が残る日差しと、夕暮れの涼しさが心地よい9月始めから旬房 淡悦ではメイン食材を秋の味覚・伊勢海老、渡り蟹を中心とし、地元由良漁港から直送される新鮮な魚介、淡路牛や淡路産秋野菜等。地の食材を選び、その一品一品、最良の状態で味わい尽くして頂いております。

もともと和食料理が専門であった天原料理長・市川不二夫は、島の四季折々の食材へと向き合い、洋食との調和をコンセプトに丹精込めて仕上げていく。
「淡路にお越しの際は、ぜひ“ほんまもん”の味を知って頂きたい。」そんな思いを込めてお届け致します。

まずは、伊勢海老姿造りや旬の地魚等、食材本来の美味を造りで確かめて頂ければ、現代も御食国(みけつくに)と謳われる淡路島の片鱗がうかがえる。

そして「海老・蟹づくしコース」では“伊勢海老のクリームスープ”や“渡り蟹のタリアテッレ”等、天原流の秋の味覚づくしをお楽しみ頂き、「秋のスペシャリテコース」には旬の香りが踊る“渡り蟹と秋野菜の宝楽焼き”をお召上がり頂きます。
また、淡路牛を堪能するのであれば、「オリジナル懐石」“淡路牛フィレ肉石焼き、秋野菜カルトッチョ添え”、「秋のスペシャリテコース」“特選和牛フィレステーキ 和風ソース”と、まろやかな和牛独特の美味しさを贅沢に味わえる一皿が並びます。


各プランに秋のお品書きを掲載しておりますので、ご高覧頂けましたら幸いでございます。

専有露天風呂付宿泊プラン・秋▼
http://web.travel.rakuten.co.jp/PLAN/75314/1613031

《味覚の秋》海老・蟹づくしコース▼
http://web.travel.rakuten.co.jp/PLAN/75314/1905989

天原料理長・市川 不二夫「秋のスペシャリテ」▼
http://web.travel.rakuten.co.jp/PLAN/75314/1868641


洲本温泉 夢泉景別荘 天原 <淡路島>






最終更新日  2012.10.15 12:38:22
2012.07.27
今年の夏も、毎年恒例の 「淡路島まつり」が8月3日・4日・5日の3日間開催されます。
おどり大会や花火大会など、この期間の洲本市街は多くのお客様で賑わいを見せます。
飛び入り参加できるイベントもございますので、淡路の夏をご満喫くださいませ。

淡路島まつり


【おどり大会】
●日時 2012年8月3日(金)・4日(土)
●時間 両日とも18:00~22:00
●会場 ※演舞場は公式サイト参照
淡路島の島外からも様々な連(グループ)が参加し、それぞれ踊り明かします。
昨年の初日には26組、2日目には32組のおどり連が出場し、2日間あわせて約3,700人が華やかな衣装を身にまとい、賑やかな祭りばやしにあわせて踊りました。

この“おどり大会”に皆様もぜひご参加下さいませ。市内の旅館やホテルにご宿泊される観光客の皆様も参加できる、その名も「にわか連」。「にわか連」は踊りの経験・未経験を問わず、どなたにも踊っていただける連でございます。

参加費用は無料で8月4日(土)に参加頂ける方、先着200名様にTシャツのプレゼントがございます。いつもは見ているだけの方も、みんなで島まつりに参加して楽しく踊りましょう。

ご参加頂けるお客様には夕食を17時30分からご用意させて頂きます。

●参加希望・送迎等の詳細はホテルフロントにお問合せ下さいませ。
夢泉景別荘 天原:TEL0799-23-0335

【花火大会】
●日時 2012年8月5日(日)
●時間 20:00~20:50
●観覧場所 洲本港・大浜海岸周辺(兵庫県洲本市海岸通・大浜公園内)
兵庫県下で最大級の花火大会で知られ、打上発数は約5,300発。
会場はグループホテルの夢海游 淡路島の目の前、大浜海岸で打ち上げられます。
迫力満点の花火は海面にも映し出され、辺り一面は幻想的な世界が広がります。

今年の目玉はなんといっても「尺玉」。直径約320mに開く大迫力の花火を五感で感じてください。また、パワーアップした「超ワイドスターマイン」も期待大。約200mの防波堤を使いワイドに配置した花火が一斉に打ち上がったときには度肝を抜かれます。全国でも髄一の斜め打ちを誇る「水中スターマイン」をはじめ「ミュージック花火」「キャラクター花火」「大銀滝」「大瀑布」など趣向を凝らした花火が今年も淡路島の夜を彩ります。

●送迎等の詳細はホテルフロントにお問合せ下さいませ。
夢泉景別荘 天原:TEL0799-23-0335


淡路島まつり実行委員会≪淡路島まつり公式サイト≫

・洲本商工会議所内 TEL(0799)22-2777
・洲本市役所商工観光課内 TEL(0799)24-7613


洲本温泉 夢泉景別荘 天原 <淡路島>






最終更新日  2012.07.27 11:22:53
2012.07.25
「第65回 淡路島まつり」最終日(8月5日)の花火大会観覧クルージング船をご紹介。

洲本温泉の花火大会は5,300発と、温泉地としましてはかなりの規模を誇り、毎年多くの人出を記録しています。

間近で迫力満点の花火をご覧になりながらのクルージングをお楽しみになれる、またとない機会でございます。夏の思い出にぜひともご参加をお考えになられてはいかがでしょうか?


第65回 淡路島まつり - 花火大会観覧クルーズ -


第65回 淡路島まつり - 花火大会観覧クルーズ -

●日時:8月5日(日)
●場所:洲本港18:30乗船 19:00出航
●料金:大人2,200円、小人1,100円(4歳~小学生)
●所要時間:約2時間半
※ご参加のお客様はご夕食を早めにご用意させて頂きます。
(ホテルチェックインは必ず15:30までにお願い申し上げます)
※送りのバスをご用意しております。
※帰りのバスでございますが、例年大変渋滞をしてホテルまで1時間以上かかっております。ご了承の上、お申し込み下さいませ。
(およそ徒歩15分くらいの距離です)
※当日の場合はご希望に添えない場合もございますので、必ず事前にご予約くださいませ。

●クルーズに関する予約・お問い合わせは
淡路島観光協会 洲本観光案内所
TEL 0799-22-0742

●淡路島まつり おどり大会・花火大会に関するお問い合わせは
淡路島まつり実行委員会
TEL 0799-22-2571

【淡路島ポータルサイト あわじナビ!】
http://www.awaji-navi.jp/topix.php?tid=22



▼夢泉景別荘 天原 プラン一覧ページ
http://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/jyouhou_page.main?f_flg=PLAN&f_no=75314






最終更新日  2012.07.25 20:29:10
2012.07.13
日本人のルーツのひとつといわれるポリネシアなど南太平洋の憧れの南の島をテーマに、トロピカルを五感で体感できるフラワーショーが、平成24年7月14日(土)より、淡路市の温室「奇跡の星の植物館」で開催されます。

トロピカルフラワーショー2012 -南の島の物語-


フラワーショースペースでは、熱帯スイレンが浮かぶ水辺、静かに流れる滝や噴水と原種の白いハイビスカス「ハイビスカス・アーノッティアヌス」や斑入り葉の植物、ランで涼しげな「南の島の物語」を開催します。その他、かぐわしい香りを発し、夜に花開くオオオニバスや月下美人等の「夜咲く花、夜香る花展」、試食体験できる「見て、食べて楽しむトロピカルフルーツ展」、新しいインテリアプランツとしてお勧めの「おしゃれなパイナップルプランツ展」が開催されます。また「南の島の自然の贈り物」として南太平洋の美しい珊瑚や貝そして昆虫の展示も行います。

また「サマーフェスティバル」では、ウクレレやダンスなどトロピカルを満喫できる音楽イベントやトロピカルフルーツバザールも開催されます。

トロピカルフラワーショウ ご案内チラシ


【淡路夢舞台 奇跡の星の植物館】
トロピカルフラワーショー2012-南の島の物語-
http://www.kisekinohoshi.jp/exhibition/archives/2547

●日時:2012年7月14日(土)~9月23日(日)
●会場:兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
●住所:兵庫県淡路市夢舞台4番地
●電話:0799-74-1200
●交通:高速バス(淡路夢舞台前下車すぐ)/車(淡路ICから南へ車で5分)
●入館料:大人600円・シルバー(65歳以上/要証明)300円・高校生300円
※小・中学生は無料です






最終更新日  2012.07.13 19:33:52
2012.06.17
今回ご紹介させて頂きますのは、日本だけでなく世界でも活躍されている、左官職人・久住有生(くすみ なおき)さん。『情熱大陸』や『ソロモン流』等、様々なメディアでご紹介されており、既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。

ガーデンラウンジ


伝統的に日本の家屋・生活空間にあった「土壁」。
しかし、現代の家屋では新たに用いることも、修復されることも少なくなりつつあります。左官職人・久住有生さんは、伝統的な技術をふまえながら、土壁の現代の“かたち”を追求してこられました。

「古事記」に伝わる天の神々の居まします処「高天原」にその名を頂いた、夢泉景別荘 天原。『国生みの神話』で余生を淡路でゆっくりと過ごされたという伊弉諾尊のように、お客様にも心から落ち着ける場所を…。

豪華な装飾ではなく、淡路の土を使い自然の素材で温もりのある雰囲気へと、左官職人・久住有生さんにガーデンラウンジの「土壁」を手掛けて頂きました。

屋内に入ると、ざっくりとした表情の土壁から、天井までの高さに積み固められた「版築」の壁がございます。ガーデンラウンジの「土壁・版築」には淡路の土を使い、大地が長い年月をかけて積層し、地層が出来上がったかのような仕上がりになっております。中庭のヒールガーデンから優しい風が通る、ここガーデンラウンジでは、エスプレッソマシーンやティーサービスの他、食後のディジェスティフサービス、インターネット環境やライブラリーなど、充実したサービスをそなえた空間です。2008年オープンから一日一日を重ね、少しずつ味わいを増した「土壁」へと成長しております。心地良い音・香り・そして光に包まれて、自由気ままにあなたならではの休日をお過ごし頂ければと思います。

「版築」


久住有生さん
1972年 兵庫県淡路島三代続く左官の家に生まれる。
父・久住章に3歳で鏝(こて)を持たされ、遊び道具になった。

バルセロナで建築家アントニア・ガウディ(1852-1926)の聖堂に魅せられ「どんなにすばらしい建物でも、壁の仕上げで趣が変わる」という思いを抱き、父や祖父と同じ職人の道を歩む決意をする。そして父に弟子入り。

18歳で親元を離れさまざま親方の許で左官を学び23歳で独立。ドイツ・フランス・京都などで技を磨き歴史的建造物(金閣寺・桂離宮等)の修復の仕事に携わる。

伝統的な技術を礎とし、オリジナルの技術をつくり出していく職人技に建築家たちから多くの信頼を集め、壁を塗ってほしいという依頼は後を絶たない。現在、活躍の舞台はフランス、アメリカ、イギリスと名声は世界に響きわたる。

「左官株式会社 左官職人:久住有生」
http://www.kusuminaoki.com/


---作品と出会う。
左官職人・久住有生さんが手掛けた「土壁」を淡路島でご覧頂ける施設をご紹介いたします。

【淡路夢舞台 奇跡の星の植物館】
ホワイトガーデンショー2012 -食虫植物の華麗な庭-
http://www.kisekinohoshi.jp/exhibition/archives/2402

◆開催日時:2012年6月1日(水)~7月13日(金)

奇跡の星の植物館では、一部の展示スペースに淡路島の様々な分野のクリエイター達とのコラボレーションにより、新しい庭園空間づくり、緑化手法に挑戦されています。そちらの展示スペースに久住さんの作品がございます。



夢泉景別荘 天原 (楽天トラベル:トップページ)▼
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/75314/75314.html






最終更新日  2012.06.17 10:51:54
淡路で夏の食はじめ。

メインダイニング「旬房 淡悦(たんえつ)」には、四方を海に囲まれ豊饒なる大地にも恵まれた淡路ならではの自然の贈り物が届けられます。

メインダイニング『旬房 淡悦(たんえつ)』


---2012年夏。
季節は夏へと近づくと“おいしいもの”への誘いに、淡路へ足を運ぶお客様で賑わいます。
地元由良漁港で水揚げされる「鱧(ハモ)」「赤雲丹」「黒鮑」。リクエストの多い地の新鮮夏野菜。淡路島を旅なれたお客様も足繁く通う、天原料理長・市川 不二夫の2012年夏。

「淡路にお越しの際は、ぜひ“ほんまもん”の味を知って頂きたい。」

もともと和食料理が専門であった市川は、島の四季折々の食材へと向き合い、洋食との調和をコンセプトに丹精込めて仕上げていく。時間を見つけては新しいメニューを考え、奇をてらわず素材の持つ力をつとめて引き出す。

例えば、粒が大きく濃厚な味わいの赤雲丹、肉厚な黒鮑、旬の地魚等、食材本来が持つ力を、まずは造りで確かめて頂きたい。採れたての地のキュウリを“しょうゆのもろみ”で頂く他、夏の蒸し野菜等、素材本来の味を知って頂く為に、シンプルな料理も目立つ。だが、「鱧づくしコース」の”和風グレービーソースでいただく沼島産鱧のステーキ”や、「オリジナル懐石」メインの“淡路牛フィレ肉の石焼と季節の野菜”等、こだわり抜いた一皿もまたメインダイニング「旬房 淡悦(たんえつ)」の神髄だ。



“おいしいもの”を食べに来たというお客様へ。
「淡路の夏は、なんといっても雲丹・鮑・鱧が一押し。“おいしいもの”を求めて訪れるお客様を満足させる食材が揃うのが、淡路島の雅量の所以。それを引き出すのが料理人の力。メインダイニング『旬房 淡悦(たんえつ)』ならではの“おいしいもの”を心ゆくまでご堪能ください。」  ---天原料理長・市川不二夫


夢泉景別荘 天原 プラン一覧ページ▼
http://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/jyouhou_page.main?f_flg=PLAN&f_no=75314

お勧めプラン▼
本場・淡路島の天然活鱧づくしコース

由良の海からの贈り物~赤雲丹と黒鮑のシンフォニー







最終更新日  2012.06.17 10:42:58

全229件 (229件中 221-229件目)

< 1 ... 18 19 20 21 22 23

PR

X

© Rakuten Group, Inc.