1677313 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゆめみんのつぶやき

2001年6月29日 手術当日

 手術の日の朝、すべてが決まって腹がすわったせいか。穏やかに
目覚めることができました。
手術開始時間は11時予定でしたので、朝食抜きで、とてもおなかが
すいていたのを覚えています。
前の日はつらいばかりでいろんなことを思ったのですが、
当日は早く終わって欲しい。それだけを思っていました。

 予定が少し遅れ11時を少しすぎたころ呼び出しがあり、
タンカにのせられて、手術室にむかいました。
父、母、弟、叔母、いとこのお姉さんみんなに励まされ、応援してくれている
気持ちと共に手術室に入りました。
こんなにもみんなが祈っててくれてるんだから、きっと、きっと
よくなることができると・・・

 麻酔が効いて眠りにつくまで考えていたこと。
それは左の乳房がなくなるのはしょうがないが、
右までなくなるのは耐えられないので、目が覚めたときには右の乳房が
残っていますようにということでした。

 手術時間は乳房切除に4時間、同時再建に8時間、計12時間の大手術でした。
真夜中に麻酔をさまされて病室へ帰ってきました。
ぼんやりした意識の中、無意識に右の乳房の感触を確かめて、
ほっと安心しました。
病室の室温が32度で、元気な人でも耐え難い暑さだったので、
一睡もできないで夜があけていきました。
病院の方針で、真夏なのに夜の7時になると全室経費節減で冷房を
切られていたのでした。
この点は、今でも許せないところです。

 この日から1週間、ベットの上で寝返りがうてないトイレにも行けない
絶対安静のつらい日々がはじまったのでした。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.