664789 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

YUMEMIRUTOKI

全6件 (6件中 1-6件目)

1

縄文時代に寄せる詩

2006.11.30
XML
落 葉

         ポール・ヴェルレーヌ 上田敏訳『海潮音』より


秋の日の
ヰ゛オロンの
ためいきの
身にしみて
うら悲し。

鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや。

げにわれは
うらぶれて
ここかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉かな。


秋にふさわしい詩ですよね。
私はこの詩がとても好きです。
特にこの上田敏により、訳された詩がすきです。
その言葉がかもしだす印象が
他の方の訳された詩よりも秀でているんですね。

実は、日本語の奥深さがここにあります。
古来の日本の人々は、情緒というものを
とても大事にして、枕詞のようなものをも
用いて言葉を大事にしておりました。
日本は、四季が豊かですから、
その四季折々の風景に囲まれて、
豊かな心を育てていたということでもあります。

和布と接して気づいたことがあります。
古来の布は藍のみならず、
植物に限らず自然のものから作り出された色で染められていました。
人々は、染めの技法を用いて、
さまざまな四季を着物に彩るようになりました。
そしてひとつひとつの色に
日本独自の色の名がつけられました。
瑠璃色、露草色、朱鷺色、緋色、常磐色、松葉色・・・等。

いつしか日本の伝統というものが忘れ去られ、
人々が大事にしていた心もそこに
おき去られてしまっているように思います。
日本の伝統色の名を口にしてみてください。
なんとも優しい音色をしているのに気づきませんか?

私がはるかかなた縄文の時代へと思いを馳せるのは、
日本が忘れてしまっているものへの憧憬を
そこに求めているからにほかならないんですね。







Last updated  2006.11.30 08:22:12
コメント(10) | コメントを書く
2006.10.14
歴史と言うと、何が真実なのかと人は問います。
歴史にかぎれらないのかもしれません。
何が本当なのか、と人は考えます。

けれども歴史に関して言えば、
それは真実を記してきたわけではありません。
むしろ、表に出ている歴史は、
誰かにとって都合のいい歴史だけが編集されているのです。

これは“情報”においても同じです。
何が正しくて、何が間違っている、
何かが本物で、他のものは偽者だと人は、位置づけたがります。
けれども、たぶん何かが正しくて何かが間違っていると言うのは、
ナイフが正しいのか正しくないのかに等しいのかもしれません。
それは、使い方によって、もしくは
使う人によって違った結果をもたらすというだけのことなのです。
そして気をつけなければならないのは、
どんな情報であってもそれは、その発信源である人によって
色づけられているということです。
(私の文章も然りですけどね・・・・)

私はあまりひとつの世界にはまるこむことを好みません。
ひとつのことに染まると、思考やものの見つめ方に
偏りができてしまっていたとしても
それに気づかなくなるからです。
むしろ、それらすべてのものを
客観的に俯瞰するということを大切にしています。

さて、ようやく『ダヴィンチ・コード』の本の全巻を数日前に読み終えたんです。
ダヴィンチ・コードに続いて『天使と悪魔』を読み始めました。
それと同時にいまはまっているDVDが、『ダークエンジェル』のシリーズです。
これは、遺伝子操作で作られた少女、マックスのお話です。
そして古布が、私を縄文時代に引き寄せました。
これらは、ぜんぜん関係ないことのようで、
実はひとつにつながるものを持っています。
私は縄文時代の抒情詩を書きたいと思っています。
縄文時代についてはほとんど何も知りません。
石川には、その時代にもすでに人々が住んでいた形跡があり、
書店には石川の遺跡や文献の羅列のような本が出ていましたけど
その本は、私の興味を引きませんでした。

私が縄文時代に思いを馳せるのは、
そのころまだモノがなかったからなのでしょうか?
それとも、今よりももっと精神的なものが大切にされていたからでしょうか?
文明とは、科学的なことだけを示すものではありませんでした。
むしろもっと大切なものはその根底にあるものなのですよね。
本来イエスが伝えたかったことは、
宗教としての神ではなく、人々の心に愛をやどすことでした。
その大切なものとは、遺伝操作によって作られる力でも進化でもありませんでした。
その大切なものをもう一度歴史を振りかえって
見つめなおしてゆきたいということなのでしょうね。

写真は、昨日の海の写真です。
(撮ったのは私ではありませんけどね~)






Last updated  2006.10.14 07:42:16
コメント(12) | コメントを書く
2006.10.12
きっかけは、十日町市博物館刊行の『図説 越後アンギン』の
本が目に止まったことでした。
中をぱらぱらとめくってその本が、
私が興味を持っていた縄文の布について書かれていたことを
知りました。
それを勝手に転載してはいけないと思うのですけど、
その中の一部、越後アンギンの写真だけを参考にさせてもらいました。

アンギンの編み方は絡み網で、簀の子や俵の編み方と同じで、
簀の子などが、その緯糸が堅い自然繊維を使用しているのに対し、
柔らかい撚糸を使用するのだということです。
その技法はケタとされる横木に、多数のコモ槌に経糸を吊り下げ、
緯糸をケタにそわせた後、ケタの前後に経糸で絡み編んでいきます。
素材としては、オ(イラクサ科のカラムシで苧麻ともいう)
・オロ(イラクサ科のアカソ)・イラ(イラクサ科のミヤマカラムシ)、
まれにアサ(大麻)とかシナ(シナの木科)などの靱皮繊維が使用されるのだ
そうです。

アンギンの技法は、今も俵に使われている技法になるのだそうですけど
江戸時代まではアンギンの布が、農家の作業着として
作られていたということです。
絣などが本格的に各地で織られるようになったのが江戸時代ですから、
その流れもと、衰退していったのではないかと推測されます。
写真はその越後アンギンが保存されて残っているものになります。
そのアンギンの技法は、近年十日町市にて復活することなり
全国のあちらこちらのイベントで縄文の布作り体験が行われているようです。
ちなみに石川県埋蔵文化センターにおいても12月10日に行われます。
雪がひどくなければ参加してみようかと思っています。

縄文の布が残っていた経緯としては、漆を絞る布として使用されていたことで
漆が保存料の役割を果たし、その布の破片が発掘されることとなったようです。
縄文時代は、弥生以前1万年以上続いていて、
漆の歴史は6000年ありますから、
縄文時代中期以降に布というものが作られるようになったのではないかと
いわれていますが、
土器に縄の模様をつけることができるようになった時点で
植物の繊維を糸にすることができるようになっていますから、
それを編む技術が生まれるのは、遠い話ではないですよね。
余談ですけど、縄・・・の歴史にふれますと
昔長く伸びていた女性の髪の毛も縄に使われていたようです。
その髪の毛は、京都の寺に残っていました。
城を作るために石を運ぶその作業に使われたのだということです。
人々は、すでに歴史の彼方に消えてしまっているのに
女の黒髪だけが残されているとはなんとも奇妙な話ですよね。






Last updated  2006.10.12 07:48:59
コメント(8) | コメントを書く
2006.07.09
言葉は光透波、というのが言霊です。
それを、日本で古来使われていた言葉について
記されていた本により、知りました。

いつしか言葉は、その言霊を離れて、
人々によっていいように使われるようになりました。

縄文時代、人は今の5感だけではなく、
もっと多くのものを持ち合わせていたといいます。
その人の姿が見えるより以前に
その人自身の想いが漂ってくるのがわかった、とも。
(これは私の言葉による解釈になるかもしれませんが)

その人自身の心にある想いが、
言葉が用いられることにより逆に見えなくなってきました。
それでもまだ、心の目を通してみれば
わかることなんですけど、
見る人の心も曇ってくれば、それもできなくなってきます。
そうして人と人との関係は、複雑なものになってきました。

その人の表層と深層のギャップが、心の病へと導きます。
そのギャップをもわからなくなっているんですね。
心のギャップが見えてきたら、
その心を癒すことが出来るんですけどね。
ありのまま、というのがギャップのある自分をそのままでいいんだよと
いうのではなく、
そのギャップがある自分を見つめて、
その闇の部分をも愛して、光にかえていくということなんでしょうね。
光があるから、影ができるんです。
けれども光の当て方を変えれば、そこに影はなくなります。
天国とは、闇のない世界ではなく、
人々が光に満ちている世界だということなるんですね。






Last updated  2006.07.09 08:36:16
コメント(12) | コメントを書く
2006.05.13
高天原を石川県に想定する説を
“地震で倒れない五重塔の研究”で知られる上田篤さんが
「日本人の心と建築の歴史」で展開していると書かれた社説を
地方新聞で読みました。
「かつて八百万の神がゆききした高天原(タカマガハラ)もこのような
場所ではなかったか」と
北陸に集中する縄文の広場を古代神話の舞台に付けられたのです。

私の住んでいる地には、縄文時代から残る自然が多々あり、
そこには神社が建っています。
その神社に意識を寄せる人々が多いのですけど、
その社にではなく、その神社の社に周りにある木々の方に
私の意識はいっていました。
トトロのお話に出てくるような森そのものが
縄文時代に祭られていたものではないか、と。
上田篤さんは、能登の間脇、金沢のチカモリ、
小矢部の桜町遺跡に共通する巨大列木の空間を
高天原としているのだそうです。

そこに神が臨在していたというのではありません。
そこに特殊な磁場が存在していたのだろうと直感するのです。
それを日常的な言葉で言うならば、
気として受け止められるものになるのかもしれません。
そしてその磁場は、時には、
異次元もしくは、異空間への扉になるのかもしれません。
私が“縄文時代に寄せる詩”をそのような世界として
描いていきたいのです。






Last updated  2006.05.13 22:24:54
コメント(6) | コメントを書く
2006.04.03
この読書歴をテーマにして書いていると
次から次へと次に取りあげる本が思い浮かんできます。
まだまだ続きそうです。

今取り上げている本は、10年位の間に読んだ本です。
そして本から少し遠ざかっていた私が今
手元においてある本がいくつかあります。

最近まで、本を読まなかったかと言えばそうではなく、
アフィリエイトの本だとか、スピードノートの本といった
実用的な本を何冊か買って読んでいました。
起業に対する意識があったからですよね。
私はどちらかというと、その時求めているものに
あった本を読むことが多いです。
したがって、子育ての最中には子育ての本、
子どもたちのアレルギーが浮上してくると
アトピー、喘息、それにエコロジーやマクロビィオティックと
意識が広がりました。
教育に意識が高まるとその関係の本。
その後、弟が引きこもりに入ったので、
そういう不登校や引きこもり関係の本もあれこれ読みました。

今、ちょっと変わったところに意識があります。
いくつかテーマを儲けて、ブログを書いていますけど
あらたなテーマで書きたいとあたためているものがあるんです。
“縄文時代に想いを寄せて・・・”といったテーマです。
(このタイトルのスタイルは、私の大好きな“可愛いエミリー”の真似です)
異端とされている、正史の影に隠された古文書にも
結構興味を持っていました。それは日本に限りません。
それまで分断されて、書かれていた情報が
私の中でだんだんと統合されつつあるようです。
その異端とされる歴史書が真実であるかどうかを
問いたいのではないのです。
私の中で統合されつつある意識に同じように目を向けて
いる人との本との出合いがありました。
“~はるかなる今ここへ~魂の螺旋のダンス”(長澤靖浩著)です。
人類の歴史が、真に求めていたものは、
魂の成長であると言うことを、私なりに
描いてみたいのだと思います。

彼と手取りダムを訪れたときに、
このあたりは氷河期のあと一度は海に沈んだんだ、と
彼が言いました。
彼もそういう地球的視野の歴史が好きなんですね。
私がそのとき、縄文時代のことを描きたいんだというと
ちらりと興味をしめしたものの、笑っていました。
去年の11月のことです。
その頃よりイメージを膨らませているのですけど、
このイメージを膨らませる、ということもなかなか楽しい作業です。






Last updated  2006.04.03 09:29:27
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


yumemi227

Category

Freepage List

Favorite Blog

Gold Creek New! 中村ともはるさん

三十二話 「坊さん… New! 夢の助さんさん

台風の前に New! ふらっとぴっとさん

「カメぱっぱ」ブッ… pluto2103さん

京都大学の研究グル… BE AN INDIVIDUALさん

Comments

 yumemi227@ Re[1]:ひきこもりつながる・かんがえる対話交流会(08/21) こもり 晴さんへ はい、またぜひいろい…
 こもり 晴@ Re:ひきこもりつながる・かんがえる対話交流会(08/21) つな・かんでは、ゆっくりお話ができず残…
 yumemi227@ Re[1]:つながることの大切さ(07/03) こもり 晴さんへ コメントありがとうご…
 こもり 晴@ Re:つながることの大切さ(07/03) はじめまして。 KHJ徳島つばめの会 家…
 yumemi227@ Re[1]:お雑煮(01/02) koalakoalaさん 明けましておめでとうご…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.