121867 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゆめひもmail  エコクラフトの小径から

PR

フリーページ

カテゴリ

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

2009年01月31日
XML

キルトボックス―このバスケットのおかげで私の人生は変わりました。   ピクニック・バスケット・リバティ ― 外に連れだせるバスケットです。


ポスト馬詰 道代(うまづめ みちよ) 大阪府東大阪市
カントリーバスケット★アメリカンパイ  http://www.ame-pie.com/
 

エコクラフトとの出合い。

今から約9年前にご近所の方のお友だちから教えてもらいました。


私のクラフト日和。

本的にシンプルなものが好きなので、飾るというより、実用的に使いたい。ハードに使いたいという思いがあるので、しっかりかっちりと作ったバスケットを部屋のあちらこちらで使っています。

candy☆バスケット ― 毎日の暮らしに、テーブルの上で大活躍のバスケットが欲しくて作りました。 


エコクラフトと出合って。

もともと洋服を作ったり編み物をしたり何か作るということが好きだったのですが、エコクラフトに出合ってそれが生活の一部となったことが一番の変化です。サイト運営をするようになり、PC技術を勉強したり、すごくいろんないい経験をさせてもらっています。

プチ・ホワイトハートバスケット ― マリッジハートなバスケットです。結婚式で使用(新郎新婦さんが手に持ち、お客様の中を回るキャンドルサービスのとき)されるというので、製作しました。



クラフト日和の合間にいただく美味しい。       

                           中田屋の瓦せんべい 

                      実家のある尼崎で売っている、中田屋の瓦せんべいが大好きですね。                                                                                   

                      スウィーツというイメージではないのですが、「夢」せんべいなんて、とて

                      も可愛らしい瓦せんべいです。                                           
          
                      中田屋 
http://www33.ocn.ne.jp/~sunny/nakata.html







最終更新日  2009年01月31日 16時07分53秒
2008年12月23日

赤い金魚「縁日の楽しみ」ー娘が大好きな金魚すくいの思い出から   黒い金魚「縁日の楽しみ」

バレンタインデー -入れ物にも心をこめて   バレンタインデー -入れ物にも心をこめて


ポストいとうまゆみ 神奈川県横浜市

エコクラフトとの出合い。

初めての出会いは、雑誌です。アメリカンカントリーが大好きな私は、かごが自分で
作れることは、気になってしょうがありませんでした。偶然にも数日後同じマンショ
ンの方が、カゴバックを持っているのを見て、すかざず声をかけ、教えてもらいまし
た。最初は不恰好でしたが、満足感が凄くありました。残った材料で小さなカゴを作
りました。そこからが、はまりにはまって、色々な物を作っていく中で、かごでない
物、雪だるまを思いつき、つくったら、周りの人が可愛い!と絶賛してくれたので、
調子に乗り、今に至ります。

チューリップ

私のクラフト日和。エコクラフトと出合って。

好きな色・形・可愛いものを自分で作れて、一つ一つ増えていく嬉しさが、本当に楽
しくて、癒されて、幸せです。 自分のデザインしたものが、近所でも知らない人
が、持っていると、照れくさいですが、やっぱり嬉しいです。いろんな方との出逢い
もあり、私にとって、プラスになるばかりです。

 

セーラーたまちゃん -昔ニュースで話題になりました@多摩川   セーラーたまちゃん -昔ニュースで話題になりました@多摩川

クリスマスマニア       スノーマンファミリー集合


クラフト日和の合間にいただく美味しい。

栗山の和菓子


紅茶好きの私は、ルピシアのカシュカシュという、紅茶がお気に入りです。かくれん
ぼという意味の名前どおり、色々なフレーバーが楽しめます。 それと、甘いもの
は、何でも好きですが、近所にある、お地蔵さん最中で有名の、栗山さんの和菓子が
好きです。最中の餡のとろっとした感じが、凄くすきなのと、上生菓子は、季節の雰
囲気を楽しみながら、いただけます。

栗山さんのページはこちらです
http://www.wagashi-kuriyama.co.jp/


いとうまゆみさんの作品は、紙バンド専門店 兎屋さんでも紹介されています。

紙バンド専門店 兎屋 紙バンド専門店 兎屋 http://www.paper-band.jp/page400.htm

いとうまゆみさんの作品集 http://www.paper-band.jp/page400.htm







最終更新日  2008年12月23日 15時24分11秒
2006年11月11日

トールペイントでラブリーなバスケットに お買いものバッグおしゃれバッグ四角いバスケット

ポスト大山智子 秋田県田沢湖町
こけ(^^)のようこそ田沢湖へ♪


エコクラフトとの出合い。

1998年4月。神奈川に住む妹から『紙で作った籠、今度送るね!』と電話紙のかごって何?(あんでるせん手芸を想像…)早くみた~い!と待ち続け1年…すごい!
『これ紙なの? 私にも作れる? 教えて~!』電話 さらに約半年後。大きなお腹で帰省したとき、急用ができて30分しか時間がないという妹に、今聞かなければショックと必死に教えてもらいました。が、教えてもらった小かごは当然、未完成。『あとはこの本みれば大丈夫!』とプレゼントされたのがエコクラフト手芸でした。何度も何度もいろんなページを参考にしながら、はじめての作品を完成させました。

私のクラフト日和。

ストライプのエコクラフトが手にはいらなくて、単色のエコクラフトを割いて12本にし、好きな配色にして作品を作ったり、パステル調の色が欲しくてハーブで染めたりもありました…。今ではほんとにたくさんの色が簡単に手に入るようになりましたね。

それから、作ったらとにかく持ち歩いてて、いろんな方々とお話しするきっかけにしたなぁ…
「それなあに?」「紙なんですよ!」「エ~びっくり!」みなさんも経験ありますよね。

エコクラフトと出合って。

2000年に観光地のお店の片隅に作品を置かせていただいたことから、ペーパードライバー歴15年を脱出。今では1日に120キロも走ることもあるんですよ!カモシカにボンネットを飛び越えられたり、いろんな動物にも出会いました~♪ 
あちこちで、手づくり体験コーナーやクラフト教室も随分やらせていただきました。中でも息子の学校の親子活動で教室の机の引きだしを父兄の協力のもと、子供たちが製作したことは忘れられない思い出&宝物です。また、青森、山形や新潟から教室に来てくれた方々にはありがとうでいっぱいでした…が、何もかも自己流で教えることに「これでいいのか」という迷いもあり、自分のレベルを思い知ってやめようかと思いました。そんな時、静岡や千葉作品展を開いていた保坂工房の保坂先生の作品と出合い、作品の素晴らしさや素材の可能性にますます魅かれ、今に至っています。
エコクラフトからひと言では言い表せないさまざまな出会い・出合いがありました。エコクラフトって『わらしべ長者』にでてくるわらしべみたいですね。

ハマナカさんから作品が本やキット・ビデオに載るというお電話をいただいた時はただただびっくり!…ドキドキで話半分しか聞けなかったこともすてきな思い出ですぽっ

spring・花模様のエコクラフト summer・暑中見舞いもエコクラフト autumn・ハロウィーンのかぼちゃと花コサージュのカゴバッグ


クラフト日和の合間にいただく美味しい。

MyCupでのんびり


山のはちみつ屋のお菓子工房で店頭限定販売のシュークリーム&エンゼルのパン。
それから、車でびゅーんと行く角館のなごみカフェ花fe香fe(カフェカフェ)のランチやハーブティー・・・かな。自分で上絵付けした白磁器のマイカップでお茶を楽しんでます!
寒くなると、我が家では体を温めるお手製しょうが湯がよく登場してます 。

 


 山のはちみつ屋はこちらで紹介しています。

エンゼルはこちらで紹介しています。http://www.hana.or.jp/~donguri/angel.html 

花fe香fe(カフェカフェ)はこちらで紹介しています。http://www.cafe-cafe.jp/ 



エコクラフト手芸(part 6) エコクラフトで作るかご&バッグ
大山智子さんの作品は『エコクラフト手芸パート6』『エコクラフトで作るかご&バッグ』で紹介されています。 






最終更新日  2006年11月11日 16時13分50秒
2006年10月27日

エコクラフト手芸4で紹介されたバッグです。大きめなので、いろいろなものがたっぷり入ります。家族みんなでのお出かけに便利です 小さめのショルダーバッグ(エコクラフト手芸4に掲載)大きなリボンと編みこんだ色合いが織物の雰囲気 長型の小物入れ(エコクラフトコレクション2に掲載)窓際のちょっとしたスペースに置いたり、化粧用バスケットとしてもよいです。糸ノコで切り抜いたネコや馬がアクセントです

ポスト守屋和枝 神奈川県秦野市


エコクラフトとの出合い。

初めてエコクラフトで編んだカゴを目にしたのは、今から9年前でしょうか。子どもが小学校で作っていた丸い手かごでした。その後、小学校の行事「ふれあい活動」に協力することになり、エコクラフトのかご作りの指導をすることになりました。
エコクラフトとのつき合いが始まり今年で8年になりました。

私のクラフト日和。

家業や地域の仕事に深く関わる毎日の中で、手作りに集中している時間が最大のリフレッシュ。活力を与えてもらえるひとときです。幼稚園、小学校や公民館などで講習会を依頼されたり、毎年12月に秦野市内で開催される『手作りフェスティバル』で展示販売をしています。それが縁で、作品をお店に置かせていただいています。

エコクラフトと出合って。

たくさんの幸せを感じています。エコクラフトを始めて何年も立たない頃、『エコクラフト手芸パート4』に作品が掲載され、表紙を飾ったこと。それが縁で知り合えた沢山の方がいること。そして、私の作品を気に入って使ってくださっていること。プレゼントに作って欲しいと依頼され、新しい形を考える時。。。。

エコクラフトコレクションで紹介されたパステルピンクのバッグです

 


クラフト日和の合間にいただく美味しい。

普段は、チョコレートにコーヒーですが、秦野市の和菓子屋さん喜月堂製菓舗の季節ごとの和菓子も格別です。
北海道限定のいちごベリーチョコホワイトは取り寄せても食べたい本当に美味しいおいしいチョコレートです。


北海道限定!いちごベリーチョコホワイト(120g) いちごベリーチョコホワイトはこちらで紹介しています。


 


エコクラフト手芸パート4 ビギナーのための…エコクラフト手芸入門 エコクラフトcollection エコクラフトcollection(vol.2) 
守屋和枝さんの作品は『エコクラフト手芸パート4』『ビギナーのためのエコクラフト手芸入門』『エコクラフトコレクション』『エコクラフトコレクション2』で紹介されています。 







最終更新日  2006年10月27日 17時17分12秒
2006年10月11日

あじろ編みのかごバッグ あじろ編みの和風バッグ(エコクラフト手芸パート6に掲載) あじろ編みの和風かご

ポスト桑折智美 宮城県仙台市
アトリエone art http://www008.upp.so-net.ne.jp/one-art/

エコクラフトとの出合い。

初めての出合いは1998年春に伊豆へ旅行した時。そして再会は2年後。なにげなく立ち寄った近所の手芸委託shopでした。


私のクラフト日和。

2003年9月からぷるる工房・古木さんの後任として始めた仙台の手芸店マブチでの教室をメインに、自宅教室(月数回)と県内の福祉施設(年数回)で講習をしています。福祉施設には、作品のデザイン提供もしています。


石畳編みのバッグとかご 模様編みのバスケット ハートがいっぱいハッピーバスケット

エコクラフトと出合って。

どこに出かけても、真っ先に目に入るのはかごです。レストランでもお皿の上の美味しいものより、カトラリーの入ったかごが気になってしかたありません。
教室をしているとたくさんの出会いがあります。生徒さんの世代はさまざまですが、皆さんとの会話からも得ることがたくさんあります。


BASKET あじろ編みのかご 大好きなあじろ編みのかご。。。かご


クラフト日和の合間にいただく美味しい。


仙台市の隣の多賀城市にある、Fason de Doiのコーヒーロールです。

Fason de Doiのコーヒーロール

Fason de Doiの『コーヒーロール』はお取り寄せできます。電話 120-863-622



エコクラフト手芸(part 6)      
 桑折智美さんの作品は『エコクラフト手芸パート6、8-9』『かごとかご雑貨』『エコクラフトラタンでつくるかごとバッグ』『紙ひもでつくるかごバッグ』『和風エコクラフト手芸』で紹介されています。

 






最終更新日  2008年06月18日 23時13分14秒
2006年09月19日

かばん風バッグ。2005年全国紙バンド作品展出品作品 六角かご 九州電力北九州OB美術展(2006年5月)出品作品 丸底かご 九州電力北九州OB美術展(2006年5月)出品作品   

ポスト渡辺行久 福岡県苅田町


エコクラフトとの出合い。

1998年、家内がパッチワークを教えている関係で、生徒さんたちが材料と用具を持ち運びするためのカゴを作ることにありました。その時、自宅で生徒さん8人と一緒に習ったのが、エコクラフトとの出合いです。
その後、家内が買ってくれたエコクラフト手芸パート1を手本として、載っている作品を片っ端から作って勉強しました。

私のクラフト日和。

町の要請で公民館講座で教えたり、グループからの要望に応えて出張講習をしています。
現在は隣町に教室を持っています。
家内のパッチワークサークル展と共同の作品展は、2006年4月で3回めを数えます。
九州電力北九州OB美術展への作品出品も4回めになります。

エコクラフトと出合って。

2004年に植田産業主催の作品展に出向いたときのことです。エコクラフト作品の数々に驚きと感銘の連続でした。壷をはじめとして美術的にも見事な作品が、素材の使い方ひとつでできるとは信じられませんでした。
一番嬉しかったことは、2005年の全国紙バンド作品展で入賞したことです。

ミニテーブル 2005年全国紙バンド作品展入賞作品

クラフト日和の合間にいただく美味しい。

私が住んでいる苅田町(かんだまち)は南北を行橋市と北九州市にはさまれた人口約36,000人の町です。企業の進出で埋め立てが進み、魚介類が捕れなくなり、今ではカニと牡蠣に頼っている状態です。
北九州市の特産は、全国区になりました合馬(おうま)の竹の子。行橋市は果物が豊富で、桃・無花果・梨・葡萄などを旬に美味しくいただくことができます。

緊急!いい竹の子掘れました【先着20名様】≪厳選≫合馬タケノコ(筍) 3本(4kg前後)春が待ち遠しい!合馬の竹の子はこちらで紹介されています。






最終更新日  2006年09月19日 23時10分10秒
2006年09月05日
お正月飾り 日本の風景 -紙ひも作品展より 桔梗花かご コスモスとKITTYとお人形 -紙ひも作品展 2006

ポスト志乃和会 (篠田和子主宰) 愛知県 名古屋市


エコクラフトとの出合い。

子供と児童館に飾られたエコクラフト(当時は荷造りひもと呼ばれていました)の『屋形船』に感動したのは今から36年前。素材の素朴さに惹かれ、古い建物の数々から乗り物・動物・鳥・花・竹・人形・民芸品などなど、想いのままに飽きることなく作り続けました。これまでに作った作品は大小あわせ800点を越えました。自分ながら飽きれ楽しい日々でした。

私のクラフト日和。

時々、皆さんにお昼を作り振舞っています。朝から夜までエコクラフトに熱中している私にはとって、ご一緒して喜んでくださることが嬉しいです。

エコクラフトと出合って。

テレビに何度も出演させていただいたり、県外から多くの方が見える楽しい日々に感謝しています。エコクラフト一筋36年。子供も独立して一人暮らしも10年余り、生徒さんに囲まれて作品作りの日々です。素晴らしき人生もエコクラフトに出合えたお陰です。
博物館での作品展は18回を終え、これからは皆さんに任せて私は奥の奥を目指します。エコクラフト作品は無限です。30年前に作った作品が年月を越えてはじめて見る人を感動させてくれます。毎日見ても飽きないのは、やはり素材の素朴さが放つ魅力なのでしょうね。

紙ひも作品展 1998-2000 紙ひも作品展 2001-2004 紙ひも作品展 2005-2006

志乃和会のイベントレポートはこちらで紹介しています。

craft*life... craft manner http://craft-life.seesaa.net/article/90225766.html


クラフト日和の合間にいただく美味しい。

冷蔵庫の余りもので簡単に作るデザート。笹寿司や五平餅など季節に合わせたものを皆さんに作って喜んでもらうのが好きです。


本場八丁味噌 三州岡崎 五平餅セット(9本入) 八丁味噌で味付けた五平餅はこちらで紹介されています。








最終更新日  2008年03月22日 15時49分30秒
2006年08月27日

 布使いのトートバッグ (エコクラフト手芸7に色違いを掲載)おめかしバッグ my favorite one 小物入れつきバスケット びーぷーぱにえさんのイベントで委託販売しました  
ポスト高野由紀 千葉県千葉市


エコクラフトとの出合い。
エコクラフトを知ったのは子供が幼稚園に入園した頃です。すぐに「やってみたい!」と思ったのですが、材料が手に入らず、なかなか挑戦できませんでした...。
ネットでいろいろ検索して「ぷるる工房」さん「カントリークラフトB2」さんと出会い、素敵な作品に一目ぼれしてキットを購入、すぐにエコクラフトに夢中になりました。

私のクラフト日和。

両親共に手作りを趣味にしていたので、子供の頃から自然と手作りに慣れ親しんできたように思います。現在は、ちょっと遠いのですが川崎で行われているぷるるさんの教室に通っています。教室の皆さんが手作り好きな素敵な方ばかりで、いろいろお話させていただくのがとても楽しいです。

エコクラフトと出合って。

作る時のワクワクした気持ち、作品が完成したときの達成感、そしてそれを使う喜び…、そんな素晴らしい感動を味わえるエコクラフトが大好きです。
幸運にも本に作品を掲載していただき、とても嬉しかったです。また、本を見た方が私のデザインしたものを作ってくださっているということに大変感激しました。

   ミニカントリーバスケット びーぷーぱにえさんのイベントで委託販売しましたキッチンバスケット (エコクラフト手芸7に掲載)A4サイズボックス (エコクラフトコレクションに掲載)



クラフト日和の合間にいただく美味しい。

甘いもの大好き!です。「クラックラン」は素朴な焼き菓子が美味しいお店で、なかでもフィナンシェは絶品ハート(手書き)生ケーキも美味しくて、なかでもサクサクのメレンゲをベースにしたモンブランがおすすめです。

『クラックラン』おすすめのフランス菓子の詰め合わせ

クラックランのフィナンシェはこちらで紹介されています。http://www.cpf-craquelin.com/


エコクラフト手芸パート7    エコクラフトcollection エコクラフトcollection(vol.2)   

高野由紀さんの作品は『エコクラフト手芸パート7』『エコクラフトコレクション 1,2』『エコクラフトラタンでつくるかごとバッグ』『紙ひもでつくるかごバッグ』『エコクラフトのかごとヘンプのアクセサリー』で紹介されています。







最終更新日  2008年06月18日 22時56分02秒
2006年08月23日

かごバッグとポシェット タオルハンガーとかご  花のコサージュいろいろ。ブローチにもなります
ポスト佐橋恵子 岐阜県土岐市


エコクラフトとの出合い。

公民館で教わった買い物かご。『あっ、これって応用次第で何かできそう』とひと目見て思いました。2時間で終わってしまった講習では未完成のまま。それから、材料を探し、テキストを参考にいろいろと作るうちにはまっていきました。

私のクラフト日和。

ひとりで楽しんでいたのが教えてほしいと頼まれるようになり、独立した子供の部屋を整理して教室にしています。緑に囲まれた里山なので、鳥のさえずりに訪れた方たちがびっくりするほどですひよこ
かごをつくると余る端っこのエコクラフト。空き箱やペーパータオルなどの芯を再利用して、エコクラフトと布や和紙を貼りあわせて、眼鏡入れや楊枝立て、ティッシュケースなどをつくり、プレゼントしています。大変喜ばれます。

エコクラフトと出合って。

昨日まで知らなかった人と愉しい時間を過ごすこと。そして自分だけのたったひとつを完成されたときの笑顔がどの方もとてもすてきなのが喜びです。

和紙とエコクラフトで作ったティッシュケース 一輪挿しと干支の犬 兜。葛饅頭の容器を再利用して、和紙とエコクラフトで仕上げました 


クラフト日和の合間にいただく美味しい。

教室の合間のコーヒータイム。いつもいろいろ話が弾みます。時間のあるときに焼いておいたフルーツケーキを温めていただくと、香りが立って美味しいでよ。!
紅茶の香りが上品に漂う!しっとりフルーツのパウンドケーキ


エコクラフト手芸パート4 佐橋恵子さんの作品は、『エコクラフト手芸パート4』で紹介されています。

 







最終更新日  2006年08月23日 11時39分06秒
2006年08月11日

四つ葉モチーフのバッグ (エコクラフトコレクションに掲載) スタッキングボックス(エコクラフトコレクションに掲載) 革使い風マルチBOX (エコクラフトコレクション2に掲載)
ポスト菊地志信 北海道札幌市
++KAEru*com++ http://homepage2.nifty.com/kaeruko/

エコクラフトとの出合い。

2000年頃から存在は知っていましたが、すごく難しいイメージがあり、自分ではとてもとても・・・と敬遠していました。
2001年に『ぷるる工房』のぷるるさんのご好意でキットをいただく機会があり、それにチャレンジしたのがエコクラフトとの初めての出合いでした。
以来、自分でもビックリするほどのめりこみ、今では自分の生活の一部のように切り離せない存在になっています。

私のクラフト日和。

2000年春に開設したサイトは、ハンドメイドとはかけ離れたものでしたが、エコクラフトに出合ってからはハンドメイドに目覚め、サイトも大きく様変わりしました。定期的な講習会は行っていませんが、依頼されたときなどはお受けしています。 年間を通しての活動はイベント中心になっていて、エコクラフトのほかにあみぐるみを製作・販売しています。

エコクラフトと出合って。

変わったことは自分の時間を有効に使えるようになったこと、そしていろんなアンテナを外に向けることができるようになったことです。サイトや手作りを通じて、全国各地いろんな方と知り合えたことや仲間が増えたことも大きな収穫ですね目がハート
子どもの通っている小学校で『KAEさんですか?』と何度か声をかけられたこともあり、そのときはすごく驚きました。

         ふた付きBOX (エコクラフト手芸7に掲載) マルチバスケット (エコクラフト手芸7に掲載) キャンディーバスケット (エコクラフト手芸7に掲載)



クラフト日和の合間にいただく美味しい。

北海道はとても美味しい食べ物があるので、ご紹介するのにとっても迷ってしまいますが、その中でも私が特に好きなものは、『もりもと』のかぼちゃプリンです。
コクがあって、口の中に広がる風味がなんともいえません。お値段もお手ごろなので、つい『自分のため』ウィンクに買ってしまいます。
他にもいろんな種類があるので機会がありましたら皆さんもぜひ。


もりもとのかぼちゃプリン 

もりもとの『かぼちゃプリン』はこちらで紹介されています。http://www.haskapp.co.jp/


エコクラフト手芸パート7      エコクラフトcollection エコクラフトcollection(vol.2) 

菊地志信さんの作品は『エコクラフト手芸パート7-9』『エコクラフトコレクション 1-2』で紹介されています。

 






最終更新日  2008年06月18日 23時17分36秒

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.