000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ママ始動で節約ファミリーキャンプだ!

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

2015年 キャンプ

2016年01月11日
XML
カテゴリ:2015年 キャンプ

グリーンビュー丸山オートキャンプ場

美しい景色に出逢えるのは、キャンプの醍醐味!

 

 

最近自分の記憶力の低下におののいております。

 

なので、リストアップするほどの回数もいってないのですが、

すいませんが、2015年の備忘録を…。

 

 

8月キャンプデビュー!

 

 雨 埼玉 巾着田 

初心者で、ショボイテントで、しかもという最高のデビュー。

旦那が閉所恐怖症だと初めて知った、結婚5年目の夏。

そんなお話→お暇でしたらこちらから 

 

 

9月

 

晴れ 奥多摩 川井キャンプ場へ

2回目にして昼出発という 重役出勤。

予定していたキャンプ場は満杯。

通りがかりであいているキャンプ場を見つけられてラッキーでしたが、

すっごい急勾配の地形におののく。

そんなお話→お暇でしたらこちらから  

 

 

10月

 

晴れ 埼玉 グリーンビュー丸山オートキャンプ場 

初めてのオートキャンプ! ラクダ〜。

初めての2家族キャンプ! こちらもラクダ〜。

初めての山間キャンプ! 眺めがすごいゾゥ!

こども遊園地でエキサイトした30代夫婦は、 可愛いクマさんぐらいに見えたでしょうか?

そんなお話→お暇でしたらこちらから  

 

 

11月

 

晴れ 山梨 道志の森キャンプ場

ほのかに寒くなって来た時期に。

携帯がまったく使えないという初めての苦境に

「しかたないから夫婦で会話でもするか」と

意気投合できた貴重なキャンプ場。 

 

そんなお話→お暇でしたらこちらから  

 

 

 

12月

 

晴れ 埼玉 彩の国キャンプ村

もはや思い出したくないくらい寒かった!

お風呂付きキャンプ場 サイコー!  

可愛いうさぎさんたちの幸せを祈る。合掌!

そんなお話→お暇でしたらこちらから  

 

 

キャンプデビューしてから、

一応 月イチキャンプが実行できていたみたいです。 

ですが、あまりの寒さに1月はキャンプにいく勇気がもてません。

 

いけたらいいなぁ。遠い目。 

 

 

クリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ    

 

 

 







Last updated  2016年01月12日 22時27分25秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年12月30日
カテゴリ:2015年 キャンプ

彩の国 キャンプ村

 

山間から見る夕暮れ。 

いと美しきかな。

 

空気が、キーーンと冷たいと、

いっそう景色が美しくみえる気がします。

 

 

 

日が暮れ始め、

寒さがいっそう厳しくなって来たので、 

まずは、お風呂です。

写真 1 (1).JPG

 お風呂は、

村役場の2階でした。

息子にいざなわれて風呂へ。

家族風呂にいたしました。貸し切りです。

 

 

彩の国 キャンプ村 

  

こちらは脱衣所。

ワイルドです。

 

彩の国 キャンプ村 

 

そしてお風呂!岩風呂です。

 

こちらもワイルド!!

 

ミネラル温泉って書いてあったような?

うろ覚えですいません。

 

暖かくて染みました〜晴れ

 

夕飯は、暗くて撮れず。

この日は満月も近く、月明かりがキレイだったので、

夜景撮りたかったなぁ。

 

 

 

写真の腕を上げたい……。 

 

 

食後はやはりたき火

 

sainokuni_08.JPG 

 

夜になればなるほど、寒くてですね〜。

 

たき火のそばにいてもかなり寒くて、

 

「たき火、効いてないな!」なんてナマ言いましたが、

 

実際 たき火が消えてしまったら、

 

めっちゃ寒かった! 

 

たき火、効いてました。 頑張ってくれてましたヨ。

 

 

なので、早めにテントの中へ。

 

なんせ、電源サイトですからネ!!贅沢ですからネ!

 

持って行ったのは、こちらの暖房です。

 

家では脱衣所の暖め要員として活躍してくれているこちら。

 


【通常ポイント2倍セール中】 あす楽対応 速熱暖房 早朝に嬉しい入りタイマー搭載 セラミックヒーター ファンヒーター 送料無料【あす楽】 山善(YAMAZEN) 自動首振りセラミックヒーター(リモコン付) DF-RL123(W) パールホワイト セラミックファンヒーター 電気ヒーター 暖房機 脱衣所  

 

 

すぐに暖かい風を出してくれるのでありがたかったです〜。

 

というわけで、

 

すっかり文明の力に頼った形になった冬キャンプでございました。 

 

 

sainokuni_15.JPG 

次の日は気持ちのよい快晴!

寒さは変わらずですが。

 

 

朝ご飯の秋刀魚

 

sainokuni_04.JPG

 

美味しかったです。

瞬殺で冷めた焼き魚になりましたが雪

 

 

ところで、

各サイトに、

 

sainokuni_05.JPG

 

ホイールが転がっておりまして、何かと思ったら、

この中でたき火をして良いそうです。

我が家は使い方がよくわからず、持って行ったたき火台でやりましたが。

 

 オーナーさんもとても良い方で、

全体的に、 とっても良いキャンプ場でした〜。

 

 

 

クリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ     

 

 

 







Last updated  2016年01月06日 00時03分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月27日
カテゴリ:2015年 キャンプ

s彩の国キャンプ場

 

これで年内最後!

月イチキャンプを目指して、

12月キャンプに行ってきました。

 

 

初めての冬キャンプ!

 

どんだけ寒いの〜!ほえー か、予測がつかなくて怖かったです。

 

 

行ったのは、

彩の国キャンプ場。

 

決め手は、

晴れ お風呂付き!

晴れ 動物と触れ合えるのが楽しそう!

 

で、ございました。

なので、我が家にしては高規格で高級なキャンプ場でした。 

 

予約したときは、

 

「電源サイトなど泊まらん!贅沢か!!」

 

と言っていた旦那ですが、

 

キャンプ場の人にも、

「週末は寒波がくるらしいですからね〜アハハ」

と言われて、

 

かなりヒヨりまして。

結局、電源サイトに急遽 変えてもらいました。

 

なので、料金は4500円。

 

それとは別に入村料一人500円。

 

我が家にしては高級でございました。 

 

彩の国 

 

こちらのキャンプ場、何がすごいって、

遠くから見ると、城塞のようなグレーの建物、

近くで見ると、缶!!缶のおしり!!

 

受付ももちろん、

上の写真はうさぎ小屋なのですが、

こちらも缶!

のちほど紹介するお風呂も缶!

 

全て手作りなんでしょうか?すごいなぁ。

 

 彩の国

 

こちらが 目当てno.1のうさぎ小屋。

けっこう広い!動物園みたい。

彩の国

うさぎも30匹くらいいるんですよ。

 

うじゃうじゃ!!

 

sainokuni_11.JPG

 

息子もニコニコでございます。

にんじんの皮とか、キャベツをあげてもいいらしく、

餌付けされていてとっても人懐っこい。 

行くと、近寄ってくるんですよ〜赤ハート

 

だっこしてみたかったけれど、

「だっこはやめてください」との張り紙。

 

あれ、残念、、と思っていたら、

 

ちょうど現れたオーナーさんとちょっとお話できまして。

 

「いや〜、夏はね〜、この場所に子供が50人くらい入ってね〜」 

「うさぎを追いかけ回して、みんなで回してだっこして。私も僕もってね〜」

「うさぎがストレスで、バタバタと死んじゃって」

と、ダークなお話をしてくださいまして。 

 

「冬には70匹くらいまで増えるんだけど」

 

「夏終わるとには40匹くらいまでに減っちゃうんだよね」って、

 

オーナーさんは笑顔でお話してくださるのですが、

怖いわ!怖いお話だわ! 

 

可愛いうさぎさん、

そんな苦行に耐えていたとは。 

 

なので、ちょっと逃げれるスペースを作って、

だっこも禁止にしたのだとか。

 

そうですよね〜、

お互いが心地よく触れ合えるのが一番いいですよね。

 

 

そして夕方からは、たき火を。

 

sainokuni_01.JPG 

 

いや〜、本当に寒くってですね!

たき火の側から動けない症候群。

 

どうにもこうにも動けないので、

まずお風呂で暖まろうってことに。

 

写真の制限がかかってしまったので、続きます。すいません! 

 

クリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2015年12月30日 23時49分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月24日
カテゴリ:2015年 キャンプ

道志の森キャンプ場

この うっそう感!惚れ惚れ〜。

 

 

11月の三連休は、

近くのキャンプ用品店イチオシ!だった道志の森キャンプ場へ。

 

ここは、予約不要なんですよ、行き易い!

けっきょくダンナの仕事具合が寸前までわからなかったので、

予約不要はありがたい〜。

 

山の中のフリーサイトで、 

場所は早い者勝ち!

1人1泊800円 
車乗り入れ1,000円

なのですが、

この時期、一人500円でした!安い!! 

 

 

 

近くの商店のおばちゃんに、

「あら〜、こんな寒い時期、すいてるわよ〜」と太鼓判をおされ、

安心して行きましたが、

 

道志の森 

 

けっこう人いたよ!おばちゃ〜〜ん!

 

 

良い場所はどこですか?と聞いたら、

「もう良い場所はうまっちゃってるよ!」と受付のおじさんが。

この時期でも埋まっちゃうのか〜。

どうやら下流の方に水洗トイレとかあって人気らしいです。 

 

 

 

いつも出足が遅い我が家は、3時くらい着でした。

それがいけないんですけどね〜……。 

 

秋は暗くなるのが早いので、さっさと設営、、

道志の森キャンプ場 

 

しましたが、暗くなるのは本当に早かった! 

 

もちろん、外灯なんてなし、闇!

 

道志の森キャンプ場

 

我が家は 良い場所?から遠ざかり、

山の上の方に設置したので、トイレは仮設トイレのみ!

 なんと電気もつかない!闇!!闇の密室!!

殺人事件が起こるよ〜、いあ、起こんないか!狭すぎるか!! 

 

コワイよ〜!!

懐かしのボットン便所ですヨ!!

 

私、子供の頃に落ちかけたことがあるんだよ〜!! 

 

そんなオソロシイトイレなのに、

寒いから近いんだよネ!!ショック 

 

道志の森キャンプ場 

 

たき火に癒される…。

が、後ろからの寒さにはどう対処すべきなのか……?

まだまだキャンプ初心者でございます。

 

 

 

PB220074.jpg 

 

 

寒いので、寝るときの装備は悩みましたが、 

テント内は、

インナーシートと、

普通のレジャーシートと、

 

コールマンのインフレーターマットと、

 


Coleman(コールマン) マット【送料無料】Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット/W 2000013057【あす楽対応】【SMTB】 

 

そのうえに、

なにやらアルミが入ってるって話の、

あったかシーツを敷きました。

これがすっごい暖かい!!

 

これで、あとは毛布と、

寝袋をひらいて掛け布団みたいにしたら、パラダイスでしたわ。

 

あと、湯たんぽ!幸せ〜。 

寒い時期のキャンプ!恐るるに足らず!かも? 

あ、ごめんなさい調子のりました。 

 

電源サイトは行きたくないとダンナが申すので、

冬のキャンプは悩み中です。 

(便利すぎて、キャンプっぽくない、という理由らしい……) 

 

 

 

 

ところで、道志の森キャンプ場の近くには、

道の駅「どうし」がありました。

 

道の駅 どうし 

 

とってもキレイでしたよ〜。

カフェっぽいのもあって、雰囲気も良かった。

でもめっちゃ混んでいました。

みんなどこから来て、どこへ行くの?

 

どうし 道の駅

 

道の駅で購入。

明日の朝ご飯音符

PB220072.jpg 

 

おいしく頂きました。

 

が、ゆで卵作って、お湯湧かして、アヒージョやるには、狭かったわ。

朝から欲張りすぎました。

 

 

ちなみに夜ご飯は、秋の味覚 秋刀魚! 

写真 4.JPG 

燃え上がる秋刀魚。

美味しいけどキケン!

 

 

写真 3.JPG

明るさを独り占めする息子。

 

 

 

 

近くには、

道志 ダム 

 

男のロマン!らしいダムも。

 

紅葉も美しゅうございました。 

 

 

誤算だったのは、

川と見れば飛び込む息子対策に、

山の中のキャンプ場を選んだのですが、

山の中だったケド、川は流れておりました……。

 

道志の森キャンプ場

 

やはり山と川は引き離せないもんなんですかね。

 

次回は高原のキャンプ場を探そうかと思っております。

 

 

 クリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ  

 

 

 







Last updated  2015年11月25日 08時48分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月13日
カテゴリ:2015年 キャンプ

グリーンビュー丸山オートキャンプ場

 

10月の三連休で、1泊ですが、

初のオートキャンプに行ってきました。

 

しかも、妹家族と日程を合わせて、2家族キャンプも初めて!

さらには、たき火も初めて!

 

という、はじめてづくしのキャンプでした!

 

甥っ子(7歳)

姪っ子(3歳)

 

と子供も一緒のキャンプ!

 

楽しみ過ぎて、前日寝不足になるくらいでしたよ〜。大人なのに…泣き笑い

 

おかげでを忘れるという大失態。

 

まぁ、そんなこともあるよネ! 

 

キャンプ ピザ 

 

ついてすぐテント設営。

その後にすぐにピザ作りを。

 

今日のランチは、ピザ!! 

子供達とつくろうと思って、

生地は家から仕込んできていたのです。 

カメラを向けると、謎のポーズをとる甥っ子姪っ子。

若干、ラッパー風です。

 

「YO! 生地は丸くのばすんだ、ゼ★」と

言ってるにもかかわらず、

まったく丸くしてくれない反骨精神、ラッパーぽいわ! 

 

キャンプ ピザ 

 しつこく言って、丸くさせました。

 

その親にいたっては、 

「ピザソース、いらないよね〜」と、

私が前日、汗水たらして作ったトマトソースを却下!

 

PA110733.jpg 

 トマトとモッツレラチーズのみのピザを作成。

なんなのムカッ

反骨一家か!!

 このピザもおいしかったわ!悔しいわ!! 

 

しこたまピザを食べた後は、

楽しみにしていた、

 

こども遊園地へ 

今回、このキャンプ場を選んだ最大の理由は

キャンプ場内に子供が遊べる遊具があるからなのです。 

目が届く範囲に、遊具があるのは、

子連れ親子に嬉しいですよね〜。 

 

グリーンビュー丸山キャンプ場 

そして、なんと全部、木製!

オーナーさんの手作りらしいのですが、本当ですか!?

すっごい完成度ですよ!!

奥に見えるツリーハウスみたいのは、4階までありまして、

すっごい高さ!

ワタクシ、大人なのに、2階までしか行けなかった! 

だって丸太だし〜涙ぽろり

ひとが歩くと揺れるし〜 涙ぽろり

 

 

グリーンビュー丸山キャンプ場 

そして、

座る所、持つ所、どこもかしこも木なので、

すっごい優しいんですよね〜。

肌触りが。

グリーンビュー丸山キャンプ場 

みんなが持っているせいか?

つるっつる!!

 

音符優しさに〜つつまれたなら〜』ですよ、ホント! 

(あ、ユーミンふうにお願いします) 

グリーンビュー丸山キャンプ場 

滑り台も竹なので、 

「そうめん!!」と、 叫んで滑り降りる甥っ子。

そうね!確かに!

この竹も、肌触りが気持ちよかった〜音符

 

PA110746.jpg

 

常に凶器を手放さない息子。

何かに追われているのでしょうか?

 

グリーンビュー丸山キャンプ場 

 タイヤの遊具も。

 

グリーンビュー丸山キャンプ場 

そして、この滑り台! 

滑り台は全部で3本あるのですが、

さっきのものとは違いまして、

 

この滑り台、ちょー怖い!! 

 

わかります?この、

着地点、めっちゃ落ちてるよ!感。 

 

茶色のパーカーの妹の所から、甥っ子の所まで落ちる訳です。 

 

しかも着地点は、網!

 

グリーンビュー丸山オートキャンプ場

 

分かりますか?

この傾斜感と不安定感!! 

 

蜘蛛の巣にひっかかった可哀想なちょうちょの気分が味わえます。

 

………実際には、立ち上がれずにワタワタと見苦しい中年が観察できたことでしょう。 

 

 

 

ちなみに、

もう一つの滑り台は………、

 

グリーンビュー丸山オートキャンプ場 

 もはや落下!!

ちょー怖そう!

ちょー面白そう!!

 

※ちなみに大人は遊べません、残念!!

 

そして、さんざん遊んだら、

夕飯の支度をするぞーーー!

 

つづく。 

 

 

 

 

クリックいただけますと励みになります!

人気ブログランキングへ      







Last updated  2015年10月15日 23時28分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月17日
カテゴリ:2015年 キャンプ




1回目の楽しさが忘れられず、


さっそくテントまで買ってしまった我が家。


行ってきました!


ファミキャン2回目!!



巾着田リベンジ!をしたかったのですが、
曼珠沙華の季節になってしまったので、行けず……。

(今年は10月12日まで禁止ですね)


我が家のキャンプのテーマは


事前予約なし!
料金安め!


なので、
調べに調べまして、


今度は奥多摩へ行ってまいりました。

 

目指せ!氷川キャンプ場!!

こちら、キャンプサイトは予約不要というキャンプ場です。 

 

が、

結局、氷川キャンプ場には泊まれませんでした…わからん

 

敗因は、

 

出発が遅い!!

 

前日、飲み会だったダンナがあろうことか朝まで呑んできまして。

一度寝たら、呼んでも、たたいても、反応無し! 

 

sikabane.jpg

 

 という感じでですネ。

 

結局、彼が目覚めたのは10時くらい。

そのあと、お風呂は行ったり、荷物積んだりして、

出かけたのは12時!

 

そんなに遅い出発って!!ムカッムカッ

 

爽やかキャンパーにあり得ないデショ!!

 

って爽やかでも まだキャンパーでもないか……。 

 

で、

 

 

2時くらいに到着した氷川キャンプ場は

 

もちのろんで、

 

「満車」 

 

 

駐車場の優しいおじさんに、

「4時くらいには日帰りの人が帰るから、その時間に来たら入れるかも。」 

 

と!

 

しかも「鍾乳洞とかみてきたら?」という提案まで。

 

優しさ、ありがとーう!

 

朝からカリカリダンナをせき立てていたので、

優しさが心にじんわり泣き笑い 

 

うちのダンナとおじさんをトレードしたいくらいよ!!

 

 

ですが、お昼をBBQにしようと楽しみにしてきたので、

今更引き下がれず。

 

せめて河原でBBQだけでもして夕方移動?とかも考えたのですが、

面倒くさい!

 

 

なので、さっき通りかかった

川井キャンプ場に行ってみることにしました。

 

そしたら、さっくりと入れてですね〜びっくり 

 

あれよあれよって間に、受付すませて、

(川井キャンプ場も河原のキャンプサイトは予約必要ナシです) 

荷物を運ぶ段取りに。

 

しかし、こちらのキャンプ場、駐車場がめっちゃ遠い!!

 

 

 ワタクシのヘタ絵で表すとこんな感じです。

 kawai.jpg

 

この坂がめっちゃ長い!

 

川井キャンプ場

 

こちらの坂、例えますと、

鎌倉の鶴岡八幡宮の階段を、ぶっ続けで3回登っている、イメージです。

 

なので、簡単には車には戻れません。

 

車に忘れ物、ダメ、絶対!!  

 

 

この場所まで、荷物の積み降ろし時に駐車してOK。

ですが、10分でやってくれとのこと。

無理だよ!!ほえー

 

 

川井キャンプ場 

 まったく役に立たないどころか、

歩きさえしない息子をも運ぶの図。

4往復くらいしたでしょうか?  

 

川井キャンプ場 

 

やっと設営出来た時は、感無量!!泣き笑い 

 

初設営!! 

 

初めて設営しましたが、すっごい分かりやすかったです。 

 

最初説明書も読まずに組み立ててまして、

謎の棒が2本出てしまって悩みましたが、

説明書をちゃんと読めば、すぐにわかりました。

 ダメ、想像で設営! 

川井キャンプ場

 

いいですね〜。

 

我が家!!

 

3メートルのテント!広々です〜。

換気もバッチリ!

 

なんと息子が、この日の夜、

寝ゲロをしましてショック

 

新品のシュラフも、インナーマットも

ゲロまみれになるという惨事があったのですが。

これはこれで地獄絵図……nanasuke家、毎回地獄絵図なのは何故?しょんぼり 

 

ですが、ゲロさえ拭いてしまえば、

テントの中に臭いがこもる事もなく、

快適に寝れました! 

 

 

 

さて、テントが順調だと、

 常に川へ飛び込もうとする息子の監視が大変なくらいで、

 料理もサクサク進みます。

 

川井キャンプ場 

 エビ in パエリア!

美味しかった〜。

 

川井キャンプ場 

 

川井キャンプ場の川はかなり流れが速かったです。

幼児、要注意です。

 

飛び込みに最適な岩があって、

小学生が度胸試しをしておりました。

頑張れ!小学生!!

 

川はめちゃ冷たくて、 

もはやいい歳の私にはキビシイものがありましたワ。 

 

川井キャンプ場 

ぎゃー!濡れちまった!の父の図。

 

川井キャンプ場 

 

川井キャンプ場、

水場がたくさんあって便利でした。

テントから行ける水場が3個もありました。

 

川井キャンプ場 

 頭上には橋が。

 

対岸には電車も通っていて、

 

夜は電車の音や、

車の音がかなり聞こえました。

神経質な人は気になるかも。

 

我が家はぐーぐー寝ておりましたが。

 

 

 

川井キャンプ場 

 朝は仕込んできたタンシチュー。

染みました。

 

午前中もちょっと遊んで、

12時には撤収いたしました。

 

楽しかった!寝ゲロ以外!! 

 

 

今回は天気も悪く、川も激冷たかった!!

それでも2歳児は川へ飛び込むので、

これからの季節は川があるキャンプ場は

ちょっと難しいかな〜と思いました。 

 

林間のキャンプサイトを探してみます! 

 

 

ポチいただけますと励みになります!


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 







Last updated  2015年10月08日 20時06分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月08日
カテゴリ:2015年 キャンプ



(雨降りの為、カメラが出せず、写真ナシがつづきましてすいません)






さて、まわりにテントどころか人影さえない、
(人影があったらかえって怖い…)


暗闇に沈む巾着田…。



外灯なんてないので、真の闇……。


夜なんて可愛いものじゃないんですヨ!

まさに闇!



そして、雨の音がしとしと と。





今回の私たちの敗因はたくさんあるんですが、、しょんぼり


屋根がナイ!!って

ことも失敗でございました。



初心者にありがち?
(いや、こんなアホなの私たちだけ?)

テントさえあれば、なんとかなると思っちゃったんですね~。




なので、

テーブルも、
食器も、
椅子も、
ランプも、

全てがズブ濡れ……。

椅子も座面に水が溜まるほど……雨





しかたがないので、


200センチ正方形の、狭いテントの中で待機。


しかし!
ダラダラしても、


人間、腹が減る!!




ついに

PSvitaでひたすらゲームをしていたダンナが決起して、

「パエリア作るわ」と。



そうです、今日の夕飯は、

パエリアとエビ(予定)でした。



BBQコンロのスミだけが、まだまだ消えないでいてくれるのが救い!!

あぁ、炭火の神様!ありがとう!!



さらに今回は
天然雨の調味料入り。


ずぶ濡れになりながら、
ずぶ濡れ食材でパエリアを作ってくれるダンナ!


大地の味が染みましたわ(←大げさ)



もちろん
食べる所がないので、

テント内にて食!!


これが、今回数ある失敗の中の、

最高の失敗でした!



パエリアと、
エビの臭いが

テント内に、こもる、こもる、、


の地獄絵図!!


このテント、通風口が全くないんですよネ。


しかも出入り口は一つ!!

なので、まったく風が入らない!!

風は入らないし、
中の空気が出て行く事もなく……。





ご飯も食べたし、やることないし、


さーーー、寝よう!


たって、

臭くて臭くていられない。




なぜかそんな中で寝てくれた息子を置いて、


テントを脱出!!



水がたまった椅子に座る事もできず、立ったまま……。

闇の中、

コンロの赤い炭だけが、心のよりどころですよ。





ですが、しばらくすると

闇に目が慣れて来て、

周りの風景が薄ぼんやりと白っぽく、
浮き立ってくるんですよね~。

闇の中でも美しい自然。


川のせせらぎと、

雨の音と、

白くて群青色の闇の風景。

それを見ながらぼんやり……。


贅沢な時間でございました。





唯一よかったのは、トイレが近く、キレイってことでした。

真っ暗闇の中の移動は目が慣れても、
さすがにコワイので、
大人の私でも独りでトイレに行く事が出来ず、

息子をおんぶして、家族総出でトイレにいった後は、

よし、寝るか!と!!

↑気合いを入れたところ……。



へ、


ダンナがココへきて、


「俺、ちょっと閉所恐怖症のケがあるんだよね~」と、

結婚して5年、初めて聞いたよ!って


カミングアウトをしてきて、

ビックリですわ。


しかももうこのテントで寝るしかないのに!


ギリギリすぎるわ!!パンチ


なので、

一つしかない入り口に、

チャックしめれるだけしめて、
(虫が入るので)

顔だけ外にだしている風貌は、


巾着田


とっても滑稽で、面白いわ!!



しかも今まで良い子で根いていた息子が、

なんか置きだして泣いたりして、

結局寝れず……。



いろいろありましたが、

みんな疲れて明け方には寝ました。


なので、朝はちょっと遅くなってしまった。


巾着田

8時に起きて、朝ご飯。

昨日のパエリアの残り。







二日目は晴れ!晴れ良かった!




巾着田

晴れたので、

足だけつかるつもりが、
いつのまにか、、ずぶ濡れの息子……。


干してた長靴に水を入れて運んでくれて、
ありがたいやら……乾かんわパンチ




いや、ホント、2歳でも遊びやすくてありがたいです。



巾着田


小さい子だけでなく、トレッキングもできるのだそうで、

小学生くらいも楽しめるのではないでしょうか?


巾着田

こんな木の橋!音譜わくわくしませんか!!?


巾着田


うちは2歳児が歩かないので、ちょっとしか行けませんでしたが。






いろいろありましたが、(自分のせいですが)

楽しかった初キャンプ!!


ダンナも、テントさえなんとかなれば また行きたいと!目がハート



巾着田




ヨット巾着田まとめ!


予約無し!

駐車場1回500円
(買い出しなどで出てしまうと、またお金がかかります)

駐車場にトイレ有り
(トイレットペーパーありました)


施設はキレイです。
きちんと掃除されていて、
管理されている方に感謝です。


※ちなみに、9月~10月初旬は曼珠沙華の季節で、
BBQ、キャンプともに禁止です。
HPで確認して下さい~。





クリックいただけますと励みになります↓


人気ブログランキングへ






Last updated  2015年09月11日 16時56分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月07日
カテゴリ:2015年 キャンプ
o0400051813414054580.jpg


2015年、8月末。


やっと、
念願のファミリーキャンプデビューを果たしました!!


やっほーーーーい!!








ですが……、


超★インドア派のダンナはあんまり乗り気じゃないんデ…ショック


「お試しで!! お試しに一回行ってみよっか!?」って感じで説得 w


なので、もちろんテントを買うのも認めてもらえず、

テントは妹から古〜いものを借りたので、


最初からなんとなく不安がつきまとうデビューではありました。泣き笑い






行ったのは、巾着田という所です。

埼玉県、奥むさし!!


うちからだと車で1時間ほど。


近い!





さてさて、巾着田ですが、

『キャンパーの聖地』とも言われているそうですヨ!


行き当たりばったり夫婦には、


予約必要なし!!
料金が駐車場代(500円)のみ!!

ってのが嬉しいです。




巾着田02


確かにこの奥地感……、良いですグッド!

片側は高麗川。

浅くて、流れも緩やか。
遊びやすいです!


巾着田

2歳児が立てる感じ。

凶暴な息子から、凶器をとりあげる父の図。



巾着田


反対側は森林。

曼珠沙華の畑なのかな~?






ところで、我が家、
前日まで他のキャンパーさんのブログを読みあさり、
予備知識をかなり頭に入れて行ったはずなんです、、、が!!


当日、
「金魚をつかまえる大会(本当の名前忘れました!)」
なるものが開催されていたらしく、
駐車場が激コミ!!


第一駐車場はすでに満杯で、
臨時駐車場へ。



巾着田


そうしますと、
自然と導かれるように、

「ここらへん」というところで、
BBQ&キャンプ。




ですが、

みなさんが行かれているのは、
どうやら、

地図左手の「メイン」のほうのようなのですヨ。
こちらが、第一駐車場から最寄りなんですね。


こちらですと、
『セブンイレブンまで歩いて行ける』
『売店がアル』
『水場がアル』


という好立地のようなのですが、



我が家がテントをはったこちらは、

なんにもナシ!!ガーン



唯一、駐車場にトイレがあるくらい。
あと、蛇口。

シンク台無し、蛇口!!



しかも、ちょっと歩いてみたのですが、
巾着田、かなり広くて、
臨時駐車場→第一駐車場は、歩けるような距離じゃなかった……叫び



移動も出来ず、
若干不安に……しょぼん




そして、夕方になると、帰って行く人々……。

日帰りBBQを楽しむ方も多いそうなので、
みんながどんどん帰って行く、夕方4時……。

どんどん暗くなり、
寂し!!



更には、雨!!雨

寒い!!



ダンナに至っては、


「楽しかったね~BBQ! さぁ、帰るか!!」


と言い出す始末!!パンチ!



そりゃ、私もね、
若干、頭をよぎりましたよ、


このまま、帰っちゃってもいいかな~音譜
肉も食べたし音譜

なんてネ★



しかし、先にダンナに言われた事で、
意固地になって、

「イヤ、泊まる!」と断固拒否!!



しっぽり、雨が降る中…、

テントの中にいると、雨音が2倍くらいに聞こえましてネ。


周りを見渡すと、



うちのテントしか立ってない!!ショック!





どうなる?nanasuke家、初キャンプ!!





すいません、明日続き書きます!!



クリックしていただけると励みになります!↓


人気ブログランキングへ






Last updated  2015年09月11日 16時55分58秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.