664275 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

YUMEMIRUTOKI

全105件 (105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

子育て

2016.02.12
XML
カテゴリ:子育て
C:\fakepath\su6141.jpg

かつてアサーションの本を読み、心にとめていました。
指導員の講座でも、そのコミュニケーションについても
少し学んだのですが、まだ自分の言葉で語れるほどには理解できていません。
昨日、女性スタッフとアサーションについて電話で話すことがあったので、
以下は自分の覚書としてまとめてみました。


平木典子さんの定義によると、アサーションとは
「自分の意見・考え・気持ち・相手への希望などを、なるべく率直に正直に、しかも適切な方法で表現すること」

そして、自己表現には3つの種類があるとしています。


1.ノンアサーティブ型:他者を優先し、自らを後回しにする自己表現

2.アグレッシブ型:自分のことを優先し、時には他者に対して攻撃的になる自己表現

3.アサーティブ型: 1と2の丁度良いバランスで、自分にも相手にも配慮した自己表現


以下は、児童用アサーション尺度作成の試み(半田将之著)よりお借りしました。


--------------------------------------------------------------------

アサーションは、相互的な存在としての他者と交流を基盤にした、人と人とのあり方を提案している。
それは、子どもが学校や家庭で大人や周囲の友人にとって「都合のよい子」としてだけ存在するのではなく、
自分自身の身体感覚や内面の声も大切にしながら生きていくということである。

また一方では、他者と断絶するのではなく、他者を信頼し他者とつながり、共存する可能性を示している。
アサーションは、自分と他者を尊重することを目指しながらも、
自分の中にも自分や他者を否定したりいじめたりしたくなる気持ちもあることをまず認め、
そこから自分や他者との対話が始まるのだと考える。

子どもが自分をつくっていくには、周囲や大人、友達などに対する外的な適応にエネルギーをさくだけでは不十分で、
自分の内面に向き合うことも不可欠である。自分の内面と対話することによって、
そこには、悪い面、攻撃性、暴力性なども含まれることに気づくことになる。アサーションの考え方を知ることは、
子どもにとって、他者と協働しつつ、自分をつくっていく際の、指針としての意義をもちうると考えられる。
このように、子どもにアサーションを伝えることには多くの意義があると言える。

--------------------------------------------------------------------

子どもに限らず、私たち大人もアサーションの考え方は学んでいきたいですね。






Last updated  2016.02.12 06:07:17
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.31
カテゴリ:子育て
20142965329zuhFu.jpg

子育てとは、本来、自分育てに通じます。
幼児期に完結するものでも、学童期に完結するものでもありません。
生涯学習という言葉で表されるように、
自分自身をはぐくんでいくこと、に通じているのです。
ですから、~しなさい、と言われなければしない、子では
意味を持たないのです。

学ぶということは、決して知識として得ることではありません。
体験の中で、習得していくことを意味します。
知識とはあくまでもそれを、助ける役割をもっているに過ぎません。
いつのまにか知識を習得することがすべてとなり、
生きるということそのものがおざなりとなってしまっています。

今私が、語りたいのは、子どもたちが目の前にある現実から
学びを得ているということ。
そして、私たちがそのために何ができるかということなんです。
私が心がけていることは、子どもたちの学びの瞬間を
大切にするということです。
これは、子どもに限ったことではないのかもしれません。

 場を見て、その時々に応じて必要な対応をする。

一言で言えばそういうことになります。






Last updated  2015.10.31 05:28:13
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.30
カテゴリ:子育て
su2014.jpg

知的な教育は、小学校から始まりますが、
感情と意志の学びは、それ以前の乳幼児期から始まっていきます。
今の子ども達を取り囲む環境は、
その感情と意志の学びを阻害してしまっているものが
多いのだということにそろそろ大人たちが気づいていくべき時が
きているように思います。

また、そのことに気づいた人たちが、
お金をかけて幼児教育や英才教育をすることが大事なのはなく、
子ども達の持っている本来の“学ぶ力”を
引き出していくような支援のとりくみをしていかなくては
ならないように思います。






Last updated  2015.10.30 05:24:39
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.13
カテゴリ:子育て
m713.jpg

昨日は、新しい出会いがありました。
形も名前もまだない、集いでした。
今ある学校教育について、いろんな想いを
いだいている人たちが話をした、という感じでしょうか。

シュタイナー教育の話も出ました。
私が子育てを初めて最初に出会ったのがシュタイナーでした。
そのシュタイナーに出会うその時に感じたどきどき感を
この数日は感じていたのでした。
シュタイナーだけではなくアドラー心理学との新たな出会いもありました。
また新たな何かが始まる、予感がしています。






Last updated  2015.07.13 05:40:21
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.08
カテゴリ:子育て
art7071.jpg

情熱育児~ママの笑顔は家族の笑顔~『思い込みが引き起こす、家庭内の心のいきちがい』
の講座に参加してきました。
会場に行ってみたら、伸楽ひふみ学園のスタッフや保護者が6名参加していましたよ~。

art7072.jpg

コミュニケーションが難しいのは、生徒たちだけではなく
日常的に起こることでしたので、勉強になりました。

art7073.jpg

最後のワークショップではグループごとにアートを描きました。







Last updated  2015.07.08 05:38:21
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.22
カテゴリ:子育て
yuki.jpg

引きこもりがマスコミに取り上げられて注目をされるようになったのは、

宮崎勤の事件が最初です。

彼は、昭和37年生まれなのですが、

その頃、発達障がいという名はなく、

浮上したのは、三無主義(無気力、無感動、無関心)

という社会的現象の子ども達です。


それはどういうことかというと

戦後、人々は日本にそれまで伝えられてきた価値観を喪失しました。

教科書を墨で塗りつぶした後、人々に入ってきたのは、

アメリカの資本主義の考え方です。

物質至上主義といったら、おおげさでしょうか?

三無主義は、その物質至上主義が子どもたちに与えた悪影響として現れた、

最初の現象といってよいのでは、ないかと思います。

人々は、それまでの伝統的な日本人の考え方

たとえば、家長を重んじ、年長者を尊敬する、

といったような価値観を失っていきます。

核家族が増え、子育ての経験者から子育てを伝授するということが減っていきます。

また、地域とのつながりが薄れていくようにもなっていきます。


そして、もうひとつ大きな変化は、テレビ文化の到来です。

宮崎勤の事件は、テレビやビデオの影響による仮想現実の世界を

実に転化したもののはしりということになるのではないでしょうか?

テレビに子守をさせるようになり、

それまで日常の中で実体験として、子ども達が自然に学んでいったものが

だんだんど失われていきます。



テレビに続いてビデオ、ゲーム、携帯電話、ネットと

その仮想現実は、どんどんと広がりをみせて

子ども達の世界に入り込んでいきます。

また親達も、現実の人間関係と向き合うのではなく、

不倫やストーカーなど自分の欲望のままに動いていくような人が出てきます。

同じ屋根の下にありながら、わが子とメールでやりとりをする、

恋人どおしが、喫茶店にて向き合いながら

別の人とメールしたり、ネットをする・・・

そんな希薄な人間関係に対して、なんら違和感を感じていない人が

増えているんですね。


普段は意識していないのですが、

子どもたちを取り巻く環境は昔と大きな変化が応じているんですね。






Last updated  2015.01.22 05:38:54
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.30
カテゴリ:子育て

j923.jpg 

いち早く、秋の風景に彩られていた樹木公園。
散策をしたのは、先週のことになります。
いろんなことに追われていて、
時だけが足早に過ぎていきます。

j9231.jpg

そんな中で、昨日は津幡の社会福祉協議会を
訪ねてきました。
子育てと発達障害、引きこもりと盛りだくさんの話に
花を咲かせました。
そんな中で、自分と同じ目線活動して、求めるものが同じ同志と
出会う貴重な時間を持つことができました。

「3回言ってだめなら、伝え方を変えよう」という
マニュアルがいるのかも、と今必要なものも見えてきました。
求め続けていたら、道が開けてくるものですね。







Last updated  2014.09.30 05:35:53
コメント(2) | コメントを書く
2014.07.27
カテゴリ:子育て
a7261.jpg

昨日はコミュニティカフェあひるの子にて
金沢市協働のまちづくりチャレンジ事業の打ち合わせをしました。
行政と連携している福祉事業所についてと、
その行政の福祉サービスにすぐにつながることのできない方々の
支援の場としての居場所づくりについての勉強会になります。

a7262.jpg

ランチには、手作りの焼きたてピザをいただきましたよ~。
コンサルティング担当のまどかちゃんがこのたびは
ピザ作りをしてくれました。
楽しいことが始まる、わくわくした想いを
3人でわかちあう時間となりました。






Last updated  2014.07.27 07:38:58
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.21
カテゴリ:子育て
C:\fakepath\720t.jpg

娘たち二人は、夏休みも卒業のようですが、
夏休みに入ったら、と次女と約束していた
ドンキホーテに連れていきました。
で、娘がショッピングを楽しんでいる間は、
すぐ近くのふ~ちゃん宅に遊びに行っていましたけどね~。

その後、娘はボランティアで、託児。
6時にお迎えに行くついでに、
久々に図書館に行きました。
閉館間際でしたので、10分ほどの間に8冊借りました。
本を借りるのは、どれだけぶりでしょう?
娘たちが小さかった頃は、日常の一コマでした。
この夏休みは、パッチワークと子育て支援の勉強に追われる予定です。






Last updated  2014.07.21 05:17:51
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.10
カテゴリ:子育て

100709_1537_01.jpg

この4月に新入生を迎えるにあたって
教室の割り振りを提案をしました。
昨年は、メインとなる教室で
入学式もしていて、1年生をその教室に迎えたのですが、
自然と、どの子も自分の居場所を作っていきます。

けれども新しい環境に慣れるのにとても時間の
かかる子たちですので、学年ごとに教室を移すのではなく、
自然とできあがっていく空間の中に自分の居場所を
見つけてもらうことにしました。

それは、自由保育の原理だなとわが子たちのことを思い出しました。
うちの娘ふたりは、保育園と幼稚園と違うところに通いましたが、
長女の体験で、次女の幼稚園も自由保育の園を選びました。
長女が縦割り保育の中で、よい関係を体験しているのを見ていたのです。
人見知りの激しい子かつ友だちを作るのがヘタですので、
自分より年長の子にかわいがってもらうのがよかったのです。

また次女は、人見知りはしない子だと思っていたのですが、
母がいつも共にいたからであって、
幼稚園に行き始めたとたん、人見知りが始まりました。
その次女のお気に入りに場所は、園長先生の部屋でした。
ある子は、鳥小屋の前だったりするのだと話にも聞きました。

学校という集団生活の中では自由が許されない「居場所」ですが、
繊細な子たちには、そうした自分にとって居心地のよいスペースを
確保できるということが、重要なのです。
そのようにして、居場所作りができると
不登校だった子どもたちが、自然と通えるようになります。(伸楽だより第6号)







Last updated  2013.07.10 21:54:29
コメント(2) | コメントを書く

全105件 (105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


yumemi227

Category

Freepage List

Favorite Blog

部品発注 New! ふらっとぴっとさん

「カメぱっぱ」ブッ… New! pluto2103さん

三十一話 「坊さん… New! 夢の助さんさん

京都大学の研究グル… New! BE AN INDIVIDUALさん

カラット 中村ともはるさん

Comments

 yumemi227@ Re[1]:ひきこもりつながる・かんがえる対話交流会(08/21) こもり 晴さんへ はい、またぜひいろい…
 こもり 晴@ Re:ひきこもりつながる・かんがえる対話交流会(08/21) つな・かんでは、ゆっくりお話ができず残…
 yumemi227@ Re[1]:つながることの大切さ(07/03) こもり 晴さんへ コメントありがとうご…
 こもり 晴@ Re:つながることの大切さ(07/03) はじめまして。 KHJ徳島つばめの会 家…
 yumemi227@ Re[1]:お雑煮(01/02) koalakoalaさん 明けましておめでとうご…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.