000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かあちゃんのページ

子供の頃に浴びた紫外線量で決まる?

どうして、子供の頃の日焼けがいけないか?
いろいろ話して来ましたが、今日は少し怖い話です!

森 光子さん知ってます?もう82歳だそうです!
でも肌がすごくきれい~
美肌のコツは、日常的に紫外線に当たらない事だそうです!

さて本題!鹿児島の人の顔面のシミやシワなどの光老化は、秋田の人に比べて20歳早くシミができ、6歳早くシワが出来ますが、20歳頃までは両地域の間に差は有りません。

これは子供の頃に浴びる紫外線量が多いと、大人になってからより早く光り老化が始まる事を示しています。

だからみんなはもう手遅れなのだ~~~

30歳を過ぎた頃からのシミやシワ、さらに60歳を過ぎてからの腫瘍の発生を予防するには子供の頃からの予防が非常に大切なのです!

忘れないで下さい、子供達の未来を変える事が出来るのは私たち大人なのです!

我が子を守ることが出来るのは、私たち親なのです


© Rakuten Group, Inc.