613819 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

◇◆単独行房◇我が道を行く◆◇

PR

X

全503件 (503件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 51 >

お出かけ

2020.01.03
XML
カテゴリ:お出かけ
あけましておめでとうございます。
(干支が)我が家の天井裏に住みついてる生き物の年^^;になりました。
本年もどうぞよろしくお願いします☆〃

令和初の正月、豊中市の服部天神宮で初詣。



ここは西側の出入口。
服部天神宮は菅原道真が大宰府へ左遷される途中、持病の脚気による足のむくみで歩けなくなり、こちらの神社にお参りしたところ、足の症状が治まったといわれ、菅原道真なので学業成就+足の守護のご利益もある。

鳥居をくぐってすぐ、「足踏み石」祈願台座。



履物を脱ぐ→社殿に向かって二礼二拍手一礼→台座の上に座る→祈願すると、健脚や足病平癒のご利益があるらしいけど、さすがにこの寒い時期に裸足になって祈願してる人はいなかった^^;

西側から境内に入ると、本殿・幣殿の裏手に着く。



左の通路を通って表へ。
「足のお守り」は写真撮ってないけど、草履型・わらじ型やサッカー型のカワイイやつも授与されてる。

拝殿の正面。



ダウン姿の一般の初詣客のほか、ランニングウェア姿のランナー集団も参拝に来ていて、さすが健脚祈願の神社!



靴やスリッパがいっぱい奉納されてる^o^

菅原道真像。



そういえば初詣ならではの写真がないことに気づき、右手前におみくじの結ばれた球体を入れて撮影。

豊中えびす神社の前の御神木と大絵馬。



左奥の建物が豊中えびす神社で、右奥の建物が服部天神宮、両者が同じ境内にとなり合って鎮座してる。
1月10日の十日戎は混雑するけど、それよりは初詣のほうが空いており、とはいえ平常時よりはるかに人がいて、適度な人出とにぎわいがあった♪

メインブログは↓をクリック。
https://yamamayuga.hatenablog.com/






最終更新日  2020.01.03 12:46:53
コメント(15) | コメントを書く


2019.11.08
カテゴリ:お出かけ
少し前、豊中市南西部のふれあい緑地のバラ園で咲いてた、和風のバラ。





上:藤娘、下:わかな。
珍しい薄緑色のバラは、まるでキャベツみたい^▽^

今日、その少し北にある豊島(てしま)公園で咲いてた花。



めっちゃ八重咲きで、咲き方はタチアオイ似で、葉は大きくて4本指の手みたいな形した植物、何の花だろう?

インブレス・オブ・インテア。



クレマチスって5月頃に咲くイメージあるけど、晩秋にも咲くんですね。

ニオベ。



超満開\(^o^)/咲きすぎww

メインブログは↓をクリック。
https://yamamayuga.hatenablog.com/






最終更新日  2019.11.08 13:03:24
コメント(12) | コメントを書く
2019.10.31
カテゴリ:お出かけ
尼崎の上坂部西公園にて、当地では珍しい南国の蝶が大発生してる。



クロマダラソテツシジミ、はじめて見た!

たくさん飛んでるので、その中から鈍そうな個体(失礼^^;)に近づいて接写。



本来は台湾~東南アジア~南アジアに分布する熱帯のシジミチョウで、日本では沖縄に生息するが、分布域が北上してるらしい。

翅の模様が薄くなった個体を横から。



調べたところ、10年ほど前から関西でも広まってるそうですが、関西で成虫が見られる時期は夏と書いてある。
晩秋の関西で熱帯の蝶が元気いっぱい、数もいっぱい飛んでるとは@o@

翅を閉じた個体と広げた個体の2ショット。



翅表が青1色の右上の個体はオス。

メスの翅表はこちら。



迷蝶だから喜んではいけないかもしれないけど、南国の蝶達との出会いにテンション上がった↑↑↑

クロマダラソテツシジミという名前の通り、幼虫がソテツの葉を食べて育つ蝶で、上坂部西公園にはソテツがある。



ついでに地植えのハイビスカスも、まだまだ元気に咲いてる。





写真だけ見ると南国的ですが、ここは関西^^;

メインブログは↓をクリック。
https://yamamayuga.hatenablog.com/






最終更新日  2019.10.31 14:12:35
コメント(15) | コメントを書く
2019.10.13
カテゴリ:お出かけ
つづき

拝殿の左奥から岩社参道(上)を歩いていくと、岩社(下)に着く。





岩社の奥に甑岩が迫ってるんですが、光の加減でよく写らず^^;

ご神体の甑岩。



周囲約40m・高さ10mの花崗岩で、酒米を蒸す時に使う甑(こしき)という道具に似ていることから、甑岩と名づけられた。
神社のサイトによると、岩の形が女性自身に似てることから(そう見えるかなぁ?^^;)、女性守護・安産・子授けのご利益があるそうです。

境内社をいくつか通過し、北の磐座へ向かう途中、展望の開けた所から。



神戸方面を眺める*^^*

広い境内の最も奥に、北の磐座。



日の光が反射してますが、日が差すと願い事がかなうらしい♪

メインブログは↓をクリック。
https://yamamayuga.hatenablog.com/






最終更新日  2019.10.14 00:15:43
コメント(12) | コメントを書く
2019.10.07
カテゴリ:お出かけ
西宮の越木岩神社に行ってきたので、久しぶりに更新^^
越木岩神社は東六甲山麓に鎮座する、岩を信仰する神社。



阪神淡路大震災の被害を受け、大鳥居はその後に再建された新しいものですが、神社の歴史は古く、西暦600年~700年頃に創始されたそうです。

大鳥居をくぐると左手に、阪神淡路大震災復興碑(左奥)と力石(右)。



力石は昔、村人達が力比べに用いた石。

天然記念物の社叢林に囲まれた表参道。



表参道の突き当たりに拝殿。



わかりやすいように大鳥居から紹介しましたが、拝殿の左手に車ごと入れる出入口と駐車スペースがあり、私はそこにMTBを置いて、表参道を通らず直接拝殿に着いた。

その出入口から拝殿へ行く途中に、大名の刻印(白いマーク)の入った大阪城築城の残石。



豊臣秀吉が石工達に命令し、霊石・甑岩(こしきいわ)を大阪城築城のために切り出そうとしたが、岩の霊気に石工達は岩もろとも転げ落ち、運び出すことはできなかったと伝えられる。

拝殿よりも奥にも参道が伸び、その先に甑岩のまつられてる岩社があり、それについては次回。

つづく

メインブログは↓をクリック。
https://yamamayuga.hatenablog.com/






最終更新日  2019.10.07 13:08:14
コメント(10) | コメントを書く
2019.09.15
カテゴリ:お出かけ
昨日の夜、尼崎市戸ノ内町で道ジュネーを見てきた。
戸ノ内は沖縄にルーツのある方が多く住む地域で、道ジュネーはエイサーを踊りながら町を練り歩く沖縄の旧盆行事。





夜に動き回る人を撮るのは非常に難しく、どの写真もブレブレ(汗)
2枚目はマシに見えるかもしれないけど、右の人達は決して扇子を持ってるわけではなく、太鼓を叩く右腕がブレてこうなった(苦笑)

写真はひどいけど、雰囲気が伝われば・・・。



左端に写ってる、白塗り+頭に長いのをつけた方(名称がわからない)が気になってたら、来ました!



激しくブレてますが(汗)、独特のメイク^▽^

場所を移動して、再び演奏。





これを繰り返して戸ノ内町内を練り歩く。
伝統的な沖縄の音楽に合わせて叩かれる太鼓が迫力あり、楽しかった♪






最終更新日  2019.09.15 14:23:54
コメント(12) | コメントを書く
2019.09.08
カテゴリ:お出かけ
伊丹スカイパークについては過去に記事にしたことあるけど(こちらをクリック!)、当時ヘタクソな写真しか撮れなかったので、リベンジに行ってきた。



秋晴れなのか夏晴れなのか、雲の浮かぶ青空から灼熱の日差し^o^

ジェット機とプロペラ機のコラボ。



滑走路の向こうに空港関連の建物が見え、その前で機体が待機してる。

青空へと飛び立った、JAL機の横姿(上)とANA機の後ろ姿(下)。





グレーのANA機の上面は、こんなストライプ柄になってるんですね!

JAL機とANA機のほか、IBEX機も。



アイベックスエアラインズは仙台と伊丹を拠点にした地域航空会社。

就航してる航空会社は上記3社のほか、天草エアライン(熊本の天草を拠点にした日本一小さな航空会社)があり、イルカをモチーフにしたAMX機がカワイイのだけど、現在その機体は九州の中だけを飛んでるそうで、伊丹発着便にはJAL機が使われてる。



昨年春にスカイランドHARADAで撮影したAMX機。
九州まで行かないと、もう見られないのかと思うとさみしい><

1枚目の写真は北入口で、伊丹スカイパークは南北に長広く、中央エントランスよりも南側へ行くと、我が家の真上近くを通過する飛行機の離着陸の瞬間が見れる。





離陸した瞬間のJAL機(上)と、着陸する寸前のANA機(下)。






最終更新日  2019.09.08 22:00:25
コメント(11) | コメントを書く
2019.08.31
カテゴリ:お出かけ
何かおもしろい動植物がないか、大阪府豊中市と兵庫県尼崎市にまたがる猪名川公園をぶらついてきた。

植物は木が生えてるだけだったけどw、休憩スペースのド真ん中に、眠そうな黒ニャン発見。



こんな人目につく所で堂々と、こんな格好で寝てみたり。



無防備っぷりに平和を感じます^▽^

もう1匹発見の茶トラは、野良猫らしく茂みに隠れてお休み中。



茂みの向こう側へ回りこんで、お顔拝見。



あご乗せ寝カワイイ=^・^=

次は園内の水辺の草地にいた昆虫達。

ブルーの紋が入ったイトトンボ。



アオモンイトトンボかな?光沢がキレイ☆〃

褐色型のショウリョウバッタ。



飛んだから存在に気づいたけど、姿が枯れ草に見えて、草むらにいると目立たないので、飛ばなきゃ気づかなかった^^;

名前わからない緑の小さなバッタ。



なぜか葉っぱのほうにピントが合ってしまい、バッタはピンボケ(汗)

写真に撮れたのは以上だけど、ほかにも何トンボかわからないトンボや、蝶はヤマトシジミとナミアゲハとアオスジアゲハが飛んでいて、それから蚊が大量にいた(爆)






最終更新日  2019.08.31 20:57:32
コメント(20) | コメントを書く
2019.08.27
カテゴリ:お出かけ
花の少ない季節に花を求めて、尼崎の上坂部西公園に行ってきた。

まず屋外で目についたのは、満開の夏ズイセン。



こうして見ると彼岸花に似てますが、夏ズイセンはヒガンバナ科^^

次は入場無料の温室の中へ。

満開のイソクラ、和名は山丹花(サンタンカ)。



世界の熱帯・亜熱帯に分布し、日本でも沖縄に自生してるらしい。

エクメア・チャンティニー。



ラテンアメリカに分布する、パイナップル科の着生植物で、花の色がカワイイ&花びらの形がめっちゃ鋭角的!
※着生植物とは:土壌に根を下ろすことなく、ほかの木の上や岩盤などに根を張って成長する植物のこと。

名前わからない花その1。



寒色系の花が集まって垂れ下がるように咲き、デュランタの仲間かな?

名前わからない花その2。



花の姿も変わってるし、ボーダー柄の葉っぱも独特。

独特の葉柄つながりで、こんなベゴニアが咲いてた。



葉っぱがオシャレな水玉模様してる~♪

最後は緑の相談室に展示されてた、熱帯に住む昆虫の標本。



下段はすべてモルフォ蝶、めっちゃキレイ☆〃
上段左手前の巨大昆虫3匹はナナフシ、蝶のサイズ(モルフォ蝶は大型の蝶)と比べても、でかっ!!






最終更新日  2019.08.27 12:04:08
コメント(10) | コメントを書く
2019.08.23
カテゴリ:お出かけ
先日の坐摩神社に引きつづき、大阪のビジネス街の神社第2弾。
北浜駅から近い道修町にある、神農さんこと少彦名神社に行ってきた。



金色の虎像がカッコイイ☆〃
江戸時代に創建された医薬の神様で、虎はこちらの神社の神の使いで、病気平癒や健康のお守りとして虎の張子が授与される。
なので、阪神タイガースとは関係ありませんw

道修町(どしょうまち)は製薬会社が軒を連ねるくすりの町で、少彦名神社はこんなビルとビルの谷間に鎮座する。



向かって右のビルは小野薬品工業本店ビル、左はくすりの道修町資料館。

勧請掛をくぐると、ビルの狭間の細い参道のすぐ先に鳥居。



左手のガラスケースは何かというと、各社の家庭薬が展示されてる。



正露丸もアイボンも浅田飴も見つけた^o^

鳥居をくぐると、せまい境内に拝殿。



いっぱい吊り下がるちょうちんを見上げると。



有名な製薬会社の名前がズラリと並んでる^^






最終更新日  2019.08.23 00:27:41
コメント(15) | コメントを書く

全503件 (503件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 51 >


© Rakuten Group, Inc.