651401 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夢の相場へようこそ

PR

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

個人的なこと

August 3, 2017
XML
カテゴリ:個人的なこと
穏やかな心で客観的な指標を
見て判断して分析
良い1日と致したく。






Last updated  August 3, 2017 09:48:07 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 25, 2016
カテゴリ:個人的なこと

ストップ設定の値によって

買い玉が決済されてしまう罠

今現在のポジションに向かうか?

明確でないため上下に揺さぶられることで

すべての売り買いのポジション維持が困難になり

途中で手数料と損切のオンパレードとなってしまうことが

多いがこれをどこまでがまんできるかが

勝敗の分かれ道である 

欲が招く罠なのであろう。

 

 







Last updated  May 25, 2016 08:38:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 16, 2009
カテゴリ:個人的なこと
して生活ができる社会
人が生きていくうえでお金がないと
生きていけない現代社会
江戸時代よりは
技術革新と産業の発展により、豊かな
生活が可能となっている
複雑な局面にある現代社会の中でも
日本国憲法にある最低限の生活を営む権利は
誰にでもある

個人的に能力の有無にかかわらず
普通に働いて普通に平均的な所得が得られて
安心して、平等に生きてゆける社会でなければならないと
おもう

その観点にたって今起きている社会システムでは
そこに平等性がなく世代格差と企業格差、地域格差、職業格差など
さまざまな労働成果の分配が均等に配分されない所得格差が起きている

まさに江戸時代の士農工商のような格差とは違うが現代特有の文明格差
となっている。

そもそも人が生きていくために豊かな社会の実現のためにみんなが
協力し合っていくと言う根本的な精神の元に
公共的に必要な内容や時代に促した法整備を整備すべきであり
一部の産業や団体、世代に対してのみの対応は反発を起こしやすい
将来に向かって何を振興すべきかのビジョンを示しその為のもの
であるべきである。

老後の年金資金を運用しているらしいが
あの今年の最安値を示した時に日経平均の底値支持線で買い支えが
起きた数ヶ月前の資金は
今はその時から見れば含み損が改善されている
まさしくこの手法が重要なのである。

NY原油は目先の高値越えられず
下落したこれを受けて明日のTKガソリンの上値
抵抗線は生きる展開となっている。

この抵抗線の考え方での利食い反転の売り買い可能が
システムの理想であり
流動性さえあればどの相場で何足でも利益が出せる手法
であろう

それを実現してくれる幻の利益回収
システムは資金が膨大に必要になり
あくまでも計算上のシステムでしかないのか?







Last updated  August 16, 2009 10:54:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 20, 2009
カテゴリ:個人的なこと
マネー資本主義をみて思うこと
リーマンブラザース破綻は
2000年以前から始まったアメリカの銀行間の利益追求のみに
走った投資銀行会がトレーダーのようにリスクを
とった金融商品をあたかもリスクがないかの様に販売し、それが失敗した。
騙すつもりはないかもしれないが
倫理を欠いたマネー主義が原因
金が金を生む強欲な利益追求主義が生みだした見えない犯罪とも思える。

リスクが見えない商品を販売して世界の
金融界に深くかかわり実態経済とも深く
関連している中、あのサブプライムという
リスクを背負う商品を巨額な資金(株式や国際や年金など)で覆い隠して
しまい。
支払い能力がない危険なものをリスクのみ沈殿させる手法を
考えた
科学者が考えた金融工学と言う複雑な理論で覆い隠し販売したのである。
それを知ってか知らずか?
要するに実体経済より大きなリスクをとることを
許すことができたアメリカの自由に問題がある。
利益をうる方法に問題がある
社会のためにトレーダは役に立つことができるのか?
単なるお金ころがしの利益追求、これがマネー資本主義か?
お金がすべての意味にもいろいろな見方があるのである。
倫理を外れたマネー資本主義が世界の人々を苦しめている
今の状況は許せない戦争のようなものである。
今までの原油価格の高騰もこのアメリカの投資銀行が
大きく関与しているのでは?と思うのである。
人の感情で吊り上る価格はよいのか悪いのか?
価格決定はをどう決めたらよいのか?
そこにはレバレッジが問題となっているのである
レバレッジを取れる条件を自己判断するのが当たり前の
世界
それが出来なかった銀行が倒産したのである、








Last updated  July 20, 2009 09:22:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 24, 2009
カテゴリ:個人的なこと
が日本に拡大?
マスクが売り切れでその影響か?
効果に疑問を投げかける報道が
あるがこれも仕掛けられた議論である
いろんな意見もあるが
人ごみに行かず感染を防ぐには
ウイルスの進入を防ぐ手段はいろいろあるはず
その一つとしてマスク着用は効果があると
思われる
どうせわからない見えないウイルスなのだから
わからぬからどうでもいえる内容だから
そんないい加減なことをどちらも言っているように
思える
根拠ある技術的データ内容で議論すべきであろう
がそのデータがないから不安だけが表に出てきてしまう

こんな情報もあるので準備は必要であろう。

ウイルスの飛散防止や
進入量の低減には効果ありと思う
手から口、鼻に触らなくなり

やはり
進入量が少なくなるので体内の増殖が少ないため効果あり
と見ることもできるためしないよりはしたほうがよさそう
となる。
又のどの
湿度確保できるため増殖防止になる。

最終的には十分な休養。これが一番大事

参考資料

マスクの考え方
インフルエンザ対策









Last updated  May 24, 2009 09:09:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 21, 2009
カテゴリ:個人的なこと
関東地方にもいよいよ
感染の情報がが報道し始めて
きていますが
まずは
よく眠り、身体を休め、リラッックスして免疫力を高めましょう
が最善策とおもいますが

気になる症状と対応法が保健所への通報
防げない現実はちかずいている
恐怖でしかない。

ガソリン相場は戻り売り場面となっている
売りでその後下げると見るが自然では
あるが果てどうなる。







Last updated  May 21, 2009 10:08:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 19, 2009
カテゴリ:個人的なこと
人それぞれ目の前には
いろいろな困難なことが
立ちはだかっていて、解決できない
壁が立ちはだかっているものであり
壁を乗り越えることは容易ではない、
同じように
相場の壁を乗り越えるることは困難が多い、
がこの壁は質が違うため自分の努力では
制御できず
成り行きにまかせるべき時がある、
その成り行きにのることが大事な場面が
ある
今後の相場の流れは予想に反した動きでも
その相場は何万通りのうちの一つであって
もその傾向は2つに一つの上下のいずれかが
へと決着するのである。
時間は見方にも敵にもなって人の迷い
を飲み込んでしまうものであり。過去を
変えることはできない。






Last updated  April 19, 2009 11:22:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 4, 2009
カテゴリ:個人的なこと
足りて安心しても経済不況は越せない。
不況で飯が食えなくなる
そうなってからでは遅い
一時的な収入不足だけなら
それまでのたくわえで何とかなるかもしれないが
それが継続する事態は避けたいものである。

リストラの嵐がどこまで拡大するか
先が見えないこの状況
先の見通しが見えるようになるのは
いつなのであろう。
日経平均の下支えからの反発あるか?
でその先が読めるもの、
安定、それが今は望むところであろう。








Last updated  March 4, 2009 10:41:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 26, 2009
カテゴリ:個人的なこと
実績に基づいた信頼を得るべく
そのアピールが必要な場面が何事においても
ある
対岸から見た場合には
それが正しい評価となる確率が高い

しかし岸ではその状況が
わからないのが今の状況に思える。

経済状況の正しい見方も同じことが言える
し相場の見方も一歩引いた対岸からの
評価が正しい評価を示す場合があること
これが冷静な判断をすることができる
重要な姿勢になると思えるのである。







Last updated  February 26, 2009 10:20:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 24, 2009
カテゴリ:個人的なこと
米国や新興国頼みの日本経済
グローバル化の夢を見続けて伸びると
見ているのであろう
はたしてそのままその業界は発展が継続するのか?

何を根拠に、その経済力が向上していくと見るのか?

産業革命以前の時代とも過去のどの状況とも違うのであって、
今は人類が始めて経験する新たな試練であろう
経済の自由競争の中では、自由が故の落とし穴にはまらないような
経済状況を作る必要がある。

必要なものそれが過剰でないかの判断をどうやって見極めるのか?
売れるから作るでいいのだろうか?
産業構造が変わろうとしているのであれば
その波に乗るべく投資が必要なものと考える。







Last updated  February 24, 2009 11:51:19 PM
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.