000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

年中夢求!!『ダントツ夢創り』の道

年中夢求!!『ダントツ夢創り』の道

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

ダントツ2007

ダントツ2007

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ダントツ2007@ Re[1]:足掛け20年7000日達成と大きな決断(03/02) 小野英紀さんへ コメントありがとうござい…
小野英紀@ Re:足掛け20年7000日達成と大きな決断(03/02) ご無沙汰しております。 長い間執筆お疲れ…
OB 和ちゃん@ Re:社員からのあたたかい言葉(06/16) お久しぶりです。 社員とのコミュニケーシ…
王島将春@ Re:失態を犯してしまいました。。。(07/16) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
ダントツ2007@ Re:社風創りの第一歩は「マイルーティン」から(02/07) コメントありがとうございます。 しっかり…

Keyword Search

▼キーワード検索

2023年12月02日
XML
カテゴリ:マーケティング
当社のミッション「HAPPY∞HAPPY」の中心概念が「ファン創り」になりますが、その「ファン創り」について、社外アイデア企画株式会社の西村公児さんのメルマガでかなり共感出来る内容が書かれていたので、シェアさせていただきます。

〜ここから〜
今日は「ファン作りの基本的なステップ」についてお伝えします。

信頼関係をベースにしたアクション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
見込み客との信頼関係を築いたタイミングで、さらに実践的なアクションに繋げてください。

具体的には個別メッセージを送ってください。

案内を受け取った見込み客が実際に自社サービスや製品に興味を持つことで期間限定サービスや無料イベントを通して無料のフロントエンド商品を提供します。

期間限定サービスや無料イベントを通して無料のフロントエンド商品を提供します。

ここまでがソーシャルセリングの目標です。

ファンをつくるためのアプローチ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
価値提供をより多くの方に知ってもらうためにはファンの存在が必要です。

しかしながらエンタメのような熱狂的なファンをビジネス上でつくることは難しいです。

そのヒントはエンタメのプロセスにあります。

具体的にはファン作りの基本的なステップは3段階あります。
━━━━━━━━━━━━━━━━
第1段階は共感から熱狂へ

第2段階は愛着から唯一無二へ

第3段階は 信頼から応援へ

━━━━━━━━━━━━━━━━
第一に周りとのつながりは健康に本当に良いということです。

家族・友達・コミュニティとよくつながっている人ほど幸せで身体的に健康でつながりの少ない人より長生きするということがデータとしても明らかになっています。

第二に50歳で最も幸せな人間関係にいた人が80歳になっても一番健康だったということです。

第三に良い関係は、身体の健康だけでなく脳をも守ってくれるということです。

ここからも人間関係の繋がりが健康にとても大きく寄与していることがわかります。

「企業の目的は、顧客の創造である」と言われているピーター・ドラッカー先生の名言も
本質的には同じになります。

しかしながらこの具体的なアクションはとても奥が深いのです。

ファンの支持を強くするアプローチには以下のようなものがあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━
A ファンの言葉を傾聴しフォーカスする

B ファンであることに自信を持ってもらう

C ファンを喜ばせる。新規顧客より優先する

D 商品にストーリーやドラマを纏わせる

E ファンとの接点を大切にし、改善する

F ファンが参加できる場を増やし活気づける

G それは誠実なやり方か自分に問いかける
━━━━━━━━━━━━━━━━
これらは全て共感を強くすることになります。
〜ここまで〜

まさに、「ファン創り」に近道はなく、地道に信頼を積み上げていくことの大切さが証明されています。

この考え方をしっかりと持ち合わせていきます!





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023年12月03日 21時27分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[マーケティング] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X