000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かあちゃんのページ

黒ければ大丈夫!



さて、最近よく色黒だからだいじょうび!
なんて声を耳にします!
果たして、本当でしょうか?

答えは?確かにもともと色の白い人より黒い人のほうが、紫外線の影響を受けにくいと言われています。

でも、小児の小麦色の肌は皮膚が強い様に見えますが、逆に皮膚は痛んでおり、光老化を早めるし、また、感染症にもかかりやすいのです。
黒くなった皮膚はそれ以上の紫外線を浴びたくないから、自己防衛としてメラニンを新たに増産しているのです。

又大量の紫外線を浴びると数分の家に皮膚は灰色調を帯びます。これを即時型黒化と言い、即時黒化は新たにメラニンが合成される為では無く、既存のメラニンが酸化される為に生じます。
この黒化メラニンは紫外線防御には役立ちません!

少し解りましたか?色が元々黒いからとか、直ぐに黒くなるから!は紫外線に対して強いとは言いきれないのです。
勿論色白さんのほうが、影響を受けやすいのは事実ですが、
全ての子供達が何らかの影響を、受けると言うことです!

次回は、どうしようかな?


© Rakuten Group, Inc.